メインメニューを開く

WHIP(Walks plus Hits per Inning Pitched、「投球回あたり与四球・被安打数合計」)とは、野球における投手の成績評価項目の1つで、1投球回あたり何人の走者を出したかを表す数値。与四球数と被安打数を足した数値を投球回で割ることで求められる(死球失策など、安打や四球以外による出塁は数えない)。米大リーグ台湾プロ野球では、WHIPは防御率などとともに公式に記録・公開されている指標である(日本プロ野球では非採用)。一方で、WHIPは他の多くの統計の副産物であるとして、投手を評価する際に基本的に無視されるべきであるという指摘もある[1]

概要編集

WHIP = (与四球 + 被安打) ÷ 投球回

一般に先発投手であれば1.00未満なら球界を代表するエースとされ、1.20未満ならエース級、逆に1.40を上回ると問題であると言われる。また、ショートリリーフの投手の場合、投球イニングが少なく、ワンポイントとしてイニングの途中で交替することが多いため、自分の残した走者を後続投手が返すか否かで防御率が大きく変わってくる。そのため、WHIPはショートリリーフの投手の評価により適している[2]

問題点編集

野手の影響を大きく受ける被安打を内容に含んでおり、WHIPの高低は投手の働きだけでなく野手の守備に左右される。このため現在のセイバーメトリクスではWHIPを投手の働きの分析に用いることに関して強い疑問が呈されており、分析には用いられなくなっている[3]。WHIPは長打も単打・四球と同様にカウントされるため、四球は少ないが長打を打たれやすい投手は、WHIPが示す評価ほどの成績を残せないという欠点がある。また、WHIPは投手がコントロールしにくいとされるBABIPに大きく依存している指標であるため、投球内容を適切に表しているとは言えない。これらの理由からWHIPに批判的な意見も多く[4]、大手データサイトのFanGraphsでは、「WHIPは愚かな指標である。一部の人々はVORPとtERAと並んで、目新しいマネーボールスタットとして参照するのが好きだが、WHIPはプレイヤーのスキルをあらわすものではない。勿論ランナーを出さないのは良い投手である傾向があるが、それは絶対ではない。WHIPは他の多くの統計の副産物であり、投手を評価する際に基本的に無視されるべきである[1]」と、投手評価に使用することを全面否定している。

記録編集

日本球界においては、WHIPは公式記録となっていない。任意に集計したシーズン記録では、景浦將大阪)が1リーグ時代の1936年秋季に記録した0.72が最高である2リーグ制後では、村山実阪神)が1959年に記録した0.748が最高である。なお、村山は通算WHIPのNPB記録(0.95)も持っている(通算2000投球回以上)。

アメリカのメジャーリーグや台湾の中華職業棒球大聯盟などでは公式記録となっている。メジャーリーグのシーズン記録はペドロ・マルティネスレッドソックス)が2000年に記録した0.74である(規定投球回数以上)。

評価基準編集

WHIP 評価
1.00 素晴らしい
1.10 非常に良い
1.25 平均以上
1.32 平均
1.40 平均以下
1.50 悪い
1.60 非常に悪い

脚注編集

  1. ^ a b Strategy Session – Don’t Get WHIPped FanGraphs Fantasy Baseball .2009年1月9日.
  2. ^ 鳥越規央著『9回裏無死1塁でバントはするな』(祥伝社新書)
  3. ^ WHIP(Walks plus Hits per Innings Pitched) 1.02 ESSENCE of BASEBALL .2019年4月8日.
  4. ^ Strategy Session – Don't Get WHIPped

関連項目編集