ピエール・プティ (作曲家)

ピエール・プティ(Pierre Petit, 1922年4月21日 - 2000年7月1日)は、フランス作曲家である。

生涯編集

フランスのポワティエに生まれる。1942年パリ音楽院に入学し、音楽分析をジョルジュ・ダンドローに、和声ナディア・ブーランジェに、対位法ノエル・ギャロン作曲アンリ・ビュッセルらに学ぶ。

1946年ローマ賞を獲得し、1951年からはパリ音楽院とエコール・ポリテクニークの教師となり、35年間務めることになる。

2000年7月1日、パリで死去。

作品は多作で、オペラ協奏曲室内楽曲など多く作曲している。また著書も著している。

作品編集

  • 声とピアノのためのメロディー
  • ピアノのためのコンチェルティーノ
  • ピアノ曲『プローニュの森』
  • バレエ音楽『赤色の光、緑色の光』
  • オペラ『Furia Italiana』
  • オルガン、弦楽、打楽器のためのコンチェルティーノ
  • コミック・オペラ『片頭痛』
  • 2台のギターのための『トッカータ』
  • 2台のギターのための協奏曲
  • ポール・ギルソンの4つの詩
  • 2台のピアノのための『馬鹿騒ぎ』
  • 管弦楽のためのタランテラ
  • より多くの-2つのチェロと管弦楽のための
  • バレエ音楽『オルフェウス』

関連書籍編集