スラッシュメタル

音楽のジャンル

スラッシュメタル (Thrash Metal) は、音楽ジャンルの一つ。従来のヘヴィメタルハードコアの過激さを加えた音楽形態を指す。Thrash とは「鞭打つ」という意味である。スピードメタルとの定義の違いは曖昧である。

スラッシュメタル
Thrash Metal
様式的起源 NWOBHM
スピードメタル
ハードコア・パンク
文化的起源 1980年代初期アメリカ
使用楽器 ボーカル
ギター
ベース
ドラム
派生ジャンル メタルコア
グルーヴ・メタル
デスメタル
ブラックメタル
融合ジャンル
クロスオーバー・スラッシュ
地域的なスタイル
ベイエリア・スラッシュメタル
ドイツの旗ブラジルの旗イギリスの旗カナダの旗日本の旗ポーランドの旗オーストラリアの旗アメリカ合衆国の旗
テンプレートを表示

音楽性編集

NWOBHMとハードコア・パンクの私生児ともいえる音楽性で、凶暴で粗野な印象が強調されがちだが、スピード感を重視した楽曲が多い。特に1980年代初頭には、メタリカの「Fight Fire With Fire」(『Ride the Lightning』収録曲)や、スレイヤーの「Chemical Warfare」(EP「Haunting the Chapel」収録曲)が、世界最速の楽曲として話題に上ることもしばしばあった。

それまでのHR/HMといえば、バンドの花形はリードギタリストであり、ソロ速弾きこそ最大の見せ場であった。対して、スラッシュメタルは速弾きこそあれど、楽曲の中心はリフであり、高速なもの、複雑なもの等、様々なギターリフを開発していった。ただし、速さのみを追求していたわけではなく、スピード感を際立たせるため、1曲の中、あるいはアルバムを通して緩急をつけるなどの工夫もされていた。中にはメタリカのようにアコースティック・ギターを入れたり、バラード調の楽曲を入れるバンドもある。

ヴォーカルに関しては、音程をあまり重視しない、叫び声やハードコア風のがなり声のようなスタイルが多い。一方で、ハイトーンで伸びやかにメロディを歌うヴォーカリストもいる。曲と同様に歌詞の進行もめまぐるしく、母語話者でも聴き取れないほど速いことさえある。特に、スレイヤーのヴォーカルの速さは、ラッパーたちにカルチャーショックを与えたといわれている。

ドラムも例に漏れず、いわゆる「スラッシュビート」(BPM200以上でバスドラム16分で打ったり、バスドラムとスネアを高速の8分で交互に叩いたり等)が特徴。スレイヤーデイブ・ロンバードアンスラックス、SODのチャーリー・ベナンテ、ダーク・エンジェルテスタメントデスのジーン・ホグラン等の名手がいる。

歴史編集

スラッシュメタルは、NWOBHMをより攻撃的に発展させたものだといわれている。また、ヘヴィメタルに止まらず、ディスチャージなどのハードコア・パンク・バンド、キリング・ジョークなどのポスト・パンク・バンドの影響も大きかったといわれている。

スラッシュメタルの誕生に関しては諸説あるが、メタリカが「Hit The Lights」をコンピレーションアルバム『Metal Massacre』(1981年)に提供したのを始まりとする意見が多い。しかし、この頃のメタリカは過激なNWOBHMの域を出ておらず、ヴォーカルスタイルもダイアモンド・ヘッドのシンガー、シーン・ハリスを多分に意識した歌唱法であった。

メタリカの誕生とほぼ同時期に、ニューヨークではアンスラックスロサンゼルスではスレイヤーが活動開始し、アンダーグラウンドシーンに於いて人気を獲得していった。

メタリカを解雇されたギタリストのデイヴ・ムステインは、ロサンゼルスでメガデスを結成した。

また、1980年代初頭のサンフランシスコ・ベイエリアには、メタリカのギタリストのカーク・ハメットがメタリカ加入前に結成したエクソダスや、レガシー(後のテスタメント)といった、スラッシュメタル黎明期を支えたバンドが多くいた。これらのバンドは「ベイエリア・クランチ」といわれる、ザクザクとしたギターサウンドを特徴としていた。

LAメタルが興隆を誇っていたロサンゼルスでは、ショーアップされたヘヴィ・メタルが盛んであったが、サンフランシスコ・ベイエリアでは、より無駄な装飾を廃した過激な音楽の人気が出始めていた。後にメタリカも拠点をサンフランシスコに移し、人気を確立していった。

アメリカに先んじてメタリカの人気に火がついた欧州では、よりヴェノムの影響を色濃く感じさせるソドム (Sodom)、クリーター(Kreator)、デストラクション (Destruction) といった3バンドを筆頭に、ジャーマンスラッシュという苛烈なスラッシュメタルが人気を博していった。

1985年に、アンスラックス等のメンバーらによって結成された、サイドプロジェクトS.O.D.によって、スラッシュメタルとハードコア・パンクのクロスオーヴァーが起こった。 以降、それまで互いに相容れなかった、メタルとハードコア、及び両ジャンルのファンの交流が盛んになる。

1980年代半ばになると、その過激な歌詞や、攻撃的な音楽性からスラッシュメタルを避けてきたメジャーレーベルもメタリカをはじめ、アンスラックス、スレイヤー、メガデス、エクソダスといったバンドと契約するようになった。これらのバンドのアルバムは、アンダーグラウンドに留まらず、オーバーグラウンドにおいても商業的に成功し、アメリカビルボードチャートの200位以内に登場するようになる。

その後、多くのバンドがメジャーレーベルと契約するようになり、L.A.メタルの衰退と入れ替わるようにスラッシュメタルムーブメントが興った。しかし、ムーブメントの副産物として似たようなバンドが数多く出現し、スラッシュメタルの粗製濫造ともいえる状態に陥った。また、メジャーレーベルと契約したスラッシュメタルバンドの多くは、聴く人を選ぶ、過激であったはずの音楽性を、より多くの人にアピールすべく(本人達の意志かは別として)変えていった。

1980年末から1990年初頭頃、攻撃性のみを信条としてきたスラッシュメタルは、シーンこそ盛んであったが音楽的には行き詰まり始め、前述のハードコア以外にも様々な音楽との融合を試みるバンドが現れ始める。その代表には、ヒップホップ・グループのパブリック・エナミーとコラボレーションしたアンスラックスが挙げられる。こういったアプローチは、クロスオーヴァーと共に、後に興るニューメタル・ムーブメントに多大な影響を及ぼした。

1990年代に入った頃にはグランジムーブメントが興り、またパンテラヘルメットのようなスラッシュメタル、ハードコア等から発展したポスト・スラッシュグルーヴ・メタル/パワーグルーヴなども登場したことで、スラッシュメタルの人気は徐々に衰退していった。

特に決定的な出来事として、常にスラッシュメタルシーンを牽引してきたメタリカが1991年に発表した『Metallica』(通称ブラック・アルバム)が大ヒットした事が挙げられる。これを受け、多くのスラッシュメタルバンドがスピードや攻撃性よりも、重さやグルーブを重視するようになり、従来のファンを失うことになる。ただし、ムーブメントが衰退した後も更に人気を獲得したスレイヤーや、音楽性がスラッシュメタルから大きく離れた後も人気を保ち続ける、メタリカやメガデスのような稀な例もある。

その後、スラッシュメタルの攻撃的な側面は、より過激なデスメタルや、グラインドコアといった音楽に引き継がれていった。また、フォビドゥンヴァイオレンスのギタリストだったロブ・フリンはマシーン・ヘッドを結成し、ポスト・スラッシュ・バンドとして人気を獲得した。

2000年代に入ってからは、スレイヤー (Slayer)、クリーター(Kreator)、ソドム (Sodom)、デストラクション (Destruction)、エクソダス (Exodus)、テスタメント (Testament)、デス・エンジェル (Death Angel)、オーヴァーキル(Overkill) などの大御所が活動を続け、精力的なリリースを行っている。また、ForbiddenやToxikなどのように解散した往年のスラッシュメタルバンドが再結成を発表したり、Municipal WasteやGama Bomb、Violatorなど新たに現れた若手のスラッシュメタルバンドが80年代スラッシュメタルのサウンドを再現してリバイバル・スラッシュと呼ばれて人気を博するなど、ジャンルの勢いは現在でも止まる所を知らない。

バンド一覧編集

 
メタリカ
 
アンスラックス
 
メガデス
 
スレイヤー
 
テスタメント
 
セパルトゥラ
 
クリーター
 
デストラクション
 
ソドム
 
オーヴァーキル

ビッグ・4 (スラッシュメタル四天王)編集

ベイエリア・スラッシュメタル編集

3大ジャーマンスラッシュ編集

クロスオーバー編集

その他のバンド編集

脚注編集

関連項目編集