メインメニューを開く

ピオレ姫路(ピオレひめじ、piole HIMEJI)は兵庫県姫路市JR姫路駅にある駅ビルと高架下施設。駅ビル本館、高架下施設のヤング館(現:ピオレ2)、ごちそう館、おみやげ館から構成され、総店舗数は202店。合計店舗面積は約2万3千平方メートル。

ピオレ姫路
piole HIMEJI
ピオレ姫路(本館)
ピオレ姫路(本館)
地図
店舗概要
所在地 670-0927
兵庫県姫路市駅前町188-1
座標 北緯34度49分38.6秒 東経134度41分27.1秒 / 北緯34.827389度 東経134.690861度 / 34.827389; 134.690861座標: 北緯34度49分38.6秒 東経134度41分27.1秒 / 北緯34.827389度 東経134.690861度 / 34.827389; 134.690861
開業日 2013年(平成25年)4月30日
建物名称 ピオレ姫路
施設管理者 神戸SC開発株式会社
設計者 本館:ジェイアール西日本コンサルタンツ竹中工務店
施工者 本館:竹中工務店
延床面積 本館:約3万1,000 m²
商業施設面積 全体:約2万3,000 m²
中核店舗 東急ハンズユニクロジュンク堂書店
店舗数 全体:202
駐車台数 596台
駐輪台数 83台
前身 姫路駅ビル「フェスタ
最寄駅 JR姫路駅
テンプレートを表示

概要編集

姫路駅#姫路駅ビルFESTAも参照[1]

  • 本館 - 地上6階(34m)・地下1階、延床面積は約3万1,000平方メートル、店舗面積は約1万3,000平方メートル、119店舗。
    • 姫路駅周辺の再開発事業で、旧駅ビルのフェスタ(FESTA)を解体・移転させ、そこから南に約50メートルの場所に建てられた駅ビル。開業時点では東急ハンズなど119店舗が入っている。その内、約7割の87店舗は姫路初出店になっている(関西初・兵庫初含む)[2]。通路などにはデジタルサイネージ(電子案内板)が設置されている。
    • 地上1階北側の一部は開放通路で駅北広場やみゆき通りに接続し、地下北側からはグランフェスタサンクンガーデンに接続している。
    • 名称は、「人々(people)と駅(eki)とを結ぶ橋渡し役として、感動(impression)・独創性(originality)・ライフスタイル(life-style)を提案し続けるショッピングセンターを目指す」ことを意味し、それぞれの頭文字「p e i o l」を組み合わせた造語。計画段階では「JR姫路駅NKビル」としていた。
    • 外観は姫路城をイメージした白色で北側の壁面にはLED照明が設置され夜間などに点灯される(後述)[3]。北西角部分はガラス張りで大手前通りや姫路城が眺望できる。南側の壁面には太陽光発電パネルを98枚設置している。発電出力は約19kWで主として照明に利用する。屋上に設置されたの集光装置は光ファイバーケーブルを通じて階下の照明に太陽光を供給している。
  • 高架下施設は、プリエ、プリエごちそう館・おみやげ館だったものを、本館オープンに合わせ改称した。
    • ピオレ2 - 延床面積は約1万2,000平方メートル、店舗面積は約6,000平方メートル、50店舗。
    • ごちそう館 - 延床面積は約4,000平方メートル、店舗面積は約2,500平方メートル、14店舗。
    • おみやげ館 - 延床面積は約2,200平方メートル、店舗面積は約1,250平方メートル、19店舗。
  • 2013年6月15日(平成25年) - ピオレ姫路本館西側からキャスパ山陽姫路駅ビル)を2階で結ぶ長さ114メートル、幅5メートルの姫路城眺望・連絡デッキが開通[4][5][6][7][8]。地階はサンクンガーデンを介してグランフェスタと繋がっている[9]。同年12月12日、サンクンガーデンは「キャッスルガーデン」に、眺望デッキは「キャッスルビュー」と愛称が決定された[10]

営業時間・休館日編集

  • ピオレ1・ピオレ2・ピオレ3 10時~20時(5階の「ユニクロ」「東急ハンズ」は営業時間延長日あり。また、全館営業時間延長日あり)
  • ピオレ1(地下1階飲食店) 11時~22時
  • ごちそう館 10時~21時
  • おみやげ館 8時30分~20時
  • 休館日:不定休(一部店舗を除く、2017年9月現在)

沿革編集

  • 2006年平成18年)
    • 12月19日 - 姫路市長がJR西日本に対し、既存百貨店や駅前商店街との競合を避けるため、新駅ビルへ百貨店の新規出店を見合わせるよう要望、できるだけ協力したいとの返答を得たと公表。
  • 2008年平成20年)
    • 3月17日 - 姫路市がJR西日本から正式に新駅ビルの建設意向を伝えられたと公表。
    • 12月1日 - それまでの計画を変更し、新駅ビル建設と旧駅ビルの解体、サンクンガーデン建設の3件同時着手を行うと、姫路市議会で市長が答弁。工期の大幅な短縮が決定。旧駅ビルに入居するテナントの一部からは不満の声も上がった[11]
    • 12月4日 - JR姫路駅高架下にプリエ姫路がソフトオープン[12]
    • 12月22日 - 播但線および姫新線高架切り替えに伴いプリエ姫路がグランドオープン。
  • 2011年(平成23年)
  • 2013年(平成25年)
  • 2017年(平成29年)
    • 4月1日 ‐ ピオレ本館をピオレ1、ピオレヤング館をピオレ2及びピオレ3に名称変更。

店舗編集

  • ピオレ1(119店舗)。階の(括弧内)は各階のフロアテーマ。
    • 屋上 - 南北に眺望が開け、姫路市街(北に姫路城・南に姫路駅新幹線など)を見渡せる1,900平方メートルの広場で、芝や樹木が植えられている。多目的ステージ、ベンチ(屋根なし)、採光装置設置。
    • 6階(くつろぎ) - リラクゼーション、エステ、教室、旅行、薬局、診療所など。約130人を収容できるピオレホール、西側にジョージ・ローズ作のキネティックボールマシン[16]
    • 5階(シンプルモダン) - 東急ハンズユニクロ、喫煙所設置。
    • 4階(ナチュラルモダン) - メンズ・レディスファッション、インテリア、スターバックス等。AED設置。
    • 3階(スタイリッシュ) - レディスファッション、雑貨、カフェ等、AED設置。
    • 2階(スタイリッシュ) - レディスファッション、シューズ、時計、雑貨等。
    • 1階(トラディショナル) - メンズ・レディスファッション、雑貨、アクセサリー等。インフォメーションカウンター、AED設置。
    • 地下1階(ガーデンテラス) - 生活雑貨、レストラン、スイーツ、カフェ、コスメ等。喫煙所設置。
  • ピオレ2
  • ピオレ3
  • ごちそう館
    • パントリー(スーパー)、マツモトキヨシ、ファストフード、食品、カフェ等。AED設置。
  • おみやげ館

壁面パネル編集

 
変化する間接LED照明

本館外壁には、日本唯一の間接LED照明を使用した動く映像設備を設置。監修はライティングデザイナーの内原智史[3]。時間帯によっては姫路城にちなんで、羽ばたく白鷺なども表現される[13]

周辺編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 第3期開発「JR姫路駅新駅ビル piole HIMEJI(ピオレ姫路)」
  2. ^ “新姫路駅ビル「ピオレ」、4月30日開業へ-87店が姫路初出店”. 姫路経済新聞. (2013年2月25日). http://himeji.keizai.biz/headline/843/ 2013年5月11日閲覧。 
  3. ^ a b 山路進 (2013年2月26日). “壁面に巨大LEDパネル ピオレ姫路で試験点灯”. 神戸新聞. http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201302/0005771696.shtml 2013年5月11日閲覧。 
  4. ^ 姫路駅 眺望デッキ・連絡デッキオープン:姫路市広報WE LOVE HIMEJI、2013年6月21日
  5. ^ 姫路城一望、利便性もアップ JR姫路駅前「眺望・連絡デッキ」オープン:産経新聞2013年6月16日
  6. ^ 姫路駅北駅前広場で眺望デッキと連絡デッキがオープン!!=兵庫県姫路市:時事通信2013年6月18日
  7. ^ 姫路駅北駅前広場の眺望デッキ・連絡デッキがオープンします:姫路市2013年6月5日
  8. ^ 姫路駅前の立体デッキ、6月15日供用開始へ-北駅前広場整備で:姫路経済新聞2013年6月6日
  9. ^ 姫路駅前広場、新バス乗降場工事始まる-トランジットモール化へ整備着々
  10. ^ サンクンガーデン及び眺望デッキの愛称決定について
  11. ^ 姫路駅ビルテナント連絡協議会 アンケート(2009年4月)
  12. ^ “姫路のJR高架下に新商業施設「プリエ姫路」-10万人の客で初日にぎわう”. 姫路経済新聞. (2008年12月5日). http://himeji.keizai.biz/headline/21/ 2013年5月11日閲覧。 
  13. ^ a b c 「新駅ビル「ピオレ姫路」開業」 『交通新聞』 2013年5月7日付け、1面。
  14. ^ “新姫路駅ビル「ピオレ」、報道陣に公開-東急ハンズなど119店舗”. 姫路経済新聞. (2013年4月27日). http://himeji.keizai.biz/headline/894/ 2013年5月11日閲覧。 
  15. ^ 4月中旬頃から事前に会員募集をしていた。
  16. ^ a b “ピオレ姫路で「動く芸術品」ボールマシンお披露目-4月30日の開業控え”. 姫路経済新聞. (2013年4月26日). http://himeji.keizai.biz/headline/892/ 2013年5月11日閲覧。 
  17. ^ “JR姫路駅に「piole姫路」が4月30日(火曜日)グランドオープン!” (プレスリリース), 神戸SC開発、ジェイアール西日本不動産開発、西日本旅客鉄道, (2013年2月25日), http://www.westjr.co.jp/press/article/2013/02/page_3320.html 2013年5月11日閲覧。 
  18. ^ “商業施設「ピオレ姫路」オープン 4千人が行列”. 神戸新聞. (2013年4月30日). http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201304/0005942495.shtml 2013年5月12日閲覧。 
  19. ^ 土井秀人、山崎史記子 (2013年5月7日). “ウミエ ピオレ姫路 ともに100万人超 連休中の来場者”. 神戸新聞. http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201305/0005969774.shtml 2013年5月12日閲覧。 
  20. ^ 「ピオレ姫路」開業1ヶ月後の概況について:神戸SC開発(PDF)2013年6月4日
  21. ^ 姫路駅「ピオレ」好調-グランドオープン1カ月、来館者300万人に:姫路経済新聞2013年6月4日
  22. ^ ピオレ姫路/開業1か月で305万人来場、売上21億円:流通ニュース2013年6月17日
  23. ^ 姫路駅 眺望デッキ・連絡デッキオープン:姫路市広報WE LOVE HIMEJI、2013年6月21日
  24. ^ 姫路城一望、利便性もアップ JR姫路駅前「眺望・連絡デッキ」オープン:産経新聞2013年6月16日
  25. ^ 姫路駅北駅前広場で眺望デッキと連絡デッキがオープン!!=兵庫県姫路市:時事通信2013年6月18日
  26. ^ 姫路駅北駅前広場の眺望デッキ・連絡デッキがオープンします:姫路市2013年6月5日
  27. ^ 姫路駅前の立体デッキ、6月15日供用開始へ-北駅前広場整備で:姫路経済新聞2013年6月6日

関連項目編集

  • FESTA(姫路駅デパート) - 初代駅ビルの名称。ピオレ姫路とは沿革・管理運営会社が異なる。
  • 姫路駅前バスターミナル
  • キャスティ21 - 姫路駅周辺地区整備事業。
  • grram - ピオレ姫路のオリジナルテーマソングを提供している。

外部リンク編集