パワーレンジャー・ダイノサンダー

パワーレンジャー・ダイノサンダー』(Power Rangers Dino Thunder)は、アメリカ合衆国のテレビドラマ。日本の特撮テレビドラマシリーズ「スーパー戦隊シリーズ」の英語版ローカライズ作品[1]パワーレンジャーシリーズ」の第12シーズンであり[2]、第10作目である。本作は『爆竜戦隊アバレンジャー』がベースとなっている[3]2004年2月14日から同年11月20日まで[2]ABCファミリー[4]内のジェティックス(旧:ABCファミリー・アクションブロック)で放送。ABC放送トゥーン・ディズニーでも放送された[4]。全38話[5]

ストーリー編集

伝説の戦士トミーに選ばれた若きパワーレンジャーが彼とともに悪と戦う。

概要編集

パワーレンジャーを指導する役所として、マイティ・モーフィン・パワーレンジャーのグリーンレンジャー及びホワイトレンジャー、パワーレンジャー・ジオのレッドレンジャー、パワーレンジャー・ターボの前期のレッドレンジャーとして活躍したトミーが再登場[5][4]。彼専用の番宣放送するなど破格の扱いだったが、個人的な事情でトミー役のジェイソン・デビッド・フランクがアメリカに急遽帰国しなければならなくなったために、10話近くに亘ってトミーの変身前の姿が登場しないなど物語の展開に影響を及ぼすこととなった。

このような状況下で制作された第19話「Lost & Found in Translation」 は、コナーたちが衛星放送で偶然、日本の番組『爆竜戦隊アバレンジャー』第10話を見ると言う異色のエピソードである[6]

第4話 「Legacy Of Power」は第1作から数えて通算500話となったことを記念して歴代シリーズの総集編が放送された[4]

登場人物編集

パワーレンジャー・ダイノサンダー編集

変身の掛け声は「ダイノサンダー・パワーオン」。

コナー・マクナイト/レッドレンジャー/トライアシックレンジャー(アバレッド/アバレマックス)
パワーレンジャーのリーダー。サッカー好きの青年。高速移動の能力を持つ。弟は『パワーレンジャー・ニンジャストーム』に登場したエリック・マクナイト。
『パワーレンジャー・S.P.D.』の時代では、全国で人気のサッカー教室の設立者になっている。イーサンとキラと共に未来の世界と現代の両方でS.P.D.レンジャーと共闘。
イーサン・ジェームズ/ブルーレンジャー(アバレブルー)
パワーレンジャーのサブリーダー。コンピューターが趣味。腕を鋼鉄のように硬くできる。
『パワーレンジャー・S.P.D.』の時代では、S.P.D.でも使用されているソフトウェアのエンジニアとなっている。
キラ・フォード/イエローレンジャー(アバレイエロー)
歌が得意。超音波を放つ能力をもつ。
『パワーレンジャー・S.P.D.』の時代では、人気シンガーになっている。
Dr.トーマス"トミー"オリバー/ブラックレンジャー(アバレブラック)
パワーレンジャーの新リーダー。通称はドクター・オー。伝説のパワーレンジャーでありマサチューセッツ工科大学を卒業した著名な考古学者でもあり、リーフサイド高校に理科の教師として赴任してきた。教師として、また、先輩レンジャーとしてコナー達を導く。
一度、かつて自分が変身していたグリーンレンジャー、ホワイトレンジャー、ジオレンジャー5・レッドの幻影が現れているが、後任に譲った力であるためかターボレッドレンジャーは現れていない。
『パワーレンジャー・S.P.D.』では未来から来たS.P.D.レンジャーと共闘。ダイノサンダーのレンジャーでは唯一顔出しがなかった。
トレント・フェルナンデス/ホワイトレンジャー(アバレキラー)
コナー達の同級生。通称はマーサー。メソゴグにより悪のホワイトレンジャーとして操られていたが、悪の心が取り除かれたことにより仲間となる。普段は喫茶店「サイバースペース」でウェイターの仕事をしている。変身コールは「ホワイトレンジャー・ダイノパワー」。日本版とは異なり変身バンクが用意された。
『パワーレンジャー・S.P.D.』では未来から来たS.P.D.レンジャーと共闘。

協力者編集

ヘイリー・ジクター
パワーレンジャーのサポートを勤める女性。トミーとは大学の同級生である。仕事はサイバースペースのチーフマネージャー。
パワーレンジャー・ニンジャストーム
前作のパワーレンジャー。中盤で彼らと共闘する。他にセンセイ、カプリとマラーの姉妹も登場。
パワーレンジャー・S.P.D.
次回作のパワーレンジャー。SPDの後半で二度共闘しており、一回目は本編終了後のコナー、キラ、イーサンが未来に行く形で、二回目は未来のSPD勢が本編時の時代に来る形で共演している。

一般人編集

キャシディー・カール・コーネル
リーフサイド高校のテレビ局のリポーター。本作のコメディリリーフ。
デヴィン・デル・ヴァール
キャンディーのパートナーであるカメラマン。

編集

メソゴグ
Drアントン・マーサーが実験中の事故から恐竜人間となり、その時に誕生した邪悪な人格に乗っ取られた姿。世界中の人間を全て恐竜人間に変えて支配しようと企む。最終的にはアントンと分離し、独立した存在となった。その後、ダイノクリスタルのエネルギーを吸収したために4体に分裂してパワーレンジャーと戦い、倒された。
Drアントン・マーサー
トレントの義父である遺伝子学者で大富豪。かつてトミーとともに遺伝子の研究をしていた。メソゴグに体を半分乗っ取られており、一定周期で元の人格に戻る。
エルザ
メソゴグの部下である女サイボーグ。非常に高い戦闘力を持つ。普段はコナー達が通うリーフサイド高校の教頭になりすましている。最後は記憶を失って人間に戻った。
ランドル教頭
エルザの表の顔。コナー達が通うリーフサイド高校に新たに赴任した教頭。厳しい性格であるため、生徒からは「前職は看守」だと噂され、恐れられている。
ゼルトラックス(暗黒の鎧→鎧の邪命戦士)
メソゴグの部下。その正体はトミーの科学者時代の同僚、テレンス・スミスが事故で死亡した後、メソゴグによってサイボーグとして蘇った姿。自分が死んだのはトミーのせいだと思い込み、彼への復讐を第一に考えている。剣と楯を持ち、専用の飛行船も持っていたが飛行船は破壊されている。また、目から光線を出す。エルザに好意を持っているが、彼女からは相手にされていない。後にパワーアップして驚異的な再生能力を得、レンジャー達と対決するが、強化形態に変身したコナーに敗れた。
偽ホワイトレンジャー
コピーオターの影響でトレントから悪の心が分離して生まれた。ダイノステガゾードを操る。トレントによって倒された。
ティラナ・ドローン
軍団の戦闘員で、両手が鎌になっている。元々はトミーとアントンが作り出した人造生物。
トリプトイド(ゾゾル&ゲゲル)
軍団の戦闘員で、白と黒の二色に分かれている。イーサンが遊んでいたゲームに登場するキャラクターが実体化したもの。

その他編集

ジャパニーズ・パワーレンジャー(第19話のみの登場)
コナー達が見ていた衛星放送で登場。この作品の原作である『爆竜戦隊アバレンジャー』の登場人物。
  • レッドレンジャー(伯亜凌駕)
  • ケニー・幸人/ブルーレンジャー(三条幸人)
  • イエローレンジャー(樹らんる)
  • マイキー/ブラックレンジャー(アスカ)
  • Mr. オショーネシー(横田さん)
  • ワッカー・ウィルソン(バッキー・バンズ)
  • カ・ヂン(バンクマッシュルーム)
  • 敵の少女(リジェ)
  • ミシー(ジャンヌ)
  • イジー(ミケラ)
  • パップページ(ヴォッファ)

メカニック編集

いずれも、日本版と違い自我を持たず純然たるマシーンという設定。

サンダーザウルスメガゾード(アバレンオー)
ティラノゾード(ティラノサウルス)
トリケラゾード(トリケラトプス)
プテラゾード(プテラノドン)
ダイノステガゾード(キラーオー)
ドラゴゾード(トップゲイラー)
ステガゾード(ステゴスライドン)
ブラキオゾード(ブラキオサウルス)
ケファラゾード(バキケロナグルス、玩具は発売されていない)
ディメトロゾード(ディメノコドン)
パラサウルゾード(パラサロッキル)
アンキロゾード(アンキロベイルス)
メゾドンゾード(スティラゴサウルス)
メゾドンメガゾード(マックスオージャ)
トリケラマックスメガゾード(マックスリュウオー)
レプリカントゾード(バクレンオー)
サンダーザウルスメガゾードのコピー[7]。玩具はブリザードフォースメガゾードの名称で発売[7]。劇中のカラーリングがアメリカ人には受け入れられないと判断されたことから、玩具ではカラーリングが変更されている[7]

装備編集

サンダーザウルスモーファー(ダイノブレス)
レッド・ブルー・イエローの変身ブレス。
サンダーマックスセイバー(アバレイザー)
レッド・ブルー・イエローの銃と剣。
ティラノスタッフ(ティラノロッド)
レッドレンジャーが使用する先端にティラノゾードの頭部が付いた棍棒。
トリセラシールド(トリケラバンカー)
ブルーレンジャーが使用するトリケラゾードの頭部を模した盾。
プテログリップ(プテラダーガー)
イエローレンジャーが使用するプテラゾードの頭部を模した短剣
Zレックスブラスター(ダイノボンバー)
合体銃。
ブラキオモーファー(ダイノコマンダー)
ブラックレンジャーの変身ブレス。
ブラキオスタッフ(ダイノスラスター)
ブラックレンジャーの杖。
スーパーZレックスブラスター(スーパーダイノボンバー)
合体砲。
ドラゴモーファー(ダイノマインダー)
ホワイトレンジャーの変身ブレス。
ドラゴソード(ウィングペンタクト)
ホワイトレンジャーの刀。
サンダーザウルスモーファーダイノサンダーマックスVER(ダイノブレスアバレマックスバージョン)
パワーアップアイテム。
トライシアックシールド(スティライザー)
パワーアップ武器盾と剣とサモナー。
サンダーマックスセイバーブリザードフォース(バクレイザー)
玩具のみ。
トライアシックモーファー
バトライザー強化変身アイテム。
ラプターライダー(ライドラプター)
トミーの研究室にあった卵から誕生した恐竜型人工生命体。

レンジャー達を背中に乗せて走行する。

ラプターサイクル
ヘイリーが開発したバイク[6]。ビーム砲が装備されている[6]
ホバークラフトサイクル
ヘイリーが開発したブルーレンジャー用のマシン[7]
ダイノATV
メゾゴグが開発した全地形対応車[7]。ホワイトレンジャー用とブラックレンジャー用の2台がある[7]。玩具はサンダーATVの名称で発売[7]
トリケラマックスコマンドセンター
ヘイリーが開発した大型装甲車[6]。ビーム砲が装備されており、遠隔操作も可能[6]

キャスト編集

レギュラー・準レギュラー編集

  • コナー・マクナイト:ジェームス・ネイピア
  • イーサン・ジェームズ:ケビン・ダンハニー
  • キラ・フォード:エマ・ラハナ
  • トミー・オリバー:ジェイソン・デビッド・フランク
  • トレント・フェルナンデス:ジェフリー・パラッツォ
  • ヘイリー・ジクター:イズメイ・ジョンソン
  • キャシディー・アグネス・コーネル:カトリーナ・デヴァイン
  • デヴィン・デル・ヴァール:トム・ハーブ
  • メソゴグ/Drアントン・マーサー :レイサム・ゲーンズ
  • エルサ/ランドル教頭:ミリアマ・スミスメイ
  • ゼルトラックス(声):ジェームズ・ゲイリン
  • 偽ホワイトレンジャー(声):アダム・ガードナー

ゲスト出演者編集

  • 学生(1):マシュー・パリー
  • ベックマン(3):マーク・クレア
  • サッカー選手(3):マット・ケネディ
  • ケリー・スタイルス(6):モーガン・リース・フェアヘッド
  • エドワード(11、24、27): スティーヴン・ホール
  • ジャパニーズレッドレンジャー(19):西興一朗[注釈 1](声 - ジェームズ・リネハン)
  • ケニー・幸人(19):冨田翔[注釈 1](声 - ジョルギト・ヴァルカスJr.)
  • ジャパニーズイエローレンジャー(19):いとうあいこ[注釈 1](声 - モーガン・リーズ・フェアヘッド)
  • マイキー(19):阿部薫[注釈 1](声 - ジョン・バーカー)
  • 少女(19):西島未智[注釈 1](声 - ヘレナ・イーストン)
  • 敵の少女(19):鈴木かすみ[注釈 1](声 - レズリー・フィリップス)
  • ミシー(19):桜井映里[注釈 1](声 - アンジェラ・シャーリー)
  • Mr. オショーネシー(19):諏訪太朗[注釈 1](声 - スチュアート・デヴァニー)
  • ワッカー・ウィルソン(19):サムエル・ポップ・エニング[注釈 1](声 - ジャーメイン・ターナー)
  • イジー(19)(声):マット・サンダーランド
  • パップページ(19)(声):パトリック・ウィルソン
  • ジャパニーズレンジャー・モーファー(19)(声):ジェレミー・バーチャル
  • 老婆(19):花原照子[注釈 1](声 - スーザン・ブラディ)
  • エディ(23)、アナウンサー(声)(31・32):ケルソン・ヘンダーソン
  • MMPRグリーンレンジャー(声)(27)、MMPRホワイトレンジャー(声)(27)、ジオレッドレンジャー(声)(27):ジェイソン・デビッド・フランク
  • ニュースレポーター(27):パトリック・ウィルソン
  • シェイン・クラーク(31・32):プア・マガシヴァ
  • トリ・ハンソン(31・32):サリー・マーティン
  • ウォールドー・ブルークス(31・32):グレン・マクラミカン
  • ハンター・ブラッドリー(31・32):アダム・トゥオミネン
  • ブレイク・ブラッドリー(31・32):ジョルギト・ヴァルカスJr.
  • キャメロン・ワタナベ(31・32):ジェイソン・チャン
  • センセイ・カノイ・ワタナベ(31・32)、ローサー(31・32):グラント・マクファーランド
  • カプリ(31・32):カトリーナ・ブラウン
  • マラー(31・32):カトリーナ・デヴァイン

スタント・スーツアクター編集

  • レッドダイノレンジャー[8](変身前のスタントも担当[8])、ブラックダイノレンジャー[8] - 羽賀亮洋
  • ブルーダイノレンジャー[9](変身前のスタントも担当[10])- 南博男
  • イエローダイノレンジャー[5] - 梛野素子
  • イエローダイノレンジャー[11] - こしげなみへい
  • ブラックダイノレンジャー[12] - 荒川真
  • ホワイトダイノレンジャー[5] - 本間崇寛
  • その他スタント - グレン・レヴィ、アイザック・アモン、他

スタッフ編集

主題歌編集

「Power Rangers DinoThunder」
作詞 - ダグラス・スローン / 作曲 - ブルース・リンチ / 歌 - スティーブ・ラーキンス

各話リスト編集

話数 サブタイトル 登場モンスター 監督 脚本 放送日[2]
1 Day Of The Dino, Part I チャーリー・ハスケル ダグラス・スローン 2004年
2月14日
2 Day Of The Dino, Part II 巨大飛行メカ アン・オースティン
3 Wave Goodbye バードブレイン(ハッカラスナイパー) ダグラス・スローン 2月21日
4 Legacy Of Power アンドレ・メリフィールド アン・オースティン 2月28日
5 Back In Black ポリネイーター(キンモクセイカミカクシ)
(声 - アリステア・ブラウニング)
3月6日
6 Diva In Distress ドンキーバック(ザクロバキューム)
(声 - ジェイソン・ホイト)
ジャッキー・マーチャンド 3月13日
7 Game On ディマグネトロン(ジシャクナゲンゴロウ)
(声 - アリステア・ブラウニング)
(声 - ダラス・バーネット)
ジョン・テリジェン 3月20日
8 Golden Boy ダイストロン(運命)
(声 - アンドリュー・ロバート)
ゴールデンロッド(英雄)
(声 - ジェームズ・ゲイリン)
ポール・グラインダー アン・オースティン 3月27日
9 Beneath The Surface スコルペックススコルペックス(時計)
(声 - スティーヴン・ブラントン)
ジャッキー・マーチャンド 4月3日
10 Ocean Alert メガローダー(シャークルマーガレット)
(声 - ポール・バレット)
ジョン・テリジェン 4月10日
11 White Thunder, Part I ザ・クリーチャーザ・クリーチャー(バクダンデライオン)
(声 - カール・ブランド)
チャーリー・ハスケル ダグラス・スローン 4月17日
12 White Thunder, Part II アンゴー(狩)
(声 - ピーター・フィーニー)
ダグラス・スローン
ジャッキー・マーチャンド
4月24日
13 White Thunder, Part III 5月1日
14 Truth And Consequences アンドレ・メリフィールド ジャッキー・マーチャンド 5月8日
15 Leader Of The Whack ロボボット(新世界)
(声 - マーク・ライト)
ジョン・テリジェン 5月15日
16 Burning At Both Ends インセクトライト(ムカデンパンジー)
(声 - ジョン・リー)
アン・オースティン 5月22日
17 The Missing Bone フォッシルダーフォッシルダー(復活)
(声 - グレン・デレク)
ポール・グラインダー ダグラス・スローン
18 Bully For Ethan ターマイトロン(ハエマツ)
(声 - スコット・ウィルス)
アン・オースティン 6月12日
19 Lost & Found In Translation カ・ヂン スティーブ・スレイヴキン
20 It's A Mad Mad Mackerel マッド・マッケラル(ツリバカツオリーブ)
(声 - キャメロン・ロードス)
マーク・ホフマイヤー 6月19日
21 Copy That コピーオター(ラッコピーマン)
(声 - グレッグ・ジョンソン)
ダグラス・スローン ジャッキー・マーチャンド 7月10日
22 Triassic Triumph ホワイト・テラーザウルス(キラーゴースト)
(声 - マーク・ライト)
モニターのモンスター(エヴォレンジャー)
アン・オースティン 7月17日
23 A Star Is Torn ザ・ローバー(バルギゲニア)
(声 - アリステア・ブラウニング)
ダグラス・スローン 7月24日
24 A Ranger Exclusive ジュピトー(ジュピター)
(声 - ジョエル・トベック)
アンドレ・メリフィールド 7月31日
25 Tutenhawken's Curse トゥーテンホーケン(ハゲタカライチ)
(声 - デレク・ジャッジ)
ジャッキー・マーチャンド 8月7日
26 Disappearing Act ゾアノックス(ヒルリンドウ)
(声 - アンソニー・レイ・パーカー)
ダグラス・スローン 8月21日
27 Fighting Spirit ホワイト・テラーザウルス2(キラーゴースト二世)
(声 - マーク・ライト)
ポール・グラインダー ジャッキー・マーチャンド 8月28日
28 The Passion Of Connor デッドウッド(悲劇的)
(声 - アンディ・フォークナー)
アン・オースティン 9月4日
29 Isn't It Lava-ly ホーン・リムド・モンスター(アヤメガネズミ)
(声 - ピーター・ドーブ)
ブルース・カリッシュ 9月18日
30 Strange Relations ジェイド・グラディエーター(不滅)
(声 - ジェフ・ドラン)
スコーチ(奇跡)
(声 - ジム・マクラーティ
チャーリー・ハスケル ジャッキー・マーチャンド 9月25日
31 Thunder Storm, Part I ローザーボディーガード(ミケラ、ヴォッファ)
ザーゲイン
ウルフブレイドス
ボールド・ルーザー
ローザーボディーガード
ブルー・フェイス
ダグラス・スローン 10月2日
32 Thunder Storm, Part II 10月9日
33 In Your Dreams スクァッドローズ(ショホウセンカメレオン)
(声 - トニー・ブラケット)
クロコ・D・ヴィル(ヤツデンワニ)
(声 - レイ・トラウト)
ランバ・モンキー(ナナクサルンバ)
(声 - ジョナサン・バー)
ルード・エルフ(レインディアサンタ)
(声 - ティム・ファビル)
ブリッタ・ジョンストン ジャッキー・マーチャンド 10月16日
34 Drawn Into Danger フリッジア(デズモリジュエル)
(声 - ペニー・アシュトン)
10月23日
35 House Of Cards ルーディドラゴンルーディドラゴン(ドラゴンドラン)
(声 - ブルース・ホプキンス)
ブリッタ・ジョンストン ダグラス・スローン 10月30日
36 A Test Of Trust アグリー・モンスター(デズモヴォーラ)
(声 - ジェームズ・コールマン)
レプリカントゾード
アン・オースティン 11月6日
37 Thunder Struck, Part I ゼルトラックス アンドレ・メリフィールド アン・オースティン 11月13日
38 Thunder Struck, Part II メソモンスター(声 - レイサム・ゲーンズ) ダグラス・スローン 11月20日

ゲーム編集

Power Rangers Dino Thunder
2004年9月22日にTHQからPlayStation 2版、ニンテンドーゲームキューブ版、ゲームボーイアドバンス版の3種類が発売された[13][14][15]
PS2版とゲームキューブ版はパシフィックコースト・パワー&ライト開発し[13][15]、ゲームボーイアドバンス版はナツメが開発した[14]
  • 声の出演(PS2・GC)
    • レッドレンジャー、ブルーレンジャー - オーウェン・トーマス
    • イエローレンジャー - エイミー・プロベンツァーノ
    • ブラックレンジャー - ベガス・E・トリップ

国際展開編集

インドでは2005年からトゥーン・ディズニーで放送[16]。2007年にはディズニーのインド進出3周年を記念して、ダイノサンダーレンジャーによるツアーイベントが行われた[17]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ a b c d e f g h i j 『爆竜戦隊アバレンジャー』からの流用

出典編集

  1. ^ 「パワーレンジャー」新シリーズの製作配給契約をサバン・キャピタル・グループと締結”. 東映プレスリリース (2010年5月19日). 2014年3月12日閲覧。
  2. ^ a b c Power Rangers Dino Thunder”. The Official Power Rangers Website. 2014年9月18日閲覧。
  3. ^ 「緑の章 World パワーレンジャー」『スーパー戦隊 36LEGENDS』日之出出版、2012年、97頁。ISBN 978-4891988623
  4. ^ a b c d FOR YOUNG VIEWERS; Those Mighty Power Rangers Just Keep On Morphing”. ニューヨーク・タイムズ. 2014年9月18日閲覧。
  5. ^ a b c d インタビュー・秋田英夫「パワーレンジャー NOW!!」『宇宙船』Vol.122、ホビージャパン、2008年10月、 96 - 97頁、 ISBN 978-4894257726
  6. ^ a b c d e 間宮尚彦構成『30大スーパー戦隊超全集』小学館、2007年、387頁。ISBN 978-4091051127
  7. ^ a b c d e f g 「パワーレンジャー」『フィギュア王』No.233、ワールドフォトプレス、2017年、 41頁、 ISBN 978-4846531508
  8. ^ a b c Hero vs Alien”. ZeroGravity Stunt Team公式サイト. 2012年8月20日閲覧。
  9. ^ HirooMinami.com/南 博男/Stunt_Resume”. 南博男公式サイト. 2012年8月20日閲覧。
  10. ^ a b The Stunt Guild of New Zealand » Hiroo Minami”. スタント・ギルド・オブ・ ニュージーランド. 2012年2月28日閲覧。
  11. ^ Namihei Koshige”. インターネット・ムービー・データベース. 2011年7月13日閲覧。
  12. ^ Makoto Arakawa”. インターネット・ムービー・データベース. 2011年9月6日閲覧。
  13. ^ a b Power Rangers DinoThunder”. IGN. 2014年3月12日閲覧。
  14. ^ a b Power Rangers DinoThunder”. IGN. 2014年3月12日閲覧。
  15. ^ a b Power Rangers DinoThunder”. IGN. 2014年3月12日閲覧。
  16. ^ TOON DISNEY UNLEASHES JETIX DINOMITE DIWALI WITH THE LAUNCH OF POWER RANGERS DINO THUNDER”. ウォルト・ディズニー・カンパニー・インド (2005年10月27日). 2014年5月30日閲覧。
  17. ^ ウォルト・ディズニーのインド進出3周年記念をパワーレンジャーが祝う - インド”. フランス通信社 (2007年1月11日). 2014年5月30日閲覧。

外部リンク編集