メインメニューを開く

ビンゴカンタ(1980年4月5日1986年8月24日)は日本の競走馬。父はコインドシルバー、母はユウコ。叔父に皐月賞ビンゴガルー、従妹に桜花賞アラホウトクがいるという良血統[2]。三冠馬ミスターシービーと同世代で、皐月賞4着、東京優駿3着、菊花賞2着の成績があるが、重賞は未勝利に終わった。

ビンゴカンタ
欧字表記 Bingo Kanta[1]
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1980年4月5日
死没 1986年8月24日(旧馬齢7歳没)
コインドシルバー
ユウコ
母の父 ニルコス
生国 日本の旗 日本北海道新冠町
生産 アラキファーム
馬主 (有)芦屋
調教師 鈴木清美浦
栗田博憲(美浦)
競走成績
生涯成績 26戦3勝
獲得賞金 1億2346万2000円
テンプレートを表示

経歴編集

1980年4月5日、北海道新冠町のアラキファームにて誕生。1982年8月の新馬戦にて美浦鈴木清厩舎よりデビュー、初戦の鞍上は大崎昭一で3着だった。続く翌週の新馬戦は増沢末夫に乗り替わるも3着、翌月、岡部幸雄に乗り替わった未勝利戦で初勝利を挙げた後、条件戦とオープンで1勝づつし、迎えた朝日杯3歳ステークスでは1番人気に推されるも6着、この年を7戦3勝で終えるも結局これが最後の勝利となった。以降、実に5年近くも走り続けたが条件戦も含め遂に1勝も出来なかった。

1983年、クラシックシーズン初戦は岡部幸雄を鞍上に弥生賞に出走するも7着、続く皐月賞は4着、日本ダービーも3着となり春シーズンを終えた。休養明けの秋、初戦のオールカマーで2着に入ると、続く菊花賞も2着に食い込んだ(尚、このレースに勝ったミスターシービーはこの年、1964年のシンザン以来19年振り3頭目の牡馬クラシック3冠を達成した)。その後の有馬記念では12着に敗れ、クラシックシーズンは2着が2度あったのみで6戦0勝に終わった。

1984年はアメリカジョッキークラブカップで3着の後、続く中山記念では前年未勝利でありながら1番人気に推されるが3着。休養後、オールカマー8着を挟み府中ステークスで再び1番人気に推されるも3着。続くアルゼンチン共和国杯は4着、この年を5戦0勝で終える。

1985年は3月の中山記念から始動、2番人気に推されながら6着となった関屋記念、3番人気でまたも6着だったオールカマーの後、1400万に降格後の初戦でドパーズステークスに登録するも出走取消となり3戦0勝だった。

1986年初戦、1400万条件戦の水無月賞で2年以上未勝利ながら5度目の1番人気に推されるも7着。続く阿武隈特別は2番人気で6着、格上挑戦で七夕賞へ出走するが5着。関屋記念4着の後、5戦目となった8月24日の新潟記念で競走中止し予後不良となった。

通算成績は26戦3勝、デビュー年の1982年に6戦目で勝利を上げて以降、その後も実に4年近く走り続けるも遂に条件戦含め1勝も挙げられなかった上、1983年の菊花賞以降は2着さえ1度もなく掲示板が精一杯だった一方で、牡馬クラシック三冠レースを上位で皆勤したり長く未勝利が続く中でも度々上位人気に推されるなどしていた。

主な戦績編集

血統表編集

ビンゴカンタ血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 エルバジェ系
[§ 2]

*コインドシルバー
Coined Silver
1974 黒鹿毛
父の父
Herbager
1956 鹿毛
Vandale Plassy
Vanille
Flagette Escamillo
Fidgette
父の母
Silver Coin
1965 黒鹿毛
Never Bend Nasrullah
Lalun
Silver Spoon Citation
Silver Fog

ユウコ
1973 鹿毛
*ニルコス
Nyrcos
1960 芦毛
La Varende Blue Moon
Cappellina
First One Suzerain
Lang Syne
母の母
フラワースウィース
1966 鹿毛
*パーソロン Milesian
Paleo
*トリーティ Pipe of Peace
No Risk
母系(F-No.) 4号族(FN:4-l) [§ 3]
5代内の近親交配 Firdaussi5×5=6.25%、Pladda・Hegemon5×5=6.25% [§ 4]
出典
  1. ^ ビンゴカンタ 5代血統表2019年8月15日閲覧
  2. ^ ビンゴカンタ 5代血統表2019年8月15日閲覧
  3. ^ ビンゴカンタ 5代血統表2019年8月15日閲覧
  4. ^ ビンゴカンタ 5代血統表2019年8月15日閲覧

出典編集

外部リンク編集