メインメニューを開く

ピンクパンサー

ピンクパンサー』(原題:The Pink Panther)は、2006年公開のアメリカ映画である。1964年から始まったピーター・セラーズ主演のシリーズをアメリカのコメディ俳優スティーヴ・マーティンの主演でリメイクした作品。マーティンは脚本にも参加している。今回の映画の邦題は従来のシリーズとは違い中黒(・)がない。また、ピーター・セラーズ版でのケイトーに相当するキャラクターは登場しない[注釈 1]

ピンクパンサー
The Pink Panther
監督 ショーン・レヴィ
脚本 レン・ブラム
スティーヴ・マーティン
製作 ロバート・シモンズ
製作総指揮 トレイシー・トレンチ
アイラ・シューマン
出演者 スティーヴ・マーティン
ケヴィン・クライン
ジャン・レノ
エミリー・モーティマー
ビヨンセ・ノウルズ
音楽 クリストフ・ベック
ヘンリー・マンシーニ(テーマ曲)
撮影 ジョナサン・ブラウン
編集 ジョージ・フォルシー・Jr
ジョセフ・G・オーリシ
製作会社 MGM
コロンビア映画
ロバート・シモンズ・プロダクションズ
配給 アメリカ合衆国の旗 SPE
日本の旗 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2006年2月10日
日本の旗 2006年5月13日
上映時間 93分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $80,000,000[1]
興行収入 $158,851,357[1]
次作 ピンクパンサー2
テンプレートを表示

目次

ストーリー編集

フランスVS中華人民共和国のサッカー国際試合で、フランスが勝利する。その歓喜で会場が沸く中、フランス代表チームのコーチ、グリュアムが何者かに毒矢で殺害されてしまう。そして彼がはめていた、値が付けられないほど高価なダイヤモンドの指輪「ピンクパンサー」までもが消え去ってしまっていた。国民が注目するこの事件を任されたドレフュス警視は、7度ノミネートされた名誉賞を今度こそ受賞するため、無能な刑事に捜査を担当させ、マスコミが振り回されている隙に自分たちの精鋭チームで事件を解決する事で、名誉賞受賞を企んでいた。そして振り回し役に抜擢されたのは、ドレフュス警視もかねてから悪評を聞いていた、田舎で巡査をしている救いようのないドジでマヌケな勘違い男、ジャック・クルーゾーであった。

登場人物編集

キャスト編集

スタッフ編集

小説編集

脚注編集

  1. ^ a b The Pink Panther (2006)” (英語). Box Office Mojo. 2010年2月8日閲覧。
  1. ^ ただし、空手奇襲といった要素は引き継がれている。
  2. ^ 羽佐間道夫は、ピーター・セラーズ主演のオリジナルシリーズでもクルーゾーを演じていた。

関連項目編集

外部リンク編集