スプーキー・トゥース

スプーキー・トゥースSpooky Tooth)は、イングランドのロック・バンドである。主となる活動期間は1967年から1974年にかけてであるが、バンドはその晩年までに何度かの再結成を行った。

スプーキー・トゥース
Spooky Tooth
出身地 イングランドの旗 イングランド カーライル
ジャンル ハードロック
サイケデリック・ロック
ルーツ・ロック
プログレッシブ・ロック
活動期間 1967年 - 1970年1972年 - 1974年1998年 - 1999年2004年2008年 - 2009年
レーベル アイランド・レコードCBSレコードA&Mレコード (米国/カナダ)、Ruf Records
共同作業者 The V.I.P.'s、アート
旧メンバー ルーサー・グロヴナー
マイク・ハリソン
マイク・ケリー
グレッグ・リドリー
ゲイリー・ライト
アンディ・リー
ヘンリー・マッカロク
アラン・スペナー
クリス・ステイントン
ジョン・ホウケン
スティーヴ・トンプソン
ブライソン・グレアム
イアン・ハーバート
ミック・ジョーンズ
クリス・スチュワート
ヴァル・バーク
マイク・パトゥ
ジョーイ・アルブレヒト
マイケル・ベッカー
スティーヴ・ファリス
シェム・フォン・シュローク
トム・ブレフテリン

略歴編集

スプーキー・トゥース以前は、バンドの5人の創設メンバーのうち4人がアート(かつてはThe V.I.P.'sとして知られていた)というバンドでパフォーマンスを行っていた。アートの解散後、その最終ラインナップのメンバー(ギタリストのルーサー・グロヴナー、ボーカリストのマイク・ハリソン、ドラマーのマイク・ケリー、ベーシストのグレッグ・リドリー)が、1967年10月にアメリカのキーボード奏者/ボーカリストであるゲイリー・ライトを加えて、スプーキー・トゥースを結成した。ライトは、アイランド・レコードの創設者であるクリス・ブラックウェルによってアートのメンバーに紹介された[1]

彼らのデビュー・アルバム『イッツ・オール・アバウト』は、1968年6月にアイランド・レコードからリリースされ[2]スペンサー・デイヴィス・グループトラフィックブラインド・フェイスといったバンドの裏方も務めたジミー・ミラーによってプロデュースされた。

セカンド・アルバムである『スプーキー・トゥー』(1969年3月)も同じくミラーがプロデュースを担当しており[3]、ロック誌などのプレスから注目を集めた。同アルバムは、母国イギリスではデビュー作と同様セールス的に失敗したが、A&Mレコードから発売されたアメリカ盤LPは全米アルバムチャートでトップ50入りし[3]、オランダのアルバム・チャートでは最高4位を記録するヒットとなった[4]。本作がオリジナル・ラインナップによる最後のアルバム・リリースとなった。ラリー・ワイス (Larry Weiss)の楽曲「Evil Woman」と「Better by You、Better than Me」の今日ではクラシックとされているバージョンが収録されており、後者をジューダス・プリーストがアルバム『ステンド・クラス』(1978年)でカバーした。

リドリーが1969年にハンブル・パイへ加入し、アルバム『セレモニー』(1969年12月)では代わりにアンディ・リーが加入した[2]。『セレモニー』の実験的な内容は賛否両論を受けた。このプロジェクトはゲイリー・ライトによって持ち込まれたものだったが[5]、このアルバムが彼のバンドとしてのキャリアに終止符を打ったと考えられている。このレコードは「ロック史における大失敗の1つ」であると別の人物は述べている[5]。ライトが説明しているように、「……私たちは自分たちのアルバムではなくプロジェクトを行ったんです。それはピエール・アンリという名前のフランスの電子音楽作曲家によるものでした。私たちは『これは私たちのアルバムではなく、彼のアルバムです。ミュージシャンとして演奏しているんです』としっかりレーベルに言ったのです。そしてアルバムが完成したとき、彼らは言いました。『いやいや、これは素晴らしい。君たちの次のアルバムとしてリリースするつもりだよ』。私たちは『そんなことはできません。それは『スプーキー・トゥー』の方向性とは合い入れないものですし、それは私たちのキャリアを台無しにするでしょう』と言いました。そして、まさにその通りのことが起こったのです」[6]

ライトはアルバムのリリース後、バンドを脱退した。ハリソン、グロヴナー、ケリーはバンドに残り、アルバム『ザ・ラスト・パフ』(1970年7月)をジョー・コッカーグリース・バンドのメンバー(ギタリストのヘンリー・マッカロク、キーボード奏者のクリス・ステイントン、ベーシストのアラン・スペナー)と一緒にレコーディングした[2]

 
1970年代にバンドと一緒にステージに立つ歌手マイク・ハリソン

1970年の秋、バンドはハリソン、グロヴナー、ケリー、キーボード奏者のジョン・ホウケン(元ナッシュヴィル・ティーンズ)、ベーシストのスティーヴ・トンプソンというラインナップによるヨーロッパ・ツアーに乗り出した。その後、グループは解散したが、ハリソンとライトは1972年9月に別のラインナップでスプーキー・トゥースを再結成した[2]

アルバム『ユー・ブローク・マイ・ハート・ソー・アイ・バステッド・ユア・ジョウ』は、1973年5月にアイランド・レコードからリリースされた再結成バンドによる最初のアルバムであった。創設ギタリストのグロヴナーは、ステージ・ネームとしてアリエル・ベンダーを名乗り、モット・ザ・フープルとチームを組んだため、バンドには復帰しなかった。グロヴナーの後任はミック・ジョーンズとなり、創設ドラマーであるケリーに代わりブライソン・グラハムが後任となった。ベースはイアン・ハーバートから代わってクリス・スチュワートが担当した。

次のアルバム『ウィットネス』(1973年11月)では、オリジナル・ドラマーのマイク・ケリーがブライソン・グラハムと代わって復帰した。ゲイリー・ライトはバンド史において、この段階では支配的なソングライターであった。しかし、共にリード・シンガーを務めるハリソンがアルバムのリリース後に脱退し、マイク・パトゥがライトと並ぶ新たなボーカリストとなり、アルバム『ザ・ミラー』(1974年10月)をレコーディングしたとき、新しいベース奏者としてヴァル・バークが加入し、ブライソン・グラハムがドラムに戻った。しかしながら、アルバムの失敗によって、ライトは再びソロ・キャリアのためにバンドを離れ、グループは1974年11月に解散した[7]

その後のスプーキー・トゥース編集

ミック・ジョーンズは、1976年にフォリナーを結成した[2]

グロヴナーは、後にスティーラーズ・ホイールで演奏し、1970年代にモット・ザ・フープルバッド・カンパニーを結成するために脱退したミック・ラルフスの後任)に加わり、アリエル・ベンダーを名乗るようになった[2]。2005年、アリエル・ベンダー・バンドを結成し、いまだに時々その名でパフォーマンスしている[8]。2018年と2019年には、再結成されたモット・ザ・フープルとツアーを行っている。

ケリーは、1970年代後半にジ・オンリー・ワンズへ加わり、1980年代にも彼らと共演した。バンドは2007年に再結成されている[9]

リドリーは、ハンブル・パイのメンバーとなった。2003年11月19日、彼はスペインのアリカンテで肺炎とその合併症のために亡くなった。56歳だった[10]

ライトは、1970年代には国際的なソロとしての活動を開始し、ラジオ向きの楽曲「夢織り人 (Dream Weaver)」がヒットした。

ハリソン、グロヴナー、リドリー、ケリーは、1997年と1998年の時点でスプーキー・トゥースとして再結成し、その結果、1999年2月にリリースされたアルバム『Cross Purpose』が生まれた。

ハリソンは、ハンブルグ・ブルース・バンドで演奏および録音を行い、CD『Touch』(2002年)に参加した[11]

2004年6月、ハリソン、ライト、ケリーは再びドイツの2つのコンサートで、ジョーイ・アルブレヒト(ギター)とマイケル・ベッカー(ベース)と共にスプーキー・トゥースとして再結成を行い、その模様がDVD『Nomad Poets』(2007年)となった。

2006年、ハリソンは30年以上ぶりとなるソロ・アルバム『Late Starter』をリリースした。

2008年2月、ハリソン、ライト、ケリーをフィーチャーしたスプーキー・トゥースの最新ヴァージョンが結成され、Mr.ミスターのギタリストであるスティーヴ・ファリスと、シェム・フォン・シュローク(ベース)を伴い、ヨーロッパにおける一連のツアー日程で演奏した。2009年5月29日、この同じラインナップ(ケリーの代わりにドラマーのトム・ブレフテリンが参加)は、6月にドイツをツアーする前に、シェパーズ・ブッシュ・エンパイアにおけるアイランド・レコード50周年記念コンサートで演奏した。

2012年、マイク・ケリーはソロ・アルバムの制作を開始した[12]

ケリーは、短い闘病期間の後、2017年1月18日に亡くなった[13][14][15]。マイク・ハリソンは2018年3月25日に72歳で亡くなっている[16]

メディアによる描写編集

バンドは、1970年のドキュメンタリー『Groupies』でフィーチャーされた。

メンバー編集

  • ルーサー・グロヴナー (Luther Grosvenor) - ギター (1967年–1970年、1998年–1999年)
  • マイク・ハリソン (Mike Harrison) - ボーカル、キーボード (1967年–1970年、1972年–1974年、1998年–1999年、2004年、2008年–2009年) ※2018年死去
  • マイク・ケリー (Mike Kellie) - ドラム (1967年–1970年、1973年–1974年、1998年–1999年、2004年、2008年–2009年) ※2017年死去
  • グレッグ・リドリー (Greg Ridley) - ベース (1967年–1969年、1998年–1999年) ※2003年死去
  • ゲイリー・ライト (Gary Wright) - キーボード、ボーカル (1967年–1970年、1972年–1974年、2004年、2008年-2009年)
  • アンディ・リー (Andy Leigh) - ベース (1969年–1970年)
  • ヘンリー・マッカロク (Henry McCullough) - ギター (1970年)
  • アラン・スペナー (Alan Spenner) - ベース (1970年)
  • クリス・ステイントン (Chris Stainton) - キーボード、ギター、ベース (1970年)
  • ジョン・ホウケン (John Hawken) - キーボード (1970年)
  • スティーヴ・トンプソン (Steve Thompson) - ベース (1970年)
  • ブライソン・グレアム (Bryson Graham) - ドラム (1972年–1973年、1974年)
  • イアン・ハーバート (Ian Herbert) - ベース (1972年–1973年)
  • ミック・ジョーンズ (Mick Jones) - ギター (1972年–1974年)
  • クリス・スチュワート (Chris Stewart) - ベース (1973年–1974年)
  • ヴァル・バーク (Val Burke) - ベース、ボーカル (1974年)
  • マイク・パトゥ (Mike Patto) - ボーカル、キーボード (1974年)
  • ジョーイ・アルブレヒト (Joey Albrecht) - ギター (2004年)
  • マイケル・ベッカー (Michael Becker) - ベース (2004年)
  • スティーヴ・ファリス (Steve Farris) - ギター (2008年–2009年)
  • シェム・フォン・シュローク (Shem von Schroeck) - ベース (2008年–2009年)
  • トム・ブレフテリン (Tom Brechtlein) - ドラム (2009年)

ディスコグラフィ編集

スタジオ・アルバム編集

  • イッツ・オール・アバウト』 - It's All About (1968年) ※旧邦題『スプーキー・トゥースの世界』。1971年に『Tobacco Road』として再発、「Too Much Of Nothing」に代わって「The Weight」を収録[17]
  • スプーキー・トゥー』 - Spooky Two (1969年) ※旧邦題『スプーキー2』
  • セレモニー』 - Ceremony (1969年) ※with ピエール・アンリ。旧邦題『現代音楽の領域』
  • ザ・ラスト・パフ』 - The Last Puff (1970年) ※Spooky Tooth featuring Mike Harrison名義
  • 『ユー・ブローク・マイ・ハート・ソー・アイ・バステッド・ユア・ジョウ』 - You Broke My Heart, So I Busted Your Jaw (1973年)
  • 『ウィットネス』 - Witness (1973年)
  • 『ザ・ミラー』 - The Mirror (1974年)
  • Cross Purpose (1999年)

コンピレーション・アルバム、ライブ・アルバム等編集

  • 『ベスト・オブ・スプーキー・トゥース』 - The Best of Spooky Tooth (1975年)
  • Gary Wright & Spooky Tooth: That Was Only Yesterday (1976年)
  • The Best of Spooky Tooth: That Was Only Yesterday (1999年)
  • Comic Violence (2000年)
  • BBC Sessions (2001年)
  • Nomad Poets - Live in Germany (2007年)
  • Lost in My Dream – An Anthology, 1968–1974 (2009年)

シングル編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Archived copy”. 2007年6月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年5月25日閲覧。
  2. ^ a b c d e f Colin Larkin, ed (1997). The Virgin Encyclopedia of Popular Music (Concise ed.). Virgin Books. p. 1122. ISBN 1-85227-745-9 
  3. ^ a b Hughes, Rob (2018年7月10日). “Spooky Tooth: So Much Talent, So Little To Show For It”. loudersound.com. Future Publishing. 2021年1月3日閲覧。
  4. ^ Spooky Tooth - Spooky Two - dutchcharts.nl
  5. ^ a b Jim Farber, What Happened To Spooky Tooth?. Musicaficionado, 2017. Retrieved 2017-12-12.
  6. ^ The Gary Wright Interview”. Vintagerock.com. 2020年6月21日閲覧。
  7. ^ Tobler, John (1992). NME Rock 'N' Roll Years (1st ed.). London: Reed International Books Ltd. p. 270. CN 5585 
  8. ^ Archived copy”. 2009年3月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年6月25日閲覧。
  9. ^ The Only Ones – Official Website”. Theonlyones.biz. 2016年6月15日閲覧。
  10. ^ Biography (page 5)”. Greg Ridley Official Website. 2003年11月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月21日閲覧。
  11. ^ Archived copy”. 2009年12月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年6月25日閲覧。
  12. ^ Archived copy”. 2013年6月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月21日閲覧。
  13. ^ Mike Kellie, Drummer for Spooky Tooth, Dies”. Ultimate Classic Rock. 2018年4月7日閲覧。
  14. ^ Mike Kellie (The Only Ones, Spooky Tooth drummer ) RIP - Louder Than War”. Louderthanwar.com (2017年1月19日). 2018年4月7日閲覧。
  15. ^ Drummer Mike Kellie dies aged 69”. Musicweek.com. 2018年4月7日閲覧。
  16. ^ Mike Harrison Of SPOOKY TOOTH Passed Away”. DMME.net. 2018年4月7日閲覧。
  17. ^ Spooky Tooth – Tobacco Road”. Discogs.com (2015年5月7日). 2016年6月15日閲覧。
  18. ^ Spooky Tooth - That Was Only Yesterday - dutchcharts.nl
  19. ^ Top 40 week 41 van 1970”. Top40.nl. 2020年6月21日閲覧。

外部リンク編集