メインメニューを開く
フェラーリ・ラ フェラーリ > フェラーリ・FXX K

フェラーリ・FXX K(フェラーリ エフエックスエックス ケイ)とは、イタリアの自動車メーカー、フェラーリの顧客向けレース部門である「コルセ・クリエンティ」が開発したサーキット走行専用車。公道走行はできない。

フェラーリ・FXX K
FXX K
2015 Ferrari FXX-K in Shanghai.jpg
FXX K EVO
Ferrari FXX K Evo (42017945644).jpg
製造国 イタリアの旗 イタリア
販売期間 2014年(限定32台)
乗車定員 2
ボディタイプ 2ドアクーペ
エンジン 6.3L V型12気筒
最高出力 エンジン
860PS/9,200rpm
モーター
190PS/ - rpm
変速機 7速DCT
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン
後:マルチリンク
全長 4,896mm
全幅 2,051mm
全高 1,116mm
ホイールベース 2,650mm
車両重量 1165kg
ベース車 フェラーリ・ラ フェラーリ
タイヤサイズ 前・285/30 - 19
後・345/30 - 20
先代 フェラーリ・FXX
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

概要編集

2014年12月に、アブダビヤス・マリーナ・サーキットで開催されたフィナーリ・モンディアーリのパドックエリア内において、パドックパスを保有している顧客と報道関係者に対して正式に発表した。なお当日には画像が各国のメディア向けに配信されたほか、翌々日にはサーキット内を走行した。またこれに先立ちコルセ・クリエンティにより、購入の予約をした、もしくは購入意向を示している一部の顧客にのみ発表されている。

ラ フェラーリをベースに「FXX」の事実上の後継車種として開発された。「K」は、車両に搭載された運動エネルギー回生システム (HY-KERS)から取られたもの[1]

エンジンはラ・フェラーリの6,262cc自然吸気65度V型12気筒エンジンをベースに、最高出力860PS/9200rpm、最大トルク720Nm/6500rpmにパワーアップし、HY-KERSシステムで140kW (190PS)をアシストし、全体で1,050PS, 900Nmを発生する[2]

ピレリ製の専用の19インチ・スリックタイヤと、ブレンボ製の専用の大径カーボンセラミックコンポジット・ディスクブレーキを搭載している。公道では走行することができない。また、価格は非公開である。

「EVO」バージョン編集

2017年10月29日に、フィレンツェの「スタツィオーネ・レオポルダ」で行われたフィナーリ・モンディアーリのガラディナー会場において、空力特性が改善された「EVO」バージョンが招待客限定で公開された(これに先んじて、フィナーリ・モンディアーリが行われたムジェロ・サーキット内の特設ルームで、「FXX K」オーナーをはじめとしたXXプログラムの顧客に向けたシークレット・プレビューが行われている)。

なお、同バージョンは既存のモデルへのパーツ取り付けというかたちで提供されるほか、最初からパーツが組まれたかたちでの新規車輌の生産も若干数行われると発表されている。

限定生産編集

「コルセ・クリエンティ」が開発、販売した過去のサーキット走行専用車の「FXX」や「599XX」、「F1クリエンティ」の既存顧客、「フェラーリ・チャレンジ」にシーズン参戦しているドライバーを中心とした、世界中でもごく限られた顧客のみに対して32台のみが販売され(日本への割り当ては5台)、2015年より納入されている。

脚注編集

  1. ^ FXX K、フィナーリ・モンディアーリでデビュー 公式サイト 2014年12月7日閲覧
  2. ^ Ferrari FXX K 公式サイト 2014年12月7日閲覧。

外部リンク編集