メインメニューを開く

ファーディナンド・スタンリー (第5代ダービー伯爵)

第5代ダービー伯爵ファーディナンド・スタンリー

第5代ダービー伯爵ファーディナンド・スタンリー(Ferdinando Stanley, 5th Earl of Derby、1559年 - 1594年4月16日)は、イングランドの貴族。第4代ダービー伯爵ヘンリー・スタンリー英語版とその妻マーガレット英語版(第2代カンバーランド伯爵ヘンリー・クリフォード英語版の娘)の間の長男で、第6代ダービー伯爵ウィリアム・スタンリーは弟。

生涯編集

1559年、ダービー伯位相続前のストレンジ男爵ヘンリー・スタンリーとマーガレット夫妻の長男として誕生。母はテューダー朝の始祖ヘンリー7世の曾孫で、母を通して王位継承権があった。

1571年エリザベス1世は父に手紙を送り、ファーディナンドを宮廷に送るよう伝えている。1572年オックスフォード大学セント・ジョンズ・カレッジ英語版に入学する一方、小姓として王室に仕えた。また1585年から1586年リヴァプール市長を務め、1587年にはフランス特命大使に任命された父からイングランド北西部のチェシャーランカシャー統監の任務を委ねられ、1588年南ネーデルラント大使に変更され不在の父に代わり両州を治めた。エリザベス1世の命令で対スペイン戦争に備え、軍勢召集とスペイン内通者の警戒に当たり、アルマダの海戦を経て8月に父が帰還するまでこの状態が続いた。翌1589年にストレンジ男爵に叙され貴族院に召集された[1]

1593年9月25日に父が死去、ダービー伯位を継承し父の顧問団と共に北西部を治めるかに思われたが、翌1594年4月16日に急死。あまりにも早過ぎた死に様々な憶測が流れ、ダービー伯に恨みを持つカトリック教徒の仕業、またはイエズス会による暗殺、あるいは王位継承権を持ち親カトリックと見られたダービー伯を警戒したプロテスタントの王家が暗殺した(黒幕はバーリー男爵ウィリアム・セシルとされる)など噂されたが、真相は明らかになっていない[2]

アリス英語版との間に3人の娘はいたが息子が無かったため、弟のウィリアムがダービー伯位を継いだ。しかしアリスが夫の遺産相続を主張したため、ウィリアムは以後15年も泥沼の相続争いに巻き込まれることになる。なおアリスは1600年国璽尚書(後に大法官トマス・エジャートンと再婚した[3]

文芸庇護者として編集

ダービー伯位継承前のストレンジ男爵として活発な文芸活動を行い、劇団の庇護者として名を馳せていた。ストレンジ男爵に叙爵される前からストレンジ卿を称し、1579年から『ストレンジ卿一座英語版』という劇団を抱え、しばしば宮廷でエリザベス1世に軽業を披露した。やがてストレンジ卿一座は他の劇団からリチャード・バーベッジオーガスティン・フィリップス英語版エドワード・アレン英語版など俳優を集めて当代随一の劇団へと成長、クリストファー・マーロウロバート・グリーンウィリアム・シェイクスピアなどの作品が上演され、パトロンのストレンジ男爵がダービー伯となった1593年にダービー卿一座と改名した。翌1594年のダービー伯の急死で庇護者を失った劇団は宮内大臣英語版の初代ハンズドン男爵ヘンリー・ケアリー英語版に引き取られ宮内大臣一座英語版として存続、後に国王一座に改称した[4]

また、ストレンジ卿はシェイクスピアと関わりがあったと推測されている。1581年にランカシャーの貴族アレグザンダー・ホートンの遺書で言及されているシェイクシャフトという人物がシェイクスピアを指すのではないかという説があり、遺言でホートンから将来を託されたトーマス・ヘスケスの紹介でシェイクスピアはストレンジ卿一座に入ったとされている。ストレンジ卿の死後彼と親しいサウサンプトン伯爵ヘンリー・リズリーがシェイクスピアのパトロンになったのも、シェイクスピアがストレンジ卿とサウサンプトン伯の両方と交流があったからとされ、『恋の骨折り損』で2人をモデルにした人物が登場する、『ヘンリー六世 第1部』『ヘンリー六世 第2部』『ヘンリー六世 第3部』『リチャード三世』でスタンリー家の役割を強調するなど、ストレンジ卿がシェイクスピアの生涯に大きな影響を与えた可能性が考えられている[5]

他にも、『夜の学派』と称する貴族のグループと会合を重ね、哲学、数学、化学などを議論した。マーロウやウォルター・ローリーなどが参加者であり、イングランド演劇のパトロンである貴族とも交流し、1593年にサウサンプトン伯と海軍大臣一座英語版のパトロンである海軍卿英語版エフィンガムのハワード男爵チャールズ・ハワードペンブルック伯一座英語版のパトロンであるペンブルック伯ヘンリー・ハーバート英語版オックスフォードの夕食会で会った記録がある。ストレンジ卿は文化人にとっては理想的な人物で、急死に際しエドマンド・スペンサーなどが追悼の辞を綴っている[6]

子女編集

1579年頃にサー・ジョン・スペンサーの娘アリス英語版と結婚、3人の娘を儲けた。

脚注編集

  1. ^ バグリー、P113 - P116、P121 - P123、P130。
  2. ^ バグリー、P130 - P137、結城、P64 - P66、河合、P41。
  3. ^ バグリー、P137 - P140。
  4. ^ バグリー、P145 - P147。
  5. ^ バグリー、P147 - P151、結城、P36 - P38、P117 - P118、P121 - P122、河合、P22 - P23。
  6. ^ バグリー、P151、結城、P65、P117。

参考文献編集

関連項目編集

公職
先代:
第4代ダービー伯爵英語版
  チェシャー副提督英語版
  ランカシャー副提督英語版

1593年 - 1594年
次代:
無し
(次代の在任者:第6代ダービー伯爵)
イングランドの爵位
先代:
ヘンリー・スタンリー英語版
  第5代ダービー伯爵
1593年 - 1594年
次代:
ウィリアム・スタンリー
マン島の爵位
先代:
ヘンリー・スタンリー
  マン卿英語版
1593年 - 1594年
次代:
無し
(次代の在任者:初代ノーサンプトン伯爵)