ヒナカブト属(ヒナカブトぞく、学名:Agaocephalini)は、昆虫綱コウチュウ目(鞘翅目)コガネムシ科カブトムシ亜科である。

ヒナカブト属
Rhinoceros beetle.jpg
オオミツノヒナカブト Aegopsis Curvicornis
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: コウチュウ目(鞘翅目)Coleoptera
亜目 : カブトムシ亜目 Polyphaga
上科 : コガネムシ上科 Scarabaeoidea
: コガネムシ科 Scarabaeidae
亜科 : カブトムシ亜科 Dynastinae
: ヒナカブト属 Agaocephalini

生息地編集

主に中央アメリカから、南アメリカにかけて、様々な種類が生息している。

特徴編集

系統的には真性カブトムシ属のDynastiniからは離れており、同じ地域に生息しているスジコガネモドキ属 Cyclocephalini に近いグループとなる。

スジコガネモドキ類は、体長が大きくても4cmを越える程度で、一般に思い浮かべるようなカブトムシの姿とは程遠く、コガネムシと同じような姿をしており、近縁の本属にもそれに似た小型の種類が多いが、種類によっては雄は他の大型のカブトムシのような立派な角が生え、その形態も他の大型のカブトムシには見られないものが少なくない。

大部分が50mmに満たない小型のカブトムシ類だが、その奇抜な姿と、大型カブトムシ類に負けない個性的な形状から人気があるものの、一般に日本へ輸入される事はあまりない。

生態編集

体が小さいことと、現地でもあまり見られることがない種類が多く、人目に付きにくい種類とされる。

幼虫の生態は地中で腐植土や腐った植物などを食べる。成虫の生態は不明だが、ジャングルの高木の花や樹液に来ているという考察もある。

もしそうだとしたら、花に集まるコガネムシのハナムグリ科の中には、カブトムシのように角を生やしたものもおり、また、南米にはアフリカと違い、ハナムグリの仲間は繁栄しなかったので、カブトムシが変わりにそうなったのではないかという進化の可能性も考えられる。

種類編集

ヒナカブト属 Agaopisis編集

オオミツノヒナカブト Aegopisis Curvicornis
ベネズエラ、エクアドル、コロンビア、ブラジルに生息。和名通り3本の角があるが、アトラスオオカブト属とは逆に、頭部に二本、胸部に一本の角が発達する。体長は30mmほど。
ハビロミツノヒナカブト Aegopsis Bolbocerida 
オオミツノヒナカブトに似ているが、やや体型が丸い。ブラジルに生息。
クロミツノヒナカブト Aegopsis Peruvianus
パナマペルーに生息し、前二種に似た形態。別亜種がパナマトリニダード・トバゴに分布する。

ケブカヒナカブト属編集

アカムネヒナカブト Gnathogolofa Bicolor
エクアドルに生息。腹部体毛が長い。体長28〜36mm
ケブカヒナカブト Democrates Burmeisteri
アカムネヒナカブトに似た種類。角はない。
パンパスヒナカブト Calacus Bicolor
アルゼンチンに生息する。

コツノヒナカブト属 編集

アラメコツノヒナカブト Brachysiderus Minicola
ブラジルに生息。体長3cmに満たないが、頭部に二つの小さな角が突き出ている。
ゴヤコツノヒナカブト Brachysiderus Goyanus
アラメコツノヒナカブトによく似ているが、本種の方がやや角が突き出る。
フンボルトヒナカブト Mitracephala Humbolati
前二種より大型で、体長40mmになり、胸部に一対の小さな角が、頭部に短いが幅広い角が出ている。エクアドル、コロンビア、ボリビア、ペルーに住む。

カラカネヒナカブト属 Agaocephala編集

カラカネヒナカブト Agaocephala Bicuspis
胸部が金属光沢の緑色を帯び、胸部に突起状の角が、頭部に二対の角が伸びる。ガイアナやベネズエラに生息。体長21〜35mm。
ウルスカラカネヒナカブト Agaocephala Urus
ブラジルに生息。前種よりやや小型。
アラメカラカネヒナカブト Agaocephala Cornigera
ブラジル南東部からパラグアイに生息。前二種よりやや体型が細め。
ツヤカラカネヒナカブト Agaocephala Duponti
前三種よりも角が短く、ズングリした体型。ブラジル南東部に生息。
オオカラカネヒナカブト Agaocephala Margaridae
和名通り、前四種より大型で40mmを越える。アマゾン川本流域に生息。
ヨツボシツノヒナカブト Brachyiderus Quadrimaculata
和名通り、前翅の前隅と後隅に黒い模様がある。頭部の角はやや長く、先が扁平になる。体長は27〜40mm。ブラジル、コロンビア、ペルーに住み、別亜種がエクアドル、ボリビアに分布。

ツヤケヒナカブト属 Spodistes編集

グランディスビロードヒナカブト Spodistes Grandis
体長最大49mmになり、最大級のヒナカブト。エクアドルとコロンビアに生息し、全身がビロードの細かい毛で覆われ、胸部の角がヘラクレスオオカブト、頭部の角が日本カブトムシのような形状になっている。
バテシービロードヒナカブト Spodistes Batesi
メキシコからパナマにかけて住む。前種より頭部角の先端が狭く、細身。体長25〜46mm。
モンゾンビロードヒナカブト Spoidistes Monzoni
メキシコ、グアテマラエルサルバドルに生息。前二種より、胸部の角が短い。体長28〜43mm。
ムニスゼッチビロードヒナカブト Spodistes Mniszechi
メキシコからコロンビアにかけて分布。バテシーよりも体型が太目。体長28〜43mm

タテヅノツヤケヒナカブト属 Lycomedes編集

ベルティペスビロードヒナカブト Lycomedes Velutipes
体長21〜33mmで、ズングリした体型。エクアドルに生息。
バックレイビロードヒナカブト Lycomedes Buckleyi
エクアドルに生息。前種に似てやや大型の38mmで、頭部が日本のカブトムシに、胸部がタテヅノカブト類に似ている。
オハウスビロードヒナカブト Lycomedes Ohausi
エクアドルに住み、前二種に似ているが、体表に筋が入る。体長26〜31mm。
ヒルチペスビロードヒナカブト Lycomedes Hirtipes
体長30mmに満たない小型種で、前3種と違い、コロンビアに住む。
キバネヒナカブト Antodon Goryi
ブラジル東部に住む。毛は胸部に生えており、翅にはない。体長30mmに満たない。

参考文献編集

  • 海野和男著『カブトムシの百科』(1993 データーハウス)
  • 学研の図鑑『カブトムシ・クワガタムシ』(2001 学研