メインメニューを開く

ヒュンダイ・ダイナスティHyundai Dynasty)は、韓国現代自動車が生産していた乗用車である。

ヒュンダイ・ダイナスティ
ニューダイナスティ フロント
20100731 hyundai dynasty 01.jpg
ニューダイナスティ リア
20100731 hyundai dynasty 02.jpg
販売期間 1996年 - 2005年
ボディタイプ セダン
エンジン V6 2500cc
V6 3000cc
V6 3500cc
駆動方式 前輪駆動
全長 4,980 MM/5,130 MM(リムジン)
全幅 1,810 MM
全高 1,445 MM
ホイールベース 2,745 MM/2,895 MM(リムジン)
兄弟車 ニューグレンジャー
-自動車のスペック表-

目次

概要編集

1981年に発売されたニューグレンジャーをベースとした大型セダンで、1999年にエクウスが発売されるまでは同社のフラッグシップモデルであった。2005年には生産を終了。

歴史編集

  • 1996年5月 - 発売開始。 搭載エンジンはV6 3000cc/V6 3500ccの2種。
  • 1997年 - 1998年モデルを発売。 通称名を「ニューダイナスティ」に変更、グリルデザイン等が変更された。また、V6 2500ccエンジン搭載の「シグネチャー」、3000ccエンジン搭載車の新グレード「SV」、3500ccエンジン搭載のリムジンを追加。
  • 1999年4月 - エクウスを発売。これに伴いV6 3500ccモデル、リムジンが廃止された。 2500ccに新グレード「シグネチャーSV」を追加。
  • 2003年3月[1] - フェイスリフトを実施、2003年モデルを発売。 グリル、アルミホイールデザインを変更、リアコンビランプのフラッシャーランプがアンバーからクリアに変更された。
  • 2005年 - 生産終了

後継車編集

  • 後継モデルとしてコードネーム「GH」の名称で開発されていたモデルが起亜自動車から「オピラス」として発売され、2003年から2011年まで販売されていた[2]
  • 直接の後継車ではないが、2014年にグレンジャーHGをベースに開発された上級車種のアスランが発売された。

車名の由来編集

英語で「王家、名家」という意味がある。

脚注編集

出典編集

  1. ^ 현대車, 『2003년형 다이너스티 』출시” (韓国語). Hyundai motor company (2003年3月3日). 2017年1月2日閲覧。
  2. ^ 오피러스, 네오클래식 스타일의 대형 승용차” (韓国語). AutoTimes (2003年8月27日). 2017年1月2日閲覧。

関連項目編集