メインメニューを開く

ビーニ・マン(Beenie Man、本名アンソニー・モーゼス・デービス, Anthony Moses Davis 1973年8月22日 - )はジャマイカレゲエDJ歌手。 ニックネームは「Doctor(ドクター)」、「King of Dancehall(キング・オブ・ダンスホール)」。

ビーニ・マン
BeenieMan2017.jpg
ビーニ・マン(2017年撮影)
基本情報
出生名 Anthony Moses Davis
別名 Doctor, King of Dancehall
生誕 1973年8月22日
出身地 ジャマイカの旗 ジャマイカ キングストン
ジャンル レゲエ
ダンスホールレゲエ
職業 DJ
歌手
活動期間 1980-現在
レーベル Shocking Vibes(1992-1998) Virgin Records(1998-2007) L15 Records(2007-現在)
公式サイト BeenieMan.net

来歴編集

キングストンのウォーターハウス地区で生まれた。5歳のころ、音楽業界にいた叔父の薦めでDJを開始する。ビーニマンとは、パトワ(ジャマイカ訛りの英語)で「小さい人」を意味する。7歳のときテイスティー社主催のタレントコンテストで優勝し、翌年ヘンリー・"ジョンジョ"・ロウズのヴォルケイノ・レーベルより「Too Fancy」でデビュー。

10歳でバニー・リーのプロデュースで初アルバムを出している。その後約10年の下積み期間を経て、1993年頃宿敵バウンティ・キラーとのクラッシュをきっかけに注目を浴びる。そのクラッシュのためにレコーディングした曲がパトリック・ロバーツのレーベル「ショッキング・ヴァイブス」を中心に次々にヒットしていった。因みに当時のショッキング・ヴァイブス・クルーの中心メンバーはビーニ・マン、タント・メトロ、スナガ・プス、シルバー・キャットであった。

翌1994年には年間最優秀男性DJ賞を受賞。同時期にラスタに改宗。

2000年、メジャー初アルバムである『Art and Life』は第43回グラミー賞において最優秀レゲエ・アルバム賞を受賞した。

その後も順調にキャリアを積み、ワイクリフ・ジョンジャネット・ジャクソンマイアらと共演している。2007年の横浜レゲエ祭など1990年代後半から度々来日公演を行っている。

2006年8月にジャマイカ人女性アーティスト、ディ・エンジェルと結婚し一児をもうけるも翌2007年7月に離婚。同年10月にはジャマイカの税務署から脱税を指摘され、60万ドルの追徴課税を受けるなど近年はスキャンダルに悩まされている。

『ダンスホール・クイーン』(en:Dancehall Queen)など映画のサウンドトラック制作も手がけている。

アルバム編集

  • Cool Cool Rider (1992)
  • Dis Unu Fi Hear (1994)
  • Defend It (1994)
  • Blessed (1995)
  • Maestro (1995)
  • Many Moods Of Moses (1997)
  • Y2K (1999)
  • Ruff N Tuff (1999)
  • The Doctor (1999)
  • Art and Life (2000)
  • Youth Quake (2001)
  • Tropical Storm (2002)
  • Back To Basics (2004)
  • Concept Of Life (2006)
  • Hundred Dollar Bag (2006)
  • Undisputed (2006)
  • Monsters Of Dancehall (2007)

外部リンク編集