ヒュー・デイリー

アメリカ合衆国の野球選手 (1847-1923)

ヒュー・デイリー(Hugh Ignatius Daily、1847年7月17日 - 没年不詳〈1923年以後〉)は、アメリカ合衆国メリーランド州ボルチモア出身[1]プロ野球選手投手)。右投げ右打ち。ニックネームは"One Arm"。事故で片腕を失った投手だったが、メジャーリーグに6年間在籍し、1試合19奪三振やノーヒットノーランなどの記録を残している。

ヒュー・デイリー
Hugh Daily
px
1882年
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 メリーランド州ボルチモア
生年月日 1847年7月17日
没年月日 不詳(1923年以後)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
180 lb =約81.6 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
初出場 1882年5月1日
最終出場 1887年8月21日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

生まれた時の名前は"Harry Criss"という。幼い時に拳銃の事故が元で左腕を切断、その後地元ボルチモアのプロ野球チームで投手を務めるようになった。メジャーリーグのバッファロー・バイソンズに入団したときは既に34歳だったが、周囲との口喧嘩が絶えなかったそうで、メジャーリーグ6年在籍の間に7チームを渡り歩いた。

1883年に45試合に登板し23勝19敗の成績を上げ、この年の9月にはノーヒットノーランを達成している。翌年1884年にユニオン・アソシエーションが創設されるとリーグを移籍し、シカゴ・ブラウンズで27勝27敗の成績を残した。また同年記録した奪三振数はユニオン・アソシエーション最多の483に及んだ。また同年7月7日の試合では、1試合9イニングで19奪三振という当時のメジャーリーグ記録を作っている[2]

1885年にナショナルリーグに復帰するが、登板数はわずか11試合だった。1887年に当時アメリカン・アソシエーションに加盟していたクリーブランド・スパイダーズで16試合に登板したが、4勝12敗に終わり同年メジャーリーグから退いた。

引退後の経歴について詳しいことは判っていない。正確な没年も不明だが、野球史研究家 Richard Malatzky の調査によると1923年頃までボルチモアで生存していたとされている。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1882 BUF 29 29 29 0 -- 15 14 0 -- .517 1120 255.2 246 7 70 -- -- 116 11 0 165 85 2.99 1.24
1883 CLV 45 43 40 4 -- 23 19 1 -- .548 1578 378.2 360 5 99 -- -- 171 23 0 193 102 2.42 1.21
1884 CPI 56 56 54 5 -- 27 27 0 -- .500 2009 484.2 430 11 71 -- -- 469 47 0 257 131 2.43 1.03
WHS 2 2 2 0 -- 1 1 0 -- .500 67 16.0 16 0 1 -- -- 14 3 0 11 4 2.25 1.06
'84計 58 58 56 5 -- 28 28 0 -- .500 2076 500.2 446 11 72 -- -- 483 50 0 268 135 2.43 1.04
1885 SLM 11 11 10 1 -- 3 8 0 -- .273 409 91.1 92 5 44 -- -- 31 2 0 72 40 3.94 1.90
1886 WHS 6 6 6 0 -- 0 6 0 -- .000 248 49.0 69 2 40 -- -- 15 7 0 60 40 7.35 2.22
1887 CLE 16 16 16 0 -- 4 12 0 -- .250 629 139.2 181 1 44 -- 3 30 3 0 108 57 3.67 1.61
MLB:6年 165 163 157 10 -- 73 87 1 -- .456 6060 1415.0 1394 31 369 -- *3 846 96 0 866 459 2.92 1.25
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 「-」は公式記録なし
  • 通算成績の「*数字」は、不明年度がある事を示す

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1882 BUF 29 112 110 10 18 6 1 0 26 9 -- -- -- -- 2 -- -- 28 -- .164 .179 .236 .415
1883 CLV 45 152 142 18 18 1 0 0 19 5 -- -- -- -- 10 -- -- 36 -- .127 .184 .134 .318
1884 CPI 58 204 196 21 43 6 1 0 51 -- -- -- -- -- 8 -- -- -- -- .219 .250 .260 .510
WHS 2 6 5 0 0 0 0 0 0 -- -- -- -- -- 1 -- -- -- -- .000 .167 .000 .167
'84計 60 210 201 21 43 6 1 0 51 -- -- -- -- -- 9 -- -- -- -- .214 .248 .254 .501
1885 SLM 11 37 35 1 3 0 0 0 3 1 -- -- -- -- 2 -- -- 10 -- .086 .135 .086 .221
1886 WHS 6 18 16 2 2 0 0 0 2 1 0 -- -- -- 2 -- -- 5 -- .125 .222 .125 .347
1887 CLE 16 61 58 1 4 0 0 0 4 1 0 -- -- -- 3 -- 0 30 -- .069 .115 .069 .184
MLB:6年 167 590 562 53 88 13 2 0 105 *17 *0 -- -- -- 28 -- *0 *109 -- .157 .197 .187 .383
  • 「-」は公式記録なし
  • 通算成績の「*数字」は、不明年度がある事を示す

獲得タイトル・記録編集

脚注編集

  1. ^ baseball-referenceの記載に基づく。Retrosheetはデイリーの家族が1848年にアメリカに移住しているという調査結果に基づいて、デイリーをアイルランド出身としている。
  2. ^ 現在非公式ではあるが、この試合でデイリーはもう1つ振り逃げを記録しており、奪三振数を20とする見解もある

外部リンク編集