ビュシー・マンセル (第4代マンセル男爵)

第4代マンセル男爵ビュシー・マンセル英語: Bussy Mansel, 4th Baron Mansel1701年? – 1750年11月29日)は、グレートブリテン王国の貴族、政治家。1727年から1744年まで庶民院議員を務めた。

生涯編集

初代マンセル男爵トマス・マンセル英語版とマーサ・ミリントン(Martha Millington、1669年ごろ – 1718年6月10日、フランシス・ミリントンの娘)の三男として[1]、1701年ごろに生まれた[2]。1706年1月7日に遠戚のトマス・マンセル(1678年 – 1706年)が死去すると、その遺言状に基づきブリトン・フェリー英語版の地所を継承した[1][3]。1717年7月13日、オックスフォード大学クライスト・チャーチに入学した[4]

1727年1月、カーディフ選挙区英語版選出グレートブリテン庶民院議員エドワード・ストラドリングの死去に伴う補欠選挙で出馬、無投票で当選した[5]同年の総選挙ホイッグ党所属のトマス・マシューズが立候補したが[6]、マンセルはマシューズを下して再選した[5]。この議会では1727年から1734年まで常に野党側で投票した[2]1734年イギリス総選挙ではカーディフの有力者である初代ウィンザー子爵トマス・ウィンザーの息子ハーバート・ウィンザー閣下が成人したため、議席をハーバートに譲り[5]、自身は代わりにカウンティ選挙区のグラモーガンシャー選挙区英語版から出馬したが、577票対658票でホイッグ党候補のウィリアム・タルボット閣下英語版に敗れた[7]。1737年にタルボットが父からタルボット男爵位を継承して貴族院に移籍すると、マンセルは補欠選挙に立候補して無投票で当選した[7]。1738年9月27日に第6代準男爵サー・トマス・ストラドリングが死去すると[8]、その遺産を継承した[1]。1734年以降も野党側で投票したが、1741年2月13日の首相ロバート・ウォルポール不信任決議案では反対票を投じた[2]

1744年11月26日に兄クリストファーが死去すると、マンセル男爵位を継承した[1]

1750年11月29日にメイフェアアッパー・グローヴナー・ストリート英語版で死去、12月1日にピカデリー聖ジェームズ教会英語版に埋葬された[1]。欲深い性格で[2]、死去時点で「莫大な富を有した」(immensely rich)が、2人の妻との間で男子をもうけず、爵位は廃絶した[1]ブリトン・フェリー英語版の地所などの遺産は娘ルイーザ・バーバラ、ついで孫娘ルイーザ・バーベリナ(Louisa Barberina)が継承、ルイーザ・バーベリナが1786年に生涯未婚のまま死去するとジャージー伯爵家が継承した[1]

家族編集

1724年5月17日、エリザベス・ハーヴィー(Elizabeth Hervey、1698年ごろ – 1727年12月23日、初代ブリストル伯爵ジョン・ハーヴィーの娘)と結婚したが[1]、2人の間に子供はいなかった[2]

1729年3月13日、バーバラ・ヴィリアーズ(Barbara Villiers、1761年6月11日没、第2代ジャージー伯爵ウィリアム・ヴィリアーズの娘)と再婚、1女をもうけた[1]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i Cokayne, George Edward, ed. (1893). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (L to M) (英語). 5 (1st ed.). London: George Bell & Sons. pp. 213–214.
  2. ^ a b c d e Thomas, Peter D.G.; Lea, R. S. (1970). "MANSEL, Hon. Bussy (?1701-50), of Briton Ferry, Glam.". In Sedgwick, Romney (ed.). The House of Commons 1715-1754 (英語). The History of Parliament Trust. 2020年9月30日閲覧
  3. ^ Hayton, D. W. (2002). "MANSEL, Thomas II (1678-1706), of Briton Ferry, Glam.". In Hayton, David; Cruickshanks, Eveline; Handley, Stuart (eds.). The House of Commons 1690-1715 (英語). The History of Parliament Trust. 2020年9月30日閲覧
  4. ^ Foster, Joseph, ed. (1891). Alumni Oxonienses 1715-1886 (L to R) (英語). 3. Oxford: University of Oxford. p. 909.
  5. ^ a b c Thomas, Peter D. G. (1970). "Cardiff Boroughs". In Sedgwick, Romney (ed.). The House of Commons 1715-1754 (英語). The History of Parliament Trust. 2020年9月30日閲覧
  6. ^ Thomas, Peter D.G.; Lea, R. S. (1970). "MATHEWS, Thomas (1676-1751), of Llandaff Court, Glam.". In Sedgwick, Romney (ed.). The House of Commons 1715-1754 (英語). The History of Parliament Trust. 2020年9月30日閲覧
  7. ^ a b Thomas, Peter D. G. (1970). "Glamorgan". In Sedgwick, Romney (ed.). The House of Commons 1715-1754 (英語). The History of Parliament Trust. 2020年9月30日閲覧
  8. ^ "Stradling, of St Donat's, co. Glamorgan (E Baronet, 1611 - 1738)". Cracroft's Peerage (英語). 22 April 2012. 2020年9月30日閲覧
  9. ^ Brooke, John (1964). "VENABLES VERNON, George (1735-1813), of Briton Ferry, Glam. and Newick Park, Suss.". In Namier, Sir Lewis; Brooke, John (eds.). The House of Commons 1754-1790 (英語). The History of Parliament Trust. 2020年9月30日閲覧

外部リンク編集

グレートブリテン議会英語版
先代:
エドワード・ストラドリング
庶民院議員(カーディフ選挙区英語版選出)
1727年 – 1734年
次代:
ハーバート・ウィンザー閣下
先代:
ウィリアム・タルボット閣下英語版
庶民院議員(グラモーガンシャー選挙区英語版選出)
1737年 – 1744年
次代:
トマス・マシューズ
グレートブリテンの爵位
先代:
クリストファー・マンセル
マンセル男爵
1744年 – 1750年
廃絶