メインメニューを開く

フェズント岩手(フェズントいわて、英文表記:Pheasant IWATE)は、岩手県盛岡市に本拠地を置き、日本野球連盟に加盟していた社会人野球広域複合企業チームである。2015年に解散した。

フェズント岩手
チーム名(通称) フェズント岩手
加盟団体 日本野球連盟
加盟区分 広域複合企業チーム(会社登録)
創部 2006年
廃部 2015年
チーム名の遍歴

  • フェズント岩手 (2006 - 2015)
本拠地自治体

練習グラウンド 岩手県営球場雫石球場
チームカラー 赤、紫、黄金色
都市対抗野球大会
出場回数 なし
社会人野球日本選手権大会
出場回数 なし
全日本クラブ野球選手権大会
出場回数 ※出場資格なし

特定非営利活動法人岩手の野球を発展・躍進させる会により設立され、選手が複数の企業から報酬を得て構成される広域複合企業チームであった。ロゴエンブレムは、県鳥でチーム名のキジを、岩手山北上川などをあしらっていて、チームカラーの紫、赤、黄金色を用いていた。

目次

概要編集

2006年特定非営利活動法人岩手の野球を発展・躍進させる会により設立され、2月14日に『フェズント岩手』として日本野球連盟に会社登録で新規加盟した[1]。従来の広域複合企業チーム(新日鐵住金かずさマジック新日鐵住金東海REX)は、元々新日本製鐵という巨大企業を核にしたチームがクラブチーム化する際に企業登録を残すために広域複合企業型のクラブチーム化を図ったのに対し、当チームはゼロからのチーム作りであることから広域複合企業チームを創設するリーディングケースとなるかが注目されていた。

2011年より、「青春リハビリテーション」がキャッチコピーの宮古第一病院がスポンサーに付き、公式メディカルサポートとして理学療法士や作業療法士を派遣していた。

2015年、資金繰りの悪化や選手の退部、さらに練習時間の確保に困難をきたしたことなどが理由となり、2月に廃部届を提出し、4月9日付けで正式に承認され解散した[2][3]

沿革編集

元プロ野球選手の競技者登録編集

脚注編集

  1. ^ チーム情報 2006年 登録・変更情報”. 日本野球連盟. 2019年1月3日閲覧。
  2. ^ チーム情報 2015年 登録・変更情報”. 日本野球連盟. 2016年6月1日閲覧。
  3. ^ 「フェズント岩手」廃部へ 社会人野球、創部9年で”. 岩手日報 (2015年2月23日). 2015年7月22日閲覧。

関連項目編集