フィル・リズート

フィリップ・フランシス・リズートPhilip Francis Rizzuto, 1917年9月25日 - 2007年8月13日) は、1940~1950年代に活躍した元プロ野球選手内野手)。アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市生まれ。右投げ右打ち。

フィル・リズート
Phil Rizzuto
Phil Rizzuto 1953.jpg
1953年
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州ニューヨーク市ブルックリン区
生年月日 1917年9月25日
没年月日 (2007-08-13) 2007年8月13日(89歳没)
身長
体重
5' 6" =約167.6 cm
160 lb =約72.6 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手
プロ入り 1937年
初出場 1941年4月14日
最終出場 1956年8月16日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1994年
選出方法 ベテランズ委員会選出

出生時の名前はフィエロ(Fiero)。イタリア系アメリカ人で、イタリア語の発音ではリッツートが近い。

ニックネームは"Scooter"スクーター)。170cmに満たない小柄な選手ながら、機敏な守備と勝負強いバッティングで、ヤンキースの7度のワールドシリーズ制覇に貢献した。

目次

経歴編集

ブルックリンの路面電車の運転手の息子として生まれる。通っていたリッチモンドヒル高校では野球のほかにフットボールもしていた。1937年にアマチュアのフリーエージェントとしてニューヨーク・ヤンキースと契約し、1941年にメジャーにデビューする。後のベースボールカードの記載によれば、リズートは身長が5フィート6インチ(約168cm) と小さすぎるために、ブルックリン・ドジャースが彼の入団を拒否したのだという。リズートは1年目に打率.307を記録しただけでなく、遊撃手としてリーグ最多の109の併殺を記録し守備能力の高さもアピールする。2年目の1942年にはオールスターゲーム出場選手に選出され、またワールドシリーズでは1本の本塁打を含む21打数8安打の活躍を見せた。

1943年から4年間は海軍に従軍したため現役を中断、1947年に現役復帰する。1949年シーズンには169安打、110得点を記録し同年のMVP投票でテッド・ウィリアムズ(レッドソックス)に次ぐ次点となり、翌1950年に打率.324、200安打、125得点を記録、アメリカンリーグの最優秀選手となった。リズートはこの時期打撃面で目立った活躍をする一方、1949年から1952年までの4年間続けてリーグ最多の犠打数を記録しており、この時期のワールドシリーズ連覇に不可欠な存在だった。

1956年に38歳で現役を引退。引退後は約40年の間ヤンキース戦の中継を担当、"Unbelievable!"、"Holy Cow!"、"Did you see that!?"等の名調子で知られた。リズートが中継を担当した試合の中には、ロジャー・マリスがシーズン61号本塁打を放った試合や、パインタール事件が起きた試合などが含まれている。

1985年、ヤンキースはリズートの背番号10』を永久欠番とした。しかしその前年(1984年) にライバルのブルックリン・ドジャースの名ショートだったピー・ウィー・リースが殿堂入りした(彼も小柄な遊撃手で、現役引退後長く試合中継に従事するなど、経歴もリズートと似ていた)こともあり、永久欠番指定後もヤンキースファンによるリズートの殿堂入りのキャンペーンが熱を帯びた時期があった。テッド・ウィリアムズも支持者の一人としてリズートの殿堂入りを後押ししたという。リズートがベテランズ委員会によりアメリカ野球殿堂入り選手に選出されたのは1994年のことである。

2007年8月13日に肺炎のため89歳で死去。翌日のヤンキース対オリオールズの試合はリズートの追悼試合とされ、ヤンキースタジアムに半旗が掲げられた。シーズン残り試合は、喪章としてヤンキースのユニフォームの左袖に「10」がつけられた。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1941 NYY 133 548 515 65 158 20 9 3 205 46 14 5 5 -- 27 -- 1 36 13 .307 .343 .398 .741
1942 144 613 553 79 157 24 7 4 207 68 22 6 10 -- 44 -- 6 40 13 .284 .343 .374 .718
1943 試合出場なし
1944
1945
1946 126 518 471 53 121 17 1 2 146 38 14 7 7 -- 34 -- 6 39 10 .257 .315 .310 .625
1947 153 623 549 78 150 26 9 2 200 60 11 6 9 -- 57 -- 8 31 6 .273 .350 .364 .714
1948 128 539 464 65 117 13 2 6 152 50 6 5 13 -- 60 -- 2 24 6 .252 .340 .328 .668
1949 153 712 614 110 169 22 7 5 220 65 18 6 25 -- 72 -- 1 34 18 .275 .352 .358 .711
1950 155 735 617 125 200 36 7 7 271 66 12 8 19 -- 92 -- 7 39 6 .324 .418 .439 .857
1951 144 629 540 87 148 21 6 2 187 43 18 3 26 -- 58 -- 5 27 10 .274 .350 .346 .696
1952 152 673 578 89 147 24 10 2 197 43 17 6 23 -- 67 -- 5 42 9 .254 .337 .341 .678
1953 134 506 413 54 112 21 3 2 145 54 4 3 18 -- 71 -- 4 39 6 .271 .383 .351 .734
1954 127 369 307 47 60 11 0 2 77 15 3 2 18 2 41 -- 1 23 7 .195 .291 .251 .541
1955 81 181 143 19 37 4 1 1 46 9 7 1 13 0 22 1 3 18 2 .259 .369 .322 .691
1956 31 65 52 6 12 0 0 0 12 6 3 0 7 0 6 0 0 6 1 .231 .310 .231 .541
通算:13年 1661 6711 5816 877 1588 239 62 38 2065 563 149 58 193 2 651 1 49 398 107 .273 .351 .355 .706
  • 各年度の太字はリーグ最高

外部リンク編集