メインメニューを開く

ヒョーゴノスケは、日本イラストレーター漫画家広島県出身[1][2]神奈川県横浜市在住[3]

ヒョーゴノスケ
生誕 日本の旗 日本広島県
国籍 日本の旗 日本
職業 イラストレーター
漫画家
活動期間 2012年-
ジャンル イラスト、児童書挿絵、エッセイ漫画
代表作ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』ポスター、イメージボード
『今日も娘と。』
公式サイト hyogonosuke.com
テンプレートを表示

目次

来歴編集

16歳の時に「週刊少年ジャンプ」で漫画家デビュー[1]高橋陽一アシスタントが初仕事で[4]、20歳前後の頃はガモウひろしらのアシスタントを務めた[5]。その後ゲーム業界へ転身[1]。ゲーム会社に勤めデザインチーフやアートディレクターを担当する[6]傍らで児童書の挿絵などを描くイラストレーターとしても活動。2017年には『ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』のポスターが話題になった[7][8]。2017年4月30日を以て勤めていた会社が解散、同年5月以降はフリーのイラストレーターとして活動[6]

2017年からTwitterに実録体験マンガをアップしたところ大きな反響があった[5][9]。これを受けて出版社の担当編集と書籍出版を見据え、娘との日常を描いた漫画をTwitterに投稿するようになり[9]、こちらも大きな反響を得た[2]。2018年3月にはTwitterに投稿した漫画に描き下ろしを加えた単行本を出版した[9][10]

人物・作風編集

『今日も娘と。』にはヒョーゴノスケ本人と娘以外の家族が登場しないが、「出すタイミングを失った」だけで妻(娘の母)がいる[11]

イラストレーターとしてはアウトラインの無い絵を描くことが多く、特徴となっている[9]

作品リスト編集

イラスト編集

挿絵編集

漫画編集

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d ヒョーゴノスケ”. 偕成社. 2018年5月4日閲覧。
  2. ^ a b ヒョーゴノスケ、世紀末 (2018年3月21日). 【世紀末×ヒョーゴノスケ】Twitter発のマンガ家ふたりがお互いの魅力を語り合う!【前編】. インタビュアー:近藤世菜. ダ・ヴィンチニュース.. https://ddnavi.com/interview/445019/a/ 2018年5月4日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w ヒョーゴノスケのサイト”. 2018年5月4日閲覧。
  4. ^ ヒョーゴノスケ [@hyogonosuke] (2018年5月30日). "高橋陽一先生のアシスタントが人生初の仕事でした。" (ツイート). Retrieved 2018年5月31日 – via Twitter.
  5. ^ a b 宮原れい (2017年7月27日). “まさしく正義の職場 「ラッキーマン」ガモウ先生の元アシスタントが当時の“唯一の不満”を描いた漫画が話題に”. ねとらぼ. 2018年5月4日閲覧。
  6. ^ a b ヒョーゴノスケ (2017年8月23日). 「大丈夫!私のお年玉があるから」 会社が解散、娘の一言に救われた. インタビュアー:若松真平. withnews.. https://withnews.jp/article/f0170823002qq000000000000000W00o10101qq000015786A 2018年5月4日閲覧。 
  7. ^ a b 『映画ドラえもん』最新作 「期待値高まる」イメージボードをポスター化”. ORICON NEWS (2017年2月27日). 2018年5月4日閲覧。
  8. ^ a b Kikka (2017年3月10日). “映画「ドラえもん」のグッとくるポスターはなぜ生まれた? ストーリーボードポスター誕生の経緯を取材”. ねとらぼ. 2018年5月4日閲覧。
  9. ^ a b c d ヒョーゴノスケ、世紀末 (2018年3月22日). 【世紀末×ヒョーゴノスケ】Twitter発のマンガ家ふたりがお互いの魅力を語り合う!【後編】. インタビュアー:近藤世菜. ダ・ヴィンチニュース.. https://ddnavi.com/interview/445053/a/ 2018年5月4日閲覧。 
  10. ^ a b ヒョーゴノスケが娘との何気ない日々を綴る実録マンガ「今日も娘と。」単行本に”. コミックナタリー (2018年3月16日). 2018年5月4日閲覧。
  11. ^ 『今日も娘と。』あとがき
  12. ^ 桑原健太郎 (2017年1月28日). “「ラブライブ!サンシャイン!!」セレクトショップが東京・大阪・博多の3大都市で開催決定!”. ウォーカープラス. 2018年5月4日閲覧。
  13. ^ 藤井もか (2017年5月26日). “「ラブライブ!サンシャイン!! プレミアムショップ」が新東名高速道路 NEOPASA駿河湾沼津上り線内にオープン!”. ORICON NEWS. 2018年5月4日閲覧。
  14. ^ 浴衣のAqoursがまぶしい!沼津夏祭りのコラボクリアファイル”. ウォーカープラス (2017年7月21日). 2018年5月4日閲覧。
  15. ^ “缶入り茶「ぬまっちゃ」 「ラブライブ!」デザイン発売へ”. 静岡新聞. (2017年12月13日). http://www.at-s.com/news/article/economy/shizuoka/newface/436340.html 2018年5月4日閲覧。 
  16. ^ Split BoB、新譜ジャケイラストをヒョーゴノスケが担当”. OTOTOY (2016年12月7日). 2018年5月4日閲覧。
  17. ^ 『初音ミク×手塚治虫展』にコラボイラストなど30点超 冨田勲の公演も紹介”. CINRA.NET (2017年6月25日). 2018年5月4日閲覧。
  18. ^ 「スプラトゥーン2」特集になもり、安部真弘、ちょぼらうにょぽみら10名”. コミックナタリー (2017年7月20日). 2018年5月4日閲覧。
  19. ^ 【数量限定カバー版】【日本語版アメコミ/グラフィックノベル】アドベンチャー・タイム プレイング・ウィズ・ファイア”. 豆魚雷. 2018年5月4日閲覧。
  20. ^ 「RWBY トレーディングアクリルキーホルダー」9月22日(金)より期間限定のPOPUP SHOPにて発売!”. PR TIMES (2017年9月21日). 2018年5月4日閲覧。
  21. ^ ポケモングッズのイラストを手がけたヒョーゴノスケ氏の日常漫画が「いいね」1万7千超え! 愛娘との微笑ましい会話に笑顔広がる”. インサイド (2017年11月14日). 2018年5月4日閲覧。
  22. ^ エンドカード - スペシャル”. TVアニメ「3月のライオン」公式サイト. 2018年5月4日閲覧。
  23. ^ ももいろクローバーZ、連続リリース第1弾MV公開”. BARKS (2018年8月10日). 2019年4月9日閲覧。
  24. ^ おかあさんといっしょ「プリンセスミミィ」オープニングアニメ”. 3D-Blog (2018年4月13日). 2019年4月9日閲覧。
  25. ^ 「モンスト展」浅野いにおのモンストローズなど展示の一部画像が到着”. コミックナタリー (2018年9月28日). 2019年4月9日閲覧。
  26. ^ 老師敬服 / Master of Respect”. ホビージャパン. 2019年4月9日閲覧。
  27. ^ 本日公開!北山宏光主演『トラさん』新カット含むSP映像解禁”. dmenu映画 (2019年2月15日). 2019年4月9日閲覧。
  28. ^ トレーディングアクリルチャーム 『ペルソナ』シリーズ クリエイターズver.”. コトブキヤ. 2019年4月9日閲覧。

外部リンク編集