メインメニューを開く

ファミ通ブロス』(ファミつうブロス)は、日本の出版社・エンターブレインが発行していた月刊漫画雑誌

本項では、前身のゲーム雑誌月刊ファミコン通信 攻略スペシャル』および『月刊ファミ通Bros.』についても記述する。

目次

概要編集

本誌の内容は大別して以下の3期に分けられる。

  • 攻略スペシャル時代(1993年8月号 - 1995年7月号)
  • 月刊ファミ通Bros.時代(1995年8月号 - 1997年12月号)
  • ファミ通ブロス時代(1998年1月号 - 2002年9月号)

攻略スペシャル時代編集

アスキーより刊行されていたゲーム雑誌『ファミコン通信』(現『ファミ通』)が1991年に隔週刊から週刊へ移行して以来、ファミコン専門誌から任天堂以外のハードで発売されているゲームの情報も扱う総合誌へ転換したことに伴い、誌面における新作情報のウェイトが増大したことから、1993年6月に攻略記事の掲載に特化した増刊『別冊ファミコン通信 攻略スペシャル』として発刊。『ファミ通』本誌の「ファミ通町内会」とは別の独立した読者コーナーも掲載され、11月発売の第2号より『月刊ファミコン通信 攻略スペシャル』として月刊化。本誌との差別化を図るため、低年齢層を対象にわかりやすさを重視した誌面構成が採られた。

月刊ファミ通Bros.時代編集

1995年8月号より本誌から独立創刊。「『ファミ通』の兄弟誌」であることから雑誌名を『月刊ファミ通Bros.』とする。この頃にはファミ通本誌からの独立性を強め「ファミ通Bros.」レーベルで独自の攻略本を発行したり、オリジナルのトレーディングカード「ファミ通Bros.トレーディングカードシリーズ」を発行するなどの積極的なメディアミックス戦略を採り始める。

ファミ通ブロス時代編集

1998年1月号で誌面の全面リニューアルを実施し、創刊以来の攻略記事を始めとするゲーム情報記事から小・中学生を中心とする低年齢層向け漫画雑誌に転換。2000年からはグループ再編により、発行元がそれまでのアスキーからエンターブレインへ移る。

主として各社のコンピュータゲームを原作とする漫画作品が連載される一方で、本誌オリジナルの作品やファミ通文庫ライトノベルを原作とする自社主導のメディアミックス路線を採り、オリジナル連載の内「ジバクくん」と「時空探偵ゲンシクン」の2タイトルがテレビアニメ化された。しかし、小学館の『月刊コロコロコミック』を始めとする競合誌を脅かす存在へ成長するには至らず、2002年9月号を以て休刊した。

なお、『ファミ通ブロス』編集部は本誌の休刊後も2010年3月まで存続し、主としてブロスコミックスEXレーベルより刊行されるアンソロジーコミックの編集を担当していた。

主な連載作品編集

本誌オリジナル編集

メディアミックス編集

ブロスコミックス編集

本誌の連載作品は主としてブロスコミックスBROS. COMICS)より刊行された。判型はB6判。なお、本誌はアスキーの発売であったが、2000年のエンターブレイン発足まではコミックスやタイトル別のゲーム攻略本「月刊ファミ通ブロス攻略本シリーズ」は当時アスキーのグループ企業であったアスペクトより発売されていた。

また、派生レーベルとして本誌の休刊後も2010年まで存続したA5判のブロスコミックスEXが存在し、主にゲームを原作とするアンソロジーコミックや4コマ漫画が刊行されていた。

ブロスコミックスの編集体制は現在、2009年10月に開設されたウェブコミック配信サイトファミ通コミッククリア』および新レーベル・ファミ通クリアコミックスへ継承されている。

関連項目編集

外部リンク編集