メインメニューを開く

ジェイムズ・ダフ (第5代ファイフ伯爵)

第5代ファイフ伯爵ジェイムズ・ダフ: James Duff, 5th Earl Fife1814年7月6日1879年8月7日)は、イギリスの貴族。第4代ファイフ伯爵英語版ジェイムズ・ダフの弟であるサー・アレグザンダー・ダフの長男。

1837年から1857年にかけて、バンフシャー州(現アバディーンシャー州の北東部)の州議会議員を務めていた。スキニー男爵は、祖母メアリーの実家の爵位であったが相続人がおらず断絶していた。資産は伯父である第4代ファイフ伯爵が相続していたため、ジェイムズは1857年にスキニー男爵に叙位された[1]

1746年、第18代エロル伯爵英語版ウィリアム・ヘイエリザベス・フィッツクラレンスウィリアム4世の庶子)の次女アグネス・ヘイと結婚した。

子女編集

  • アン・エリザベス・クレメンティーナ(1847年 - 1925年) 1865年、第5代タウンシェンド侯爵ジョン・タウンシェンド英語版と結婚し1男1女を儲ける。
  • アイダ・ルイーザ・アリス(? - 1918年) 1867年、エイドリアン・ホープと結婚し一女を儲けるも離婚。1880年にウィリアム・ウィルソンと再婚。
  • アレグザンダー・ウィリアム・ジョージ(1849年 - 1912年) 1889年、イギリス王エドワード7世第一王女ルイーズと結婚し、ファイフ公爵を叙爵、1男2女を儲ける。
  • アレクシナ(1851年 - 1882年) 1870年、イギリス陸軍ロイヤル・ホースガーズ士官ヘンリー・コヴェントリー(第8代コヴェントリー伯爵ジョージ・コヴェントリーの孫)と結婚。
  • アグネス・セシル・エメリン(1852年 - 1925年) 1971年、ダップリン子爵ジョージ・ロバート・ヘイ=ドラモンド(第12代キノール伯爵ジョージ・ヘイ=ドラモンドの長男)と結婚し1女を儲けるも1876年に離婚。同年ハーバート・フラワーと再婚し、1881年に死別。翌1882年、外科医のアルフレッド・クーパー英語版と再婚し、1男3女を儲ける。[2][3]
  • メアリー・ハミルトン(1854年) 夭折

脚注編集

  1. ^ The London Gazette: no. 22045. p. 3251. 1857年9月29日。
  2. ^ 長女ステファニーの曾孫に、第75代イギリス首相デーヴィッド・キャメロンがいる(ステファニー⇒次女エニド・レヴィータ⇒長男イーアン・キャメロン⇒次男デーヴィッド・キャメロン)。
  3. ^ 長男ダフ・クーパー(1890年 - 1952年)は、戦争大臣(1935年 - 1937年)や海軍大臣英語版(1937年 - 1938年)、情報省担当大臣英語版(1940年 - 1941年)、ランカスター公領大臣(1941年 - 1943年)などを歴任した保守党の政治家であり、1952年にノリッジ子爵を叙爵した。
先代:
ジェイムズ・ダフ
ファイフ伯爵
第5代: 1857年 – 1879年
次代:
アレグザンダー・ダフ
先代:
(創設)
スキニー男爵
初代: 1857年 – 1879年
次代:
アレグザンダー・ダフ