ビッグファイブ (ハワイ)

ビッグファイブ英語: Big Five)とは、アメリカ合衆国ハワイ州がまだハワイ準州20世紀前半、ハワイの経済を専有した感があった五大企業を指す。

マウイ島プウネネにあったアレクサンダー・アンド・ボールドウィン製糖工場

概要 編集

19世紀末にハワイ王国が倒されて、それまでむしろイギリスと友好関係にあったハワイがアメリカ合衆国準州となったばかりの20世紀初頭に、アメリカの企業がハワイに押し寄せた。当時最大の産業であったプランテーションによるサトウキビ栽培と製糖に五大企業がたずさわり、ハワイの経済を牛耳っていた。

これらビッグファイブと呼ばれた五大企業は、

であった。彼らは経済面だけでなく、しばしば政治面にも口出しをして、政治的には現在のハワイは民主党寄りであるが当時は共和党寄りであった。

これらビッグファイブの企業は、20世紀後半にはサトウキビ生産がハワイでは下火になると徐々に衰退したが、土地所有やその他の面で現在も隠然たる影響をハワイ経済に与えている。[1][2]

参照項目 編集

脚注 編集

外部リンク 編集