ピーター・ウィリアム・ケーPieter William Kee1927年8月30日 - 2018年5月25日)は、オランダオルガニスト作曲家

ピーター・ウィリアム・ケー
PietKee.jpg
基本情報
生誕 (1927-08-30) 1927年8月30日
出身地 オランダの旗 オランダザーンダム
死没 (2018-05-25) 2018年5月25日(90歳没)
学歴 スウェーリンク音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 オルガニスト作曲家
担当楽器 オルガン

来歴編集

オランダ、ザーンダム生まれ。スウェーリンク音楽院(現アムステルダム音楽院)にてオルガンピアノ作曲を学び、最優秀賞(Prix d'Excellence)を得て卒業。

即興コンクールでの優勝編集

1953年ハーレム市で開かれたオルガン即興コンクールにおいて、彼はアントン・ハイラーカール・リヒターという二人の大オルガニストを抑えて優勝した。課題は、アドリアーン・エンゲルスの作曲した主題によって3楽章による楽曲を即興で演奏するというものであった。

 
1953年ハーレム国際オルガン即興コンクール課題

主題は各演奏者に、演奏の1時間前にそれぞれ手渡された。主題と各楽章の内容の指示は以下の通り。

  1. 主題ⅠとⅡを用いたソナタ
  2. 自由な形式による間奏曲
  3. 主題Ⅲによるフィナーレ

この後、1954年1955年と連続して3度優勝を果たしている数少ない奏者である。

その後編集

1954年から1988年までアムステルダムミュージック・リセウムスウェーリンク音楽院にて教鞭をとるほか、オルガニストのためのハーレム国際夏期講習会で定期的に講師を務めた。1952年から1987年までアルクマール聖ラウレンス教会のオルガニスト。1956年から1989年までハーレム市オルガニストとして、聖バーヴォ大教会の世界的に知られるクリスチャン・ミュラー製オルガンの常任奏者を務めた。

即興演奏の技術は卓越したものであり、オルガンによる即興のコンクールで頻繁に審査員を務めている。

作曲家としても、定期的に新しい作品を発表している。近年の作品の中には、2006年3月にトーマス・トロッターによって初演された「ハーレム協奏曲」などがある。

1988年にはオリヴィエ・メシアンとともに、王立音楽大学のオルガン名誉研究員号を授与された。

2018年5月25日に死去。90歳没[1]

作品編集

以下の一覧は作品の一部である。ベーレンライターペータースなどから出版されている。

オルガン作品編集

  • 詩編86編による「トリプティック」(1960年
  • 二つのオルガン作品1962年
  1. 「目覚めよ」によるファンタジア
  2. 受難のコラール

他の楽器とオルガンの室内楽作品編集

  • 2つのオルガンと3つのトランペットおよび2つのトロンボーンのための「音楽と空間」(1969年
  • 教会オルガンと3つのストリートオルガンのための「コンフロンテーション」(1979年
  • オルガンと小オルガンまたは電子鍵盤、アルトサクソフォーンおよびソプラノリコーダーのための「ネットワーク」(1996年
  • オルガンと4つの小オルガンのための「フェスティヴァル・スピリット」(イギリス聖オーバンス国際オルガン音楽祭コンクール審査委員会委嘱)(2001年
  • オルガンと独奏ヴァイオリンおよび打楽器のための「ビオスII」(2002年
  • オルガンとオーケストラのための「ハーレム協奏曲」(オーケストラは管楽合奏、アルトサクソフォーン、テナーサクソフォーン、コントラバス、打楽器およびハルモニウム)(2005年

合唱作品編集

カリヨン作品編集

  1. 音の大きな曲
  2. ユディス・レスターのためのサラバンド
  3. フランス・ハルス・トッカータ

その他編集

  • フルート独奏のための「飛行」(1992年
  • ヴァイオリンとピアノのための「アップ・ボウ」(1997年
  • リード楽器五重奏のための「風」(2000年
  • ハルモニウムとオルガンのための「セルヴス」(2006年

録音編集

初期の録音はテレフンケンHMVフィリップスおよびGuild labelsでされたものである.

1989年からは、シャンドス・レーベルから11の録音が発表されている。それらはスウェーリンクパッヘルベルブルーンスブクステフーデバッハメンデルスゾーンフランクアラン[要曖昧さ回避]レーガーヒンデミットアンドリーセンメシアンの作品を、ハーレム聖バーヴォ教会アルクマール聖ラウレンス教会デンマークロスキルデ大聖堂ヴァイガルテンの大聖堂、フローニンゲンマルティーニ教会およびアムステルダムコンセルトヘボウなどの著名なヨーロッパの楽器で録音したものである。これらの録音のいくつかは現在、MP3形式でダウンロードできるようになっている。

著作編集

脚注編集

  1. ^ “Organist en componist Piet Kee (90) overleden” (オランダ語). Orgel Nieuws. (2018年5月25日). http://www.orgelnieuws.nl/organist-en-componist-piet-kee-90-overleden/ 2018年5月27日閲覧。 

外部リンク編集

  • Scottish Federation of Organists News 2008年1月10日。フィリップ・ソーヤーによるピート・ケーのインタビュー記事。録音や作曲、および自身の作曲の録音について詳細に触れている。(英文)
  • Choir & Organ 2006年11/12月号にピート・ケーのインタビュー記事あり
  • Donemus オランダ現代音楽協会。ピート・ケー作品と演奏予定一覧
  • NCRV オランダ放送協会。1953年コンクールにおける各演奏者の録音など。
  アントン・ハイラー
  ピート・ケー
  カール・リヒター
  • Het Orgel オランダ語によるオルガンの専門誌。