メインメニューを開く

ピエール・アンリPierre Henry, 1927年12月9日 - 2017年7月5日[1])はフランス現代音楽作曲家ピエール・シェフェールとともに、電子音楽の一分野であるミュジック・コンクレートの先駆者と見なされている。

ピエール・アンリ
Pierre Henry
Pierre Henry Waiting With His Life Asisstance.jpg
2008年1月25日撮影
著作権者:Luka Ivanovic
基本情報
生誕 (1927-12-09) 1927年12月9日
フランスの旗 フランスパリ
死没 (2017-07-05) 2017年7月5日(89歳没)
フランスの旗 フランス、パリ
ジャンル 現代音楽
職業 作曲家
活動期間 1948-2017

10歳でパリ国立高等音楽院に入学し、パーカッションクラスとエクリチュールクラスに在籍。ナディア・ブーランジェに作曲を、オリヴィエ・メシアンに和声を、フェリックス・パッセロヌにピアノとパーカッションを師事した。1949年から1958年まで、フランス国営放送局にシェフェールが併設した「クラブ・デセー」に務める。1950年にシェフェールと《ひとりの男のための交響曲 Symphonie pour un homme seul 》を共作、これは後にモーリス・ベジャールの振付けでバレエ音楽に使われた。このミュジック・コンクレートの処女作は、1952年の短編映画「占星術または生の鏡 Astrologie ou le miroir de la vie 」にも使われている。アンリはほかにも数々の映画音楽やバレエ音楽を手懸けている。アンリの作品の中で最も有名なのは、1967年の実験的なアルバム『現在のためのミサ Messe pour le temps présent 』であり、その収録曲のいくつかにモーリス・ベジャールが振付けた。

アンリの作品は現代の大衆文化に影響を与えており、テレビ番組「フューチュラマ」のテーマ曲は、アンリの《サイケ・ロック "Psyché Rock" 》(1967年)に触発されている。

1970年には、イギリスロックバンドスプーキー・トゥースとの共演盤『セレモニー Ceremony 』を発表。

2017年7月5日死去[2]。89歳没。

脚注編集

外部リンク編集