ダマージー・ラーオ・ガーイクワード

ダマージー・ラーオ・ガーイクワード(Damaji Rao Gaekwad, 生年不詳 - 1768年8月18日)は、西インドグジャラート地方ガーイクワード家の当主(在位:1732年 - 1768年)。

ダマージー・ラーオ・ガーイクワード
Damaji Rao Gaekwad
ガーイクワード家当主
Portrait of Damaji Rao Gaekwad.jpg
ダマージー・ラーオ・ガーイクワード
在位 1732年 - 1768年
別号 サルダール
マハーラージャ

出生 不詳
死去 1768年8月18日
パータン
子女 サヤージー・ラーオ・ガーイクワード
ファテー・シング・ラーオ・ガーイクワード
ゴーヴィンド・ラーオ・ガーイクワード
マナージー・ラーオ・ガーイクワード
家名 ガーイクワード家
宗教 ヒンドゥー教
テンプレートを表示

生涯編集

ピラージー・ラーオ・ガーイクワードは領土拡大を目指していたが、1732年5月ムガル帝国の武将アバイ・シングとの戦いで死亡してしまった[1]

後を継いだピラージー・ラーオの息子ダマージー・ラーオは、1734年ヴァドーダラーのムガル帝国軍を追い払い、この地を自身の拠点とした[2]

その後、ダマージー・ラーオはムガル帝国の軍勢と戦い続けて領土を広げ、1757年にはマラーター王国宰相バーラージー・バージー・ラーオとともに帝国の州都アフマダーバードを陥落させた[3]。これにより、マラーターによるグジャラート征服は完了し、この地方はガーイクワード家と王国で二分された[3]

その頃、アフガニスタンドゥッラーニー朝の勢力が帝国領にたびたび侵入し、ダマージー・ラーオも他のマラーター勢力とともにこれに対抗した[2]。だが、1761年1月14日、マラーター同盟軍はパーニーパトの地で大敗北を喫し、戦いに参加していたダマージー・ラーオは辛くも逃げ延びた(第三次パーニーパトの戦い[2]

1768年8月18日、ダマージー・ラーオは死亡し、息子のサヤージー・ラーオ・ガーイクワードが当主位を継承した[2]

脚注編集

  1. ^ Baroda 3
  2. ^ a b c d Baroda 4
  3. ^ a b 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.217

参考文献編集

  • 小谷汪之 『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』 山川出版社、2007年。 

関連項目編集