メインメニューを開く

サッカーオランダ代表: Nederlands voetbalelftal)は、オランダサッカー協会(KNVB)によって編成されるオランダサッカーのナショナルチーム。

サッカーオランダ代表
国または地域 オランダの旗 オランダ
協会 オランダサッカー協会
愛称 Oranje(オランイェ)
オレンジ軍団
監督 オランダの旗 ロナルド・クーマン
最多出場選手 ヴェスレイ・スナイデル(134試合)
最多得点選手 ロビン・ファン・ペルシ(50得点)
1stカラー
2ndカラー
初の国際試合 1905年4月30日ベルギー
4-1
最大差勝利試合 2011年9月2日サンマリノ
11-0
最大差敗戦試合 1907年4月1日イングランド
2-12
FIFAワールドカップ
出場回数 10回(初出場は1934
最高成績 準優勝(1974, 1978, 2010
UEFA欧州選手権
出場回数 8回
最高成績 優勝(1988

目次

スタジアム編集

ホームスタジアムは3つある。

歴史編集

FIFAランキングで1位になった経験を持つ8チームのうち、ベルギーとともにFIFAワールドカップ優勝経験が無いチームでもある。

ワールドカップでは初出場の1934年大会と、続く1938年大会で両方とも初戦の16強で敗退した。

3回目の出場となった1974 FIFAワールドカップでは準優勝を果たし、リヌス・ミケルス監督の下、ヨハン・クライフを中心にトータルフットボールと呼ばれる戦術でサッカー界に革命を起こした。1978 FIFAワールドカップでもクライフを欠きながら決勝まで駒を進めるも、地元アルゼンチンに敗れ準優勝となった。

UEFA欧州選手権1988では後にACミラン黄金時代の中核を担うこととなるオランダトリオファン・バステンルート・フリットフランク・ライカールト)を擁したチームで臨み、準決勝で西ドイツに2-1で、決勝でソ連に2-0で勝利し初優勝を果たした。決勝戦でファン・バステンが決めた難易度の高いボレーシュートは大きな印象を残した。

1998 FIFAワールドカップではベルカンプ、パトリック・クライファートクラレンス・セードルフフランク・デ・ブールら攻守にスター選手を擁して優勝候補の一角に挙げられていた。高い前評判に応える内容で勝ち上がり、準々決勝でアルゼンチンに2-1で勝利して準決勝まで進むもブラジルにPK戦の末敗れ、さらに3位決定戦で初出場のクロアチアにも敗れて4位に終わった。

これ以降は地元開催となったEURO 2000では準決勝でイタリアにPK戦で敗れベスト4、2002 FIFAワールドカップは予選敗退、EURO 2004では準決勝で開催国ポルトガルに敗れてベスト4、2006 FIFAワールドカップではラウンドオブ16でポルトガルに敗れベスト16、EURO 2008では準々決勝でロシアに敗れベスト8に終わるなど、高い前評判に応えきれない成績で終わる大会が続いてきた。

2010 FIFAワールドカップでは準々決勝で1974年大会を最後にAマッチ7試合で勝利が無かったブラジルに2-1で勝ち、準決勝でもウルグアイに3-2で競り勝つなど、欧州予選から14試合全勝で32年ぶりの決勝進出を果たすも、決勝で同じく初優勝を狙うスペインに延長戦までもつれた末に0-1で敗れ、またしても準優勝という結果となった。

UEFA EURO 2012ではデンマークドイツ、ポルトガルと同じ死の組に入るが全敗を喫した。FIFAワールドカップUEFA欧州選手権を合わせて本大会に出場すればグループステージは11連続で突破していたが、UEFA欧州選手権1980以来の敗退となった。

2014 FIFAワールドカップではグループリーグ初戦で前回優勝国で決勝にて敗れたスペインを5-1で破り、3連勝でグループリーグを首位で通過した。ラウンドオブ16でメキシコに勝利し、準々決勝ではコスタリカに対して延長引き分けPK戦の末、2大会連続でベスト4に進出した。しかし、準決勝のアルゼンチン戦では延長引き分けのPK戦の末、決勝進出を逃した。3位決定戦ではブラジルに勝利し大会無敗(5勝2分)で3位となった。欧州予選は9勝1分0敗で突破しており、地区予選から無敗での三位は1978 FIFAワールドカップのブラジル以来2チーム目となった。

2014年9月、UEFA EURO 2016の予選からフース・ヒディンクが監督として指揮を執ったが、成績不振で2015年6月契約が解除となった。同年7月よりダニー・ブリントが監督に就任したが、予選グループA4位で1984年大会以来8大会ぶりに予選敗退となった。

2018 FIFAワールドカップヨーロッパ予選グループAフランススウェーデンブルガリアなどと本大会出場を争ったが2017年3月25日、敵地でブルガリアに0-2で敗れるとブリント監督は解任された。その後はディック・アドフォカート監督がUEFA EURO 2004以来に再就任するも、グループA3位で4大会ぶりに予選敗退となった。

ユニフォーム編集

 
かつてのネーデルラントの旗(プリンスの旗)。オレンジ色が使用されている。

旧国旗の色とオランダ王家(オラニエ=ナッサウ家、かつてオランジュの領主だった)にちなんでユニフォームの色をオレンジとしており、世界的に「オレンジ軍団」という愛称で知られている。また1974年のW杯では正確無比なトータルフットボールを展開したことから「時計仕掛けのオレンジ」というあだ名で呼ばれたことがある。

オレンジという国旗にない色をチームカラーとする世界でもまれなナショナルチームであり、ほかの例としては日本イタリアの青、ドイツの白がある。

なおロゴに描かれた「王冠をかぶったライオン」も、オランダ王家の紋章が由来である。

FIFAワールドカップ成績編集

開催国 / 年 成績
  1930 不参加
  1934 1回戦敗退 1 0 0 1 2 3
  1938 1回戦敗退 1 0 0 1 0 3
  1950 不参加
  1954
  1958 予選敗退
  1962
  1966
  1970
  1974 準優勝 7 5 1 1 15 3
  1978 準優勝 7 3 2 2 15 10
  1982 予選敗退
  1986
  1990 ベスト16 4 0 3 1 3 4
  1994 ベスト8 5 3 0 2 8 6
  1998 4位 7 3 3 1 13 7
   2002 予選敗退
  2006 ベスト16 4 2 1 1 3 2
  2010 準優勝 7 6 0 1 12 6
  2014 3位 7 5 2 0 15 4
  2018 予選敗退
合計 出場10回 50 27 12 11 86 48

UEFA欧州選手権成績編集

開催国 / 年 成績
  1960 不参加
  1964 予選敗退
  1968
  1972
  1976 3位 2 1 0 1 4 5
  1980 グループリーグ敗退 3 1 1 1 4 4
  1984 予選敗退
  1988 優勝 5 4 0 1 8 3
  1992 ベスト4 4 2 2 0 6 3
  1996 ベスト8 4 1 2 1 3 4
   2000 ベスト4 5 4 1 0 13 3
  2004 ベスト4 5 1 2 2 7 6
   2008 ベスト8 4 3 0 1 10 4
   2012 グループリーグ敗退 3 0 0 3 2 5
  2016 予選敗退
合計 出場9回/優勝1回 35 17 8 10 57 37

歴代監督編集

オランダ代表監督一覧[1]
期間 氏名 試合 備考
1905-1908   セース・ファン・ハッセルトオランダ語版 11 6 0 5
1908-1913   エドガー・チャドウィック英語版 27 16 2 9
1914   ビリー・ハンター英語版 4 2 1 1
1919   ジャック・レイノルズ英語版 1 1 0 0
1919-1923   フレッド・ウォーバートン英語版 21 7 7 7
1923   ボブ・グレンデニング英語版 1 1 0 0
1924   ウィリアム・タウンリー英語版 8 2 3 3
1924   ジョン・ボリントン英語版 1 1 0 0
1925-1940   ボブ・グレンデニング英語版 86 35 15 36 1934 FIFAワールドカップ1938 FIFAワールドカップ出場
1946   カレル・カウフマン英語版 4 2 1 1
1947-1948   ジェッセ・カーヴァー英語版 10 6 2 2
1948   トム・スネッドン英語版 1 0 1 0
1949   カレル・カウフマン英語版 2 1 1 0
1949-1954   ヤープ・ファン・デル・レック英語版 29 5 3 21
1954-1955   カレル・カウフマン英語版 1 0 0 1
1955   フリードリヒ・ドネンフェルト英語版 1 0 1 0
1955-1956   マックス・メルケル英語版 10 7 1 2
1956   ハインリヒ・ミュラー英語版 1 1 0 0
1956-1957   フリードリヒ・ドネンフェルト英語版 2 1 1 0
1957   ジョージ・ハードウィック英語版 5 1 1 3
1957-1964   エレク・シュヴァルツ英語版 49 19 12 18
1964-1966   デニス・ネヴィル英語版 8 2 3 3
1966-1970   ゲオルク・ケスラー英語版 28 10 6 12
1970-1974   フランティシェク・ファドロンツ英語版 20 13 4 3
1974   リヌス・ミケルス 10 6 3 1 1974 FIFAワールドカップ出場
1974-1976   ヘオルヘ・クノベル英語版 15 9 1 5 UEFA EURO 1976出場
1976-1977   ヤン・ズワルトクラウス英語版 4 3 1 0
1977-1978   エルンスト・ハッペル 14 9 3 2 1978 FIFAワールドカップ出場
1978-1981   ヤン・ズワルトクラウス英語版 22 8 6 8 UEFA EURO 1980出場
1981   ロプ・バーン英語版 1 1 0 0 暫定監督
1981-1984   ケース・ライフェルス英語版 22 11 3 8
1984-1985   リヌス・ミケルス 2 1 0 1
1985-1986   レオ・ベーンハッカー 6 5 0 1
1986-1988   リヌス・ミケルス 23 14 4 5 UEFA EURO 1988出場
1988-1990   テイス・リブレフツ英語版 11 6 3 2
1990   ノル・デ・ロイテル英語版 2 0 1 1 暫定監督
1990   レオ・ベーンハッカー 6 1 3 2 1990 FIFAワールドカップ出場
1990-1992   リヌス・ミケルス 19 11 5 3 UEFA EURO 1992出場
1992-1994   ディック・アドフォカート 26 15 6 5 1994 FIFAワールドカップ出場
1995-1998   フース・ヒディンク 39 23 8 8 UEFA EURO 19961998 FIFAワールドカップ出場
1998-2000   フランク・ライカールト 22 8 12 2 UEFA EURO 2000出場
2000-2002   ルイ・ファン・ハール 14 8 4 2
2002-2004   ディック・アドフォカート 29 16 7 6 UEFA EURO 2004出場
2004-2008   マルコ・ファン・バステン 52 35 11 6 2006 FIFAワールドカップUEFA EURO 2008出場
2008-2012   ベルト・ファン・マルワイク 52 34 10 8 2010 FIFAワールドカップUEFA EURO 2012出場
2012-2014   ルイ・ファン・ハール 29 18 9 2 2014 FIFAワールドカップ出場
2014-2015   フース・ヒディンク 10 4 1 5
2015-2017   ダニー・ブリント 17 7 3 7
2017   フレット・フリム英語版 1 0 0 1 暫定監督
2017   ディック・アドフォカート 9 8 0 1
2018-   ロナルド・クーマン 14 6 4 4

現在の選手編集

歴代選手編集

主要大会のメンバー編集

主な歴代選手編集

記録編集

出場試合数編集

 
最多出場者のヴェスレイ・スナイデル

2019年7月2日現在[3]

  水色は現役代表選手
名前 出場 得点 期間
1 ヴェスレイ・スナイデル 134 31 2003-2018
2 エトヴィン・ファン・デル・サール 130 0 1995-2008
3 フランク・デ・ブール 112 13 1990-2004
4 ラファエル・ファン・デル・ファールト 109 25 2001-2013
5 ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルスト 106 6 1996-2010
6 ディルク・カイト 104 24 2004-2014
7 ロビン・ファン・ペルシ 102 50 2005-2017
8 フィリップ・コクー 101 10 1996-2006
9 アリエン・ロッベン 96 37 2003-2017
10 クラレンス・セードルフ 87 11 1998-2008
ヨニー・ハイティンハ 87 7 2004-2013

得点数編集

 
最多得点者のロビン・ファン・ペルシ

2019年7月2日現在[4]

  水色は現役代表選手
名前 得点 出場 期間 得点率
1 ロビン・ファン・ペルシ 50 102 2005-2017 0.49
2 クラース・ヤン・フンテラール 42 76 2006-2015 0.55
3 パトリック・クライファート 40 79 1994-2004 0.51
4 デニス・ベルカンプ 37 79 1990-2000 0.47
アリエン・ロッベン 37 96 2003-2017 0.39
6 ファース・ヴィルケス 35 38 1946-1961 0.92     
ルート・ファン・ニステルローイ 35 70 1998-2011 0.50
8 アーベ・レンストラ英語版 33 47 1940-1959 0.70
ヨハン・クライフ 33 48 1966-1977 0.69
10 ヴェスレイ・スナイデル 31 134 2003-2018 0.23

エピソード編集

6月25日 呪われたジンクス編集

1978 FIFAワールドカップ決勝でアルゼンチンに延長戦の末に敗れて以後、ワールドカップにおいて6月25日に開催された試合で3敗1分と1度も勝利しておらず、特に2006 FIFAワールドカップのポルトガル戦はイエローカード16枚(史上最多タイ)、レッドカード4枚(史上最多)が飛び交う大荒れの試合となった。

オランダ 1 - 3 アルゼンチン(延長戦)
オランダ 0 - 1 ベルギー
オランダ 2 - 2 メキシコ
オランダ 0 - 1 ポルトガル

なお、2010 FIFAワールドカップではこの日の前日となる6月24日にグループリーグでカメルーンと対戦し2-1で勝利している。

死の組編集

ワールドカップや欧州選手権(EURO)でオランダは優勝候補と目されるチームや直近の大会で好成績を収めたチームとグループリーグで同組となることがたびたびあり、1990 FIFAワールドカップ2006 FIFAワールドカップ2014 FIFAワールドカップ死の組に入りながらグループリーグを突破、EURO 2000ではフランス(1998 FIFAワールドカップ優勝国)、チェコEURO '96準優勝国)、デンマークEURO '92優勝国)と同組となったことをはじめに、EURO 2008では2006 FIFAワールドカップ決勝進出国(イタリア、フランス)と同組に、EURO 2012ではドイツ、ポルトガル、デンマークと大会前の最新FIFAランクTOP10以内のチームと同組になった。

このような死の組でオランダは好成績を収めることが多く、EUROでは2000年大会と2008年大会でいずれも3戦全勝でグループリーグを突破し、特に2008年大会はワールドカップ優勝のイタリアに3-0、準優勝のフランスに4-1で圧勝して大会を席巻した。しかし、2012年大会は逆に3戦全敗でグループリーグ敗退となっている。

脚注編集

  1. ^ Netherlands national football team managers” (英語). eu-football.info. 2019年8月20日閲覧。
  2. ^ UEFA.com. “Portugal-Netherlands - UEFA Nations League - Line-ups” (英語). UEFA.com. 2019年8月9日閲覧。
  3. ^ Netherlands international footballers” (英語). eu-football.info. 2019年8月20日閲覧。
  4. ^ Netherlands national football team goal scorers” (英語). eu-football.info. 2019年8月20日閲覧。

外部リンク編集