フォノティピア(英:Fonotipia Records、伊:Società Italiana di Fonotipia[1])は、イタリアのレコード会社

Fonotipia Records
Italian Fonotipia label, Giuseppi Anselmi, Vesti la giubba.jpg
設立1904年 (1904)
設立者Baron Frederic d'Erlanger
現況現存せず
ジャンルクラシック音楽オペラ
イタリア

解説編集

ドイツのオデオンレコードの系列会社で、蓄音機レコードを発売していたカール・リンドストレーム社パーロフォン・レーベルを所有。パーロフォンレーベルの蓄音機パーロフォンレーベルでのレコードにはLの文字をデザインしたトレードマークが付けられ、レコードの母形もレーベルに無関係に共用していた)に吸収され、同社のイタリアでのブランドになった。このためオデオンレコードのラベルが貼付されているレコード盤にFONOTIPIAと刻印されていた[2]。また、フォノティピアのラベルが貼付されているレコード盤の刻印が、ODEONとなっている事も多くあった。

のちには、吸収したカール・リンドストレーム社のパーロフォンレーベルでのレコードの再発売や復刻もされている。

機械式録音の時には他社では余り見掛けない、約11インチのサイズのレコード盤が数多くあったのも、特徴の一つと云える。

このレーベルの著名なアーティストには、ドイツのソプラノロッテ・レーマン、ヴァイオリニストのフランツ・フォン・ヴェッチェイヤン・クベリーク等がいる。リリー・レーマンは、オデオンレコードにのみ録音しており、他社、他レーベルでの録音をしていないが、系列のフォノティピアレーベルでの発売と、吸収したカール・リンドストレーム社のブランドのパーロフォンレーベル(オデオンパーロフォンのダブルブランド名で)での発売があった。

沿革編集

References編集

  1. ^ Camera di Commercio di Milano, 12 ottobre 1904
  2. ^ Symposum CD 1261, Fonotipia, a Centenary Celebration 1904–2004.

Sources編集

  • J.R. Bennett, Dischi Fonotipia - A Golden Treasury (Record Collector Shop, Ipswich 1953).
  • M. Lopez, Società Italiana di Fonotipia. Il fondo discografico storico dell'Istituto Centrale per i Beni Sonori ed Audiovisivi, in 'Accademie e Biblioteche d'Italia', anno X, 1-4/2015, pp. 175-206.

外部リンク編集