メインメニューを開く

ビリーヴド(BEREAVED)は関東を中心に活動するスラッシュメタル/デスラッシュ/メロディック・デスメタルバンドである。一般的にメディアからはメロディック・デスメタルにカテゴライズされることが多いが、スラッシュメタルの突進力や、ブラストビートを多用したブルータルな楽曲も多い。

ビリーヴド
BEREAVED
出身地 日本の旗 日本 東京都
ジャンル スラッシュメタル
デスラッシュ
メロディック・デスメタル
活動期間 1997年 -
レーベル デッドサン・レコード
コンクラヴ・レコード
公式サイト www.bereaved.jp
メンバー Tetsu Haramura (ボーカル)
Nori "tahke" Takenaka (ギター)
Ken Kubo (ギター)
Leo Wakiya(ドラム)
Kohhei Iino (ベース)
旧メンバー Bill Jokela(ベース)

目次

バンド略歴編集

1997年にTetsuとアメリカ人のBill(ex-Ritual Carnage)を中心に結成される。

2000年にギターリストとしてKen(ex-SCARLET GARDEN)が加入。サポートドラマーとしてKeisuke(Vomit Remnants)を迎え、Krabathor、Ritual Carnage等とライブを行う。同年秋にTahkeが加入。

2001年に1stデモ“Reclaim”を発表。 フランスのメタル雑誌「METALLIAN」が「Reclaim」に興味を持ち、同作品を年末の雑誌企画である2001年度unsigned band best 10”に選ぶ。 同年秋にLeoが加入。

2004年にミニアルバム「What the wolf brings」を発表。

2005年にフランスのDEADSUN RECORDSと契約。

2006年に「The Spirit Driven By Hate」を発表。

2007年にV.A「Samurai Metal vol.3」に参加。「The Corrupted Heart」を提供。

2008年諸事情によりBillが脱退。

2009年Kohhei Iino(ex-VICE, Crucified)がベーシストとして加入。

2010年セカンドフルアルバム「The Cries of the Penitent」を前回と同じDEADSUN RECORDSから発表。

メンバー編集

Tetsu Haramura (Vo)
ビリーヴドのオリジナルメンバー。結成当初は3ピースだったのでギターヴォーカルであった。発表された作品の作詞の全てを担当している。「What the wolf brings」までは作曲にも参加していたが、「The Spirit Driven By Hate」以降は作詞に専念している。ライヴでの定番曲となっている「AVENGER」は彼を中心に作曲された。
マラソンの高橋尚子の熱烈なファンであり、自宅の近くがレースで使われると応援に行くほどである。
Nori "tahke" Takenaka (Gt)
Tetsuの誘いでバンドに加入。
バンドのメインソングライター。演奏面ではバッキングに専念することが多いが、ソロを担当する曲もある。
ギターの相方であるKenは大学時代の後輩である。
Ken Kubo (Gt)
当初はサポートメンバーとしてバンドに参加していたが、tahkeの説得により正式メンバーとなる。
ギターソロのほとんどを担当している。また、アルバムごとのサウンドプロダクションは彼が担当しており、楽曲の監督的存在である。「The Spirit Driven By Hate」では彼が中心となって作られた曲も多く収録されている。
ギターの相方であるtahkeは大学時代の先輩である。
Leo Wakiya (Dr)
元々は違うジャンルで活動していたが、あるきっかけをもとにビリーヴドに参加する。
ドラマーとしてビリーヴド以外にも様々なバンドで演奏している。
Kohhei Iino (Ba)
2009年よりベーシストとして加入。自身のバンドであるCrucifiedではギターを担当している。

旧メンバー編集

Bill Jokela (Ba)
ビリーヴドのオリジナルメンバー。Ritual Carnageのダミアンの友人であり、同バンドのオリジナルメンバーでもあった。1stアルバムのライナーノーツにあるビルとは彼のことである。
日本に住むようになって10年以上経っているが、プライベートで使わないせいか、あまり日本語が上手でない。メンバーとの意思疎通は6割英語、3割日本語、1割ボディーランゲージで行っている。
2009年よりARMSのベーシストとして活躍中。

ディスコグラフィー編集

フルアルバム編集

  1. ザ・スピリット・ドリヴン・バイ・ヘイト - The Spirit Driven By Hate (2006年)
    1. Apparation
    2. Eruption of Violence
    3. Spectral Visitation
    4. Unquenchable Thirst
    5. Our Time Apart
    6. Redemption Through Pain
    7. Your Agony's Birth
    8. Capative Body, Capative Soul
    9. The Storm Master
    10. Wake with the Moon
    11. Enigma of the Crone
  2. ザ・クライズ・オブ・ザ・ペニテント - The Cries of the Penitent (2010年)
    1. My Garden Your Pain
    2. Blood Proved
    3. House Of Terror
    4. Naturally Cowardly
    5. Sweet Killing Taste
    6. The Happening Park
    7. Neighbor
    8. In This Aging Life
    9. Lost Hesitation
    10. Night, New Biginning

ミニアルバム編集

  1. リクレイム - Reclaim (2001年)
    1. Reclaim
    2. Gleam in the Darkness
    3. Siege
    4. The Crimson Castle
    5. Fear, Vanquished
  2. 孤憤の狼獣 - What the wolf brings (2004年)
    1. AVENGER
    2. YEARNING IN SECRECY
    3. DESTINY
    4. THE MIND'S SOLITUDE
    5. SWORD OVER MY HEAD

V.A編集

バンドにまつわるエピソード編集

  • メディアによっては横浜出身と明記されていることがあるが、それは間違いである。Tetsuが横浜に住んでいたことがあるだけであり、プロモーション用デモ音源を彼の家からレーベルに発送していたことが原因と思われる。BEREAVEDは神奈川県でライヴを行ったことがない。
  • 国内外を含め、同名バンドが幾つか存在している。中でもスウェーデン出身のザ・ビリーヴド (The Bereaved)と混同されることが多い。ビリーヴドの旧オフィシャルサイトの掲示板(現在のオフィシャルサイトに掲示板はない)にザ・ビリーヴドのメンバーからメッセージが書き込まれたことがある。
  • Kenはビリーヴドの前に参加していたSCARLET GARDENで、ドイツのINVASION RECORDSからデビューの予定だった。しかしアルバム完成直後にレーベル倒産してしまう。ちなみにそのバンドのギタリストKelly Simonzだった。
  • Reclaimレコーディング時にはドラマーが不在だったため、ドラムレコーディングは東京のデスラッシュバンド、Ritual Carnageのhamaii氏が行った。
  • What the wolf bringsのマスタリングはIntestine BaalismのKakuzaki氏が行った。

外部リンク編集