フランシス・ドレーク

サー・フランシス・ドレークSir Francis Drake1543年頃 - 1596年1月28日)は、エリザベス朝イングランドゲール系ウェールズ人航海者、海賊私掠船船長)、海軍提督。イングランド人として初めて世界一周を達成[1]

フランシス・ドレーク
1543年頃 - 1596年1月28日
Francis drake.jpg
渾名 エル・ドラケ(El Draque
ドラコ(Draco
生誕 イングランドデヴォンタヴィストック
軍歴 1580年 - 1596年
最終階級 イギリス海軍中将
テンプレートを表示

ドレークはその功績から、イングランド人には英雄とみなされる一方、海賊行為で苦しめられていたスペイン人からは、悪魔の化身であるドラゴンを指す「ドラコ」の呼び名で知られた(ラテン語名フランキスクス・ドラコFranciscus Draco)から)。

生涯編集

生い立ち編集

フランシス・ドレークは、1543年の2月か3月に南イングランド、デヴォンタビストック(Tavistock)で、プロテスタントの農民で後に牧師となった父、エドマンド・ドレーク(Edmund Drake)と母、メアリ・ミルウェイ(Mary Mylwaye)の間に、12人息子の長男として生まれた。

10歳を過ぎたころには近所に住む老船長のもとで航海に従事していた。老船長にその働きぶりが認められ船を譲り受けたがドレークはその船を売りさらなる旅に出た。

奴隷貿易の船長~海賊に編集

いとこであるジョン・ホーキンスの下で奴隷貿易に従事していたが、1568年、自ら船を調達して船長となった。その後もジョン・ホーキンスの船団に参加していたが、ベラクルスサン・フアン・デ・ウルアにてスペイン海軍の奇襲を受け、船団はほぼ壊滅状態となった。ドレークは命からがら逃げ延びてイギリスに帰還した。この経験は、ドレークに生涯にわたるスペインに対する復讐心を抱かせることになった[2]

1569年、メアリ・ニューマン(Mary Newman)と結婚した。メアリは12年後に亡くなった。

1570年以降、西インド諸島のスペイン船や町を襲う海賊活動を開始。1573年にはパナマからノンブレ・デ・ディオスに金銀を運ぶラバ隊を襲撃して、大量の財宝を手に入れた。

世界一周の偉業編集

1577年12月13日、排水量約300tのガレオン船ゴールデン・ハインドを旗艦とする5隻の艦隊で、プリマス港を出航。

 
フランシス・ドレークの航路

大西洋からマゼラン海峡を経て太平洋に進出し、チリペルー沿岸のスペイン植民地や船を襲って、多大な財宝を奪う。 その中にはスペイン王の財宝を満載したカカフエゴ号などが含まれる。カカフエゴ号には26t、80ポンド貨幣と装飾品13箱など合計20万ポンド相当が積載されていたとされる。

途中のサン・フリアンにて、遠征出航の功労者で親交の深かったトーマス・ドウティを、6月30日に自ら裁判長として軍事裁判にて反逆罪として処刑した。遺体は丁重に埋葬されたという。

その後、太平洋を横断してモルッカ諸島に、さらにインド洋から喜望峰を回って、イギリスへと帰国し、フェルディナンド・マゼランに続く史上二番目の世界一周を達成した。この途中、1578年にホーン岬ドレーク海峡を発見している。

1580年9月に、生き残ったゴールデン・ハインド号のみがプリマス港に帰港し、女王エリザベス1世を含む出資者達に4700%とも言われる配当金を支払った[3]。イングランド王室の取り分は30万ポンドを越え、これは当時の歳入(20万ポンド程度)よりも多く、この臨時収入により王室は溜まっていた債務を全て清算できたうえに、国策会社のレヴァント会社に増資することができ、これは後の東インド会社設立の基礎となった。

ドレークはこの功績により、イギリス海軍の中将に任命されると同時に叙勲(サーの称号)を受ける。

海軍提督として編集

1581年、プリマスの市長に選ばれる。しかし、スペインとの国交悪化から再び海に戻り、スペイン領への攻撃を率いる。

1585年、エリザベス・シデナム(Elizabeth Sydenham)と再婚した。 同年から翌1586年にかけてはスペイン領アメリカへの大規模遠征を指揮し、サンティアゴ島英語版サントドミンゴ英語版カルタヘナ・デ・インディアス等の要地を一時掌握。セントオーガスティンを襲撃英語版した後、1586年7月22日にポーツマスへ帰港した。

1587年、カディスでスペイン船を襲撃。港を3日間占領。

1588年のアルマダの海戦ではイギリス艦隊副司令官に任命されたが、実際に艦隊の指揮を執っていたのはドレークだった。火のついた船を敵艦隊に送り込むという海賊らしい戦法により、スペイン艦隊を壊滅させる。

晩年編集

ドレークの船乗りとしての経歴は、50代になるまで続いた。

1595年のスペイン領アメリカと開戦し壊滅的な被害を受けた後、プエルトリコサンフアンの戦い英語版に敗れた。サン・フェリペ・デル・モロ砦(Fort San Felipe del Morro)からスペイン人砲撃手がドレークの旗艦のキャビンに大砲を打ちこんだが、ドレークは生き延びた。

1596年、コロンビアリオアチャを襲撃し金や真珠を強奪。スペイン王国のインディアス艦隊が避難所を探していたパナマポルトベロの海岸から離れて停泊中に、赤痢により55歳で亡くなった。死ぬ間際には、病床で鎧を着ようとするなど錯乱状態であった(恰好よく死にたかったのだともいわれているが)。生涯子供を持たなかった。

鉛の棺に入れられて、ポルトベロ付近に水葬されたことから、ダイバーが現在も棺を探している。

女王より与えられた紋章編集

 
ドレークに与えられた紋章

ドレークは生まれ故郷のデヴォン州に住む他家の紋章を仮冒していたが、これに代わる紋章としてエリザベス1世が右掲の紋章を新規に与えている[註釈 1][4]。そのデザインは銀色の波状のフェスを挟んで上下に2つの銀色に輝く星が描かれており、ドレークの北極南極との間を通った世界一周航路を示している。

また、右図には描かれていないがリースの上には地球と船があしらわれており、金色の手綱が雲間から伸びてドレークの乗る船にもたらされているデザインとなっているほか、紋章記述には船の中には赤いドラゴンがいるとされており、これはフランキクス・ドラコことドレーク自身を指すものである[4]

フランシス・ドレークが登場する作品編集

映像作品編集

ゲーム編集

漫画編集

小説編集

参考文献編集

  • 杉浦昭典『海賊キャプテン・ドレーク―イギリスを救った海の英雄―』講談社講談社学術文庫〉、2010年。ISBN 4062919893
  • ネヴィル・ウィリアムズ『ドレイク』向井元子訳、原書房、1992年。ISBN 4-562-02304-X
  • スティーヴン・スレイター『【図説】紋章学事典』朝治 啓三訳、創元社、2019年9月30日、第1版、103-104頁。ISBN 978-4-422-21532-7

脚注編集

註釈編集

[脚注の使い方]
  1. ^ ドレークに勝手に紋章を使われたデヴォン州の旧家の長が、エリザベス1世に不満を訴えたことが紋章授与のきっかけであったという。この不平に対して女王は「サー・フランシスにはもっと優れた紋章を与えるつもりだ」と切り返した逸話が残る。

出典編集

  1. ^ Maxine Snowden『北極・南極探検の歴史 極限の世界を体感する19のアクティビティ』丸善出版、2016年、17頁。ISBN 978-4-621-30068-8
  2. ^ ボイス・ペンローズ 荒尾克己訳 (1985). 大航海時代 旅と発見の二世紀. 筑摩書房. p. 221 
  3. ^ ネヴィル・ウィリアムズ 向井元子訳 (1992). 『ドレイク』. 原書房. p. 125 
  4. ^ a b スティーヴン(2019) p.102

関連項目編集

外部リンク編集