メインメニューを開く

ファース・ヴィルケス

ファース・ヴィルケスServaas "Faas" Wilkes1923年10月13日 - 2006年8月15日)は、オランダロッテルダム出身の元サッカー選手。ポジションはFW。技術に富んだ果敢なドリブル突破が持ち味で、ヨハン・クライフ登場以前の、オランダサッカー史上最初のスター選手として知られている。

ファース・ヴィルケス Football pictogram.svg
名前
本名 セルファース・ヴィルケス
ラテン文字 Faas Wilkes
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
生年月日 1923年10月13日
出身地 ロッテルダム
没年月日 (2006-08-15) 2006年8月15日(82歳没)
選手情報
ポジション FW
利き足 -
代表歴
1946–1961[1] オランダの旗 オランダ 38 (35)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

略歴編集

1940年に地元ロッテルダムのクラブチームであるセルセスDZBでキャリアをスタート。1949年にはオランダ初のプロ選手としてインテルへ移籍を果たし、在籍3シーズンで95試合に出場し47得点を挙げる活躍を見せる。その後トリノバレンシアCFなどでプレーし、1964年にキャリアをスタートさせたセルセスでのプレーを最後に現役を引退した。

また、オランダ代表としても38試合に出場し、35得点を挙げる活躍を見せた。2006年8月15日、心不全で死去。82歳没。

選手経歴編集

出典編集