ファイフ伯爵 (アイルランド貴族)

ファイフ伯爵: Earl Fife)は、かつて存在したアイルランド貴族伯爵位。中世のスコットランド貴族ファイフ伯爵英語版の末裔とされるウィリアム・ダフが1759年に叙されたことに始まる。6代伯アレグザンダー・ダフの死によって廃絶した。

ファイフ伯爵
Coronet of a British Earl.svg
Macduff arms.svg

紋章記述

Arms:Quarterly: 1st and 4th, Or a Lion rampant Gules (Fife); 2nd and 3rd, Vert a Fess dancettée Ermine between a Hart's Head cabossed in chief and two Escallops Or in base (Duff) Crest:A Horse in full gallop Argent covered with a Mantling Gules bestrewed with Escutcheons Or each charged with a Lion rampant of the second on his back a Knight in Complete Armour with his Sword drawn proper on his sinister arm a Shield charged as the escutcheons on the helmet a Wreath of the colours thereon a Demi-Lion rampant Gules Supporters:On either side a Savage wreathed about the head and waist with Laurel and holding in their exterior hands Branches of Trees over their shoulders all proper
創設時期1759年4月26日
創設者ジョージ2世
貴族アイルランド貴族
初代初代伯ウィリアム・ダフ
最終保有者6代伯アレグザンダー・ダフ
付随称号マクダフ子爵
ブレイコー男爵
ファイフ男爵
スキーン男爵
現況廃絶
断絶時期1912年6月29日
旧邸宅ダフ・ハウス英語版
バルベニー城英語版
イニス・ハウス
マー・ロッジ
スキーン・ハウス
デルゲイティ城英語版
モットーOver the crest:Deus Juvat
Under the shield:Virtute et Opera

歴史編集

 
ダフ氏族と関連のあるダフ城址
 
6代伯アレグザンダー。ファイフ公爵家を興した。

ダフ氏族英語版はスコットランド王ケネス3世英語版の孫娘グロッホ・オブ・スコットランド英語版(1020-1054)を始祖とする一族である[註釈 1][1]。一族の歴史は古く、系譜学者イアン・モンクリフスコットランド・ゲール人のなかでも、最先任の氏族とする[2]。その係累はやがてファイフの領主(Mormaer)を経てファイフ伯爵英語版(Earl of Fife)となったが、その子孫マードック・ステュアート英語版(1362-1425)が1425年にスコットランドに帰還したジェームズ1世によって処刑された際に、この中世よりの爵位は没収されている[3]

その末裔とされるウィリアム・ダフ(1696-1703)バンフシャー選挙区英語版選出の庶民院議員を務めた政治家で、1735年7月28日キャバン県キルブライドのブレイコー男爵(Baron Braco, of Kilbryde in the County of Cavan)に叙せられた[4][5][6]。続く1759年4月26日にはファイフ伯爵(Earl Fife)に昇るとともに、マクダフ子爵(Viscount Macduff)を授けられた[5][4][7]。一連の爵位はすべてアイルランド貴族爵位であった[8]

2代伯ジェイムズ(1729–1809)は1790年7月5日にグレートブリテン貴族としてファイフ州のファイフ男爵(Baron Fife, of the County of Fife)に叙せられた[9][10]。しかし彼の子は3人とも私生児であったため、男爵位は一代で廃絶した[9]。残る爵位は弟アレグザンダーの系統に移行した。

4代伯ジェイムズ(1776–1857)も1827年4月28日に連合王国貴族爵位のファイフ州のファイフ男爵(Baron Fife, of the County of Fife)を授けられたが[10][11]、彼にも子はおらず再び廃絶している[4]。伯爵位は同名の甥ジェームズが継承した[4]

5代伯ジェイムズ(1814–1879)は1857年10月1日に連合王国貴族としてアバディーン州スキーンのスキーン男爵(Baron Skene, of Skene in the County of Aberdeen)に叙せられている[12][13]

その子である6代伯アレグザンダー(1849–1912)ルイーズ王女(国王エドワード7世の長女)と結婚している[14]。これに伴って爵位も上昇し、1885年にファイフ伯爵(Earl of Fife)に叙せられたのを皮切りに[15][16][17]、1889年にはファイフ公爵(Duke of Fife)及びマクダフ侯爵(Marquess of Macduff)を授けられている[15][16][18]。一連の爵位は男子にしか継承を許さないため、女子にも相続を認めるファイフ公爵(Duke of Fife)及びマクダフ伯爵(Earl of Macduff)も1900年に授与されている[19]。初代公が男子のないままエジプトで客死すると[20]、1900年創設の公爵位と伯爵位を除く全ての爵位が廃絶した[15]

一覧編集

 
伯爵家の旧邸宅ダフ・ハウス英語版

ブレイコー男爵(1735年)編集

ファイフ伯爵(1759年)編集

脚注編集

註釈編集

[脚注の使い方]
  1. ^ グロッホは11世紀のスコットランド王マクベスの妃であった人物[1]

出典編集

  1. ^ a b Way, George and Squire, Romily. (1994). Collins Scottish Clan & Family Encyclopedia. (Foreword by The Rt Hon. The Earl of Elgin KT, Convenor, The Standing Council of Scottish Chiefs). pp. 419 - 420.
  2. ^ Moncreiffe of that Ilk, Sir Ian. (1982年1月1日). 『The Highland Clans the Dynastic Origins, Chiefs and Background of the Clans and Some Other Families Connected with Highland History』. 2. New York City: Clarkson N. Potter, Inc. pp. 135-136. ASIN B000P6J3JI 
  3. ^ M. H. Brown. "Stewart, Murdoch [Murdac], second duke of Albany". Oxford Dictionary of National Biography (英語) (online ed.). Oxford University Press. doi:10.1093/ref:odnb/26499 (要購読、またはイギリス公立図書館への会員加入。)
  4. ^ a b c d Heraldic Media Limited. “Fife, Earl (I, 1759 - 1912)” (英語). www.cracroftspeerage.co.uk. Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2020年9月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月7日閲覧。
  5. ^ a b Cokayne, Gibbs & Doubleday 1926, p. 376.
  6. ^ "No. 7412". The London Gazette (英語). 17 June 1735. p. 1.
  7. ^ "No. 9885". The London Gazette (英語). 7 April 1759. p. 2.
  8. ^ Cokayne 1926, p. 376.
  9. ^ a b Anne Pimlott Baker. "Duff, James, second Earl Fife". Oxford Dictionary of National Biography (英語) (online ed.). Oxford University Press. doi:10.1093/ref:odnb/8168 (要購読、またはイギリス公立図書館への会員加入。)
  10. ^ a b Cokayne, Gibbs & Doubleday 1926, p. 378.
  11. ^ "No. 18356". The London Gazette (英語). 27 April 1827. p. 937.
  12. ^ Cokayne, Gibbs & Doubleday 1926, p. 379.
  13. ^ "No. 22045". The London Gazette (英語). 29 September 1857. p. 3251.
  14. ^ K. D. Reynolds. "Louise, princess royal and duchess of Fife". Oxford Dictionary of National Biography (英語) (online ed.). Oxford University Press. doi:10.1093/ref:odnb/34602 (要購読、またはイギリス公立図書館への会員加入。)
  15. ^ a b c Heraldic Media Limited. “Fife, Duke of (UK, 1900)” (英語). www.cracroftspeerage.co.uk. Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2020年9月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月7日閲覧。
  16. ^ a b Arthur G.M. Hesilrige (1921). Debrett's peerage, and titles of courtesy, in which is included full information respecting the collateral branches of Peers, Privy Councillors, Lords of Session, etc. Wellesley College Library. London, Dean. p. 371. http://archive.org/details/debrettspeeraget00unse/page/370 
  17. ^ "No. 25490". The London Gazette (英語). 14 July 1885. p. 3239.
  18. ^ "No. 25958". The London Gazette (英語). 27 July 1889. p. 4077.
  19. ^ "No. 27186". The London Gazette (英語). 24 April 1900. p. 2605.
  20. ^ Hugh Dawson, A Guide to the Chapel of Saint Ninian, Mar Lodge, Braemar. The Scottish Episcopal Church, Braemar 2015
  21. ^ a b c d e Tayler, Alistair; Tayler, Henrietta (2001) (英語). Lord Fife and His Factor Being the Correspondence of James Second Lord Fife, 1729 - 1809. The Minerva Group, Inc.. p. 5. ISBN 9780898755718. https://books.google.com/books?id=cRE4JDKKeMsC&pg=PA5 2017年6月21日閲覧。 

参考文献編集

関連項目編集