メインメニューを開く

栗田 博憲(くりた ひろのり、1948年11月4日 - )は日本中央競馬会 (JRA) 美浦トレーニングセンターに所属していた元調教師

栗田博憲
Hironori-Kurita20100425.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県
生年月日 (1948-11-04) 1948年11月4日(70歳)
所属団体 JRA
初免許年 1980年
経歴
所属 成宮明光1972年 - 開業)→
美浦T.C.(開業 - 引退)
テンプレートを表示

目次

略歴編集

1972年中山競馬場白井分場成宮明光厩舎で調教助手となる。1980年に調教師免許を取得し、厩舎を開業。初出走は同年10月25日東京競馬第10競走のタニノネバアーで14着、初勝利は翌1981年3月22日中山競馬第4競走のフジノタイヨーでのべ16頭目であった。1987年日刊スポーツ賞金杯でトチノニシキが単勝14番人気の低評価を覆して優勝し、重賞初勝利を挙げた。同年のエリザベス女王杯ではタレンティドガールが、栗田の提案した正攻法[1]桜花賞優駿牝馬の牝馬二冠馬マックスビューティを抑えて優勝し、G1競走初勝利となった。

1999年5月16日に東京競馬場で施行された緑風ステークス(1600万下条件戦)においてシンコウシングラーを出走させたが、後検量において負担重量が1.7キログラム不足していたために失格となった。これは栗田が同馬にを装着する際、鞍に付属するパッドを付けずに装着したことが原因で起こったと推定され、注意義務を怠ったとして日本中央競馬会から制裁(過怠金50万円)を科された(詳細はシンコウシングラー事件を参照)。

2019年2月28日付けで定年の為、調教師を引退した。

調教師成績編集

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走 1980年10月25日 4回東京7日10R - タニノネバアー - - 14着
初勝利 1981年3月22日 3回中山2日4R - フジノタイヨー - - 1着
重賞初出走 1981年7月26日 2回札幌8日9R 北海道3歳S ノースワンダー 16頭 14 14着
重賞初勝利 1987年1月5日 1回中山1日11R 金杯 トチノニシキ 16頭 14 1着
GI初出走 1984年5月27日 3回東京4日9R 東京優駿 フジノフウウン 21頭 7 3着
GI初勝利 1987年11月15日 5回京都4日10R エリザベス女王杯 タレンティドガール 20頭 4 1着

代表管理馬編集

表彰歴編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ これは「目標は、スタートから10番手以内に位置すること」の戦法であった(『優駿』1987年12月号 エリザベス女王杯記事内インタビューより)。

関連項目編集