メインメニューを開く

新長田駅

日本の兵庫県神戸市長田区にある西日本旅客鉄道・神戸市交通局の駅

概要編集

神戸市の西部副都心を形成する新長田地区に位置するターミナル駅である。

JR西日本の駅には山陽本線が乗り入れており、「JR神戸線」の路線愛称区間やアーバンネットワークに属している。また、特定都区市内制度における「神戸市内」にも含まれており、三ノ宮駅元町駅神戸駅と同様に山陽新幹線新神戸駅との連絡扱いを行っている。

神戸市営地下鉄の駅には、西神・山手線と、当駅を終点とする海岸線が乗り入れている。なお「西神・山手線」は営業上の呼称で、正式には当駅より長田方が山手線、板宿方が名谷まで西神線であるため、両線の境界にもなっており、厳密には3路線が乗り入れる。

JR西日本の駅はICOCA、地下鉄の駅はPiTaPaスルッとKANSAI対応カードの利用エリアに属している。

歴史編集

 
電車線と列車線が写真左側の鉄道橋で交差する。駅南側は多くの再開発ビルが立ち並ぶ。

現在は、長田区内で最も多い乗降客数を誇る中心駅であるが、旧来の「長田地区」には位置しておらず「駒ヶ林地区」との間(駒ヶ林寄り)の位置となる。路線はそれぞれの村からも遠く離れていたため、明治時代には田園風景が広がっており、山陽鉄道によって現在の山陽本線が敷設されるも駅は設置されなかった。周辺地域の市街化とともに高架化・5線化された山陽本線であるが、兵庫駅出発後、電車線と列車線が方向別複々線から立体的に入れ替わり線路別複々線となる。のちにこの立体交差の西側の用地で電車線のみに設置された駅が当駅である。

当駅は、神戸市営地下鉄西神・山手線で東隣の長田駅や、その近隣にある阪神神戸高速線高速長田駅よりも先に開業したが、所在地名に「新」を冠した駅名となっている。これは、既に開業済みであった他路線の長田駅との重複を避けることが主な目的とされているが、長田区内でも旧来の「長田地区」ではなく「駒ヶ林地区」に位置しているためでもある。なお、当駅開業の9年前(1945年)まで長田区は「林田区」(駒ヶと長合成地名)と称していた。当駅開業時には既に山陽電鉄長田駅が1910年に、神戸電鉄長田駅が1928年に開業している(山陽電鉄長田駅は代替駅となる高速長田駅開業により1968年に廃止となる)。

1965年に策定された「神戸市総合基本計画」では当駅周辺が神戸市の「西部副都心」として位置づけられ、国鉄(現JR西日本)新長田駅開業より二十数年後、須磨ニュータウンと市街地を結ぶ路線として神戸市営地下鉄西神線が開業、市街地側のターミナル駅として神戸市営地下鉄新長田駅が開業。1977年3月12日午前10時5分に当駅改札口でテープカットが行われ式典電車が出発[1]、翌日開業した。続いて三宮方へ向かう山手線が開業し、交通の要衝として機能した。一時期、西神・山手線で運行された快速電車も当駅を停車し、東は三宮、西は名谷までノンストップで運行された。多くの商店街が存在する当地区周辺は住商混在地域として古くからの密集住宅が立ち並ぶ光景が広がっており、国鉄駅北側に設置された地下鉄駅により、北側の道路拡幅などは行われたものの、南側は依然古くからの街並みとなっていた。そのため、1991年(平成3年)3月8日に「新長田駅前地区第一種市街地再開発事業」が都市計画決定され、駅前広場の設置とともに周辺の整備が行われ始めていた。しかし整備途中の1995年(平成7年)1月17日の阪神・淡路大震災によりJR・地下鉄駅ともに大きな被害を受け、どちらも路線の運行再開後も当面の通過措置が行われた。駅舎を一から構築しなおすこととなったJRでは五位ノ池線を挟んで西側に仮設ホーム・改札口を設けていた時期もあった。

震災後は、甚大な被害を受けた市街地の復興と防災公園などを中心とした防災拠点の構築、良質な住宅の供給、地域の活性化や都心拠点にふさわしい都市機能の整備をはかるため「新長田駅南地区震災復興第二種市街地再開発事業」が都市計画決定[2]された。1999年には駅前広場の供用が開始され[3]、2001年には震災前より建設されていた海岸線が当駅を起点に開業。「くつのまち・ながた構想」等を掲げた産業交流や乗り換えの拠点として発展している。

JR西日本編集

神戸市営地下鉄編集

  • 1977年(昭和52年)3月13日 - 西神線として新長田駅 - 名谷駅間が開業した際にその起点として設置。
  • 1983年(昭和58年)6月17日 - 山手線として新長田駅 - 大倉山駅間が開業、中間駅となる。
  • 1995年(平成7年)
    • 1月17日 - 阪神・淡路大震災で被災し、営業休止。
    • 2月16日 - 西神線及び山手線の運行が再開されるが、当駅は通過。
    • 3月16日 - 営業再開。
  • 2001年(平成13年)7月7日 - 海岸線が開業(「西神・山手線」の名称も使用開始)。連絡通路使用開始。
  • 2010年(平成22年)7月7日 - 鉄人28号のモニュメントが駅前にあることにちなみ、鉄人28号前の副駅名が付けられる。

駅構造編集

JR西日本編集

JR 新長田駅
 
西改札口
しんながた
Shin-Nagata
JR-A64 兵庫 (2.3km)
(1.0km) 鷹取 JR-A66
所在地 神戸市長田区松野通一丁目1-12
駅番号 JR-A65
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 A 山陽本線JR神戸線
キロ程 4.1km(神戸起点)
大阪から37.2km
電報略号 シナ
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
22,021人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1954年昭和29年)4月1日[5]
備考 直営駅
みどりの窓口
  神戸市内
テンプレートを表示

2面2線の相対式ホームを持つ高架駅分岐器絶対信号機を持たないため、停留所に分類される。直営駅で、神戸駅被管理駅である。第1回近畿の駅百選に選定された。

当駅の兵庫方を境にして、電車線と列車線が南北に分岐している関係で、当駅は電車線のみにホームが設けられている。

改札口鷹取寄りの1ヶ所のみで、南北に出入口が通じている。出入口が分岐する付近には、『セブン-イレブン ハートイン』(セブン銀行ATMも設置)やイオン銀行のATMがある。阪神・淡路大震災に被災する前の駅舎には、兵庫方にも改札口があった[6]他、駅西側の五位ノ池線に面する形で電車線と列車線の間に改札口があった(現在は駐輪場)。

当駅には普通のみが停車する。しかし、快速の停車駅である兵庫駅や西宮駅とほぼ同じ2万人を超える乗車人員を記録していることや、神戸市営地下鉄の2つの路線と接続していることなどから快速の停車を望む声が出ており、署名運動も行なわれているが[6]、快速停車は現在のところ行われていない。

のりば編集

のりば 路線 方向 行先
1 A JR神戸線 下り 西明石姫路方面
2 上り 三ノ宮尼崎大阪方面
  • 上表の路線名は旅客案内上の名称(愛称)で表記している。
 
JR俯瞰図 上が兵庫駅方向
写真右上(東側)に列車線下り線および小運転線(兵庫駅地平プラットホーム-鷹取駅間)と電車線との立体交差が見える。

ダイヤ編集

日中時間帯は1時間に8本が停車する。朝ラッシュ時は本数が多くなる。

神戸市営地下鉄編集

地下鉄 新長田駅
 
出口2・3 地上部
しんながた
Shinnagata
(鉄人28号前)
神戸市長田区松野通一丁目(西神・山手線)
神戸市長田区若松町四丁目(海岸線)
所属事業者 神戸市交通局神戸市営地下鉄
駅構造 地下駅
ホーム 各1面2線
乗車人員
-統計年度-
30,599人/日(降車客含まず)
-2017年*-
開業年月日 1977年昭和52年)3月13日[1]
乗入路線 2 路線
所属路線 西神・山手線**
駅番号  S09 
キロ程 7.6km(新神戸起点***)
谷上から15.1km
S08 長田 (1.5km)
(1.2km) 板宿 S10
所属路線 海岸線
駅番号  K10 
キロ程 7.9km(三宮・花時計前起点)
K09 駒ヶ林 (0.6km)
* 乗車人員は21,177人(西神・山手線)と9,422人(海岸線)の合算
** 正式路線名は、山手線(長田方)・西神線(板宿方)
*** 正式な起点は山手線は当駅、西神線は名谷
テンプレートを表示

配線図

西神・山手線
板宿駅

2 1


   
   
   
   
   
   

長田駅


海岸線

2 1


   
   
   
   
   

駒ヶ林駅

 
両線の改札内連絡通路。壁面には原寸大の鉄人28号のパネルが飾っている。

西神・山手線海岸線の2路線が接続する。「鉄人28号前」という副駅名が付いている(#駅周辺参照)。

両線は改札内の連絡通路で繋がっているが、当駅では一旦乗車してきた路線の改札を出場し、もう一方の路線の改札から再入場する方法(いわゆるラッチ外接続)も選択することができる。この方法で乗り換える場合は、再入場までの時間制限(90分以内)が設けられている他、普通券と回数券では乗り継ぎ専用の精算機で一時出場の処理が必要となる。

西神・山手線の改札外に、神戸市交通局の定期券売り場が設置されている。

西神・山手線編集

地下1階にコンコースと改札、地下2階に1面2線の島式ホームがある地下駅。海岸線への連絡通路は、ホームの西端から延びている。

駅イメージテーマは「鳩」で、それに合わせて開業時に百羽以上のアルミ箔で出来た鳩が飛び交うようにホームの壁面に設置された[1]。ホーム壁の他、新長田地下鉄ビルの壁面やホームのベンチなど至る所に鳩を模したデザインが施されている。過去には「ハトの泉」と呼ばれる泉もあった。

当初は終着駅であったに名谷方に加え、三宮方でも異常時に備え、当駅で折り返しができるように渡り線が設けられている[7]。通常のダイヤでは折り返しの設定はないが、1995年阪神・淡路大震災直後の仮復旧時などで活用されたことがある。

運転関係上、列車の出発時には、発車予告ブザーが鳴動する。

のりば編集
番線 路線 行先
1   西神・山手線 三宮新神戸谷上方面
2 名谷西神中央方面

海岸線編集

地下1階にコンコースと改札、地下2階に1面2線の島式ホームがある頭端式地下駅。当駅のイメージテーマは「活力あるまちの再生」。

JRや西神・山手線の駅とは直交する形で、各駅の南側、市道五位ノ池線の地下にあたる位置に設置された。改札内・外どちらも並行して西神・山手線ホーム・改札口と接続する他、商業施設のジョイプラザ(新長田駅前ビル)、ピフレ新長田とも地下通路で連絡する。また、大橋地下道、アスタくにづかを経由することで駒ヶ林駅まで地下通路で歩くことが可能。

プラットホーム壁には薄いブルーの地に黄色の波を施し、海岸線の始発駅であることと、これから再生していこうとするまちが内に秘めたうねるエネルギーを表現。また、コンコースは明るく見通しがよく、変化に富む空間になるよう明るい色の仕上材を多用し、周辺の商業地の持つ華やかさを表現。一方で、改札外コンコースの通路とJR駅前広場へ向かうスロープの間の壁の一部には採光を兼ねた小さなショーケースを配し、展示を行えるようなスペースを設けた。

夜間滞泊の設定がある。コンコースでは、1日4回『鉄人28号』のテーマソングが流れている。

のりば編集
番線 路線 行先
1・2   海岸線 三宮・花時計前方面

利用状況編集

JR西日本編集

「データで見るJR西日本」によると2017年(平成29年)度の1日あたりの乗車人員は22,021人であり、JR西日本の駅で第49位である[8]

「神戸市統計書」(神戸市企画調整局総合計画課・編)及び「兵庫県統計書」[9]によると、1日あたり乗車人員は以下の通りである。

年度 1日平均
乗車人員
1999年 21,794
2000年 21,858
2001年 20,933
2002年 20,166
2003年 20,238
2004年 20,474
2005年 20,586
2006年 20,544
2007年 20,647
2008年 21,114
2009年 21,028
2010年 21,027
2011年 21,064
2012年 21,122
2013年 21,421
2014年 21,401
2015年 21,851
2016年 22,013
2017年 22,021

神戸市営地下鉄編集

「神戸市統計書」(神戸市企画調整局総合計画課・編)及び「兵庫県統計書」によると、年間乗車人数は以下の通りである。

神戸市営地下鉄(西神・山手線)
年度 年間
乗車人数
左記の内
定期利用者
1日平均
乗車人員
1999年 5,283千 3,181千
2000年 5,126千 3,100千 14,276
2001年 7,965千 4,055千 21,822
2002年 7,323千 3,896千 20,064
2003年 7,407千 3,997千 20,238
2004年 7,097千 3,822千 19,445
2005年 7,216千 3,945千 19,770
2006年 7,207千 3,921千 19,745
2007年 7,217千 3,885千 19,718
2008年 7,391千 4,013千 20,249
2009年 7,284千 4,035千 19,956
2010年 7,271千 4,083千 19,921
2011年 19,669
2012年 19,547
2013年 20,208
2014年 20,508
2015年 20,864
2016年 20,896
2017年 21,177
神戸市営地下鉄(海岸線)
年度 年間
乗車人数
左記の内
定期利用者
1日平均
乗車人員
2001年 1,986千 975千 7,410
2002年 3,307千 1,998千 9,059
2003年 3,194千 1,861千 8,728
2004年 3,143千 1,824千 8,610
2005年 3,094千 1,796千 8,478
2006年 3,077千 1,741千 8,429
2007年 3,065千 1,719千 8,373
2008年 3,229千 1,816千 8,847
2009年 3,406千 1,941千 9,331
2010年 3,393千 2,002千 9,297
2011年 9,056
2012年 8,912
2013年 9,124
2014年 9,122
2015年 9,129
2016年 9,121
2017年 9,422

駅周辺編集

 
新長田1番街

1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災では、駅施設を初め壊滅的な被害を受けた。震災以降、当駅を含む周辺地域は神戸市の再開発重点地区に指定され、特に当駅よりも南側の地区で都市再開発事業が進んだ。その結果、商業施設ホテル・住宅を併設した高層ビル街が形成された。

所在地の長田区は焼き物・粉もの料理の街としても有名で、当駅近くにある飲食店が発祥とされる「そばめし」を初めとした多様な飲食店が充実している。また、長田区は漫画家横山光輝の生地であることから、2007年には『KOBE鉄人PROJECT』と称した街おこしのプロジェクトが立ち上げられ、当駅の西側にある若松公園に横山の代表作『鉄人28号』の実寸大モニュメント(全高18m、但し実際の高さは15m)が設置されたり、さまざまなイベントを開催したりしてPRを推し進めている。

(2019年6月1日よりホテル運営事業者変更のため、旧ホテルサーブ神戸アスタからリブランド)
地下鉄と山陽・阪神との乗り換えは、それぞれ隣の板宿駅長田駅の方が便利である。

バス路線編集

すべて神戸市交通局により運行されている。

新長田駅前にはバスロータリーが整備されていないため、市道五位ノ池線を挟んで5つのバス停が設置されている。なお、神戸市都市局により新長田駅前再整備に伴うバスロータリーの整備が計画されている[10]

また、折り返し設備がないため全路線が運用上の起終点が同じ循環路線となっている。ただし、95・96系統では松原営業所からの出庫便が存在する。

  • 北行き【北から1番目の乗り場】
    • 5系統 板宿 経由 若草町・妙法寺駅前 行き ※1時間1本程度が妙法寺駅前行き〔落合営業所管轄〕
  • 北行き【北から2番目の乗り場】
  • 北行き【北から3番目の乗り場】
    • 81系統 須磨水族園 経由 須磨一の谷 行き〔松原営業所管轄〕
    • 96系統 地下鉄長田駅前・西市民病院前・兵庫駅前・中央市場前(イオンモール神戸南)・七宮町 経由 神戸駅前 行き〔松原営業所管轄〕
  • 南行き【南から1番目の乗り場】
    • 13系統 大橋9丁目・板宿・鷹取団地・地下鉄長田駅前 経由 兵庫駅前 行き〔松原営業所管轄〕
    • 95系統 東尻池2丁目・松原通・新開地 経由 神戸駅前 行き〔松原営業所管轄〕
  • 南行き【南から2番目の乗り場】
    • 10系統 駒ヶ林町・若宮町 経由 須磨水族園 行き〔松原営業所管轄〕
    • 17系統 大橋9丁目 経由 二葉町 行き〔落合営業所管轄〕

過去には、急行9系統の山手経由三宮貿易センター行きや115系統のかるもプール行きが運行されていたが、地下鉄の開業や震災の影響、路線再編などにより廃止された。

隣の駅編集

西日本旅客鉄道
A JR神戸線(山陽本線)
新快速快速
通過
普通(JR東西線学研都市線内で区間快速となる列車を含む)
兵庫駅 (JR-A64) - 新長田駅 (JR-A65) - 鷹取駅 (JR-A66)
  神戸市営地下鉄
 西神・山手線
長田駅 (S08) - 新長田駅(鉄人28号前) (S09) - 板宿駅 (S10)
 海岸線
駒ヶ林駅 (K09) - 新長田駅(鉄人28号前) (K10)
  • 括弧内は駅番号を示す。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『特集 神戸市営地下鉄開業』 市民のグラフこうべ No.56(昭和52年3月号) (神戸市広報課) (1977年3月)
  2. ^ 新長田駅南地区 震災復興第二種市街地再開発事業の概要
  3. ^ 新長田駅前広場について
  4. ^ 近畿エリアの12路線 のべ300駅に「駅ナンバー」を導入します!
  5. ^ 『特集 新聞に見る神戸100年(下)』 市民のグラフこうべ No.199(平成1年5月号) (神戸市広報課) (1989年5月)
  6. ^ a b 赤羽一嘉 (2011年1月17日). “こしだ浩矢・兵庫県会予定候補(長田区)と共に「JR新長田駅に快速停車と東口改札口の再開設」を求める署名活動に参加”. 2015年9月27日閲覧。
  7. ^ 北神急行の車両に限り、『新長田』の方向幕が入っている(市交車には未装備)。
  8. ^ データで見るJR西日本:JR西日本
  9. ^ 兵庫県統計書
  10. ^ JR新長田駅前にバスロータリー 地下道も改修へ - 神戸新聞NEXT

関連項目編集

外部リンク編集