メインメニューを開く
Fate/stay night > Fate/Grand Order

Fate/Grand Order』(フェイト・グランドオーダー)は、ゲームブランドTYPE-MOONによるゲーム作品『Fate/stay night』を元として製作されているスマートフォン専用ロールプレイングゲーム。略称は「Fate/GO」もしくは「FGO」。

Fate/Grand Order
ジャンル ファンタジー
ゲーム
ゲームジャンル RPG
対応機種 Android 4.1以降かつメモリ(RAM)1.5GB以上
iOS 10以降
ゲームエンジン Unity[1]
開発元 DELiGHTWORKS(第2制作部『Fate/Grand Order Studio』[2]
発売元 日本の旗アニプレックス
アメリカ合衆国の旗Aniplex of America
中華人民共和国の旗bilibili
大韓民国の旗Netmarble
プロデューサー 岩上敦宏
竹内友崇
庄司顕仁(2015年7月30日-2016年秋)
塩川洋介(クリエイティブプロデューサー)
ディレクター 塩川洋介(-1.5部)
カノウヨシキ[注 1](第2部)
キャラクターデザイン 武内崇 ほか
シナリオ 奈須きのこ ほか
メディア ダウンロード
発売日 iOS
日本の旗 2015年8月12日
中華人民共和国の旗 2016年9月29日
中華民国の旗香港の旗 2017年5月18日
アメリカ合衆国の旗 2017年6月25日
大韓民国の旗 2017年11月21日
Android
日本の旗 2015年7月30日
中華人民共和国の旗 2016年10月13日
中華民国の旗香港の旗 2017年5月18日
アメリカ合衆国の旗 2017年6月25日
大韓民国の旗 2017年11月21日
ゲーム:Fate/Grand Order VR
feat.マシュ・キリエライト
ゲームジャンル Fate VRドラマ
対応機種 PlayStation VR
ゲームエンジン Unity for PS4[1]
開発元 DELiGHTWORKS
発売元 アニプレックス
キャラクターデザイン 武内崇
メディア ダウンロード
発売日 2017年12月16日
ゲーム:Fate/Grand Order Arcade
ゲームジャンル 英霊召喚型チームバトル
トレーディングカードアーケードゲーム
対応機種 アーケードゲーム
開発・発売元 セガ・インタラクティブ
プロデューサー 吉野慎一
ディレクター 伊神公博
キャラクターデザイン 武内崇 ほか
プレイ人数 1人~6人(最大3対3)
稼動時期 2018年7月26日
使用基板 ALLS UX
デバイス タッチパネル
グリップ型スティック
ボタン×4
カードリーダー
オンデマンド印刷ユニット
その他 ALL.Net対応
Aimeバナパスポート
Amusement IC対応
漫画
漫画:マンガで分かる!Fate/Grand Order(第1期)
もっとマンガで分かる!Fate/Grand Order(第2期)
ますますマンガで分かる!Fate/Grand Order(第3期)
原作・原案など TYPE-MOON
作画 リヨ
出版社 KADOKAWA
掲載サイト 「Fate/Grand Order」公式サイト
発表期間 第1期:2015年8月13日 - 11月19日
第2期:2015年12月17日 - 2017年7月27日
第3期:2017年8月3日 -
巻数 既刊2巻(2019年5月現在)
話数 第1期:全15話
第2期:全84話
漫画:教えてFGO!偉人と神話のぐらんどおーだー
作者 津留崎優
出版社 星海社
掲載サイト ツイ4
レーベル 星海社COMICS
発表期間 2016年8月16日 -
巻数 既刊1巻(2017年4月現在)
漫画:Fate/Grand Order -mortalis:stella-
原作・原案など TYPE-MOON
作画 白峰
出版社 一迅社
掲載誌 コミックZERO-SUM
レーベル ZERO-SUMコミックス
発表号 2017年9月号 -
巻数 既刊1巻(2018年1月現在)
漫画:Fate/Grand Order -turas réalta-
原作・原案など TYPE-MOON
作画 カワグチタケシ
出版社 講談社
掲載誌 別冊少年マガジン
レーベル 講談社コミックスマガジン
発表号 2017年9月号 -
巻数 既刊5巻(2019年7月現在)
漫画:Fate/Grand Order -Epic of Remnant- 亜種特異点I 悪性隔絶魔境 新宿 新宿幻霊事件
原作・原案など TYPE-MOON
作画 佐々木少年
出版社 KADOKAWA
掲載誌 月刊少年エース
発表号 2019年3月号 -
漫画:Fate/Grand Order -Epic of Remnant- 亜種特異点II 伝承地底世界 アガルタ アガルタの女
原作・原案など TYPE-MOON
作画 武中英雄
出版社 KADOKAWA
掲載誌 ヤングエース
発表号 2019年3月号 -
巻数 既刊1巻(2019年7月現在)
漫画:Fate/Grand Order -Epic of Remnant- 亜種特異点III 屍山血河舞台 下総国 英霊剣豪七番勝負
原作・原案など TYPE-MOON
作画 渡れい
出版社 講談社
掲載サイト マガジンポケット
発表期間 2019年1月29日 -
巻数 既刊1巻(2019年7月現在)
漫画:Fate/Grand Order -Epic of Remnant- 亜種特異点IV 禁忌降臨庭園 セイレム 異端なるセイレム
原作・原案など TYPE-MOON
作画 大森葵
出版社 一迅社
掲載誌 月刊ComicREX
発表号 2019年3月号 -
漫画:Fate/Grand OrderDuel YA特異点 密室遊戯魔境 渋谷 渋谷決闘事件
原作・原案など TYPE-MOON
作画 磨伸映一郎
出版社 KADOKAWA
掲載誌 ヤングエース
発表号 2019年3月号 -
漫画:Fate/Grand Order -Epic of Remnant- 深海電脳楽土 SE.RA.PH
原作・原案など TYPE-MOON
作画 西出ケンゴロー
出版社 KADOKAWA
掲載サイト ヤングエースUP
発表期間 2019年2月20日 -
巻数 既刊1巻(2019年7月現在)
アニメ
アニメ:Fate/Grand Order -First Order-
原作 TYPE-MOON
監督 難波日登志
脚本 関根アユミ
キャラクターデザイン 後藤圭佑
音楽 川﨑龍
アニメーション制作 Lay-duce
製作 アニプレックス、ノーツ
ディライトワークス
放送局 TOKYO MXほか
放送期間 2016年12月31日 - 同日
話数 全1話
アニメ:Fate/Grand Order -MOONLIGHT/LOSTROOM-
原作 TYPE-MOON
総監督 難波日登志
監督 塚田拓郎
脚本 奈須きのこ
キャラクターデザイン 後藤圭佑、永作友克
音楽 川﨑龍
アニメーション制作 Lay-duce
製作 アニプレックス、ノーツ
ディライトワークス
放送局 TOKYO MXほか
放送期間 2017年12月31日 - 同日
話数 全1話
アニメ:ぐだぐだオーダー
原作 経験値/TYPE-MOON
監督 経験値
脚本 経験値
キャラクターデザイン 経験値
アニメーション制作 TROYCA
製作 FGO PROJECT
放送局 TOKYO MXほか
放送期間 2016年12月31日 - 同日
話数 全1話
アニメ:Fate/Grand Order × 氷室の天地
〜7人の最強偉人篇〜
原作 磨伸映一郎/TYPE-MOON
監督 三浦貴博
脚本 ufotable、磨伸映一郎(ネーム)
キャラクターデザイン 永森雅人
音楽 椎名豪
アニメーション制作 ufotable
製作 FGO PROJECT
放送局 TOKYO MXほか
放送期間 2017年12月31日 - 同日
話数 全1話
アニメ:Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-
原作 奈須きのこ/TYPE-MOON
監督 赤井俊文
キャラクターデザイン 高瀬智章
音楽 芳賀敬太、川﨑龍
アニメーション制作 CloverWorks
放送局 TOKYO MXほか
Fate/Grand Orderゲームアプリ内(第0話)
放送期間 2019年8月4日 - 8月11日(第0話)
2019年10月5日 -
映画:劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット-
前編 Wandering; Agateram
後編 Paladin; Agateram
原作 奈須きのこ/TYPE-MOON
監督 末澤慧(前編)、荒井和人(後編)
キャラクターデザイン 細居美恵子
音楽 芳賀敬太、深澤秀行
制作 前編:SIGNAL.MD
後編:Production I.G
封切日 前編:2020年
後編:未定
上映時間
インターネットラジオ:Fate/Grand Order カルデア・ラジオ局
Fate/Grand Order カルデア・ラジオ局Plus(第2期)
配信期間 2017年1月10日 - 2019年3月29日(第1期)
2019年4月5日 - (第2期) -
配信サイト 超!A&G+
配信日 金曜日 21:00 - 22:00
配信形式 ストリーミング配信
ネット局 文化放送
日曜日 21:30 - 22:00
パーソナリティ 高橋李依田中美海(第1期~)
大久保瑠美(第2期)
その他 第2期は当番制、田中・大久保担当回は生放送の場合あり
テンプレート - ノート
プロジェクト ゲーム漫画アニメ
ポータル ゲーム漫画アニメ

2017年「第21回文化庁メディア芸術祭」審査委員会推薦作品[3]。「日本ゲーム大賞 2018」優秀賞受賞作品[4]。「ファミ通アワード2017」「同2018」優秀賞受賞作品[5]

目次

概要編集

本来「Fateオンラインプロジェクト」としてオンラインゲームとなる予定であった作品『Fate/Apocrypha』のリベンジ及びリブートとして製作されたFateシリーズのスマートフォン専用RPG。2014年7月27日品川インターシティホールで開催された「Fate Project 最新情報発表会」にて初めて製作が発表された。

『Fate/Apocrypha』のオンラインプロジェクトはPCでプレイするPvPのオンラインゲーム企画として、セガの『三国志大戦』のように多くの作家にサーヴァントを描いてもらう予定であった。その後、一部デザインは実際に公開されたが、最終的に企画はお蔵入りとなる。しかし、とあるきっかけでFateのオンラインゲームを作ろうという話となり、さらに、奈須が脚本監修として参加していたTVアニメ『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』の放送に合わせて新しいソーシャルゲームをFateで挑戦させてほしいとアニプレックス代表兼プロデューサーの岩上敦宏から提案されたことがきっかけとなり、当時の設定を使いながらも2015年に合ったオンラインゲームを作ろうと企画が再始動した[6]。その為、「Fate Online Project REBOOT」という標語が掲げられている[7]

2004年の発売以降数多くのメディアミックスやスピンアウト展開を広げてきたゲーム作品『Fate/stay night』をはじめ、『Fate/Zero』・『Fate/EXTRA』・『Fate/Apocrypha』・『Fate/Prototype』といったFateシリーズから多数のキャラクターが登場するほか、本作オリジナルのキャラクターも多数登場する。プレイヤーは複数の英霊を「サーヴァント」として使役する「マスター」となり、人類史を守るため7つの「聖杯探索」(グランドオーダー)に身を投じる。

開発・運営のディライトワークスは本作が初の本格的事業となる。また、本作はセガの『チェインクロニクル』を参考に制作されている[8]。製作にはこれまでのFateシリーズを手掛けてきたシナリオライター・奈須きのことイラストレーター・武内崇を基幹に、これまでTYPE-MOON作品に携わってきた作家や、アンソロジー作家、企業などが多数参画している[8]

2014年12月28日より事前登録を開始。シナリオ展開・サービス運営は2015年7月31日より開始した[9][8]。Android版、iOS版が同時にサービス開始予定だったが、Appleの審査が通過できず、配信予定日にはAndroid版のみが配信された。同年8月4日、「Google Play ランキング」4位となるが[10]、同時に長時間に渡るメンテナンスによりプレイが行えない状況となる。その後、同日18時15分にメンテナンス終了までアプリを「Google Play Store」から一時的に削除(非公開)していたことが公式twitterで事後発表された[10][11]

最終的に同年8月6日の11時に配信を再開、断続的なスタートとなった[12]。同年8月12日、iOS版の配信を開始[13]

当初の企画では、本作とTVアニメ『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』、ゲーム『リメイク版月姫』の3作品がシンクロするようにシナリオが執筆されており、『UBW』第2シーズンと『Fate/Grand Order』第1部のクライマックス、『リメイク版月姫』でのとある言及が同時に進行する予定であった。が、『FGO』と『リメイク版月姫』の配信及び販売が当初の予定より延期したため実現することはなかった。しかし、『UBW』第2シーズンでのセリフや『FGO』第1部のシナリオにその名残が残っているほか、『UBW』第1シーズンBDBOXの特典小説『Garden of Avalon』にも『FGO』第1部の伏線が名残として残っている[14]

2016年12月にメインシナリオ終章が配信され、ストーリー第1部が完結した。2017年2月から11月にかけては、1部と2部をつなぐストーリー第1.5部「Epic of Remnant」が展開され[15][16]、2017年12月26日から31日にかけて第2部プロローグ「序/2017年12月26日」、「序/2017年12月31日」が配信、2018年4月4日より第2部のメインシナリオとなる「Cosmos in the Lostbelt」の配信が開始された[17]。同時に第1部に副題「Observer on Timeless Temple」が明記される。

ストーリー編集

歴代TYPE-MOON作品同様、世界の真なる理を魔術と魔術師が掌握しつつ、『Fate/EXTRA』で描かれたような科学技術を研鑽する者たちも加わり、科学と魔術が交錯する世界観を前提として物語は始まる。

また本作のストーリーはメインステージだけでなく期間限定イベントも含め、現実の時間軸とストーリー内の時系列を連動させるという手法を取って展開されていく。このため、中国版は2016、北米・韓国版は2017年からのスタートに合わせて作中の時間軸が調整されている。繁中版の1部、1.5部と第2部は8月を起点に運営されている。以後の時系列は全て日本語版を基準とする。

第1部:Observer on Timeless Temple(オブザーバー オン タイムレス テンプル)編集

西暦2015年、魔術がまだ成立していた最後の時代。人類の営みを永遠に存在させるために秘密裏に設立された人理継続保障機関フィニス・カルデアで、「2016年を最後に、人類は絶滅する」という研究結果が“証明”された。

原因を調査するうち、カルデアの魔術サイドによって作り上げられた「近未来観測レンズ・シバ」は、突如として過去・西暦2004年の日本のある地方都市に観測不能領域の出現を検知する。ありえない事象にカルデア機関員達は、これこそ人類史が狂い絶滅に至る理由と仮定、テスト段階ではあったが理論上は可能レベルになった霊子転移(レイシフト)による時間遡行を実行する。その目的は2004年に行われた「聖杯戦争」に介入し、狂った歴史を正す事であった。

カルデアは、「守護英霊召喚システム・フェイト」の力を借りてサーヴァントを召喚し、「聖杯探索(グランドオーダー)」を行うマスター候補たちを過去へと送り込もうとするが、レイシフト直前の"事故"により、マスター候補が数合わせとしてカルデアの機関員に迎えられた一般人の若者1人を残して全滅という最悪の事態に直面する。駆けつけたその若者と、その手に寄り添った瀕死の少女マシュ・キリエライトが、突如として実行されたレイシフトの対象に選ばれ、炎に包まれた聖杯戦争の舞台…かつて「冬木市」と呼ばれた場所の特異点に降り立った。

やがてカルデアは、人類を救うための鍵がさらに7つの歴史上の異変・特異点にあることを突き止める。歴史を遡り運命と戦う禁断の儀式は、未来を懸けた過去への挑戦として幕を開けるのだった。

特異点F / X 炎上汚染都市 冬木 「序章」
2015年7月30日配信。本作のチュートリアルステージであり、ここをクリアすることで大半の期間限定イベントへの参加権が与えられる(一部特定の章クリアが参加条件に設定されているイベントも存在する)。
精鋭たちによって行われるはずだった聖杯戦争への介入。主人公たちは窮地を脱してカルデアに帰還するため、大火災に包まれた冬木市を探索する。
第一特異点 邪竜百年戦争 オルレアン 「救国の聖処女」
2015年7月30日配信。百年戦争末期のフランスに出現した特異点。処刑された“ジャンヌ・ダルク“が「竜の魔女」として復活し、ドラゴン・ファブニールやワイバーンを引き連れて各地を蹂躙している。主人公たちは時を同じくして召喚されたもうひとりのジャンヌ・ダルクとともに、邪竜軍の討伐に挑む。
第二特異点 永続狂気帝国 セプテム 「薔薇の皇帝」
2015年7月30日配信。1世紀、“ネロ・クラウディウス“統治下の古代ローマに出現した特異点。逃亡するレフを追跡する主人公たちはネロと手を組み、史実に存在しない「ローマ連合帝国」に立ち向かう。
第三特異点 封鎖終局四海 オケアノス 「嵐の航海者」
2015年11月5日配信。16世紀の大航海時代における、どことも知れない大海の特異点。財宝を追い求めて聖杯を手にした“フランシス・ドレイク“と手を結んだ主人公たちは、この特異点に投下されたもう一つの聖杯の行方を探る。
第四特異点 死界魔霧都市(ミストシティ) ロンドン 「ロンディニウムの騎士」
2015年12月28日配信。19世紀のロンドンに出現した特異点。産業革命による公害の霧がさらに有害になる以上に、その濃霧の中をさらに機械人形やホムンクルス、殺人鬼が闊歩している。主人公たちははぐれサーヴァントである“モードレッド“、ジキル、“アンデルセン“とともに、ミストシティの謎に迫る。
第五特異点 北米神話大戦 イ・プルーリバス・ウナム 「鋼鉄の白衣」
2016年3月30日配信。18世紀の北アメリカ大陸に出現した特異点。女王“メイヴ“と狂王“クー・フーリン“率いるケルト軍により南北戦争におけるアメリカ連合国が滅ぼされて大陸東部を制圧されており、“トーマス・エジソン“が「大統王」として西部合衆国をまとめ上げて立ち向かっている。主人公たちは戦争の病魔を根絶すべく奔走する“ナイチンゲール“たちとともに、広大な荒野を駆け抜ける。
第六特異点 神聖円卓領域 キャメロット 「輝けるアガートラム」
2016年7月25日配信。13世紀の中東に形成された特異点。古代エジプトの砂漠、荒廃地に聳える聖都が同居する混沌の聖地。その中で聖都を支配する円卓の騎士たちが戦争難民の虐殺を行っていることを知った主人公たちは、遭遇した「銀の腕」の騎士と共に真意をただす戦いに臨む。
第七特異点 絶対魔獣戦線 バビロニア 「天の鎖」
2016年12月7日配信。紀元前の古代メソポタミアに存在する、“ギルガメッシュ“統治下のウルクを含む特異点。三柱の女神による「三女神同盟」とその尖兵たる「魔獣」が、人類殲滅を企てる未曾有の脅威となっている。主人公たちは人々を束ねる王であるギルガメッシュ、そして彼に召喚されたサーヴァント・“マーリン“たちとともに、人類悪となった最古の創生の女神“ティアマト“に立ち向かう。
終局特異点 冠位時間神殿 ソロモン 「極天の流星雨」
2016年12月22日配信。地球の歴史上に存在しない特異点。魔術王ソロモンの玉座が存在する神殿であり、魔神柱の巣窟。
配信時は完結を賭けた魔神柱討伐のレイドボスイベントが開催されていたが、25日に討伐が完遂となった。このステージをクリアすることで人理修復が達成され、以降のプレイヤーはフレンドリスト等においてその証であるバッジ(開位)が表示される他、イベントのチャレンジクエストや1.5部以降の高難易度ステージおよびイベントへの挑戦が可能になる。

第1.5部:Epic of Remnant(エピック オブ レムナント)編集

西暦2017年、魔術王を名乗った者の計画は失敗に終わった。カルデアの面々による尽力の結果、人理焼却は辛くも水際で食い止められ、世界の運命は再び息を吹き返したかに見えた。しかし何十人もの魔術師をマスター候補として送り込んだ魔術協会にとっても最初の"事故"などによる傷跡は決して浅いものではなく、カルデアの未来には小さいながらも確実に暗雲が立ち込めていた。

そしてカルデアのスタッフが魔術協会等への対応に追われる中、突如としてシバに「これまでの特異点と同レベル」の特異点が、近現代のもとに観測される。かつて未来を切り開いた一人のマスターは、20世紀末の新宿区などに現れた4つの「亜種特異点」を鎮めるべく、再びレイシフトへと身を投じる。

亜種特異点I 悪性隔絶魔境 新宿 「新宿幻霊事件」
2017年2月24日配信。魔術王の計画が潰えた後に現れた最初の特異点。主人公は再び現れた異変の種を摘むべく、陸の孤島となった世紀末の摩天楼へと単身送り込まれる。
亜種特異点II 伝承地底世界 アガルタ 「アガルタの女」
2017年6月29日配信。現代過去の中央アジア地下に現れた特異点。これを魔神柱の残党による仕業と断定したカルデアは、鎮圧のため主人公とサーヴァントを送り込む。地下の世界ではアマゾネス、イースの女性領主と女海賊、女帝と酷吏といったそれぞれの女性が支配層となっている3勢力による群雄割拠の有様で、男性は三国のいずれかでも奴隷として囚われていたが、少数の男性たちは第4の勢力・レジスタンスとして抵抗している状態にあり、主人公たちはこの第4勢力に合流する。
亜種特異点III 屍山血河舞台 下総国 「英霊剣豪七番勝負」
2017年10月14日配信。主人公は過去にも陥ったことのある現象で、睡眠中に意識を失ってしまう。目覚めたのは中世の日本のようなところで、史実とは微妙な違いを見せる関東の下総国だった。そこは血染めの月の下で悪しき宿業を持つように改造された“英霊剣豪”たちが、妖魔を率いて殺戮を繰り広げている。味方はかつて夢の中で遭遇したことのある“宮本武蔵“を名乗る剣士の若い女性、カルデアからの単独のレイシフトに辛くも成功した“風魔小太郎“、途中で出会った刀匠の疑似サーヴァント“千子村正”。主人公はこの凄惨な悪夢を見事勝ち抜き、現世への生還を目指すことになる。本特異点は「亜種平行世界」として扱われており、亜種特異点と違って魔神柱が関与しておらず、クリア後に表記が変更される。
亜種特異点IV 禁忌降臨庭園 セイレム 「異端なるセイレム」
2017年11月29日配信。公式上での最後の亜種特異点。現代において前触れなく現れた暗闇として発見され、その領域の内側に住んでいた5万人が行方不明となる。魔神の影を彷彿とさせる悪しき魔力が検知され、17世紀末のセイレムを模した特異点であることを突き止めたカルデアは、主人公と選抜したサーヴァントに「劇団」の偽装をさせ、最後のレイシフトとして街に送り込む。

※コラボイベント「亜種特異点 深海電脳楽土 SE.RA.PH」も期間限定ながら、第1.5部の区分をされている。

第2部:Cosmos in the Lostbelt(コスモス イン ザ ロストベルト)編集

西暦2017年末、最初の"事故"に巻き込まれた47人のマスター候補生のうち、Aチームの7人以外は治療が完了し、未来を切り開いたマスターと共に戦った数多の英霊も所長代理のレオナルド・ダ・ヴィンチを除いて12月25日までには退去した。翌12月26日に新しい所長であるゴルドルフ・ムジークがカルデアに着任し、カルデア職員は査問会による執拗な尋問を受けつつ、冷凍冬眠処置を施されたAチームの解凍と治療も並行して進められていた。

12月31日、査問会は完了し全員無罪放免となる。ところがAチームの7人が入っているはずの冷凍ポッドに7人のマスターが入っていないことが判明したその時、「異聞帯(ロストベルト)」という、誤った繁栄により淘汰された筈の歴史の英霊がカルデアを襲撃。スタッフの殆どは氷漬けとなりダ・ヴィンチも凶刃に倒れる。役目を終えカルデアを去る予定だった"唯一のマスター"とマシュ・キリエライト、そして秘密裏にカルデアに潜伏し準備を進めていたシャーロック・ホームズの手により虚数潜航艇シャドウ・ボーダーによる脱出が行われ、なんとか全滅だけは免れた。

陥落したカルデアを脱した彼らに待ち受けていたのは異聞帯の軍勢だけではなかった。それらを率いる者が他ならぬAチームの7人のマスターであり、彼らクリプターによる7つの誤った歴史によって人理は白紙化されたという事実を以って、それぞれへの宣戦布告はなされた。

西暦2018年4月。7つの異聞帯により白紙化された世界…その最初の刺客となったロシアの永久凍土帝国へ、虚数空間での雌伏を経た主人公たちが逆襲を開始する。全ては前人未到の聖杯戦争に潰された現在を取り戻し、未来に打ち克つ戦いを終わらせるために。

プロローグ「序/2017年 12月26日」「序/2017年12月31日」
2017年12月26日、2017年12月31日にそれぞれ配信。第2部のプロローグとなるシナリオ。
Lostbelt No.1 永久凍土帝国 アナスタシア 「獣国の皇女」
2018年4月4日配信。約450年前に隕石が落下し氷河期とも言える大寒波が発生した「ロシア異聞帯」のステージ。植えられた空想樹の名前は「オロチ」。零下百度を越える環境に適応するため、今に至るまで君臨している“イヴァン雷帝“によって人類は魔獣との合成体「ヤガ」となって極限環境をしのいでいるが、そのために弱肉強食が極まってしまい弱い者は肉にすらならないとまでいわれる状況に陥り、それが剪定の原因とされている。
Lostbelt No.2 無間氷焔世紀 ゲッテルデメルング 「消えぬ炎の快男児」
2018年7月18日配信。紀元前1000年頃にラグナロクが中途半端な形で終わってしまったことで剪定されるはずだった世界である「北欧異聞帯」のステージ。植えられた空想樹の名前は「ソンブレロ」。人類は存在するが総人口は1万人を越えることはない。人類はただ一柱生き残った女神である“スカサハ=スカディ“の庇護のもと、100人単位で百の集落に分けられ、結界により外敵から守られた集落内でのみで生活している。最短15歳、最長25歳を迎えると集落から出ていく決まりになっているが、集落外には人類の脅威として巨人種が闊歩しているため実質的には間引きなものの、御使いである“ワルキューレ“に導かれ「ヴァルハラ」に行けるとして住民たちは疑問も不満もなく受け入れている小規模社会である。
カルデア一行は、三大魔術協会のひとつである「彷徨海」を名乗る呼びかけがあったことから、この異聞帯を通り過ぎるつもりでいたが、オフェリアのサーヴァント“シグルド“にシャドウ・ボーダーを急襲され、ゼロセイルに必須の虚数観測機「ペーパームーン」を奪われたことから、取り返すための行動に出ざるを得なくなる。主人公たちは出会ったはぐれサーヴァント“ナポレオン“と仮契約を結び、異聞帯側に閉じ込められていた"ブリュンヒルデ"を救出し、スカサハ=スカディの居城を目指す。さらに城に囚われていた"シトナイ"の協力を得て、“シグルド“による封印から解放された終末のための破壊装置である炎の巨人"スルト"に立ち向かう。
Lostbelt No.3 プロローグ intro.3
2018年11月23日に配信。「彷徨海」に辿り着いたカルデア一行は、アトラス院から避難した錬金術師でありペーパームーンとトリスメギストスの制作者でもあるシオン・エルトナム・ソカリスと出会う。彼女の協力で新たに「彷徨海」に間借りする体裁で建造した拠点「ノウム・カルデア」から次の目的地となる大西洋上の異聞帯に侵攻するはずであったが、TV・コヤンスカヤの暗躍によりゴルドルフと主人公が毒に侵されてしまう。この事態に際し一行は予定を変更し、ガイド役として召喚したサーヴァント"哪吒"と共に解毒薬の素材が入手可能な中国異聞帯へと突入する。
Lostbelt No.3 人智統合真国 シン 「紅の月下美人」
2018年11月27日配信。理想郷でありすぎたが故に未来における可能性がないとして剪定されるはずだった「中国異聞帯」のステージ。植えられた空想樹の名前は「メイオール」。この異聞帯は”始皇帝”が不老不死の秘術を獲得し、その後世界を統一する偉業を成し遂げ「争い」という言葉は忘れ去られた「汎人類史より優れた異聞帯」である。蒙昧だが穏やかな民たちは簡単な農作業にのみ従事すればよく、皇帝から下賜される秘薬により一切の病に罹らず、老いを迎える前に安らかに没する。そのため何かに祈ることがなく、さらにこの異聞帯の偉人・英雄は全て冷凍冬眠処置を施され必要に応じて解凍されるため英霊という概念がなく、それゆえに英霊の座とも断絶状態にある。
到着早々、芥ヒナコのサーヴァント"蘭陵王"と交戦したカルデア一行は、過去に縁を結んだ英霊の中から"モードレッド"、"スパルタクス"、"荊軻"を召喚しこれに対抗する。さらに始皇帝が様子見として差し向けた人ならぬ戦闘機械"項羽"と対戦したのちに、人理漂白による異変の解消を模索する始皇帝との交渉で「シャドウ・ボーダー」の解析を条件に一旦は優遇されるが、滞在していた村の民に「」、特に「智」をもたらしたことが「民が蒙であることが世の安寧の基」とする帝の逆鱗に触れてしまい、本格的に帝と争うことになる。そして殲滅対象となった村人を救うためスパルタクスが犠牲になるが、彼に対する村人たちの「祈り」が生じたことで英霊の座と経路がつながり、はぐれサーヴァント"陳宮"と"赤兎馬"が召喚される。2騎と契約した主人公は、「シャドウ・ボーダー」の奪還と、拉致されたスタッフの救出のため始皇帝が座す「咸陽」へと向かう。
Lostbelt No.4 創世滅亡輪迴 ユガ・クシェートラ 「黒き最後の神」
2019年6月15日配信。戦乱と悲しみの絶えない世界を憂い、他の神性を取り込むことで唯一神となった"アルジュナ"が、「ユガ」のサイクルを繰り返すことで「不出来」「悪」と認定した存在を削ぎ落とし、完璧な世界を目指したために可能性の先細りを招き剪定されるはずだった「インド異聞帯」のステージ。植えられた空想樹の名前は「スパイラル」。この異聞帯における「ユガ」本来の一巡の期間は数百年単位であったと推定されるが、"キャスター・リンボ"の使嗾と空想樹からの魔力により、主人公たちが訪れた時には10日間サイクルになっており、そのために世界が摩耗している状態にある。
カルデア壊滅から1年以上が経過した2019年、クリプターのリーダーであるキリシュタリアが担当するギリシャ異聞帯は大西洋にあったが、渡航のための準備と新たな魔術具の試用のため、カルデア一行はシオンのサーヴァント"キャプテン"を伴い先にインド異聞帯を攻略することになる。到着後、現地に縁がある"ラーマ"と"カルナ"を召喚したものの、中国異聞帯に引き続きノウム・カルデアから随行していた哪吒が敵の襲撃を受けて早々に脱落、現地で出会った"ガネーシャ"と"ラクシュミー・バーイー"、そして思想と方針の違いからアルジュナに自身のサーヴァント・"アシュヴァッターマン"のマスター権を奪われ追われたクリプターのペペロンチーノと行動を共にすることになる。


登場人物編集

人理継続保障機関・カルデア編集

藤丸立香(ふじまる りつか)
- 島﨑信長(男性)[注 2] / イラスト - 武内崇 / 属性 - 中立・善
本作の主人公。プレイヤーが名前や性別を随時任意で設定と変更できる。この名前の設定はアニメ版初出で、以降の関連作品で主人公の名前として設定されており、男女兼用できる名という意図の元に名付けられた。また、公式の愛称として、それまでも使用されていた「ぐだ男」・「ぐだ子」がある[18]。ただし、1.5部「セイレム」編コミカライズ版の女性主人公の呼び方は「りっか」である。キャラクターデザインは『Fate/stay night』のメインキャラクターである衛宮士郎遠坂凛をそれぞれ性別逆転させたイメージとなっている。
「カルデア」の48人のマスター候補の10人の一般人枠のひとりとしてスカウトされており、魔術回路を起動したことさえない完全な「素人」。配属前の訓練も数時間しか受けていない。候補の中では数合わせとされてはいるが、同時にレフは「2015年で霊子ダイブが可能な適性者全てを集めた」とも語っている。
「カルデア」のレイシフト実験のためのオルガマリーの説明会の際に、直前にやっつけで受けたシミュレーションによる脳への負荷のために居眠りして説明会から叩き出され、レイシフト実験から外れることになる。だがそれによって「カルデア」へ仕掛けられた破壊工作を偶然にも免れ、ただ一人の活動可能なマスター候補となった結果、マシュと契約を結び共に人類史を巡る旅を始めることとなる。
ゲーム内ではボイスがない上に、テキストとしてもセリフは少なく、各所の選択肢で一部の心情が出る程度だが、サーヴァント相手にもかなりものをはっきりと言う性格、および絶望的な状況における根拠のない自信や楽観を持っている。その一方で「成果や結果を得るために冷酷になる」というスタンスがスタンダードであるという作品世界の魔術師にはまず見られない優しい心根を持っており、第2部1章において「7つの異聞帯に根付いた空想樹を切除することは、剪定事象から生まれた異聞帯に住む人々全員を見殺しにすること」という事実を突きつけられ、一度は戦意を喪失してしまってもいる。
歴代TYPE-MOON作品での主人公たちは、平凡や低能力のように見えて実は特別な出自や突き抜けた才能を持つという者で占められていたが、今作の主人公はそういった特異性や才能は比較して極めて少なく、たまたま魔術的素養を持っていただけに過ぎない正真正銘の一般人に過ぎないが、運命を掴む天運およびそれを前にした時の決断力、召喚したあらゆるサーヴァントと友誼を結ぶことが出来ることや一部シーンで見せた身体能力など、その潜在能力は度々ほのめかされている他、奈須きのこによって「脅威のレイシフト適正100%持ち」という設定が明らかにされている[19]。また、呪いを帯びていない毒物や病原菌・通常の人間には毒になるレベルの濃い魔力を含んだ空間・空気などに耐性があり、サーヴァントであるマシュとの契約の恩恵と周囲には理解されているが、当のマシュは不可解に感じている様子が見受けられる。
マシュ・キリエライト / シールダー
声 - 種田梨沙高橋李依[注 3] / イラスト - 武内崇 / レア度 - R → SR / 属性 - 秩序・善
主人公が「カルデア」で出会う少女。身長158cm、体重46kg。薄紫色のボブカット。普段は眼鏡をかけ、ジャンパースカートの上にパーカーのようなものを羽織っている。あまり自分の心情を表に出さない性格だったが、「カルデア」を訪れた主人公を「今まで出会った人間の中で最も人間らしい人間」「無害な人」と感じて積極的に友好関係を結びたがったため、色々と世話を焼くようになり、「先輩」と呼んで親近感を表現している。「先輩」という呼び方は彼女にとって同年代だが自分より年上の人間に対する敬称である。
「カルデア」局員であり、エリートマスター候補生で構成された特異点観測の先鋭隊となる「Aチーム」の所属。最初のレイシフト実験に立ち会うため中央管制室にいたところ、「カルデア」を襲った破壊工作による爆発に巻き込まれ致命傷を負うが、自分を助けに来て燃え盛る管制室に閉じ込められてしまった主人公だけでも何とか救おうと、爆発でマスターを亡くして消滅しかけていたサーヴァント・シールダーと取り引きを交わして人間とサーヴァントの融合体「デミ・サーヴァント」となり、契約を結び主人公のサーヴァントとなる。
「シールダー」となった後は外見が変わり、眼鏡を不要とし、軽装鎧を纏い身の丈ほどもある巨大な盾を持つ姿となった。この盾は武器・宝具であると同時に、サーヴァント・概念礼装を召喚するための装置としても使用されている。
一見冷静で淡々とした人物だが実は怖がりで、レイシフト先で襲い来る謎の敵に怯えながらも、主人公を守らなければという気持ちから勇気を振り絞って戦っている。また、主人公に労われて頬を染めたりと、年頃の少女らしい素振りも見せる。特異点を消すための人類史を巡る旅をする中で多くの人類史に足跡を残したサーヴァントたちから多くの「人間」というものを知り、学び成長していく。歴史上の人物や伝説に詳しく、読書好きで絵本や童話、小説で得た英霊の知識が作中で披露されることも多い。そのため、アンデルセンやホームズと対面した時には感激している。
融合相手の「シールダー」はマシュに能力を引き渡した段階で消滅したため、マシュ自身にも自分の真名が分からず宝具も使えない状態になってしまっているが、高いポテンシャルを秘めている。2004年の特異点におけるセイバーオルタとの戦いでは主人公らを守ろうという強い思いから、盾を防御系の宝具として使用、真名も分からないままでの仮の宝具起動であったが、その状態でもセイバーオルタの「約束された勝利の剣」を完全に防ぎきる性能を発揮する。
実は「デミ・サーヴァント」となるためにカルデアが設計したデザイナーベビー。人と英霊の融合のために人為的に遺伝子を改良されており、細胞の劣化が早いため寿命が短く、本編開始前の段階で残り1、2年の命しかない状況である。
第6章にて、融合相手の「シールダー」の真名が円卓の一員で聖杯の探索に成功した騎士「ギャラハッド」と判明する。ギャラハッドがランスロットの実子であるため、ある種の親子のような関係となりマシュはランスロットを「お父さん」と呼ぶものの、ギャラハッドの影響で反抗的な態度になってしまう。
終章にて魔神王ゲーティアの攻撃を防ぐために宝具を使用。攻撃を完全に防ぎきったが、その代償として彼女自身の肉体は耐えきれず消滅する。その後フォウの力によって復活し、残り僅かだった寿命も人並みのものにまでなっている。しかし、その後の2017年以降はサーヴァントとしての力を発揮できなくなっており、基本的には亜種特異点などでの探索には同行せずカルデアにて主人公のバックアップに専念しているが、「ぐだぐだ明治維新」「デッドヒート・サマーレース/デスジェイル・サマーエスケープ」や「亜種特異点IV」のように探索に同行することもある。
第2部にて人理修復後にギャラハッドの加護は失われたことが判明する。それによりデミ・サーヴァント化しても身体能力が劣っている上に長時間維持する事が困難になり、異聞帯からの襲撃に対処するための緊急措置として、失った力を補うための霊基外骨骼「オルテナウス」を装着して戦線に復帰している。
元々はスタジオディーンによる「stay night」のアニメ化の際、オリジナルストーリー用にデザインされたキャラクターである[8]。またゲーム中で使用可能な他のサーヴァントキャラクターとは異なりメインシナリオに密接に関わるキャラクターとなっており、サーヴァントとしては必ず全プレイヤーが1体のみ所有し、何らかの消費や追加入手がなされることは一切ない。そのため最大レベルおよび絆レベルの上昇や、スキルの追加・変化、宝具の強化は通常とは異なりストーリーの進行と共に自動で行われる。第2部では「オルテナウス」獲得後、ストーリークエスト上に限り以前の状態での運用はできないようになっている。
フォウ
声 - 川澄綾子 / イラスト - タイキ
マシュと共に主人公と出会う動物。白い毛むくじゃらのリスのような大きさの四足歩行動物で、に似た長い耳を持ちケープを羽織っている。名付け親はマシュ。主に「フォウ」と鳴く。主人公が来るまではマシュ以外の誰にも懐かなかった。普段はカルデア内を気ままに徘徊しているが、オーダー遂行時は主人公やマシュに勝手に同行し各時代へレイシフトする。
本当の飼い主はマーリンだったが、「本当に美しい者に触れてきなさい」と言われアヴァロンの塔の上から放り出された[21]ため、第七特異点で再会した際は開口一番「マーリンシスベシフォーウ!」と恨み節を叩き付けている。
正体については#七つの人類悪を参照。
オルガマリー・アースミレイト・アニムスフィア
声 - 豊口めぐみ(ドラマCD版)、米澤円(テレビアニメ版)[注 2] / イラスト - 武内崇
「カルデア」の所長。愛称は「オルガ」もしくは「マリー」。時計塔(魔術協会)12学部の一つ天体科を管理する名門貴族「アニムスフィア家」出身の若い女性。物語開始の数年前に初代所長であり当主であった父が急死したため、若くしてその座を引き継いだ。魔力は高いもののマスター適性が無く、同時にレイシフトも不可能という、父の始めた事業を遂行するためには不備な体質を持つ。事業に専念していた父からの愛情をあまり感じていなかったため承認欲求が強く、マスターでなくても実績を示せる「カルデア」所長という職務を全うすることで周囲に自分の存在を認めさせようと躍起になっている。しかし課せられた役目である人類史の未来保証に反して「カルデアス」の未来観測によって2016年の人類滅亡が証明されてしまい、上層部やスポンサーからの厳しい追及を受けて精神的に追い詰められる。
年齢の割に優れた洞察力や分析力を持ち、真面目で重責をこなしてゆくだけの政治力もあるが、卑屈で小心な面があり、それを隠すために尊大で傍若無人なキャラクターを必死で演じている。また、自分に解決不可能な問題が起きても側近のレフ教授が何とかしてくれるものと思い込んでおり、精神的にも彼に強く依存していた。
序章冒頭の「カルデア」中央管制室におけるレイシフト実験中の爆発事故後、主人公やマシュと共に、2004年の特異点へレイシフトすることになり、レイシフト先で共に活動していたが、序章の終盤に爆破の首謀者のレフ教授によって、自分が既に管制室で爆死しており、肉体の持つ特質の制約から解き放たれて残留思念のみがレイシフトできたこと、そもそも計画当初からレフの陰謀のために利用されていたことを聞かされ、悲痛な心情を叫びながら擬似天体「カルデアス」に接触させられて残留思念も消滅してしまう。
ロマニ・アーキマン
声 - 鈴村健一[注 2] / イラスト - 武内崇
「カルデア」の医師。主にレイシフトに備えて霊子筐体に入ったマスター候補たちのバイタルサインチェックを任務としている男性。職員からは「Dr.ロマン」と略されて呼ばれる。善良だが一見不真面目な青年で、よく医務室を出て空き部屋に潜り込んで仕事をさぼっている。「カルデア」を襲った破壊工作で「カルデア」の8割が壊滅し、主人公とマシュとオルガマリーが2004年の過去へレイシフトした時点で生き残っていた職員の中で一番階級が上であったために指揮を執ることになった。各時代へレイシフトした主人公とマシュを、通信機を通して「カルデア」からオペレーティングする。普段はいい加減な態度をしているが、「カルデア」に残された者としての重責は承知しており、シビアな事実も臆することなく告げる事が出来る。コミュニケーション能力に乏しいいわゆる「ぼっち」を自称している。「マギ☆マリ」というネットアイドルの大ファンで、何かとマギ☆マリの発言を引き合いに出している。ふざけた態度をとったり冗談を言うことも多いために主人公やマシュにぞんざいな扱いをされるほか、レイシフト先のサーヴァントからは悪印象を持たれやすい傾向がある。しかし、医療だけではなく様々な分野の知識も豊富であり、様々な場面でダ・ヴィンチと共に解説や考察でサポートしているだけでなく、カルデアの様々な仕事や問題を責任者として片付けるなど寝る間も惜しんで激務に身を投じている。
小説『DDD』に同じ愛称のキャラクターが登場しているが、同一人物ではない。
その正体は、カルデアの前所長「マリスビリー・アニムスフィア」によって冬木の聖杯戦争に参加するために召喚されたサーヴァント・ソロモン。聖杯戦争に勝利した際、自由を求め「人間になる」という願いを聖杯で叶えロマニとして生まれ変わったが、英霊としての力を手放す寸前に世界が滅ぶ未来を千里眼で見てしまい、その回避のために人知れず行動していた。
ソロモン / キャスター
声 - 鈴村健一 / イラスト - 武内崇 / レア度 - SSR / 属性 - 秩序・善
ロマニの本来の姿。
神からの恩恵である全能の指輪を天に返還した逸話を再現する第一宝具『訣別の時きたれり、其は世界を手放すもの(アルス・ノヴァ)』を持つ。
レオナルド・ダ・ヴィンチ / キャスター
声 - 坂本真綾 / イラスト - 下越 / レア度 - SSR / 属性 - 混沌・善
ルネサンス期を代表する芸術家。通称ダ・ヴィンチちゃん。「カルデア」が過去に召喚に成功したサーヴァント3体のうちの1体で、技術開発部部長として常駐していた。並外れた才知に溢れるが性格には難がある変人。体は女性だが、生前の性別は史実と同様に男性。モナ・リザを好きすぎたがため、サーヴァントとなった際に自らの全身をモナ・リザを模した美女へ作り変えたという経歴を持つ。
主人公とマシュが回収した聖杯などの管理・分析を担当しているほか、ゲームシステムとしてはショップ画面での案内役でもある。劇中ではロマニと共にカルデアから通信などで頭脳面でのサポートをしている。人理修復後の2017年はロマニの後任としてカルデアの司令官を代行していたが、12月31日に言峰綺礼に霊核を破壊されて消滅し、以降は下記の予備の少女体(ライダー)が役割を担うことになる。
期間限定イベント『ダ・ヴィンチと七人の贋作英霊』の間のみサポート枠のNPCとして使用可能だったが、第六特異点では主人公らと共に遂に聖杯探索に赴くことを決め本編に参戦。それ以降、期間限定ガチャでのみ召喚可能なキャラクターとして実装。
レオナルド・ダ・ヴィンチ / ライダー
声 - 坂本真綾 / イラスト - 下越 / レア度 - SSR(アプリ版) / SR(Arcade)
第2部におけるダ・ヴィンチ。ダ・ヴィンチが万が一の事態を想定して作成した人工サーヴァントであり、シャドウ・ボーダーの中枢を担い、技術顧問の肩書を持つ。元のダ・ヴィンチとは別個の存在だが、消滅時点までの記憶をそのまま引き継いでいる。第2部開始以降はショップ等の案内役がこちらの姿に変更される。
『Arcade』にて先行して配布のプレイアブルキャラクターとして実装。アプリ版では期間限定サーヴァントとして実装された。
シャーロック・ホームズ / ルーラー
声 - 水島大宙 / イラスト - 山中虎鉄 / レア度 - SSR / 属性 - 中立・善
第六特異点より登場。名前自体は第四特異点から言及されている。『シャーロック・ホームズシリーズ』の主人公。探偵という概念の結晶であり、「賢き者」「明かす者」の具現とも言える英霊。当初はキャスターとして現界していたが、カルデアの召喚システムを介したことで霊基がルーラーに変化している。
第四特異点で出会ったバベッジが導き出した「大きな取りこぼし」の調査のために数々の特異点を単独のレイシフトで渡り歩いており、亜種特異点I終盤で合流するまでの間に霊基は損耗し尽くされていた。亜種特異点Iが解決した後は霊基の修復も兼ねてカルデアに居着くことに決め、主人公が人理修復の立役者であることを隠蔽するためなどの工作と並行してシャドウ・ボーダーの製造に取りかかっていた。第2部ではゴルドルフによって経営顧問に就任している。
シグルド(スルト)は「余計な物が入った混ざり物」と呼んでいる。
ダ・ヴィンチ同様に期間限定ガチャでのみ召喚可能。
ジングル・アベル・ムニエル
亜種特異点IIより登場。カルデアでの仕事は管制室のオペレーターとコフィン、シャドウ・ボーダーでは観測を担当。デオンやアストルフォといった中性的な英霊が特に好み。
ゴルドルフ・ムジーク
第2部より登場するカルデアの新所長。錬金術の名家であるムジーク家の嫡子であり、『Fate/Apocrypha』に登場するゴルド・ムジーク・ユグドミレニアの息子。口ひげを蓄えた恰幅のよい男性で、初登場時の2017年末の時点で28歳であり、2019年1月には29歳になっている。時計塔の法政科出身。登場時こそ尊大で嫌味な態度で主人公たちに接してきたが、実際には小心な面はあるものの、人情味のあるお人好しである。提案や命令なども一見利己的な思考に寄った言い方をしているようで、上に立つものとしての責任や公正さを伴っており、状況的にみて合理性のある判断であることが多い。カーレースを趣味としており、ボーダーでは時たま運転手を担当する。魔銃や魔除け、「鉄の拳」など護身用の魔術をそれなりに行使できるが、本格的な戦闘自体は不得手。
人理修復後のカルデアを買い取り新所長に就任するはずであったが、コヤンスカヤに体よく利用された挙句にカルデアスタッフごと処分されかけたところを、主人公たちに救出され共にシャドウ・ボーダーに乗り込みカルデアから逃れる。
過去に登山などで遭難した際に腐肉を錬金術で霜降り肉へと変換させるなどして飢えを凌いだ経験などから、ダ・ヴィンチやホームズをも唸らせるほど錬金術に長け、序盤ではボーダー内での困窮していた食料問題などを解決するなどして活躍した。また、社交場での経験から話術に長け、交渉の際にも活躍する。家が没落した経緯を間近で見た所以か、現実を見ずに楽観的に考える輩に対して厳しい口調になることもある。また自身の生命に関わる危機に直面しても大義を優先に取り、自身の命を投げ打つ度量も併せ持つ。経営手腕にも秀でており、メンバーに無茶を要求する際も、あくまでその人物の能力を熟知した上で、その範囲内で要求しているとダ・ヴィンチから評価される。他にも全員分の健康管理も一人でこまめにチェックしているなど、裏方としても優秀な一面を見せており、カルデアを買い取る際にも、本来魔術協会に部門毎に売却される予定だったのを手回しして阻止してまとめて買い取ったり、スタッフ全員の再就職先まで斡旋したりとアフターケアも手抜かりがなく、「経営者としては非常に優秀な反面、魔術師にはあまり向いていない」と評され、ペペロンチーノも「窮地に立たされれば立たされるほど逆にリーダーシップと火事場の馬鹿力的な能力を発揮するタイプ」と評価している。一方でレイシフト適正値が基準値よりも高く、ノウム・カルデア到着後に何度か特異点にレイシフトさせられたことがあるものの、危険な目に遭うため本人は嫌がっている。
ギャラハッド / シールダー
声 - 堀江瞬[注 2]
「カルデア」が過去に召喚に成功したサーヴァント3体のうちの1体で、デミ・サーヴァント実験の課程で召喚された。円卓の騎士の一員でランスロットの息子。親子仲はあまり良くなく、マシュがランスロットを「穀潰し」「ミミズの騎士」と罵倒込みで呼ぶのは彼の影響によるところが大きく、ランスロットもマシュ=「娘」に説教されてる気分で頭が上がらない。
テレビアニメ『MOONLIGHT/LOSTROOM』では藤丸立香の夢の中に登場。2017年に異星の神が降臨し人理漂白が行われることを仄めかし、事情も判らない藤丸に対して自身が何ら助言や予兆を与えていないにも関わらず、カルデアが何の対策も練らなかったことを糾弾している。
Aチーム
マスター候補生の中でも特に高いマスター適正を持つエリートグループ。第一部序章にて特異点Fへのレイシフトに向かうためにコフィンに中に居た際に管制室の爆破に巻き込まれ、瀕死状態のまま救命可能状態になるまで、そのまま凍結されることになる。
#クリプターを参照。
マリスビリー・アニムスフィア
声 - 野島健児[注 2]
時計塔天文科のロードで、「カルデア」の創設者であり初代所長である魔術師。故人。作中世界における2004年に冬木市で開催された唯一の聖杯戦争における勝者で、キャスター/ソロモンのマスター。
ホームズやコヤンスカヤからは「正義の人」と評されているが、その「正義」は魔術師としてのものとも言われている。
テレビアニメ版絶対魔獣戦線バビロニアの第0話にて、作中の時系列から「前所長」としてキャストおよびビジュアルが初めて公開され、何者かにカルデアスを止めるよう脅迫されたため、拳銃自殺をしていた。

アトラス院編集

シオン・エルトナム・ソカリス
アトラス院に属する錬金術師にしてトリスメギストスとペーパームーンの制作者。本作のシオンは『MELTY BLOOD』とは異なり三つ編みではなくツインテール、死徒ではなく吸血種である[22]
人理修復後の2017年に2018年より先の人理が確認できないと結論づけ、12月31日よりも前に「彷徨海」にいち早く待避し、カルデアから脱出するであろう主人公たちを迎えるための準備を進めていた。
キャプテン・ネモ
シオンがカルデアの召喚術式を模倣して召喚したサーヴァント。ターバンを巻き水兵服を着た少年の姿をしている。主人公たちが出会った頃は当人の意向から、シオン以外にはクラスおよび真名を伏せており、「キャプテン」とシオンからの愛称で呼ばれている。
幻霊であるキャプテン・ネモと海神の息子トリトンなど海にまつわる伝承と神秘の複合サーヴァント。シャドウ・ボーダーを依代とする事により、かつて彼が船長を務め、幾多の冒険を潜り抜けた潜水艦「ノーチラス号」の能力をシャドウ・ボーダーに発現する事ができ、溶岩内でも活動できるほどの強度と機動性を持つ事ができる。

ソロモンとその配下たち編集

ソロモン・ ゲーティア/ グランドキャスター
イラスト - 武内崇 / レア度 - SSR / 属性 - 秩序・善
紀元前のイスラエルの王であり、魔術世界・最大にして最高の召喚士である魔術王。マーリン曰く、彼の死によって神秘の衰退が加速したと言われている。全能の十の指輪を所持し、彼の使役した72柱の魔神の召喚術は始まりにして頂点だと言われている。彼の父親であったダビデ曰く、基本的に残酷で悪趣味でろくでなし、愚者ではあったが正直者だったという。
ダビデは「人類史焼却をするに至るとすれば、隠れて交際していた10人の愛人全てに裏切られるくらいでないとそう考えない」と、ホームズの語るところによれば「鏡のような性質を持つとされ、対面した者によってその性質を変化させている」としている。
この彼は聖杯戦争の原型となった決戦魔術・英霊召喚による存在のためにサーヴァントとしての器(クラス)が既存のサーヴァント達よりも一線を画しており、通常のサーヴァントたちを一瞬で塵屑のように屠るなど絶大な力を持つ。
その正体はソロモンの死後、彼の使役する72柱の魔神たちがソロモンの遺体を支配した存在である。72柱の魔神たちの集合体で、自らをゲーティアと名乗る。詳細については#七つの人類悪を参照。
レフ・ライノール・フラウロス / 魔神柱フラウロス
声 - 杉田智和
主人公が「カルデア」で出会う気さくな男性。近未来観測レンズ「シバ」を作った魔術師で、周囲からは「レフ教授」と呼ばれている。オルガマリー所長からの信頼篤い「カルデア」の重鎮であったが、中央管理室を爆破し「カルデア」の破壊および幹部とマスター候補の抹殺を謀った。その後は、「王」から「人類の処理」を命じられた「2015年の担当者」であると称し、各時代で暗躍している。
なおゲーム『魔法使いの夜』の関連小説『2015年の時計塔』に「レフ・ウヴァル」「ライノール・グシオン」という別人格を持つ三重人格者の魔術師「フラウロス」なるキャラクターが登場、死亡が確認されている。結果としてこれまでのTYPE-MOON作品では未然に人理焼却が回避されていたという事が示唆されている。
マキリ・ゾォルケン
第四特異点にて主人公らと対峙した黒幕の一人。第四特異点破壊のために展開された「魔霧計画」の中心人物『M』として主人公らと敵対し聖杯を利用している。
Fate/stay night』に登場した間桐臓硯の若いころの姿。
特使五柱(とくしごちゅう)
終局特異点にて人理焼却を阻止されたゲーティアを見限り、各時代に逃亡・潜伏したバアルアンドラスゼパルフェニクスラウムら5つの魔神の名称。
敗北を経てそれぞれ個別に命題を抱き、それを解き明かすために亜種特異点を構築し暗躍する。
バアルは主人公への復讐を抱き幻霊と英霊の融合技術を確立、モリアーティと共同戦線を張り、フェニクスはシェヘラザードと共に「神秘の秘匿」という概念を破壊しようとし、ラウムは「外なる神」を降ろすことを画策しランドルフ・カーターの肉体を奪いアビゲイルを利用する。その一方でアンドラスは逃亡中に機能を停止するが残留思念として茶々に潜り込み、ゼパルは殺生院キアラに憑依し途中まで暗躍こそしたものの逆に乗っ取られ惨めな末路を迎えている。

異聞帯編集

クリプター編集

カドック・ゼムルプス
声 - 赤羽根健治[23] / イラスト - 荒野[24]
Lostbelt No.1/ロシア異聞帯のクリプター[23] 。キャスター / アナスタシアのマスター。担当するロシア異聞帯の王はイヴァン雷帝。
平凡な魔術師であるものの、高いレイシフト適正を持っていたためAチームに抜擢された銀髪の青年。本編中はほとんど睡眠をとれておらず、目の下に濃い隈をつくっている。
歴史の浅い魔術師の家の出身であり、本人も凡人であることから時計塔では散々な扱いを受けていた過去を持っているため、才覚に対して強いコンプレックスを持つ。しかしそれ故に抜け目なく周到で、油断することなく「効率」を重視した行動で差を埋めようと奮心する様は他のクリプターからも一目置かれ、キリシュタリアからも「平凡であるがゆえの資質」の持ち主と評されている。
雷帝には面従腹背を通しており、空想樹を根付かせる障害となっているためにアナスタシアへと王を挿げ替える計画を実行、その課程で主人公を利用する。
計画通りに事が進み主人公が雷帝を討った後は全ての異聞帯を切り捨てる覚悟があるかを問い追い詰めたが、パツシィの叱咤激励で立ち直られ敗退。一旦はシャドウ・ボーダーに連行されるが、ラスプーチンに奪還され、アナスタシアと交わした約束を果たすためにギリシャ異聞帯に身を寄せている。
オフェリア・ファムルソローネ
声 - 種﨑敦美[23] / イラスト - La-na[25]
Lostbelt No.2/北欧異聞帯のクリプター[23] 。セイバー / シグルド(スルト)のマスター。担当する北欧異聞帯の王はスカサハ=スカディ。
時計塔降霊科において秀才と呼ばれた女性。「宝石」ランクの「遷延の魔眼」を有しており、魔眼である右目を眼帯で覆い隠している。対象の未来における可能性を知覚することができ、任意の可能性を「ピン留め」して固定、発現を遅延させるという能力を持つ。使用する際には「事象・照準固定(シュフェンアウフ)。私は、それが輝くさまを視ない」と詠唱する。Aチームに所属していた時期のマシュに共感を抱いて気に掛けており、カルデア陣営との戦闘時には、セイバーにマシュを傷つけないように命じている。
レイシフト実験破壊工作被害にあった際に、魔眼を通して異星の神とキリシュタリアの交渉の一部始終を目撃していた。キリシュタリアが他のチームメイトの命を助けるために多大な苦痛を受け入れたことなどから彼を「キリシュタリア様」と崇拝していたが、今際の際にマシュに指摘されるまでその想いが恋であると自覚できないでいた。
また、同じく破壊工作に見舞われ死を覚悟したときに魔眼を通じて偶然スルトに接触。この縁を利用され、シグルドを召喚した際に北欧異聞帯のスルトが入り込んで霊基を乗っ取られてしまい、令呪で自害を禁じてシグルドの中に封じることで使役していた。しかし、シグルドとして倒されることで解放されたスルトが世界の終末を招こうとするのを阻止すべく、スルト召喚の触媒となった自らの魔眼を切り離すために命と引き換えに大令呪を使用。マシュに看取られながら死亡する。
芥ヒナコ(あくた ヒナコ)
声 - 伊瀬茉莉也[23] / イラスト - toi8[26]
Lostbelt No.3/中国異聞帯のクリプター[23] 。セイバー / 蘭陵王のマスター。Aチーム在籍時はライダーを希望していた。担当する中国異聞帯の王は始皇帝
黒髪のツインテールとフレームの太い眼鏡という容姿の女性。時計塔植物科出身。もとはカルデアの職員だったがマリスビリーの意向によりAチームにスカウトされている。常に本を携帯し読書しているが、実際は読書という体裁で視線を隠すことで周囲を警戒・観察し距離をとっていた。 「今度こそ最期まで居る」と希望して異聞帯を維持しているだけで、クリプター間の競争には全く興味を示さない。
真名は虞美人、汎人類史における項羽の愛妾であった女性。更に正体は人間ですらなく、星の精霊が受肉した不老不滅の存在である「真祖」に類する存在。生前の蘭陵王、紅閻魔とも親交があり、前者はその縁で召喚され後者は全盛期の閻魔亭に逗留していた時期もあった。
レイシフトの成否を不安視したマリスビリーと取引を行い、レイシフトの被検体として招かれていた。「芥ヒナコ」としての身分はカルデアに所属するための偽装で、他人と関わらないのは元々人類とは敵対的関係にある「真祖」である上に、自身のこれまでの経験から「人間という種」を嫌悪しているためである。異聞帯の項羽と今度こそ最後まで添い遂げることを望んでいた。項羽は主人公たちに倒され激昂、空想樹と一体化し異聞帯そのものを破壊しようとするが失敗に終わる。その後、始皇帝から英霊の座に登録されて「サーヴァント」になることで項羽と再会する道があることを諭され、不本意ながらも人類に与することになる。ゲーム上でもアサシンのサーヴァントとして実装されている。
スカンジナビア・ペペロンチーノ
声 - 河西健吾[23] / イラスト - pako[27]
Lostbelt No.4/インド異聞帯のクリプター[23] 。アーチャー / アシュヴァッターマンのマスター。担当するインド異聞帯の王は神たるアルジュナ
放浪の魔術師で、すらりとした体格の美形のオネエ。名前は周囲も黙認している偽名であり、昔の名前は妙漣寺 鴉郎(みょうれんじ あろう)。修験道に関係する魔術家系の出身。思想の相違から一族と対立し、一族を抹殺・根絶した後に欧州へ旅立ち、旅先でマリスビリーにより戦闘経験を買われスカウトされ、Aチームではサバイバル指導と監査を担当していた。魔獣の急所を見極め一撃で斃すほど体術にも秀でている。
人懐っこく寛容で面倒見の良い性格。癖のあるクリプターたちから信頼を勝ち得るほどの人格者で、マシュからも「ペペさん」と呼び親しまれる程。しかし「運命」に裏切られ続けた過去を持っているらしく、自分の来歴に水を向けられると顔を曇らせる。運命的なものを好み、それゆえインド神話にはひとかたならぬこだわりがある様子をみせる。Aチームに所属していた時期のマシュと交流があった。
インド異聞帯の王「神たるアルジュナ(アルジュナ〔オルタ〕)」の世界の治め方に嫌悪感を抱いていたが、自分のサーヴァントを奪われ、追われて逃亡中に主人公一行と邂逅し、「神たるアルジュナ」を倒すまでの間という約定でカルデアに協力し、シャドウボーダーに同乗する。マシュや主人公たちとの関係は良かったものの、あくまでクリプターとして生きることを選択しており、「神たるアルジュナ」を倒したあとは敵対関係となり、主人公たちに敗れるとコヤンスカの能力でギリシャ異聞帯に逃亡する。
キリシュタリア・ヴォーダイム
イラスト - こやまひろかず[28]
Lostbelt No.5/ギリシャ異聞帯のクリプター[23]で、7人のクリプターたちのまとめ役を務める。ランサー / カイニスをはじめ、三体の神霊を従える。また、自らの異聞帯に君臨する最高神・ゼウスとは盟友であると評している。
長い金髪を持つ貴族然とした青年。「時計塔の至宝」の異名を持つ天才中の天才にして、時計塔天体科においては「次代のロード」「真の後継者」と目されたマリスビリーの一番弟子。異星の神と称される存在と接触し、汎人類史に宣戦布告する。
ナポレオンはオフェリアから伝えられた人物像から「人を導くことはできるが、人を救うことはできない」と評し、ペペロンチーノは「キリシュタリアと異星の神の最終目標は異なる」と判断している。
ベリル・ガット
イラスト - 佐々木少年[29]
Lostbelt No.6のクリプター[23] 。メガネを着用し、尖った耳をしている黒髪男性。何らかの理由でマシュに執着している。
仲間に対しては、挑発的で嫌味な口調ながらも自身は親愛の情を示していると語っている。
デイビッド・ゼム・ヴォイド
イラスト - 高橋慶太郎[30]
Lostbelt No.7のクリプター[23] 。鋭い目付きの男性で、自分以外の他人を天才だと認めたがらないダ・ヴィンチが「その類の異常者」「稀な青年」と評する人物。時計塔の伝承科から追放されたという過去を持ち、カルデア内外から危険視されていた。サーヴァントとの意思疎通を放棄しており、バーサーカーの召喚を希望。
人並み外れた直感力があり、ペペロンチーノに助言をもとめられると、インド異聞帯に浮かぶ立方体は異聞帯のアキレス腱だが残しておくようアドバイスした他、同異聞帯で主人公一行と同行していたペペロンチーノの危機を救った際には、正体不明ながらもグランドサーヴァントと推定できる規模の霊基のサーヴァントを従えている。

異星の神の使徒編集

タマモヴィッチ・コヤンスカヤ / アルターエゴ
異星の神と契約した英霊。
ゴルドルフの警備を担当するロシアの民間警備サービス会社「NFFサービス」の職員を名乗る美女。正体は玉藻の前が切り離した尾から生まれた分霊・タマモナインの1尾「敏腕美人秘書タマモヴィッチ」で、異星の神の配下となった目的は自身が「新しい九尾(ケモノ)」になることと独白している。2部登場以前にゲームイベントストーリーの「セイバーウォーズ ~リリィのコスモ武者修行~」の中で玉藻の前から存在が語られている。
クリプターにちょっかいを出すなど独自の意思で行動し、各異聞帯の装束を纏い活動している。フォウおよび芥ヒナコの正体を知っている。始皇帝からは「妲己」、カイニスからは「愛玩のケモノ」と呼ばれ、芥ヒナコからは「国を滅ぼすことしかできない女」と評されている。人間や他者を弄び虐げることを好むが、約束や契約は違えないとしている。
「単独顕現」スキルを持ち、召喚式を経ることなく異聞帯間や自身と縁のある事物がある場所に移動できる。
言峰綺礼(ことみね きれい) / ラスプーチン / アルターエゴ
異星の神と契約した英霊。
聖堂教会から派遣された査問団の代行者を名乗る神父だが、作中本世界の言峰は2004年に死亡し遺体は焼却されている。
カドックが担当するロシア異聞帯の監督官で、その正体はラスプーチンが言峰綺礼の遺体を介して召喚された疑似サーヴァント。
ロシア異聞帯が消滅した後に「英霊ラスプーチン」は去り、言峰の意思で行動している。
蘆屋道満(あしや どうまん) / アルターエゴ
声 - 森川智之[31] / イラスト - 古海鐘一
異星の神と契約した英霊で、歴史上は平安時代に暗躍していた陰陽師。
初登場は1.5部の 「英霊剣豪七番勝負」。英霊剣豪のひとりで亜種並行世界「下総国」では天草四郎を影で操りながら、キャスター・リンボとして活動。その際に安倍晴明を名乗るが主人公一行には別人と即断されている。また、加藤段蔵を修理と称して蹂躙し弄んでおり、彼女の縁者である風魔小太郎に倒される。事件解決後に生きていたことが分かり独白にて真名を明らかにする。
第2部ではインド異聞帯に滞在、「神たるアルジュナ」を唆し、ユガの周期を僅か10日弱まで早めさせている。主人公一行が空想樹伐採成功後に”アスクレピオス”に倒されるが、幕間やイベントでカルデア介入を試みた案件と同じく本体ではなく分身の式神としてである。

クリプターをマスターとする英霊編集

スルト / スルト・フェンリル/ セイバー
声 - 津田健次郎
北欧異聞帯に封じられていた炎の巨人。封じられる前にフェンリル を喰らったために、その能力も引き継いでいる。
オフェリアの魔眼を通してシグルドの霊基に入り込み、本来は「ラグナロク」を引き起こすはずであったことから再び世界の終末を目指す。永く孤独であった自分と感情を交えたことなどからオフェリアを強く求めるが、破壊することしかできないため彼女に世界の終末を捧げようとする。
カイニス / ランサー
声 - 小松未可子[32] / イラスト - Azusa
キリシュタリアと契約しているサーヴァントの1騎。外見は女性だが、男性的な言動をとる。異聞帯間を渡ることができるため、キシュタリアの命令で他の異聞帯にもあらわれる。

人類悪編集

ビーストI / 魔神王ゲーティア
声 - 杉田智和 / イラスト - 山中虎鉄/ 属性 - 混沌・悪
72柱の魔神の集合体。ソロモンの死後、人類総エネルギー化事業に乗り出す。七つの人類悪のひとつ、『憐憫』の理を持つ獣。
ソロモンに使役していたころより人類の「」を観測し、ソロモンの身体を得た後も観測し続けた末に、生と死の矛盾を改善すべく人類を根絶した後、死の無い世界を創造しようと人理焼却を決意した。
儚い短命と死に臆することなく真摯に向き合ったマシュに対してはフラウロスなど他の魔神と共に敬意を払っており、最後の人類として、命の尽きる瞬間まで彼女だけは生かしておこうと他の魔神たちと協議し、彼女に提案しているが本人には拒否されている。
ビーストII / ティアマト
声 - 悠木碧 / イラスト - 山中虎鉄 / 属性 - 混沌・悪
メソポタミア神話における創世の神のひとりであり、七つの人類悪の一つ、『回帰』の理を持つ獣。
生態系が確立した後に人類に拒絶され、虚数世界で元の地球に戻るチャンスを待ち続けていた。人理定礎の崩壊、そして魔術王に与えられた聖杯の力によりついにメソポタミアの世界に帰還。マーリンの魔術によって未だ眠りについていたが、カルデアの攻撃によりその眠りから目覚めた後は本能に従って人類掃討に乗り出し、再び地球の生態系を塗り替えすべての母に返り咲かんとする。
ビーストIII
七つの人類悪の一つ、『快楽』の理を持つ対の獣。Rが「自己愛」、Lが「他者愛」にそれぞれ偏っており、互いに相容れない存在と認識している。
ビーストIII/R(ラプチャー) / ヘブンズホール / 須弥霊掌快楽天魔性菩薩
声 - 田中理恵 / イラスト - ワダアルコ / 属性 - 混沌・悪
『愛欲』の理を持つ獣の片割れ。
真言立川流の尼である殺生院キアラの変生。本作のキアラは『Fate/EXTRA CCC』とは異なり山の外からやってきた医者の治療により難病を克服、その後下山し幸福な学生時代を過ごしたとされる。紆余曲折を経て海上油田基地セラフィックスで善良なセラピストとして生を全うするはずだったが、魔神ゼパルの依代として選ばれ善性を封じられた上で『CCC』の同一人物と同期され、「己の快楽のために周囲の人々を徹底的に踏み台にする」という同じ道を歩む定めになった。これにより、ゼパルを逆に支配し返したうえでビーストとして変生しようとする。アルターエゴのキアラは羽化に失敗し消滅する間際に英霊の座へ権能の一部を送り込んで生まれた分身であり、カルデアのサーヴァントとしての契約が終わるまでは禁欲を誓っている。
アルターエゴのキアラは単独顕現スキルでノウム・カルデアに密かに潜り込んでいたことが示唆され、後述するIII/Lとは欲望の方向性が正反対なため、協力関係を結べないことが明かされている。
ビーストIII/L(ラプス) / カーママーラ
声 - 下屋則子 / イラスト - ReDrop / 属性 - 混沌・悪
『堕落』の理を持つ獣の片割れ。
インド神話においてカーマと同一視される魔王。男性神ではあるが、本作ではカーマの依代となった少女の陰の部分と混ざり合って疑似サーヴァントとして顕現しているため女性形である。
2017年5月に対となるIII/Rが倒され、マーラがカーマと入れ替わる形で顕現。江戸時代に特異点を生み出して主人公を誘い込み、堕落させようと目論む。
アサシンとしてのカーマはIII/Lが討伐された後にキアラから罰として座に登録された姿である。
ビーストIV / キャスパリーグ
フォウの正体。七つの人類悪の一つ、『比較』の理を持つ獣で、人々の競争による闘争心や嫉妬・憎悪などを吸収して成長する。“災厄の獣”「プライミッツ・マーダー」とも呼ばれる[注 4]
第1部ではマシュや主人公たちと旅路を共にしつつも、悪い感情を吸収することなくフォウの姿のまま旅を終えることができた。そして終章にて、自らのすべてを犠牲にゲーティアの宝具を防ぎきったマシュのため、数百年溜め込んだ魔力を放出し自らの知性を失う代わりに、マシュの寿命を人並みにまで回復させた。
知性を失った1年後にコヤンスカヤおよびシオンから再学習が始まっていることを仄めかされている。
ビーストVI
アーサー・ペンドラゴン〔プロトタイプ〕が追い続ける獣。『Fate/Prototype』『蒼銀のフラグメンツ』に登場するビーストと同一。
アーサーの世界のマーリンが語ったところによるとビーストIが顕現した本作の世界で三度目の顕現が示唆されている。

その他の人物編集

メインストーリー編集

第1部編集
シータ
第5章に登場。『ラーマーヤナ』に登場するラーマの妻。
ラーマが受けた「妻と会うことができない」という生前の呪いの影響により英霊の枠をラーマと共有してしまっており、人理焼却などイレギュラーな要件でない限りは2人が英霊として出会うことは叶わず、そのようなケースで同時に召喚されていたとしても、出会った時にはどちらかの感覚が遮断されているという宿命を負っている。
Lostbelt No.4では自身の登場はないものの、ラクシュミー・バーイーに宿る神性と関係があるとして言及されている。
アグラヴェイン
イラスト - 武内崇
第6章に登場。円卓の騎士の1人。人間嫌いの冷徹な性格をしているが、獅子王に最期まで仕える。内政においては獅子王に一任されるほど優秀であり、ランスロットも彼が居たからこそ王国が栄えたと、他の円卓の騎士同様認めている。
シドゥリ
声 - 内山夕実[33][注 2]
第7章に登場。ウルク市の祭祀長である女性。ウルクを治めるギルガメッシュ王の補佐を務めており、かたわら任務遂行中の主人公一行のフォローをする。ティアマトがメソポタミアに回帰して初めてのラフムの襲撃で拉致され生死不明となる。ウル市で主人公たちの前に現れ無抵抗かつ白旗を揚げ、聖杯を抜かれたキングゥを助けたラフムになったことが示唆されている。
第1.5部編集
ダユー / ライダー
イラスト - ワダアルコ / 声 - 高乃麗
亜種特異点IIに登場。別名は「イースのライダー」。「伝説都市イース」の支配者を名乗る女海賊の頭領。
カルデアに召喚されていて、アガルタへのレイシフトの際に行方不明になっていたフランシス・ドレイクの霊基が、シェヘラザードの宝具「千夜一夜物語」により細工され、ダユーの役割を与えられている。
戦闘では専用の霊衣を纏うが、2019年時点で実装されておらず、ダユー専用の宝具もない。
千子村正(せんじ むらまさ) / セイバー
亜種並行世界に登場。刀匠であり、自身によく似た人物であるとされる衛宮士郎を依代として召喚された「疑似サーヴァント」。肉体外見は若々しいが、精神や性格は老齢時の村正であり、「お爺ちゃん」と呼ばれている。
突然下総に召喚されてしまい、その際に村にあらわれた魔物を撃退したことから感謝され庵を提供され、魔物により孤児になってしまった幼い姉弟おぬい田助を養育していた。武蔵と主人公がおぬいと田助を英霊剣豪から救ったことで、本人は「岩だろうが金剛だろうがたやすく斬っちまう妖刀紛いの失敗作」とする「明神切村正」を武蔵に託す。
「”縁を切り、定めを切り、業を切る”。”怨恨を精算する”究極の一刀」を打ち上げることを己が為すべきこととしている。それにより終盤に「宝具『都牟刈・村正』」を解放する。
ランドルフ・カーター / 時空を旅する紳士(じくうをたびするしんし)
亜種特異点IV、北斎体験クエスト、アビゲイルの幕間に登場。セイレム村にてアビゲイルの伯父として振舞う学者。セイレムでは魔神ラウムがカーターの精神と肉体から離れている間に肉体を強奪し活動している。
事態解決後はカーターの精神が肉体に戻り、外なる神の巫女となったアビゲイルを連れて星を巡る旅に出る。
普段は外なる神が現世に降臨しないよう監視の目を光らせており、その中で邪神に魅入られた生前の葛飾北斎と接触している。
ラヴィニア・ウェイトリー
イラスト - 黒星紅白
亜種特異点IV、アビゲイルの幕間に登場。頭部に角のようなものを持つアルビノの少女で、アビゲイルと親友になっている。原典である「ダンウィッチの怪」では二人の子を持つ母親である。
6度目のセイレムに招かれた際にラウムがアビゲイルの希望に応える形で12歳の少女の姿に変えられ、親友という偽りの記憶を与えられた。しかし、本人は偽りの記憶であることに気付いていた[34]
主人公一座が介入した7度目のセイレムにおいて、最後の魔女裁判でカーターの正体を暴いたがその後の混乱で流れ矢が当たり致命傷を負い、アビゲイルをフォーリナーとして覚醒させることになった。
アビゲイルの幕間より、霊体として「セイレムのサンソン」と共に「セイレムのアビゲイル」を見守っていることが判明している。
第2部編集
カルデアの者
それぞれの異聞帯で主人公一行に助けられた異聞帯の人々から語られる謎の人物。ロシア異聞帯では魔獣に襲われたヤガを助け、北欧異聞帯ではスカサハ=スカディが張った村の結界を修復、インド異聞帯では病人を治療したと語られている。
パツシィ
Lostbelt No.1に登場。ロシア異聞帯の人類に相当する獣人種「ヤガ」の成人男性。弱者を切り捨てていくことが常識の社会にあって、老いて衰える母親を見捨てられず面倒を見ているなどから異端者と呼ばれており、また、死んだ父の影響もあり、自分の属する社会の過酷なあり方に疑問を抱いている。
主人公が初めに出会った住民で、行動を共にすることになる。途中一行から離脱するが、終盤では主人公を敵の攻撃から庇い、汎人類史世界を救うには異聞帯世界を住民もろとも滅ぼなさければならない現実をカドックから知らされ戦意喪失した主人公に発破をかけて没する。
ゲルダ
イラスト - TAa
Lostbelt No.2に登場。北欧異聞帯に存在する第23集落の住人でもうすぐ13歳になる少女。薬草を手にいれるため集落を抜けだし巨人種に踏み潰されるところを主人公にたすけられ、マシュを御使いであるワルキューレと勘違いする。
主人公一行による空想樹の伐採とスカサハ=スカディ打倒後に、ゲルダの行動を描写することで異聞帯消滅の瞬間が表現されている。
韓信(かんしん)
イラスト - サテー[35]
Lostbelt No.3に登場。中国異聞帯の武将。中国異聞帯では始皇帝の配下の人間。知の国士無双。
丸眼鏡を着用しており、小太りな体型。狂的な戦争好きであり、異聞帯では軍師として世界中の列強を滅ぼしてきた実力者。本人は直接戦闘に参加せず、兵士を手足のように指揮し、陳宮をして「諸葛亮よりも上手」と言わしめるほどの才覚である。
アーシャ
イラスト - 桐原小鳥[36]
Lostbelt No.4に登場。インド異聞帯の町「ビーチュ」で父アジャイと飼い犬ヴィハーンと共に暮らす少女で主人公一行と親しく交流する。
主人公一行が初体験したカリ・ユガの日にヴィハーン、次の周期のカリ・ユガの日にアジャイが怪我をしたという理由で「神たるアルジュナ」から「不出来」として存在だけでなく、記憶からも切り捨てられていってしまうが、本人は理由不明の欠乏感を抱くことになる。
クリア後に獲得できる礼装「家族の肖像」には作中で登場した父親以外の母親・兄弟姉妹が描かれている。

イベントストーリー編集

織田信勝(おだ のぶかつ)
イラスト - pako[37]
「ぐだぐだ明治維新」以降のぐだぐだイベント、「雀のお宿の活動日誌」、「水着剣豪七色勝負」に登場。織田信長の弟で重度のシスター・コンプレックス。自身で語るところによれば英霊になるには霊基が足りておらず、イベント毎の特異事情により顯れている。
「ぐだぐだ帝都聖杯奇譚」よりカルデアに居候することなり、すぐにでも消滅しかねない霊基と語られたが「ぐだぐだファイナル本能寺2019」でも生き残っていたため信長からすぐに消滅する設定はどこに行ったと突っ込まれている。
名も無きマスター(なもなきマスター)
イラスト - リヨ
「オール・ザ・ステイツメン」に登場。並行世界のひとつにおける主人公。アメリカ開拓民のホラ話でしかなかった幻霊のバニヤンをうどん生地の塊に憑依させ、人としての形を与えた。
リヨが描く女主人公、うどん生地サーヴァントのバニヤン、マシュをなすびちゃんと呼ぶ、傍若無人な言動と宝具映像スキップを始めとしたメタ発言から『マンガで分かる! Fate/Grand Order』の女主人公との類似性が見られるが、本人ではない。
ダーニック・プレストーン・ユグドミレニア
「Apocrypha/Inheritance of Glory」に登場。『Fate/Apocrypha』にてヴラド三世のマスターであった魔術師と同一人物。大聖杯に取り込まれた残留思念が形になったもので、取り込まれるまでの経緯は『Fate/Apocrypha』を参照。
本作中では『Fate/Apocrypha』本編後に星の裏側でジークが管理していた大聖杯を徐々に浸食していた原因。星の裏側の聖杯内部で幾千の試行錯誤を繰り返しながら擬似的な聖杯大戦を再現しようとする。
奄美(あまみ)少将 / 明智光秀(あけち みつひで) / キャスター
イラスト - 春野友矢[38]
「ぐだぐだ帝都聖杯奇譚」、「ぐだぐだファイナル本能寺2019」に登場。当初は奄美少将を名乗っていたが、実際はキャスターのサーヴァント。織田四天王と織田五大将の一角にして、本能寺の変の首謀者。作中では信長を盲信的に崇拝し、南光坊天海を名乗り暗躍する。たとえ信長の話すことであってもサル(豊臣秀吉)の話は聞きたくないなど相当の秀吉嫌い。
「徳川廻天迷宮大奥」では本編開始前に大奥に取り込まれていたということで登場はないが、天海としてビーストIII/L(第六天魔王波旬)打倒のための仕掛けを用意していたことを言及されている。
春日局(かすがのつぼね)
イラスト - 蒼月タカオ
「徳川廻天迷宮大奥」に登場。本名は斎藤福。徳川家光の乳母であり、大奥を作り上げた江戸初期の女傑。
病床に伏し生涯を終え消えかけていた魂を江戸城に引き寄せられたパールヴァティーに助けられ、一時的に体を共有することになり、主人公たちと共に大奥を襲った異変の解決に務める。
松平信綱(まつだいら のぶつな)
イラスト - 古海鐘一[39]
「徳川廻天迷宮大奥」に登場。官位は伊豆守。春日局、柳生但馬守と共に家光を支えた鼎の脚の一人で「知恵伊豆」と徒名されている。
柴田勝家(しばた かついえ)/ バーサーカー
イラスト - 黒瀬浩介[40]
「ぐだぐだファイナル本能寺2019」に登場。織田四天王と織田五大将の一角にして、茶々の継父。
マックスウェルの悪魔(マックスウェルのあくま) / キャスター
イラスト - 池澤真[41]
「ぐだぐだファイナル本能寺2019」に登場。ジェームズ・クラーク・マクスウェルが熱力学第二法則に疑問を抱いた事から始まる思考実験で提唱した存在。召喚された時代が現代より前ならば無類の強さを誇る。

サーヴァント編集

主人公が召喚し使役する「英霊」たち。本作オリジナル以外のキャラクターの詳細は、初出として示されている記事を参照。レア度は上からSSR・SR・R・UC・Cの5段階。ただし、アンリマユのみ例外的にレア度・なしとして表示される。

キャラクターの立ち絵イラスト(セイントグラフ)はレベル上限解放(霊基再臨)を行うごとに変化していき(レベル上限解放は四段階、イラスト変化は三段階)、バトル中のキャラクターグラフィックもそれに合わせて変化する。最終再臨を行うことで立ち絵イラストから一枚絵のイラストに変化する。ただし、イベント配布のキャラクターは再臨時の立ち絵変化がなく、初期イラストと最終再臨イラストの2枚のみとなっている。

第1部のサーヴァントたちは登場時にすでに真名が開示されている状態だが、1.5部以降に登場する一部のサーヴァントは、それぞれ対応するメインシナリオの特定ステージをクリアするまで真名が伏せられた状態で登場する。伏せられた状態ではプロフィールが閲覧できず、ボイスも一部が専用のものに差し替えられた状態になるが、真名が判明するステージをクリアすることでプロフィールが解禁され、本来のボイスが用いられるようになる。

また、シナリオの都合上、実装済みのサーヴァントが本来とは別の名称・能力を持ったキャラクターとして登場する場合があるほか、シーズンイベントなどで別衣装に着替えることによってクラスチャンジしたサーヴァントとしても実装されていることがある。同じく実装済みキャラクターを別衣装グラフにすることができる特別アイテム「霊衣」と違って、クラスチェンジを伴う別衣装は呪術・薬・何らかのアクシデント・イベントの大任の委譲などによる「霊基の改変」がなされたという設定になっている。 さらに、キャラクター元になっている歴史人物や神話・伝説人物が男性であってもでも女性として登場している場合があり、製作的には男性キャラクターへの数的な偏りを防ぐためだが、作中の物語の歴史では女性であったり、女性として存在する並行世界からの召喚といったように何らかの理由付けがなされており、原型となった一人物から男女双方のキャラクターが実装されているケースもある。同じく一人物の年齢・世代の違うキャラクターとして別々に実装されてもいる。

  • 備考凡例
    • (別):実装済み、または既存作品に登場するサーヴァントが別クラスまたは別状態の別個体として実装されたサーヴァント。
    • (異):上記のうち、季節限定ガチャ・イベントなどで実装されたサーヴァント。設定上は衣装などのグラフィックとクラスを変えた体裁の同一個体で、毎年恒例となっているサマーイベントの水着姿や、ハロウィン、クリスマスイベントなどで主に女性キャラクターが対象となり実装される。
    • (疑): Fateシリーズに登場した人間(オリジナル・キャラクター)を依り代とする疑似サーヴァント。疑似サーヴァントについては作中用語を参照。
    • (配): イベントにおいてクエストクリア報酬として配布されるサーヴァント。さらにミッションクリアにより最大計5体配布されるが、ガチャでは排出されない。
    • (特): マテリアルには記載されていない別キャラクターが介入するサーヴァント。備考欄に介入するキャラクターを記載する

既存キャラクター編集

レア度 クラス名 真名 声優 イラスト 初登場シナリオ 備考
Fate/stay night
SSR セイバー アルトリア・ペンドラゴン 川澄綾子 武内崇 ぐだぐだ本能寺
SR セイバー アルトリア・ペンドラゴン〔オルタ〕 特異点F 炎上汚染都市 冬木
SR アーチャー エミヤ 諏訪部順一 ぐだぐだ本能寺
SSR アーチャー ギルガメッシュ 関智一
R ランサー クー・フーリン 神奈延年
R ライダー メドゥーサ 浅川悠
R キャスター メディア 田中敦子 ネコタワワ
C アサシン 佐々木小次郎 三木眞一郎 また 月の女神はお団子の夢を見るか?
UC アサシン 呪腕のハサン 稲田徹 タスクオーナ 第六特異点 神聖円卓領域 キャメロット
SR バーサーカー ヘラクレス 西前忠久 Azusa 第三特異点 封鎖終局四海 オケアノス
Garden of Avalon
R セイバー ベディヴィエール 宮野真守 天空すふぃあ 第六特異点 神聖円卓領域 キャメロット
SSR キャスター マーリン 櫻井孝宏 タイキ 第五特異点 北米神話大戦 イ・プルーリバス・ウナム (特):フォウ(2019/8/14~)
Fate/hollow ataraxia
R アーチャー エウリュアレ 浅川悠 AKIRA 第三特異点 封鎖終局四海 オケアノス
SR アサシン ステンノ 第二特異点 永続狂気帝国 セプテム
R アーチャー 子ギル 遠藤綾 天空すふぃあ 天草四郎体験クエスト
アヴェンジャー アンリマユ 寺島拓篤 ネコタワワ Fate/Accel Zero Order
Fate/unlimited codes
SR セイバー アルトリア・ペンドラゴン〔リリィ〕 川澄綾子 武内崇 SABER WARS 〜リリィのコスモ武者修行〜
Fate/Zero
R キャスター ジル・ド・レェ 鶴岡聡 Azusa 第一特異点 邪竜百年戦争 オルレアン
SR バーサーカー ランスロット 置鮎龍太郎 こやまひろかず
R ランサー ディルムッド・オディナ 緑川光 また スカサハ体験クエスト
SSR ライダー イスカンダル 大塚明夫 武内崇 Fate/Accel Zero Order
R アサシン 百貌のハサン[注 5] 阿部彬名 タスクオーナ
SR キャスター アイリスフィール〔天の衣〕 大原さやか 縞うどん (配)
Fate/EXTRA
SR セイバー ネロ・クラウディウス 丹下桜 ワダアルコ 第二特異点 永続狂気帝国 セプテム
R アーチャー ロビンフッド 鳥海浩輔 第五特異点 北米神話大戦 イ・プルーリバス・ウナム
R バーサーカー 呂布奉先 安井邦彦 第二特異点 永続狂気帝国 セプテム
SSR キャスター 玉藻の前 斎藤千和 第四特異点 死界魔霧都市 ロンドン
SSR ライダー フランシス・ドレイク 高乃麗 第三特異点 封鎖終局四海 オケアノス
SR キャスター ナーサリー・ライム 野中藍 ほぼ週間サンタオルタさん
SR セイバー ガウェイン 水島大宙 第六特異点 神聖円卓領域 キャメロット
SR ランサー ヴラド三世〔EXTRA〕 江川央生 ハロウィン・カムバック! 超極☆大かぼちゃ村 〜そして冒険へ……〜
Fate/EXTRA CCC
SR ランサー エリザベート=バートリー 大久保瑠美 ワダアルコ 第一特異点 邪竜百年戦争 オルレアン
UC キャスター ハンス・クリスチャン・アンデルセン 子安武人 第四特異点 死界魔霧都市 ロンドン
SSR セイバー ネロ・クラウディウス〔ブライド〕 丹下桜 第五特異点 北米神話大戦 イ・プルーリバス・ウナム
SSR アルターエゴ メルトリリス 早見沙織 深海電脳楽土 SE.RA.PH
SR アルターエゴ パッションリップ 小倉唯
SR ムーンキャンサー BB 下屋則子 (配)
SSR アルターエゴ 殺生院キアラ 田中理恵
Fate/EXTRA CCC FoxTail
SR セイバー 鈴鹿御前 東山奈央 たけのこ星人 深海電脳楽土 SE.RA.PH
SSR アルターエゴ キングプロテア 潘めぐみ ワダアルコ 復刻版:深海電脳楽土 SE.RA.PH -Second Ballet-
Fate/EXTELLA
UC キャスター 陳宮 真殿光昭 ワダアルコ Lostbelt No.3 人智統合真国 シン (特):呂布
Fate/Apocrypha
SR セイバー ジークフリート 諏訪部順一 近衛乙嗣 第一特異点 邪竜百年戦争 オルレアン
SR アーチャー アタランテ 早見沙織 輪くすさが
UC キャスター ウィリアム・シェイクスピア 稲田徹 近衛乙嗣 第四特異点 死界魔霧都市 ロンドン
C バーサーカー スパルタクス 鶴岡聡 第二特異点 永続狂気帝国 セプテム
SSR ルーラー ジャンヌ・ダルク 坂本真綾 武内崇 第一特異点 邪竜百年戦争 オルレアン
SSR アサシン ジャック・ザ・リッパー 丹下桜 近衛乙嗣 ほぼ週間サンタオルタさん
SSR セイバー モードレッド 沢城みゆき 第四特異点 死界魔霧都市 ロンドン
SR バーサーカー フランケンシュタイン 野中藍 岡崎武士
SSR ランサー カルナ 遊佐浩二 pako アルジュナ体験クエスト
SSR ルーラー 天草四郎 内山昂輝 近衛乙嗣 天草四郎体験クエスト
SR ライダー アストルフォ 大久保瑠美
SSR アサシン セミラミス 真堂圭 バレンタイン2018 〜繁栄のチョコレートガーデンズ・オブ・バレンタイン〜
SR バーサーカー アタランテ〔オルタ〕 早見沙織 Lostbelt No.1 永久凍土帝国 アナスタシア
R キャスター アヴィケブロン 宮本充
SSR ライダー アキレウス 古川慎 駆け抜ける、始まりの蹂躙制覇
SR アーチャー ケイローン 武内駿輔 Apocrypha/Inheritance of Glory
SR キャスター ジーク 花江夏樹 (配)
Fate/Apocrypha(初期企画版)
UC ランサー 武蔵坊弁慶 稲田徹 真じろう ぐだぐだ本能寺
UC ライダー ゲオルギウス 西前忠久 中央東口 第一特異点 邪竜百年戦争 オルレアン
SSR バーサーカー 坂田金時 遊佐浩二 本庄雷太 第四特異点 死界魔霧都市 ロンドン
R アーチャー ダビデ 中村悠一 ギンカ 第三特異点 封鎖終局四海 オケアノス
Fate/Prototype
R ランサー クー・フーリン〔プロトタイプ〕 中井和哉 中原 ネロ祭再び 〜2016 Autumn〜
SSR セイバー アーサー・ペンドラゴン〔プロトタイプ〕 櫻井孝宏 アーサー・ペンドラゴン〔プロトタイプ〕体験クエスト
Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ
C アーチャー アーラシュ 鶴岡聡 BLACK ぐだぐだ本能寺
R キャスター ヴァン・ホーエンハイム・パラケルスス 三木眞一郎 中原 第四特異点 死界魔霧都市 ロンドン
SSR ランサー ブリュンヒルデ 能登麻美子 三輪士郎 ブリュンヒルデ体験クエスト
SSR ライダー オジマンディアス 子安武人 中原 第六特異点 神聖円卓領域 キャメロット
R アサシン 静謐のハサン 千本木彩花
SSR セイバー シグルド 津田健次郎 三輪士郎 Lostbelt No.2 無間氷焔世紀 ゲッテルデメルング
Fate/strange Fake
SSR ランサー エルキドゥ 小林ゆう[42] 森井しづき 第七特異点 絶対魔獣戦線 バビロニア
Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ
SSR キャスター イリヤスフィール・フォン・アインツベルン 門脇舞以(イリヤ)
高野直子(ルビー)
ひろやまひろし 魔法少女紀行 〜プリズマ・コーズ〜
SR アーチャー クロエ・フォン・アインツベルン 斎藤千和 (配)
SR キャスター 美遊・エーデルフェルト /
朔月美遊
名塚佳織(美遊)
かかずゆみ(サファイア)
ロード・エルメロイII世の事件簿
SR アサシン グレイ 上田麗奈(グレイ)
小野大輔(アッド)
坂本みねぢ レディ・ライネスの事件簿 (配)
もっとマンガで分かる! Fate/Grand Order
C バーサーカー ポール・バニヤン 小見川千明 リヨ オール・ザ・ステイツメン! 〜マンガで分かる合衆国開拓史〜 (配)
コハエース
SSR セイバー 沖田総司 悠木碧 武内崇 ぐだぐだ本能寺
SR アーチャー 織田信長 釘宮理恵 pako (配)
SSR アルターエゴ 沖田総司〔オルタ〕 悠木碧 武内崇 ぐだぐだ帝都聖杯奇譚 -極東魔神戦線1945-[注 6]
SR ライダー 坂本龍馬 加瀬康之(龍馬)
堀江由衣(お竜)
pako (配)
R アサシン 岡田以蔵 吉野裕行 lack
R バーサーカー 森長可 谷山紀章 Dd ぐだぐだファイナル本能寺2019 オール信長総進撃
ぐだぐだエース
SR ランサー 長尾景虎 水樹奈々 武内崇 ぐだぐだファイナル本能寺2019 オール信長総進撃 (配)
路地裏さつき ヒロイン十二宮編
SSR アサシン 謎のヒロインX 川澄綾子 BUNBUN SABER WARS 〜リリィのコスモ武者修行〜
空の境界
SSR セイバー 両儀式 坂本真綾 武内崇 空の境界/the Garden of Order
SR アサシン (配)
SR アーチャー 浅上藤乃 能登麻美子 バレンタイン2019 ボイス&レター・これくしょん!~紫式部と7つの呪本~

オリジナルサーヴァント編集

レア度 真名 声優 イラスト 初登場シナリオ 備考
セイバー
R ガイウス・ユリウス・カエサル 置鮎龍太郎 しまどりる 第二特異点 永続狂気帝国 セプテム
SSR アルテラ 能登麻美子 huke
R ジル・ド・レェ 鶴岡聡 真じろう 第一特異点 邪竜百年戦争 オルレアン (別)
SR シュヴァリエ・デオン 斎藤千和 森山大輔
R フェルグス・マック・ロイ 黒田崇矢 Bすけ スカサハ体験クエスト
SR ラーマ 沢城みゆき 輪くすさが 第五特異点 北米神話大戦 イ・プルーリバス・ウナム
SR ランスロット 置鮎龍太郎 しまどりる 第六特異点 神聖円卓領域 キャメロット (別)
SR エリザベート・バートリー〔ブレイブ〕 大久保瑠美 ワダアルコ ハロウィン・カムバック! 超極☆大かぼちゃ村 〜そして冒険へ……〜 (異)(配)
SSR 宮本武蔵[注 7] 佐倉綾音 こやまひろかず 宮本武蔵体験クエスト
SR フランケンシュタイン 野中藍 岡崎武士 デッドヒート・サマーレース! 〜夢と希望のイシュタルカップ2017〜 (異)
SR 柳生但馬守宗矩 山路和弘 古海鐘一 宮本武蔵体験クエスト
SR 女王メイヴ 佐倉綾音 高山箕犀 サーヴァント・サマー・フェスティバル! (異)
SR ディルムッド・オディナ 緑川光 Azusa 双剣、来たる (別)
SR 蘭陵王 森なな子 hou Lostbelt No.3 人知統合真国 シン
SSR 舌斬り雀の紅閻魔 久野美咲 原田たけひと 雀のお宿の活動日誌 ~閻魔亭繁盛記~
SR ラクシュミー・バーイー 佐藤利奈 武内崇 Lostbelt No.4 創世滅亡輪迴 ユガ・クシェートラ
C イアソン 保志総一朗 BLACK 第三特異点 封鎖終局四海 オケアノス (特):メディア〔リリィ〕、アタランテ、ヘラクレス
SR 葛飾北斎 ゆかな 黒星紅白 見参! ラスベガス御前試合~水着剣豪七色勝負! (異)(配)
アーチャー
SSR オリオン 神奈延年(オリオン)
沢城みゆき(アルテミス
I-IV 月の女神はお団子の夢を見るか? 本体は小熊姿のオリオンであり、アルテミスは宝具という扱い。
SSR ニコラ・テスラ 稲田徹 なまにくATK 第四特異点 死界魔霧都市 ロンドン
SSR アルジュナ 島﨑信長 pako アルジュナ体験クエスト
R ビリー・ザ・キッド 高乃麗 縞うどん 第五特異点 北米神話大戦 イ・プルーリバス・ウナム
SR トリスタン 内山昂輝 森井しづき 第六特異点 神聖円卓領域 キャメロット
R 俵藤太 鈴村健一 下越
SSR アルトリア・ペンドラゴン 川澄綾子 武内崇 夏だ!海だ!開拓だ!FGO 2016 Summer (異)
SR アン・ボニー & メアリー・リード 野中藍(メアリー)
川澄綾子(アン)
I-IV (異)
SSR イシュタル 植田佳奈 森井しづき 第七特異点 絶対魔獣戦線 メソポタミア (疑)
SSR 新宿のアーチャー /
ジェームズ・モリアーティ
土師孝也 本庄雷太 亜種特異点I 悪性隔絶魔境 新宿
SR エミヤ〔オルタ〕 諏訪部順一 佐々木少年 (別)
SR エレナ・ブラヴァツキー 金元寿子 松竜 デッドヒート・サマーレース! 〜夢と希望のイシュタルカップ2017〜 (異)
SR アーチャー・インフェルノ /
巴御前
しらび 亜種並行世界 屍山血河舞台 下総国
SR アルテラ・ザ・サン〔タ〕 能登麻美子 huke 冥界のメリークリスマス (異)(配)
SSR ナポレオン 日野聡 Ryota-H Lostbelt No.2 無間氷焔世紀 ゲッテルデメルング
SSR ジャンヌ・ダルク 坂本真綾 武内崇 サーヴァント・サマー・フェスティバル! (異)
R ウィリアム・テル 藤井隼 高橋慶太郎 Lostbelt No.4 創世滅亡輪迴 ユガ・クシェートラ
SR アシュヴァッターマン 鈴木達央 pako
UC パリス 寺崎裕香 輪くすさが
SR 刑部姫 福圓美里 森山大輔 見参! ラスベガス御前試合~水着剣豪七色勝負! (異)
ランサー
UC レオニダス一世 三木眞一郎 縞うどん 第二特異点 永続狂気帝国 セプテム
R ロムルス 置鮎龍太郎 こやまひろかず
R ヘクトール 安井邦彦 BLACK 第三特異点 封鎖終局四海 オケアノス
SSR スカサハ 能登麻美子 こやまひろかず スカサハ体験クエスト
SR アルトリア・ペンドラゴン〔オルタ〕 川澄綾子 石田あきら 第四特異点 死界魔霧都市 ロンドン (別)
SR フィン・マックール 三木眞一郎 森山大輔 ブリュンヒルデ体験クエスト
SR 神槍 李書文 安井邦彦 ワダアルコ 第五特異点 北米神話大戦 イ・プルーリバス・ウナム (別)
SSR アルトリア・ペンドラゴン 川澄綾子 石田あきら 第六特異点 神聖円卓領域 キャメロット (別)
SSR 玉藻の前 斎藤千和 ワダアルコ 夏だ!海だ!開拓だ!FGO 2016 Summer (異)
SR 清姫 種田梨沙 BLACK (異)
SR ジャンヌ・ダルク・オルタ・サンタ・リリィ 坂本真綾 武内崇 二代目はオルタちゃん 〜2016クリスマス〜 (異)
SR メドゥーサ 浅川悠 BLACK 第七特異点 絶対魔獣戦線 メソポタミア (別)
R ジャガーマン 伊藤美紀 蒼月タカオ (疑)
SR 源頼光 戸松遥 本庄雷太 デッドヒート・サマーレース! 〜夢と希望のイシュタルカップ2017〜 (異)
SR パールヴァティー 下屋則子 蒼月タカオ パールヴァティー体験クエスト (疑)
R 宝蔵院胤舜 浪川大輔 松竜 亜種並行世界 屍山血河舞台 下総国
SR 哪吒 小倉唯 蒼月タカオ 星の三蔵ちゃん、天竺に行く
SSR エレシュキガル 植田佳奈 森井しづき 第七特異点 絶対魔獣戦線 メソポタミア (疑)
(特):ニトクリス(アサシン)第一再臨、"山の翁"
SR ワルキューレ 田中美海(オルトリンデ)
小松未可子ヒルド
雨宮天(スルーズ)
武内崇 Lostbelt No.2 無間氷焔世紀 ゲッテルデメルング
SR 茨木童子 東山奈央 サーヴァント・サマー・フェスティバル! (異)
SR 秦良玉 下屋則子 しまどりる Lostbelt No.3 人知統合真国 シン
SSR ブラダマンテ 森永千才 saitom クリスマス2018 ホーリー・サンバ・ナイト~雪降る遺跡と少女騎士~ (特):マーリン
UC ガレス 桑原由気 ネコタワワ サーヴァント・サマー・フェスティバル!
SR 謎のアルターエゴ・Λ 早見沙織 ワダアルコ 見参! ラスベガス御前試合~水着剣豪七色勝負! (異)
メルトリリスの水着
ライダー
UC エドワード・ティーチ 西前忠久 Bすけ 第三特異点 封鎖終局四海 オケアノス
R ブーディカ 斎藤千和 蒼月タカオ 第二特異点 永続狂気帝国 セプテム
R 牛若丸 早見沙織 坂本みねぢ ぐだぐだ本能寺
R アレキサンダー 坂本真綾 BUNBUN 第二特異点 永続狂気帝国 セプテム
SR マリー・アントワネット 種田梨沙 ギンカ 第一特異点 邪竜百年戦争 オルレアン
SR マルタ 早見沙織 坂本みねぢ
SR アン・ボニー & メアリー・リード 野中藍(メアリー)
川澄綾子(アン)
I-IV 第三特異点 封鎖終局四海 オケアノス
SR アルトリア・ペンドラゴン〔サンタオルタ〕 川澄綾子 武内崇 ほぼ週間サンタオルタさん (異)(配)
SSR 女王メイヴ 佐倉綾音 高山箕犀 第五特異点 北米神話大戦 イ・プルーリバス・ウナム
SR 坂田金時 遊佐浩二 本庄雷太 天魔御伽草子 鬼ヶ島 (別)
SR モードレッド 沢城みゆき 近衛乙嗣 夏だ!海だ!開拓だ! FGO 2016 Summer (異)
SSR ケツァル・コアトル 遠藤綾 広江礼威 第七特異点 絶対魔獣戦線 バビロニア
R レジスタンスのライダー /
クリストファー・コロンブス
大塚芳忠 元村人 亜種特異点II 伝承地底世界 アガルタ
SSR アルトリア・ペンドラゴン〔オルタ〕 川澄綾子 武内崇 デッドヒート・サマーレース! 〜夢と希望のイシュタルカップ2017〜 (異)
SR イシュタル 植田佳奈 森井しづき (異)(疑)(配)
SSR イヴァン雷帝 黒田崇矢 danciao Lostbelt No.1 永久凍土帝国 アナスタシア
R 赤兎馬 緑川光 緑川美帆 Lostbelt No.3 人知統合真国 シン
SSR 司馬懿ライネス 水瀬いのり 坂本みねぢ レディ・ライネスの事件簿 (疑)
C バーソロミュー・ロバーツ 小林千晃 また[43] 惑う鳴鳳荘の考察
SR カーミラ 田中敦子 okojo 見参! ラスベガス御前試合~水着剣豪七色勝負! (異)
キャスター
R メフィストフェレス 子安武人 下越 第四特異点 死界魔霧都市 ロンドン
C ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト 関智一 PFALZ 第一特異点 邪竜百年戦争 オルレアン
SSR 諸葛孔明エルメロイII世 浪川大輔 武内崇 第二特異点 永続狂気帝国 セプテム (疑)
R クー・フーリン 神奈延年 また 特異点F 炎上汚染都市 冬木 (別)
SR エリザベート・バートリー〔ハロウィン〕 大久保瑠美 ワダアルコ 歌うカボチャ城の冒険 (異)(配)
SR メディア〔リリィ〕 野中藍 こやまひろかず 第三特異点 封鎖終局四海 オケアノス (別)
R チャールズ・バベッジ 稲田徹 I-IV 第四特異点 死界魔霧都市 ロンドン
SR エレナ・ブラヴァツキー 金元寿子 松竜 第五特異点 北米神話大戦 イ・プルーリバス・ウナム
SR トーマス・エジソン 寺島拓篤 pako
R ジェロニモ 江川央生 坂本みねぢ
SSR 玄奘三蔵 小松未可子 岡崎武士 星の三蔵ちゃん、天竺に行く
SR ニトクリス 田中美海 縞うどん 第六特異点 神聖円卓領域 キャメロット
SR マリー・アントワネット 種田梨沙 ギンカ 夏だ!海だ!開拓だ! FGO 2016 Summer (異)
SR ギルガメッシュ 関智一 第七特異点 絶対魔獣戦線 メソポタミア (別)
SSR 不夜城のキャスター /
シェヘラザード
井上喜久子 なまにくATK 亜種特異点II 伝承地底世界 アガルタ
SSR ネロ・クラウディウス 丹下桜 ワダアルコ デッドヒート・サマーレース! 〜夢と希望のイシュタルカップ2017〜 (異)
SR オケアノスのキャスター /
キルケー
茜屋日海夏 亜種特異点IV 禁忌降臨庭園 セイレム
SR ミドラーシュのキャスター /
シバの女王
佐藤聡美 加藤いつわ
SSR アナスタシア 原由実 sime 序/2017年 12月31日
SSR スカサハ=スカディ 能登麻美子 こやまひろかず Lostbelt No.2 無間氷焔世紀 ゲッテルデメルング
SR 酒呑童子 悠木碧 本庄雷太 神秘の国のONILAND!! -鬼の王とカムイの黄金- (異)(配)
SSR 紫式部 茅野愛衣 バレンタイン2019 ボイス&レター・これくしょん!~紫式部と7つの呪本~
R アスクレピオス 鈴木崚汰 悌太 Lostbelt No.4 創世滅亡輪迴 ユガ・クシェートラ
アサシン
R 荊軻 田中敦子 高橋慶太郎 第二特異点 永続狂気帝国 セプテム
UC シャルル=アンリ・サンソン 宮野真守 しまどりる 第一特異点 邪竜百年戦争 オルレアン
UC ファントム・オブ・ジ・オペラ 置鮎龍太郎 縞うどん
C マタ・ハリ 種田梨沙 こやまひろかず 歌うカボチャ城の冒険
SR カーミラ 田中敦子 okojo 第一特異点 邪竜百年戦争 オルレアン
R ヘンリー・ジキル&ハイド 宮野真守 中原 第四特異点 死界魔霧都市 ロンドン (別)
SR エミヤ〔アサシン〕[注 8] 小山力也 AKIRA Fate/Accel Zero Order (特):アイリスフィール
SSR 酒呑童子 悠木碧 本庄雷太 鬼哭酔夢魔京 羅生門
R 風魔小太郎 花江夏樹 佐々木少年 天魔御伽草子 鬼ヶ島
SR スカサハ 能登麻美子 こやまひろかず 夏だ!海だ!開拓だ! FGO 2016 Summer (異)(配)
SSR クレオパトラ 釘宮理恵 小松崎類 ハロウィン・カムバック! 超極☆大かぼちゃ村 〜そして冒険へ……〜
SSR “山の翁” 中田譲治 Ryota-H 第六特異点 神聖円卓領域 キャメロット
SR 新宿のアサシン /
燕青
岡本信彦 縞うどん 亜種特異点I 悪性隔絶魔境 新宿
SR 不夜城のアサシン /
武則天
井澤詩織 原田たけひと 亜種特異点II 伝承地底世界 アガルタ
SR ニトクリス 田中美海 縞うどん デッドヒート・サマーレース! 〜夢と希望のイシュタルカップ2017〜 (異)
SR アサシン・パライソ /
望月千代女
佐倉綾音 ひろやまひろし 亜種並行世界 屍山血河舞台 下総国
SR 加藤段蔵 明坂聡美 曽我誠
SSR 刑部姫 福圓美里 森山大輔 ハロウィン・ストライク! 魔のビルドクライマー/姫路城大決戦
SR 牛若丸 早見沙織 坂本みねぢ サーヴァント・サマー・フェスティバル! (異)
SR 虞美人 伊瀬茉莉也 toi8 Lostbelt No.3 人知統合真国 シン
SSR 李書文 安井邦彦 ワダアルコ (別)
SSR カーマ 下屋則子 ReDrop 徳川廻天迷宮 大奥 (疑)
C シャルロット・コルデー 堀江由衣 蒼月タカオ 見参! ラスベガス御前試合~水着剣豪七色勝負!
SR オキタ・J・ソウジ 悠木碧 武内崇 (異)
バーサーカー
SSR ヴラド三世 置鮎龍太郎 前田浩孝 第一特異点 邪竜百年戦争 オルレアン (別)
C アステリオス 鳥海浩輔 しまどりる 第三特異点 封鎖終局四海 オケアノス
UC カリギュラ 鶴岡聡 BLACK 第二特異点 永続狂気帝国 セプテム
R ダレイオス三世 安井邦彦 PFALZ
R 清姫 種田梨沙 BLACK 第一特異点 邪竜百年戦争 オルレアン
UC エイリーク・ブラッドアクス 安井邦彦 蒼月タカオ 第三特異点 封鎖終局四海 オケアノス
SR タマモキャット 斎藤千和 ワダアルコ 第二特異点 永続狂気帝国 セプテム
SR ベオウルフ 中井和哉 下越 第五特異点 北米神話大戦 イ・プルーリバス・ウナム
SSR ナイチンゲール 沢城みゆき 高橋慶太郎 監獄塔に復讐鬼は哭く
SSR クー・フーリン〔オルタ〕 神奈延年 しまどりる 第五特異点 北米神話大戦 イ・プルーリバス・ウナム (別)
SSR 源頼光 戸松遥 本庄雷太 天魔御伽草子 鬼ヶ島
SR 茨木童子 東山奈央 鬼哭酔夢魔京 羅生門
SSR 謎のヒロインX〔オルタ〕 川澄綾子 BUNBUN 復刻:チョコレート・レディの空騒ぎ -Valentine 2016- 拡大版
SSR 土方歳三 星野貴紀 余湖裕輝 ぐだぐだ明治維新
SR 茶々 阿澄佳奈 pako (配)
SR エルドラドのバーサーカー /
ペンテシレイア
嶋村侑 真じろう 亜種特異点II 伝承地底世界 アガルタ
SR 織田信長 釘宮理恵 pako デッドヒート・サマーレース! 〜夢と希望のイシュタルカップ2017〜 (異/水着)
SR ジャンヌ・ダルク〔オルタ〕 坂本真綾 武内崇 サーヴァント・サマー・フェスティバル! (異)(配)
SSR 項羽 山寺宏一 danciao Lostbelt No.3 人知統合真国 シン
SSR アルジュナ〔オルタ〕 島﨑信長 pako Lostbelt No.4 創世滅亡輪迴 ユガ・クシェートラ (別)
C サロメ ブリドカットセーラ恵美 下越
SSR 宮本武蔵 佐倉綾音 こやまひろかず 見参! ラスベガス御前試合~水着剣豪七色勝負! (異)
ルーラー
SR マルタ 早見沙織 坂本みねぢ 夏だ!海だ!開拓だ! FGO 2016 Summer (異)
SSR 始皇帝 福山潤 東冬 Lostbelt No.3 人知統合真国 シン
SR ケツァル・コアトル〔サンバ/サンタ〕 遠藤綾 広江礼威 クリスマス2018 ホーリー・サンバ・ナイト~雪降る遺跡と少女騎士~ (異)(配)
(特):ジャガ村アナ
SR アストライア 伊藤静 東冬 レディ・ライネスの事件簿 (疑)
SSR アルトリア・ペンドラゴン 川澄綾子 石田あきら 見参! ラスベガス御前試合~水着剣豪七色勝負! (異)
SSRランサーアルトリアの水着版
アヴェンジャー
SSR 巌窟王 エドモン・ダンテス 島﨑信長 小松崎類 空の境界/the Garden of Order
SSR ジャンヌ・ダルク〔オルタ〕 坂本真綾 武内崇 第一特異点 邪竜百年戦争 オルレアン (別)
SR ゴルゴーン 浅川悠 下越 第七特異点 絶対魔獣戦線 メソポタミア
SR 新宿のアヴェンジャー /
ヘシアンロボ
竹内良太 下越 亜種特異点I 悪性隔絶魔境 新宿
R アントニオ・サリエリ 関俊彦 PFALZ Lostbelt No.1 永久凍土帝国 アナスタシア
SSR 織田信長 /
織田吉法師 /
魔王信長
釘宮理恵 pako ぐだぐだファイナル本能寺2019 オール信長総進撃 (別)
アルターエゴ
SR メカエリチャン 大久保瑠美 ワダアルコ ハロウィン・ストライク! 魔のビルドクライマー/姫路城大決戦 (配)
SR メカエリチャンII号機
SSR シトナイ 門脇舞以 BLACK Lostbelt No.2 無限氷焔世紀 ゲッテルデメルング (疑)
ムーンキャンサー
SSR BB 下屋則子 ワダアルコ サーヴァント・サマー・フェスティバル! (異)
SSR 大いなる石像神 /
ジナコ=カリギリ
悠木碧 Lostbelt No.4 創世滅亡輪迴 ユガ・クシェートラ (疑)ストーリー中やバトル上の名称は「ガネーシャ」。
フォーリナー
SSR アビゲイル・ウィリアムズ 大和田仁美 黒星紅白 亜種特異点IV 禁忌降臨庭園 セイレム
SSR 葛飾北斎 ゆかな 葛飾北斎体験クエスト 北斎は黒蛸であり、人姿は葛飾応為
SR 謎のヒロインXX 川澄綾子 BUNBUN サーヴァント・サマー・フェスティバル! (異)

作中用語編集

カルデア関連編集

人理継続保障機関フィニス・カルデア
魔術師の貴族「アニムスフィア家」が管理する機関。表面上は標高6,000メートルの雪山の斜面に建設されているように見えるが、施設本体はその地下に広がっている。
100年後に時代設定したカルデアス表面の「文明の光」を観測することにより、未来における人類社会の存続を保障することを任務とする。2016年の人類滅亡が証明されてからは、本来は存在しないはずの過去の特異点事象に介入してこれを破壊し、未来を修正するための作戦を始動した。なお、各種の研究実験は国連の承認の下で実施されている。2015年7月のサービス開始時は「2016年7月以降」と月日まで言及されていたが、前述する諸々のトラブルや第二部の制作決定に伴い月日の表記が削除されている。
「序 / 2017年12月31日」にて、南極大陸に位置していたことが判明。衛星などによる外界からの干渉を防ぐために結界魔術などを施してカモフラージュし、外界から完全に隔離していた。だが同日にロシア異聞帯からの襲撃により施設全体が占拠・凍結され、事実上全滅した。
ノウム・カルデア
ロシアと北欧異聞帯の空想樹を伐採し辿り着いた彷徨海で築いた拠点。内装は壊滅前のカルデアのものを極力まで再現しているが、サーヴァントにそれぞれ部屋を与えるまでのスペースはない。紫式部が召喚されたことで倉庫エリアの未使用スペースは地下図書館となった。
事象記録電脳魔・ラプラス
1950年に完成したカルデアの発明の一つ。過去の記録を集計する使い魔で、レイシフトの転移に於いて、マスターを保護する役割を持つ。
疑似地球環境モデル・カルデアス
1990年に完成したカルデアの発明の一つ。惑星には魂があるとの定義に基き、その魂を複写することにより作り出された小型の擬似天体。小さな地球のコピーである。星の状態を過去や未来に設定する事が出来、現実の地球の様々な時代を正確に再現可能。
近未来観測レンズ・シバ
1999年に完成したカルデアの発明の一つ。製作者はレフ教授。カルデアスを観測するための専用望遠鏡。カルデアスを取り囲むように配置された、いわば地球観測衛星のようなものである。カルデア内の監視システムとしても機能している。
亜種特異点IVにて魔神ラウムが語ったところによると、他の魔神柱を監視する機能も備えられていたようで、同メインストーリーに登場するサーヴァントの「シバの女王」は、これによって召喚されている。
守護英霊召喚システム・フェイト
2004年に完成したカルデアの発明の一つ。製作者はオルガマリーの父親であるマリスビリー。通常は聖杯戦争の際に聖杯の力によって召喚されるサーヴァントを、平時において任意に召喚することを可能にしたシステム。プレイヤーが参加し、マシュが「シールダー」となってからは彼女の宝具である大盾を用いて召喚儀式を行う。
ゲーム開始時点で、カルデアはフェイトを用いて「キャスター:ソロモン」「キャスター:ダ・ヴィンチ」「シールダー:ギャラハッド」、計3騎のサーヴァントの召喚に成功しているが、ギャラハッドとソロモンについてはゲーム開始時にはふせられており、ストーリーの進行によって第1部終盤にて明かされる。
通常の聖杯戦争と比較して極めて特殊な召喚システムであるとされ、本来、英霊の生前の記憶とは違い、召喚時のサーヴァントの経験は各々の英霊の座には記録されるものの、別の召喚時には記憶として備えてはいないとされる設定の中で、既存作品における別の聖杯戦争や特異点における記憶を持つサーヴァントが存在するほか、シャーロック・ホームズなどのように霊基のクラスチェンジを伴って召喚されるサーヴァントもいる。ただし、記憶に関しては、ギルガメッシュなど高ランクの千里眼などの個々人の能力によって記憶や情報に通じている場合もあり、また風魔小太郎が「第1.5部亜種特異点III」にて、元が同じ英霊だとしても一度英霊の座に還ってしまえば、別の機会に召喚された場合は、例えある特定の召喚・現界時の記憶を持っていても、サーヴァントとしては別の存在・別者になると説明している。
人理修復後、ダ・ヴィンチとホームズは不測の事態に備えるため、登録された霊基データをトランク型のデータバンクに移植していた。この作業は「序 / 2017年12月31日」にてようやく完了し主人公に託している。
霊子演算装置・トリスメギストス
2015年に完成したカルデアの発明の一つ。アトラス院からの技術供与によって実現された、未来観測やレイシフトを管制するコンピューター。ラプラスと併せてカルデアスの事象分析やレイシフトの実行に用いられる。
霊子転移(レイシフト)
カルデアの発明の一つ。霊子化した魔術師を過去へタイムトラベルさせるシステム。通常は中央管理室にある各人専用の霊子筐体(クラインコフィン)というポッドに入って行うが、主人公とマシュの最初のレイシフトは霊子筐体の外にいたにも関わらず、トリスメギストスにより強制的に被験者と設定されて実行されてしまっている。
未来へのレイシフトは不可能とされているが、「深海電脳楽土SR.RA.PH」にてBBより「未来へのレイシフトは難易度が高いだけで、カルデアでは2017年以降のレイシフトはできない」と語られた。カルデアができないのは2017年内に濾過異聞史現象によって人理は漂白されることが確定しているため。
デミ・サーヴァント
カルデアの研究のひとつ。人間である魔術師とサーヴァントを憑依融合させた存在。これまで長く研究実験がされてきたものの失敗続きであったが、重なり合った偶然からマシュが最初にして最後の成功例となった。
諸葛孔明の疑似サーヴァントであるエルメロイII世が幕間の物語「英霊憑依」にて、デミ・サーヴァントの研究に言及した際「そんなふざけた組織なら即座に解体を提案していた」と嫌悪感を示しており、マシュ自身も非人道的な実験だったと明言している。
海上油田基地セラフィックス
カルデアの資金源の一つであり、アニムスフィア家が所有し北海に存在する海上油田基地。2017年1月に魔神ゼパルが辿り着いたことで電脳空間へと変異し、ゼパルを乗っ取った殺生院キアラの手によりマリアナ海溝に転移した西暦2032年の亜種特異点『深海電脳楽土 SE.RA.PH』となる。
ここにも主人公が特異点解決とスタッフ救出のために送り込まれるが、5月初頭にセラフィックスの全スタッフが死亡し、ビーストIII/Rの出現によって施設は完全に破壊・消滅という結果になった。事後、BBの手によってこの5ヶ月がまるごと「なかったことにされた」際には、同年1月に解体され、ゼパルとキアラは死亡したことになっている。
虚数潜航艇シャドウ・ボーダー
第2部「Cosmos in the Lostbelt」の移動手段となる大型特殊車両。ホームズがカルデアに加入した2017年半ばから水面下で開発されていた。虚数空間に潜航するためのゼロセイルを可能とする船。
アトラス院が提供した「虚数観測機・ペーパームーン」を搭載しており、これによってゼロセイルを実行可能だが、成功率は3割以下で浮上先もランダムという不安定な機能になっている。

アトラス院関連編集

ロゴスリアクト・ジェネリック
アトラス院の錬金術師が制作した思考実験装置の廉価版で「ぐだぐだファイナル本能寺2019」の舞台となったシミュレーター内の戦国時代を作り出した。入手経路はプレイヤーのストーリー進行がノウム・カルデア以前と以後で異なり、前者はマリスビリーが貰い後者はシオンが養父ズェピアからの誕生日プレゼントとして贈られたことになっている。

サーヴァント関連編集

英霊(えいれい)
Fateシリーズの全並行世界の過去・現在・未来の英雄たちの霊であり、実在・架空を問わず、人類史や神話・伝承において偉大な功績をあげ、死後もなお人々の信仰の対象とされる英雄の霊格が、人間霊よりも高位である精霊・神霊・聖霊 の域にまで昇華され、世界の外側、根源の渦の内部にある「英霊の座」と呼ばれるデータベースに登録されることで、時間、因果、そして輪廻の枠からも外れて不変の現象となった存在。
本来であれば、人間の滅亡を防ぐための人類の集合無意識である「アラヤ(霊長の抑止力)」が、人類とその文明・歴史を護る際に召喚し使役するものだが、このシステムを参考に、魔術師が聖杯戦争において聖杯の力で限定的に特定の枠に押し込めてコピーすることで召喚し、魔術師が従わせることのできる最高級の使い魔とした者たちが「サーヴァント」である。『ロード・エルメロイII世の事件簿』や『Fate/strange Fake』では魔術師が、『turas réalta』ではアマデウスが「境界記録帯(ゴーストライナー)」と呼んでいる。
アラヤが「人類悪」と戦わせる有事において直接使役する最高レベルのサーヴァントには「冠位(グランドクラス)」を与えられて「グランドサーヴァント」と呼ばれ、「ソロモン」、「マーリン」、「"山の翁"」が該当する。"山の翁"は第一部第七特異点にて個人の判断でカルデアに協力するために冠位の資格を放棄し、かつティアマトに死の概念を付与するために冠位の霊基を代償とした。マーリンは「冠位の資格こそ有する」ものの、死ぬことがない状態にあるために実際は英霊ですらなく、始皇帝は冠位に匹敵すると評されている。
マスターとサーヴァントのシステムについては、それぞれ別の世界の出来事を描いており、同じ世界・時間軸が舞台ではないとされるFateシリーズの各作品において若干の違いが見られることもあるが、詳細は「Fate/stay night#用語解説のサーヴァント」の項参照。
幻霊(げんれい)
伝承や生前の功績はあれど、霊基が英霊になり得るための数値を満たせなかった存在の総称。
シリーズでは幻霊となった存在が英霊として昇格されることは基本的にないと設定されているが、英霊に幻霊を掛合わせたモリアーティと燕青、3体の幻霊を掛け合わせたヘシアン・ロボ、うどん生地に聖杯の泥を混ぜたものに幻霊を憑依させたポール・バニヤンといったサーヴァントが登場している。他にも亜種特異点Iの終盤で召喚された数多の推理小説の探偵のほかに、織田信勝やラヴィニア・ウェイトリーがこれに当たる。
オルタ
オルタナイティブ(Alternative)の略語。Fateシリーズでは何らかの理由で、「善・中立」であった属性から「悪」属性に転じるか、「悪」属性の別個体として召喚されたサーヴァントを指している。作中では「反転」とされている。
シリーズ初出は『Fate/stay night』・「Heaven's feel」ルートにおいて「聖杯の泥」に汚染されて変質したセイバー「アルトリア・ペンドラゴン〔オルタ〕」である。本作中でも聖杯の泥に汚染されたりなどで不完全な召喚となったり、何らかの理由で退去しきれず残留して呪いのような存在となった「シャドウ・サーヴァント」がエネミーの一種として登場するが、これらは元のサーヴァントの一部スキルを有するものの、原則として宝具は使えない劣化再生の敵である。
本作においては召喚者が聖杯に歪んだ願望をかけて呼び出した「ジャンヌ・ダルク〔オルタ〕」や「クー・フーリン〔オルタ〕」、元型サーヴァントとは別の世界軸で別の人生を歩んだ末に失墜した存在である「エミヤ〔オルタ〕」、自らの宝具によって変化した姿を抽出されての召喚となる「アタランテ〔オルタ〕」、親族の生かしてほしいという願いの対価として抑止力としての力を行使する「沖田総司〔オルタ〕」など、様々な要因によって変転したサーヴァントが新たに登場している。
例外として「謎のヒロインX〔オルタ〕」は幕間の物語で解放されるマテリアルにより「謎のヒロインX」から抽出したX因子から生み出された人工サーヴァントであり、別個の存在である。
疑似サーヴァント
本作において、Fateシリーズの既存オリジナルキャラクターを介して人間の器を依代にして召喚されるサーヴァント。高次の存在である神霊や、該当する召喚方式ではサーヴァントとしての霊基が作りづらい英霊にこの方法を使用されている。ストーリー中では特異点でカルデア以外の存在や抑止力によって召喚されている場合もある。
英霊とは異なる点としては霊体化ができないこと、人体そのものを依り代にしているわけではないものの人体への依存性があり食事や睡眠が必要になることなどが挙げられる。基本的に人格は憑依する英霊側に寄るが、人間側の人格が主導権を持つ者もいる。ロマニは「幕間の物語 英霊憑依」にて、エルメロイII世の解説にのる形で「オバケに憑依された人間」と砕けた説明をしている。
ロード・エルメロイII世が、英霊本人と対話した結果、能力のみを継承することになった「諸葛孔明」、以下、『Fate/stay night』から藤村大河を介した「ジャガーマン」、遠坂凛を介した「イシュタル」と「エレシュキガル」、間桐桜の陰陽が分離された状態に、それぞれが混ざり合った「パールヴァティー」と「カーマ」、衛宮士郎を介した「千子村正」、言峰綺礼の遺体を媒体とした「ラスプーチン」、イリヤスフィールに北方の3人の女神が同居する「シトナイ」、ルヴィアゼリッタ・エーデルフェルトを介した「アストライア」、『ロード・エルメロイII世の事件簿』からライネス・エルメロイ・アーチゾルテと共存する形を取った「司馬懿」、『Fate/EXTRA CCC』からジナコ=カリギリを介した「大いなる石像神(ガネーシャ)」が該当する。また、『空の境界』のメインキャラクターである「両儀式」は、異能者ではあるものの人間であって英霊ではないが、作中でサーヴァント化した自身を疑似サーヴァントと称している。
エクストラクラス
聖杯戦争においてスタンダードなサーヴァントのクラスとされる「セイバー(剣士)」「ランサー(槍兵)」「アーチャー(弓兵)」「ライダー(騎兵)」「キャスター(魔術師)」「アサシン(暗殺者)」「バーサーカー(狂戦士)」の7つ以外のクラスの総称。本作に登場するクラスとしては『Fate/Apocrypha』初出の「ルーラー(裁定者)」、シリーズ初期から存在する「アヴェンジャー(復讐者)」、『Fate/EXTRA CCC』の「ムーンキャンサー」「アルターエゴ」、そして本作初出の「シールダー(盾兵)」「フォーリナー(降臨者)」となる。シリーズの他作品では、同じ英霊が別のクラスで召喚されている場合もあるが、エクストラクラス絡みのクラス変更は極めて稀で前例がない。
ゲーム上における攻撃ダメージの増減の相関関係については、エクストラクラス間以外の通常クラスに対しても影響する相性図が設定されていることがあり、例えばルーラーはバーサーカー以外の通常クラスからの攻撃、フォーリナーはバーサーカーからの被ダメージを大きく低減できる。
フォーリナー
以前より原案が存在したシールダーと違い、本作で初めてその存在が明かされた「降臨者」のエクストラクラス。2018年9月の時点では、クトゥルフ神話における外宇宙の神性などといった、FateシリーズやTYPE-MOON作品世界観の外部の存在との関連を何かしらの形で持った英霊が当てはまっている。アビゲイルはヨグ=ソトース、葛飾北斎はクトゥルフの権能の一部を有し、またフォーリナークラスではないがイベントストーリーでフォーリナーと接触したと語る水着BBは、実際にもナイアーラトテップの権能である時間操作能力を保有している。
例外として謎のヒロインXXは「サーヴァントユニヴァースの住人」として設定され、コメディ色の強いイベントストーリーにおいてフォーリナーを取り締まるフォーリナーとして登場する。
サーヴァントユニヴァース
英霊が原典という枷から解放され、好き勝手にやることを許されたスターシステム的別世界。収拾が付かなくなるとヒーローヴィラン関係なく世界観のリセットが行われ、新シリーズという体裁で仕切り直しが入る。
謎のヒロインXおよびXX、謎のヒロインX〔オルタ〕はこのカテゴリーに属している。

歴史関連編集

人理
TYPE-MOON世界観における並行世界のシステムに関わる用語。シリーズでは『Fate/EXTELLA』でも一部が説明されている。
歴史上にいくつか存在する重要な事象を「人理定礎」「量子記録固定帯(クォンタム・タイムロック)」として定義し、そこを共通して基点としている数多の世界を「編纂事象」として展開し、それらから著しくかけ離れてしまった世界を「剪定事象」として排除することで、記録過多を抑えつつ歴史が刻まれていく、という理論が作中の魔術協会においても提唱されていた。
ゲーティアは7つの人理定礎に自らの作り出した聖杯を送り込み「特異点」とすることで干渉し、人理定礎を崩壊に至らしめた上でこれまでの人類史全体を焼却して得た超膨大なエネルギーにより、約46億年前への時間跳躍を行い自らの目的を果たそうとしていた。
異聞帯
第2部におけるストーリーの舞台。「剪定事象」となるはずだった特異点がそのまま西暦2018年相当の現代に至ってしまった領域。異星の神襲来による人理漂白とともに地球上に出現し全域を塗り替えんとするが、地球上での覇権を握るため7つの異聞帯がさながら聖杯戦争の如く鎬を削っている状態にある。
異聞帯には共通して『空想樹』と呼ばれる異星の巨大な物体がその領域を展開・維持する中核として存在しており、元の世界への帰還を目指す主人公は、すべての空想樹を破壊する必要に迫られることとなる。それぞれの異聞帯によって空想樹には個別の名称があり、いずれかの銀河と同じ名前となっている。
空想樹を失った異聞帯は直ちに剪定が行われ、以後一定時間後に作中の世界観上の認識から切り離されて消滅することになる。これはその世界での人々の生活などがどのようなものであったにせよ、その何もかもがすべて虚無へと葬り去られることを意味すると作中の各人物からは認識されている。
1.5部「英霊剣豪七番勝負」の舞台である並行世界の下総国も小規模ながら異聞帯であるとLostbelt No.4にて明かされた。
大令呪(シリウスライト)
第2部にて異星の王からクリプターの7人に与えられた特殊な令呪。クリプターの命を代償としているが、異聞帯そのものを作り替えるほどの力を秘めているともされている。

スタッフ編集

  • リードキャラクターデザイナー - 武内崇
  • アートディレクション - TYPE-MOON
  • 背景美術 - 千住工房
  • 第2部開発ディレクター - カノウヨシキ[注 1]
  • サブディレクター - アザナシ(TYPE-MOON)[STAFF 14]
  • 音楽
  • 英霊剣豪七番勝負、水着剣豪七色勝負、秦良玉・李書文・紫式部宝具 演出協力 - 蒼喬
  • 英霊剣豪七番勝負 掛声 - 内田直哉
  • 水着剣豪七色勝負 掛声 - 櫻井孝宏
  • 土佐弁監修、カルデア職員声 - 森田了介
  • LBNo.3コンセプトデザイン - okama
  • プロデューサー - 岩上敦宏、竹内友崇、庄司顕仁(-2016年秋ごろ)
  • FGO PROJECT クリエイティブプロデューサー - 塩川洋介
  • 開発・運営 - DELiGHTWORKS(第2制作部『Fate/Grand Order Studio』[2]
  • 監修・開発協力 - TYPE-MOON
  • 運営 - アニプレックス
  • 製作 - TYPE-MOON / FGO PROJECT(アニプレックス、TYPE-MOON、DELiGHTWORKS)

キャラクターデザイン編集


概念礼装イラスト編集


概念礼装イラスト(Arcade連動)編集

デザイン協力編集

  • 屑星ひかる
  • 嶋田清香
  • sime
  • 慎悟
  • たわわ実
  • はよせな
  • Pickles
  • 藤森
  • Veia
  • ぽん吉
  • マクー
  • ゆきさめ


アニメーション制作編集

  • オープニング制作
    • 第1部
      • 監督・絵コンテ・演出 - 中村亮介
      • キャラクターデザイン/作画監督 - 細居美恵子
      • 美術監督 - 金子英俊
      • 色彩設計 - 土居真紀子
      • 撮影監督 - 五十嵐慎一
      • CG監督 - 野間裕介
      • 編集 - 肥田文
      • アニメーションプロデューサー - 林健一
      • アニメーション制作 - A-1 Pictures
    • 第2部
      • 監督・絵コンテ・演出・作画 - 中井準
      • 色彩設計 - 篠原真理子
      • 美術監督 - 渡辺幸浩(アトリエPlatz)
      • CG監督 - 町田政彌(スティミュラスイメージ)
      • 撮影監督 - 加藤友宜
      • 編集 - 右山章太
      • アニメーション制作 - TROYCA
  • CM制作
    • 第1部
      • 絵コンテ・演出 - 山下祐(第3章)[48]、坂詰嵩仁(第5章、第7章、水着イベント)[49][50][51]、榎戸駿(第6章)[52]
      • 作画監督 - 山下祐(第3章)、坂詰嵩仁(第5章、第7章)、榎戸駿(第6章、水着イベント)
    • 第1.5部
      • 絵コンテ・演出 - 平野宏樹(I、II、III、IV)[53]、吉田南(水着イベント)[54]
      • 作画監督 - 蛯名秀和(I、II、水着イベント)
    • 第2部
      • 絵コンテ・演出 - 榎戸駿(No.1、ぐだぐだ帝都聖杯奇譚、サーヴァン ト・サマー・フェステ ィバル!) 、坂詰嵩仁(No.2、No.3)、山田有慶(1400万ダウンロード記念)
      • 作画監督 - 榎戸駿(No.1、ぐだぐだ帝都聖杯奇譚)、坂詰嵩仁(No.2、No.3)、山田有慶(サーヴァン ト・サマー・フェステ ィバル!、1400万ダウンロード記念)

主題歌編集

オープニングテーマ
曲名 作詞 作曲 編曲 ストリングスアレンジ
第1部 色彩 坂本真綾 la la larks 江口亮石塚徹
第2部 逆光 伊澤一葉 伊澤一葉、江口亮 伊澤一葉、江口亮、石塚徹
エンディングテーマ
曲名 作詞 作曲 編曲
第1部 Eternity Blue 愛弓 sachi 永井正道
シナリオテーマソング
曲名 作詞 作曲 編曲
亜種特異点I Lose Your Way ROUND TABLE feat. Dan 宮川弾 北川勝利 acane_madder、北川勝利
亜種特異点II Indelible illusion Yuriko Kaida Yamachang 高慶 CO-K 卓史
亜種特異点III 一刀繚乱 六花 毛蟹 西岡和哉
亜種特異点IV 清廉なるHeretics 毛蟹 feat. DracoVirgo 毛蟹
Lostbelt No.3 Thest KOCHO Yamachang 西田圭稀 高橋浩一郎(entrap)
イベントイメージソング
曲名 作詞 作曲 編曲 備考
デッドヒート・サマーレース! BURN OUT! 乃藍 毛蟹 家原正樹 -
ぐだぐだ帝都聖杯奇譚 二者穿一 六花 西岡和哉 -
1400万DL記念CM この惑星で、ただ一つだけ SAYA 毛蟹(LIVE LAB.) 永井正道 ストリングス編曲 - 菊谷知樹
徳川廻天迷宮 大奥 深淵のデカダンス 岡田梨央 Yamachang 佐高陵平 -

漫画編集

本編コミカライズ編集

展開メディアでは主人公の性別は男性として設定されていることが多いが、コミカライズ版では「英霊剣豪七番勝負」と「異端なるセイレム」において女性として設定されている。
Fate/Grand Order -mortalis:stella-
作画:白峰
月刊コミックZERO-SUM』(一迅社)にて、2017年9月号より連載。序章、第一、第二、第四、第六、終局特異点を担当。マシュの視点から進められる。
2018年より不定期連載。
Fate/Grand Order -turas réalta-
作画:カワグチタケシ
別冊少年マガジン』(講談社)にて2017年9月号より連載。序章、第一、第三、第五、第七、終局特異点を担当。藤丸立香の視点から進められる。
登場するサーヴァントの顔ぶれや容姿の変化などアレンジが加えられている。
Fate/Grand Order -Epic of Remnant- 亜種特異点I 悪性隔絶魔境 新宿 新宿幻霊事件
作画:佐々木少年
月刊少年エース』(KADOKAWA)にて2019年3月号より連載。亜種特異点Iを担当。
Fate/Grand Order -Epic of Remnant- 亜種特異点II 伝承地底世界 アガルタ アガルタの女
作画:武中英雄
ヤングエース』(KADOKAWA)にて2019年3月号より連載。亜種特異点IIを担当。
Fate/Grand Order -Epic of Remnant- 亜種特異点III 屍山血河舞台 下総国 英霊剣豪七番勝負
作画:渡れい
マガジンポケット』(講談社)にて2019年1月29日より連載。亜種特異点IIIを担当。
Fate/Grand Order -Epic of Remnant- 亜種特異点IV 禁忌降臨庭園 セイレム 異端なるセイレム
作画:大森葵
月刊ComicREX』(一迅社)にて2019年3月号より連載。亜種特異点IVを担当。
Fate/Grand Order -Epic of Remnant- 深海電脳楽土 SE.RA.PH
作画:西出ケンゴロー
ヤングエースUP』(KADOKAWA)にて2019年2月20日より連載。コラボイベント「亜種特異点 深海電脳楽土 SE.RA.PH」を担当。

サポート漫画編集

Fate/ぐだぐだオーダー
作画:経験値[STAFF 6]
2015年1月22日よりゲーム公式サイトで連載が開始された。作画はTYPE-MOONスピンアウト漫画『コハエース』を連載している経験値。作風も『コハエース』を踏襲したものとなっている。2015年7月30日掲載分(第28回)で連載終了した。
以後はイベント「ぐだぐだ~」の告知に合わせる形で新作が掲載されている。
マンガで分かる! Fate/Grand Orderシリーズ
作画:リヨ
本作のゲームシステムをゆるく学べる解説する漫画であり、本作のパロディギャグ作品。原作である本作の風刺描写と同性愛百合BL)の要素が取り込まれている。
第1期『マンガで分かる! Fate/Grand Order』
iOS版配信後に2015年8月13日よりゲーム公式サイトで連載が開始される。同時掲載として、ゲームライターマフィア梶田によるゲーム解説コラム『マフィア梶田の“バーサーカーでも分かる!”FGO講座』が連載された。2015年11月19日掲載分(第15回)で連載終了した。
第2期『もっとマンガで分かる! Fate/Grand Order』
2015年12月17日から2017年7月27日までゲーム公式サイトで連載していた。毎週木曜日17時に更新。前作、『マンガで分かる! Fate/Grand Order』の続編である。
前作と同様に本作のゲームシステムを解説する漫画という名目ではあるものの、ゲームの内容そっちのけで運営に対する容赦ない批判を繰り返していた。ネームでガチャについて突っ込んだ批判をするとボツにされると零している。なぜかアルテラの「ガチャは悪い文明」は容認されており、LINEスタンプ化もされている。
劇中で女性主人公(リヨぐだ子)が再三要求していた宝具スキップの実装はディライトワークスの塩川洋介より「実装しようと思えばできるが効率を追求するようなゲームじゃないことと、追加しないのは意図があってやらないだけ[55]と一蹴され、その後も色々愚痴を入れていたが2018年末に掲載された奈須きのこのインタビューの中でスキップを実装する意思はないと断言された[56]
第44話からリヨぐだ子がコハエースの影響を受け、うどん生地と聖杯の泥を触媒にして生み出した本作オリジナルのサーヴァントも登場する。クラスは2017年のエイプリルフールに配信されたアプリ『Fate/Grand Order Gutentag Omen』にて正式に判明。
バーサーカーは配信2周年記念として専用のイベントを用意され実装された。
第3期『ますますマンガで分かる! Fate/Grand Order』
2017年8月3日よりゲーム公式サイトで連載が開始。毎週木曜日17時に更新。『もっとマンガで分かる! Fate/Grand Order』の続編であり、第2期のその後が描かれる。
バーサーカーはイベント『オール・ザ・ステイツメン』で真名が明かされたため本作より真名で呼ばれている。
2017年12月28日の更新分は「序 / 2017年12月26日」の進行の関係で公式ホームページが一時閉鎖されたため[57]、解除された12月31日の18時に更新された。
解説漫画としての体裁すら放棄していたため、2018年12月4日より初心者を対象としたコンテンツとして「動画で分かる!Fate/Grand Order」が開始された。
教えてFGO! 偉人と神話のぐらんどおーだー
作画:津留崎優
2016年8月16日からツイ4にて連載が開始された。FGOに登場する英雄たち本人が、自らの伝説・逸話について主人公たちに解説をする内容となっている。
9月30日更新の4時間目を持って、取材・制作準備のため一旦休載。同年10月20日から連載を再開。なお、連載再開後の5時間目から、森瀬繚ヒストリカル・チェックとして参加している[58]

『マンガで分かる!』オリジナルキャラクター編集

女主人公
声 - 金田朋子
「マンガで分かる! Fate/Grand Orderシリーズ」の主人公。メタフィクションな発言を連発する傍若無人な暴れん坊兼レズビアンで、寝取られが好み。
男主人公
声 - 金田朋子
女主人公とは旧知の仲。女主人公とは対照的にゲイとなっているため、アストルフォが好みのタイプになっており、彼に欲情している。また、ダ・ヴィンチも下半身は男性だと思っている[59]
マンガで分かるライダー
『もっと』第46話より登場。マスターはマシュ→オルガマリー(『ますます』第7話 - )。バニーガールのサーヴァント。嫌いなものはエジソンと主人公。
単行本1巻では「真名は秘密ですが映画史黎明期の映画監督です」と説明している。宝具は「月世界旅行(ル・ヴォヤージュ・ダン・ラ・リュヌ)」と「テアトル・プレジール
マンガで分かるアサシン
『もっと』第48話より登場。マスターはオルガマリー。初登場からしばらくの間はネグリジェ、現在は帽子とスーツを纏い根暗で重度のマザー・コンプレックスを抱えるサーヴァント。
単行本1巻では「真名は秘密ですがFBI初代長官です」と説明している。宝具は「公式かつ秘密(オフィシャル・アンド・コンフィデンシャル)」と「黒服の男たち(ガヴァメント・メン)
ちびっこ王国のアヴェンジャー
『ますます』第39話より登場。ナーサリー・ライム、ジャック、バニヤン、ジャンヌオルタサンタリリィとヘシアン・ロボが合体したちびっこ王国のサーヴァント。
マンガで分かるランサー
『ますます』第77話より登場。マンガで分かるアサシンとライダーが造ったうどんサーヴァントの一騎。第90話にてランサー以下4騎の幼体はダ・ヴィンチが「FGO制作委員会[注 11]」に取り入るために作ったものと判明。
『ますます』第104話ではイクチオサウルスを武器として使用したことなどから、マシュから真名の推測が容易と指摘されが本人は「FGOに真名隠しシステムはいらなかったって歴史が証明してるだろ」と反論している。
マンガで分かるアーチャー
『ますます』第85話より登場。アルテラと誰かをつがいにして生まれたということになっているちびっこ王国のうどんサーヴァント。アルテラは母親がエレナ、玉藻の前またはジャンヌのうちの誰かだと思い込んでいる。
マンガで分かるキャスター
『ますます』第87話より登場。第77話でランサーに闇討ちされた女主人公を介護するうどんサーヴァント。放っておくと勝手に繁殖して増えていく。
マンガで分かるセイバー
『ますます』第89話より登場。うどんサーヴァントの幼体にアルトリアが念を込め、マシュが育てたら妊婦になった。妊婦は英霊ではなく、胎内の子がセイバーとされる。真名についてジャンヌは「我が主」と思い込んでいたが別人であった。

サポート動画編集

動画で分かる!Fate/Grand Order
2018年12月2日より開始。全6回。熟練プレイヤーのノッブ(声:島崎信長)が新人マスターの大海将一郎にゲームのシステムを紹介する。初心者に向けた動画コンテンツ。
もっと動画で分かる!Fate/Grand Order
2019年5月19日より開始。

アンソロジー編集

Fate/Grand Orderコミックアラカルト
KADOKAWA。既刊8巻。

ドラマCD編集

Fate/Grand Order First Take
「TYPE-MOONエース Fate/Grand Order」付録ドラマCD。ゲームの序章部分がドラマCD化されている。脚本は奈須きのこ。
登場キャラクターは主人公、マシュ、Dr.ロマン、レフ、オルガマリー、ダ・ヴィンチ、セイバーオルタ、シャドウアサシン(声 - 保坂俊行)、シャドウランサー(声 - 七種恵司)[60]
Fate/Grand Order アンソロジードラマCD「The Blue Bird」
コンプティーク 2016年4月号」付録ドラマCD。脚本は磨伸映一郎[STAFF 46]
登場キャラクターは主人公、マシュ、Dr.ロマン、ダ・ヴィンチ、諸葛孔明、玉藻の前、臥藤門司(声 - 伊藤健太郎)。
Fate ぐだぐだオーダードラマCD「帰ってきたぐだぐだお得テクニック」
「コンプティーク 2016年5月号」付録ドラマCD。脚本は経験値[STAFF 6]
登場キャラクターは沖田総司、織田信長、アルトリア、モードレッド、メドゥーサ。
Fate/Grand Order 英霊伝承ドラマCD 英霊伝承異聞 〜巌窟王 エドモン・ダンテス〜
「Fate/Grand Order カルデアエース」付録ドラマCD。脚本は桜井光、監修は奈須きのこ。キャラクターデザインは兔ろうと。
登場キャラクターはモンテ・クリスト伯爵(エドモン・ダンテス)、ファリア神父(声 - 堀勝之祐[61]、コンチェッタ(声 - 加隈亜衣)、エデ(声 - 千本木彩花)、アンジェロ・ブラーガ神父(声 - 樫井笙人[62]タランテラ(声 - 成田剣)。

小説編集

Fate/Grand Order 英霊伝承
『Fate/Grand Order』に登場する英霊たちの生前・伝説などを小説化した作品。『Grand Order』関連の雑誌などにそれぞれ収録されている。
巌窟王 エドモン・ダンテスの英霊伝承はドラマCDとして収録されている。詳細は「#ドラマCD」節を参照。
Fate/Grand Order 英霊伝承 〜アステリオス〜
作者:東出祐一郎 / イラスト:しまどりる
「TYPE-MOONエース Vol.11」収録。
Fate/Grand Order 英霊伝承 〜ヘンリー・ ジキル / ハイド〜
作者:桜井光 / イラスト:中原
「TYPE-MOONエース Vol.11」収録。
Fate/Grand Order 英霊伝承 〜荊軻〜
作者:東出祐一郎 / イラスト:高橋慶太郎
「Fate/Grand Order カルデアエース」収録。
Fate/Grand Order 英霊伝承 〜エレナ・ブラヴァツキー〜
作者:桜井光 / イラスト:松竜
「Fate/Grand Order カルデアエース」収録。
FGOミステリーシリーズ
「Fate/Grand Order 春のミステリーフェア」にて配信されたイベントシナリオを再構成した作品。
作者:円居挽。
FGOミステリー 翻る虚月館の告解 虚月館殺人事件
イラスト:山中虎鉄
2019年5月23日発売。
FGOミステリー 惑う鳴鳳荘の考察 鳴鳳荘殺人事件
イラスト:本庄雷太
2019年5月23日発売。

舞台編集

2017年版編集

タイトルは『Fate/Grand Order THE STAGE-神聖円卓領域キャメロット-』。第六特異点 神聖円卓領域キャメロットのシナリオを原作としている。2017年7月14日から17日、9月29日から10月8日までZeppブルーシアター六本木にて公演。演出・脚本は福山桜子、音楽は大塚茜、芳賀敬太、深澤秀行が担当。

キャスト

2019年版編集

タイトルは『Fate/Grand Order THE STAGE-絶対魔獣戦線バビロニア-』。第七特異点 絶対魔獣戦線バビロニアを原作としている。2019年1月11日から14日まで大阪サンケイホールブリーゼ、1月19日から27日まで東京日本青年館ホールで公演。演出・脚本は前作に引き続き福山桜子が担当。

キャスト

VR feat.マシュ・キリエライト編集

PlayStation VR専用ソフト『Fate/Grand Order VR feat.マシュ・キリエライト』が2017年12月16日より無料ダウンロード配信中。

VRを使用してマシュとトレーニングなどが行えるほか、隠しキャラクターとしてアルトリア・ペンドラゴンも登場する。

登場人物
スタッフ
  • 開発 - ディライトワークス
  • リードプログラマー - 萩野洋
  • プログラマー - 李鐘徳
  • リードデザイナー - 島野伸一郎
  • デザイナー - 佐藤仁、潘志浩、榛地康人、木我光
  • リードプランナー - 山下雅水
  • サウンド - 白山俊太郎、西村和真
  • 開発協力 - TYPE-MOON、ソニー・インタラクティブエンタテインメント ジャパンアジア
  • シナリオ協力 - 関根アユミ、蘇我真、アニプレックス、エッジワークス
  • デザイン協力 - グラフィニカ、あまた、スリースターファクトリー、モックス、デジタル・フロンティア、ランド・ホー、シリコンスタジオ
  • VR技術協力 - メルポット
  • モーションキャプチャー協力 - イルカ、アニマロイド
  • モーションアクター - 活劇座(細川桃仁、日野由佳、川渕かおり
  • サウンドプロデューサー - 芳賀敬太
  • 音楽 - 白山俊太郎
  • 音声収録 - ブレイブハーツ
  • QA&デバック - デジタルハーツ
  • 制作協力 - アニプレックス
  • 監修 - 奈須きのこ、武内崇
  • FGO PROJECT クリエイティブディレクター - 塩川洋介
  • 制作 - アニプレックス、ノーツ、ディライトワークス

開発(VR feat.マシュ・キリエライト)編集

企画段階からディライトワークスはソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIE)と相談しながら『VR feat.マシュ・キリエライト』の開発を行った。 「メインヒロインのマシュが目の前にいるとプレイヤーが感じられること」と、「クオリティと開発期間と開発の難易度を両立させられること」を条件に、複数のゲームエンジンを試した結果、Unity for PS4が採用された。本作のプログラマである荻野洋は、UniteTokyo2018の基調演説の中で、本作の開発にUnityを使用していたこととが決め手となったと振り返っており、慣れない環境で問題が起きたときのリカバリも考慮に入れられたことも理由に挙げた[1]

UnityはどのプラットフォームでもVRに対応していたため、想像以上に快適な環境の中で開発がすすめられた[1]。 SIEのVRコンサルテーションサービスによるチェックの結果、フレームレートについての指摘が出された[1]。また、『VR feat.マシュ・キリエライト』ではプレイヤーの移動がほとんどないためVR酔いは生じなかった一方、冒頭のタイトル部分に不快感を感じるという指摘を受け演出を変更した[1]

開発にあたり、マシュのモデル作成には3ds Maxが、小物のモデル作成にはMayaがそれぞれ使用された[1]。また、マシュの動きにはFinal IKアセットのLookAtIK機能が使われたが、そのままではどうしてもぎこちなくなるため、手動による調整も行われた[1]。 さらに、マシュの服や髪の動きはボーンや関節に対して物理的に自然な挙動を持たせられるDynamic Boneで作成され、胸の動きは3ds Maxで作成された[1]

アーケード版編集

 
『Fate/Grand Order Arcade』(セガ)のアーケードゲーム筐体

Fate/Grand Order Arcade』のタイトルで2018年7月26日より稼働開始。開発・発売元はセガ・インタラクティブ。ジャンルはトレーディングカードアーケードゲームとなっており、カードプリントによるクラスカードの印刷が可能。システム基板はALLS UXを採用している。

3Dモデルのよる広大なフィールドで、同じく3Dモデルのサーヴァントを操作して戦うチーム対戦ゲームが主体となる。

アーケード版の仕様編集

  • スマートフォン版では見送られた対人戦モードが存在する
  • ゲームバランスの調整のため「カレイドスコープ」、「2030年の欠片」など一部の礼装の効果が異なる
  • スキルの再使用については時間で管理され、スキルは効果範囲が設定されている。Revision 15より一部のスキルは遮蔽物越しに発動することはできなくなった。
  • スキルや礼装などで付与される回避の仕様は「魔力ゲージを消費しないで回避行動を行う」。礼装で付与される無敵および回避は強化解除スキルで無効化される。
  • アーツチェイン、カレイドスコープなどのNPチャージ礼装、サーヴァントの一部スキルで獲得するNPはスマートフォン版に対して一律半減。
  • 本作独自の仕様である待機中かつ同一のサーヴァントカードを3枚選択することで発動するサポートチェインで獲得するNP獲得量は更に低い。
  • Revision 15よりサポートチェインにクールタイムが追加された。
  • 強化クエストが存在しないため、メドゥーサを始めとした一部の初期実装サーヴァントの第3スキルは第3再臨を行うと解禁される。
  • エミヤやギルガメッシュ等の既存スキルの強化はRevision 14時点では未実装。
  • マシュの霊基再臨は未実装
  • 召喚システムは呼符による1回召喚、聖晶粒もしくはマナプリズムによる10連召喚、フレンドポイント召喚の4種類。仕様上星2以下のサーヴァントが召喚されることもある。
  • 稼働当初は聖晶粒による10連召喚1ヶ月辺り最大5回までだったが、2018年12月23日より聖晶粒の保持数を25000、10連召喚を99回までと事実上無制限に緩和された。
  • マナプリズム10連召喚は回数制限はないが、マナプリズム入手から5ヶ月後に消滅する。
  • 召喚されるサーヴァントはスマートフォン版とは異なり再臨段階に応じてカードイラストが変化された状態で排出される。最終再臨カードは排出されないこともある。
  • 本作独自の仕様としてホログラム加工が施された「Fatalカード」が排出されることがある。サーヴァントのFatalカードをカードリーダーで読み込むことでHPおよびATKが各400加算され、最大2000まで上昇する。
  • レオナルド・ダ・ヴィンチ(第2部ライダー)、源頼光(水着)のようにクラスが派生したサーヴァントが先行して実装されることがある。
  • 排出されるサーヴァントカードは三国志大戦(第2期)の仕様に準じており、サーヴァントの所持、育成および宝具レベルは全てICカードで管理および紐付けされる。

主題歌編集

空白
歌 - 坂本真綾
作詞 - 坂本真綾 / 作曲・編曲 - la la larks / ストリングスアレンジ - 石塚徹、江口亮

アナログゲーム編集

Fate/Grand Order Duel編集

コミカライズ編集

Fate/Grand OrderDuel YA特異点 密室遊戯魔境 渋谷 渋谷決闘事件
作画:磨伸映一郎、邪武丸
『ヤングエース』(KADOKAWA)にて2019年3月号より連載。

Web配信番組編集

Fate/Grand Order カルデア放送局』のタイトルで、ニコニコ生放送より不定期で配信される生放送番組。

第1回『Fate/Grand Order カルデア放送局 〜お正月生放送〜』
配信日 - 2016年1月4日
パーソナリティ - マフィア梶田、ゲスト - 島﨑信長(アルジュナ 役など)、種田梨沙(マシュ・キリエライト〈初代〉 役など)、安生真(DELiGHTWORKS 所属エンジニア)
第2回『Fate/Grand Order 〜Fate/Zeroスペシャルイベント記念放送〜』
配信日 - 2016年4月20日
パーソナリティ - マフィア梶田、ゲスト - 島﨑信長、種田梨沙、川澄綾子(アルトリア・ペンドラゴン 役など)、安生真、川村弘幸(DELiGHTWORKS 宣伝スタッフ)
第3回『Fate/Grand Order カルデア放送局 Vol.03 FGO1周年前夜祭』
配信日 - 2016年7月29日
パーソナリティ - マフィア梶田、ゲスト - 島﨑信長、種田梨沙、川澄綾子、安生真、川村弘幸
第4回『Fate/Grand Order カルデア放送局SP‟EXTELLA”発売記念特番』
配信日 - 2016年11月2日
パーソナリティ - 吉田尚記、ゲスト - 大久保瑠美(エリザベート・バートリー 役など)、川澄綾子、丹下桜(ネロ・クラウディウス 役など)、能登麻美子(アルテラ 役など)、川村弘幸
第5回『Fate/Grand Order カルデア放送局 Vol.4 第七特異点配信直前SP』
配信日 - 2016年12月6日
パーソナリティ - 島﨑信長、ゲスト - 大久保瑠美、川澄綾子、高橋李依(マシュ・キリエライト〈二代目〉 役)、安生真、川村弘幸
第6回『Fate/Grand Order カルデア放送局 Vol.5 第1.5部配信直前SP』
配信日 - 2017年2月22日
パーソナリティ - マフィア梶田、ゲスト - 島﨑信長、川澄綾子、大久保瑠美、安生真、金沢利幸(アニプレックス)
第7回『Fate/Grand Order カルデア放送局SP Fate/EXTRA CCCスペシャルイベント開催記念放送』
配信日 - 2017年4月27日
パーソナリティ - マフィア梶田、ゲスト - 島﨑信長、下屋則子(BB 役)、小倉唯(パッションリップ 役)
第8回『Fate/Grand Order カルデア放送局 Vol.6 アガルタの女配信直前SP』
配信日 ‐ 2017年6月28日
パーソナリティ - マフィア梶田、ゲスト - 島崎信長、川澄綾子、鶴岡聡(ジル・ド・レェ 役など)
第9回『Fate/Grand Order カルデア放送局 2周年SP』
配信日 - 2017年7月30日
パーソナリティ - マフィア梶田、ゲスト - 島崎信長、川澄綾子、高橋李依、田中美海(ニトクリス 役)
第10回『Fate/Grand Order カルデア放送局 Vol.7 祝!劇場版Fate/stay night [HF] 公開初日&英霊剣豪七番勝負 配信直前SP』
配信日 - 2017年10月14日
パーソナリティ - マフィア梶田、ゲスト - 島崎信長、川澄綾子、高橋李依
第11回『Fate/Grand Order カルデア放送局Vol.8 異端なるセイレム 配信直前SP』
配信日 - 2017年11月28日
パーソナリティ - マフィア梶田、ゲスト - 島崎信長、川澄綾子、高橋李依、田中美海
超!A&G+でも同時配信。
第12回『Fate/Grand Order カルデア放送局SP Fate/Apocryphaスペシャルイベント開催記念ステージ』
配信日 - 2018年4月29日
パーソナリティ - マフィア梶田、ゲスト - 花江夏樹(ジーク 役)、諏訪部順一(黒のセイバー 役)、大久保瑠美、古川慎(赤のライダー 役)
イベント「Fate/Apocrypha -Epilogue Event-」内部でのステージ中継。YouTubeでも同時配信。
第13回『Fate/Grand Order ぐだぐだ放送局「Fate/EXTELLA LINK」発売記念&新イベント発表SP』
配信日 - 2018年6月6日
パーソナリティ - マフィア梶田、ゲスト - 川澄綾子、大久保瑠美、植田佳奈(イシュタル 役など)、水島大宙(ガウェイン 役など)、悠木碧(沖田総司 役など)
YouTubeでも同時配信。
第14回『Fate/Grand Order カルデア放送局 Vol.9 消えぬ炎の快男児 配信直前SP』
配信日 - 2018年7月18日
パーソナリティ - マフィア梶田、ゲスト - 赤羽根健治(カドック・ゼムルプス 役)、川澄綾子、植田佳奈、島崎信長
第15回『Fate/Grand Order カルデア放送局 3周年SP』
配信日 - 2018年7月29日
パーソナリティ - マフィア梶田、ゲスト - 川澄綾子、櫻井孝宏(マーリン 役など)、島﨑信長、悠木碧
第16回『Fate/Grand Order カルデア放送局 Vol.10 紅の月下美人 配信直前SP』
配信日 - 2018年11月27日
パーソナリティ - マフィア梶田、ゲスト - 川澄綾子、佐藤聡美(ミドラーシュのキャスター 役)、島崎信長、悠木碧
第17回『Fate/Grand Order カルデア放送局SP「ロード・エルメロイⅡ世の事件簿」コラボレーションイベント開催記念放送』
配信日 - 2019年4月27日
パーソナリティ - マフィア梶田、ゲスト- 赤羽根健治、上田麗奈(グレイ 役)、水瀬いのり(ライネス・エルメロイ・アーチゾルテ 役)

Webラジオ編集

Fate/Grand Order カルデア・ラジオ局』のタイトルで2017年1月10日から2019年3月29日まで文化放送超!A&G+にて映像付きで配信。2019年4月5日より第2期『Fate/Grand Order カルデア・ラジオ局Plus』に改称。

これを再編集かつ未公開音源を追加したものが、文化放送の地上波にて音声のみで配信される。地上波では2017年1月8日(7日深夜)から毎週日曜3:30 - 4:00(土曜深夜27:30 - 28:00)に放送されるが、初回のみは超!A&G+での開始前であるため、新規収録分を放送した。

パーソナリティは高橋李依(マシュ・キリエライト 役)と、田中美海(ニトクリス、オルトリンデ 役)。『Plus』より大久保瑠美(エリザベート・バートリー、アストルフォ役)が追加され当番制で進行する。

放送直前の2016年12月21日には、特別番組「Fate/Grand Order カルデア・ラジオ局 事前特番スペシャル」が文化放送地上波にて配信された。

2017年4月9日より、文化放送での放送時間が毎週日曜21:30 - 22:00に変更される。2018年4月より、超!A&G+での配信日が毎週金曜 21:00 - 22:00に変更された。

ゲスト編集

第1期編集

配信回 配信日 ゲスト
01回 2017年01月10日 川澄綾子
(アルトリア・ペンドラゴン 役など)
02回 2017年01月17日 大久保瑠美
(エリザベート・バートリー 役など)
04回 2017年01月31日 植田佳奈
(イシュタル 役など)
05回 2017年02月07日 鶴岡聡
(ジル・ド・レェ 役など)
07回 2017年02月21日 マフィア梶田
(カルデア放送局MC)
第13回 2017年04月04日 大久保瑠美
第15回[注 12] 2017年04月18日 マフィア梶田
(田中美海の代役として)
第24回 2017年06月20日 門脇舞以
(イリヤスフィール 役など)
第25回 2017年06月27日 マフィア梶田
第35回 2017年09月05日 門脇舞以
第41回 2017年10月17日 下屋則子
(BB 役など)
第48回 2017年12月12日 大久保瑠美
古川慎
(アキレウス 役)
第56回[注 13] 2018年1月30日 丹下桜[注 14]
(ネロ・クラウディウス 役など)
第60回 2018年2月27日 佐奈宏紀
(舞台版ベディヴィエール 役)
小野健斗
(舞台版ランスロット 役)
第61回 2018年3月6日 ナナヲアカリ
(舞台版マシュ・キリエライト 役)
甲斐千尋
(舞台版モードレッド 役)
本田礼生[注 15]
(舞台版オジマンディアス 役)
第63回 2018年3月20日 悠木碧
(沖田総司 役など)
第68回 2018年4月27日 赤羽根健治
(カドック・ゼムルプス 役)
第70回 2018年5月11日 武内駿輔
(ケイローン 役)
古川慎[注 16]
第80回[注 12] 2018年7月20日 赤羽根健治
鶴岡聡
第86回 2018年8月31日 川澄綾子
第89回 2018年9月21日 大原さやか
(アイリスフィール 役)
第93回 2018年10月19日 大久保瑠美
第97回 2018年11月16日 門脇舞以
第106回 2019年1月18日 ナナヲアカリ
大海将一郎
(舞台(2019)版藤丸立香(男) 役)
第112回[注 12] 2019年3月1日 赤羽根健治
(田中美海の代役として)
第114回[注 17] 2019年3月15日 下屋則子
(高橋李依の代役として)
第116回 2019年3月29日 大久保瑠美

第2期編集

配信回 配信日 ゲスト 当番
01(117)回 2019年04月5日 丹下桜[注 15][注 18] 高橋・田中
014(130)回 2019年07月7日 河西健吾
(スカンジナビア・ペペロンチーノ 役)
高橋・大久保
文化放送 日曜3:30 - 4:00枠(土曜深夜27:30 - 28:00)
前番組 番組名 次番組
Fate/Grand Order カルデア・ラジオ局
※本番組までA&G枠
とにかく明るい安村のとにかく丸裸!
※土曜2:30(金曜深夜26:30)枠より移動
文化放送 日曜21:30 - 22:00枠
せがあぷラジオ
※21:00 - 22:00
Fate/Grand Order カルデア・ラジオ局

Fate/Grand Order カルデア・ラジオ局Plus
-
超!A&G+ 金曜 21:00 - 22:00
Fate/Grand Order カルデア・ラジオ局

Fate/Grand Order カルデア・ラジオ局Plus
-

テレビ特別番組(大晦日特番)編集

2016年から、12月31日にFateProject関連の長時間特番がテレビ放送、ネット配信で行われている。そこで公開されたFGOおよびFateProject関連の新情報・アニメーションを記載する。

2016年12月31日にTOKYO MXとちぎテレビ群馬テレビBS11にて『Fate Project大晦日TVスペシャル -First & Next Order-』と題したテレビ特別番組が放送。長編アニメ『Fate/Grand Order -First Order-』(フェイト・グランドオーダー ファースト・オーダー)、公式サポート漫画『Fate/ぐだぐだオーダー』の短編アニメ『ぐだぐだオーダー』のほか、歴代Fateシリーズを「Fate/Project」(TYPE-MOON×アニプレックス)[63]の関連映像で、島﨑信長のナレーションと共に振り返るコーナーが放送された。主題歌はゲームと同じく「色彩」。

2017年12月31日に『Fate Project 大晦日 TV スペシャル 2017』にて、長編アニメ『Fate/Grand Order -MOONLIGHT/LOSTROOM-』(フェイト・グランドオーダー ムーンライト・ロストルーム)、『Fate/stay night』のスピンオフ4コマ漫画『氷室の天地 Fate/school life』とのコラボレーション作品『Fate/Grand Order × 氷室の天地 〜7人の最強偉人篇〜』が放送された。また、事前告知にはないサプライズとして、2018年からひと月に1回配信されるアニメ『衛宮さんちの今日のごはん』の第1話が番組内で放送された。

2018年12月31日に『Fate Project 大晦日TVスペシャル2018』にて、「Fate/Grand Order」内シナリオの第七特異点をテーマとした『Fate/Grand Order ‐絶対魔獣戦線バビロニア‐』のテレビアニメーション用の新たなキービジュアルを発表。同じく、FGO内のマンガコンテンツ「マンガでわかる!Fate/Grand Order」のショートアニメを公開し、Youtube内の公式チャンネルでも個別に公開した。

長編アニメ編集

『Fate/Grand Order -First Order-』は、本編序盤の出来事を映像化。

『Fate/Grand Order -MOONLIGHT/LOSTROOM-』は、第2部序盤の直前(1.5部以降)をオリジナル映像として制作。霊と対話できると言われ使用されなくなったとある倉庫部屋「ロストルーム」での、現時間では既に存在しないカルデアス関係者の対話、そして主人公が見せられた可能性すらなくなった未来世界、カルデアへと向かう武装集団が描かれる。

スタッフ(アニメ)編集

  • 原作 - TYPE-MOON
  • ストーリー原案 - 奈須きのこ(First Order)
  • 監督 - 難波日登志(MOONLIGHT/LOSTROOMでは総監督)、塚田拓郎(First Orderでは助監督)
  • キャラクターデザイン - 後藤圭佑、永作友克(MOONLIGHT/LOSTROOM)
  • デザインワークス - 赤石沢貴士
  • 色彩設計 - 竹澤聡、岩沢れい子(MOONLIGHT/LOSTROOM)
  • 美術デザイン - 佐藤豪志
  • 美術監督 - 海老澤卓也
  • 撮影監督 - 松井伸哉(First Order)、中西康祐(MOONLIGHT/LOSTROOM)
  • 編集 - 定松剛
  • CGディレクター - 奥納基(First Order)
  • 音響監督 - 高寺たけし
  • 音楽 - 川﨑龍
  • プロデューサー - 黒崎静佳
  • アニメーションプロデューサー - 米内則智
  • アニメーション制作 - Lay-duce
  • 製作 - アニプレックスノーツ、ディライトワークス

各話リスト編集

サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 総作画監督 放送日 発売日
First Order 関根アユミ 三條なみみ
塚田拓郎
塚田拓郎
安部元宏
坪山圭一、杉泊朋子
中野祐貴、後藤圭佑
後藤圭佑 2016年
12月31日
2017年
3月29日
MOONLIGHT/LOSTROOM 奈須きのこ 三條なみみ、塚田拓郎
黒川智之、東出太
森川さやか
牧俊治
国崎友也
丹羽弘美
岡田由起子
西島翔平
永作友克 2017年
12月31日
2018年
12月26日

短編アニメ編集

スタッフ(ぐだぐだオーダー)編集

  • 原作 - 経験値/TYPE-MOON
  • 監督・構成・脚本・絵コンテ・キャラクター原案・キャラクターデザイン・総作画監督 - 経験値
  • 作画監督 - 日下部智津子
  • 色彩設計 - 篠原真理子
  • 撮影監督 - 加藤友宣
  • 音響監督 - 納谷僚介
  • 編集 - 右山章太
  • アニメーションプロデューサー - 長野敏之
  • アニメーション制作 - TROYCA

スタッフ(Fate/Grand Order × 氷室の天地 〜7人の最強偉人篇〜)編集

  • 原作 - 磨伸映一郎/TYPE-MOON
  • ストーリー原案・キャラクター原案・ネーム - 磨伸映一郎
  • 絵コンテ・演出 - 三浦貴博
  • キャラクターデザイン - 永森雅人
  • サーヴァントキャラクターデザイン - 遠藤花織
  • 作画監督 - 永森雅人、小笠原篤
  • 色彩設計 - 松山静香
  • 美術監督 - 小島あゆみ(1話・2話)、鬼頭裕子(3話)
  • 美術監督補佐 - 樺澤侑里(1話・2話)
  • 撮影監督 - 西山黛樹
  • 撮影監督補佐 - 阿部鳳駿
  • 3D監督 - 鉄炮塚大樹
  • 編集 - 神野学
  • 音楽制作 - アニプレックス
  • 音楽 - 椎名豪
  • プロデューサー - 金沢利幸
  • 制作プロデューサー・音響監督 - 近藤光
  • 脚本・アニメーション制作 - ufotable
  • 製作 - FGO PROJECT

スタッフ(マンガで分かる! Fate/Grand Order)編集

  • 原作 - TYPE-MOON
  • ストーリー原案、キャラクター原案 - リヨ
  • 監督 - 榎戸駿、坂詰嵩仁
  • 編集 - 近藤勇二
  • 美術監督 - 竹田悠介
  • 色彩設計 - 土居真紀子
  • 撮影監督 - 宮脇洋平
  • 音楽 - 毛蟹(LIVE LAB)、深澤秀行
  • 音楽制作協力 - 芳賀敬太(TYPE-MOON)
  • 音楽プロデューサー - 山内真治
  • プロデューサー - 古橋宗太
  • アニメーションプロデューサー - 藤田祥雄
  • アニメーション制作 - A-1 Pictures
  • 製作 - FGO PROJECT

主題歌(マンガでわかる!)編集

オープニングテーマ「回せば分かる!FGO」
歌 - 女主人公(金田朋子)
作詞 - 毛蟹(LIVE LAB)

テレビアニメ編集

Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』は、2019年10月よりTOKYO MXほかにて放送予定のテレビアニメ[64]。内容は第1部のシナリオ「第七特異点 絶対魔獣戦線 バビロニア」を元にした内容となる[65]

本放送に先立ち、第0話に相当する「Episode 0 Initium Iter」が製作されており、2019年8月3日の「Fate/Grand Order Fes 2019」にてサプライズ上映された後[66]、翌8月4日から8月11日までゲームアプリ内にて配信される[67]

スタッフ(テレビアニメ)編集

各話リスト編集

話数サブタイトル脚本絵コンテ演出作画監督総作画監督
#0Episode 0 Initium Iter
武井風太高雄統子原田孝宏、高雄統子岩崎将大高瀬智章

放送局編集

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[69]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [70] 備考
2019年10月5日 - 土曜 23:30 - 日曜 0:00 TOKYO MX 東京都
BS11 日本全域 BS放送 / 『ANIME+』枠
群馬テレビ 群馬県
とちぎテレビ 栃木県
2019年10月13日 - 日曜 3:08 - 3:38(土曜深夜) 毎日放送 近畿広域圏 アニメシャワー』第3部
日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間[69]
配信期間 配信時間 配信サイト
2019年10月5日 - 土曜 23:30 - 日曜 0:00 AbemaTV
2019年10月6日 - 日曜 23:00 更新
月曜 23:00 - 23:30 ニコニコ生放送

劇場アニメ編集

劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット-』は、2020年公開予定の『前編 Wandering; Agateram』と公開日未定の『後編 Paladin; Agateram』で構成される連作劇場アニメ。物語は第1部のシナリオ「第六特異点 神聖円卓領域 キャメロット」を、同シナリオに登場するベディヴィエール中心に再構成した内容となる[71]

スタッフ(劇場アニメ)編集

コラボレーション編集

空の境界[72]
  • 変異特異点 克螺旋境界式 オガワハイム 『空の境界/the Garden of Order』
  • 開催期間:2016年2月25日 - 3月9日
本作のシナリオを手がける奈須きのこの小説作品。イベントシナリオも奈須が担当。
SR「両儀式〔アサシン〕」がイベント限定サーヴァントとして、SSR「両儀式〔セイバー〕」が期間限定サーヴァントとして登場した。
2018年2月には『復刻版:空の境界/the Garden of Order -Revival-』として復刻され、期間限定サーヴァントとしてSR「浅上藤乃(アーチャー)」が追加された。
Fate/Zero[73]
  • 変異特異点 第四次異聞録 冬木 『Fate/Accel Zero Order』
  • 開催期間:2016年4月27日 - 5月18日
ニトロプラス所属のシナリオライター・虚淵玄が執筆した「Fate/stay night」の外伝小説。イベントシナリオも虚淵が担当。
SR「アイリスフィール〔天の衣〕(キャスター)」がイベント限定サーヴァントとして、SSR「イスカンダル(ライダー)」が期間限定サーヴァントとして、SR「エミヤ〔アサシン〕」、R「百貌のハサン(アサシン)」が新登場サーヴァントとして登場した。
2018年9月には『復刻版:Fate/Accel Zero Order -LAP 2-』として復刻され、新登場サーヴァントとしてSR「ディルムッド・オディナ〔セイバー〕」が追加された。また、イベントアイテム交換画面にはケイネス・エルメロイ・アーチボルト(声 - 山崎たくみ)も新規に登場する。
Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ
  • 廃棄少女幻想 エンド・サクリファイス 『魔法少女紀行 〜プリズマ・コーズ〜』
  • 開催期間:2016年9月8日 - 9月21日
ひろやまひろしによる漫画作品。イベントシナリオはひろやまが監修している。
SR「クロエ・フォン・アインツベルン(アーチャー)」がイベント限定サーヴァントとして、SSR「イリヤスフィール・フォン・アインツベルン(キャスター)」が期間限定サーヴァントとして登場した。
2019年1月には『復刻版:魔法少女紀行 〜プリズマ・コーズ〜 Re-Install』として復刻され、期間限定サーヴァントとしてSR「美遊・エーデルフェルト/朔月美遊(キャスター)」が追加された。イベントアイテム交換画面に奈須の要望を受けひろやまが新たに描き下ろした[74]美遊とクロエが追加された。
Fate/EXTRA CCC
  • 亜種特異点 深海電脳楽土 SE.RA.PH
  • 開催期間:2017年5月1日 - 5月24日
マーベラスエンターテイメントから発売されたRPG「Fate/EXTRA」シリーズの一作。シナリオは奈須きのこが担当しており、イベントシナリオも奈須が執筆している。
SR「BB(ムーンキャンサー)」がイベント限定サーヴァントとして、SSR「メルトリリス(アルターエゴ)」、SR「パッションリップ(アルターエゴ)」が期間限定サーヴァントとして、SR「鈴鹿御前(セイバー)」が新登場サーヴァントとして登場した。また、当初は発表されていなかったが、5月10日のピックアップ第2弾からはSSR「殺生院キアラ(アルターエゴ)」が期間限定サーヴァントとして追加で登場した[75]
イベント開催前は「BBちゃんの逆襲/電子の海で会いましょう!」というタイトルで発表されており、公式サイトのあらすじもそれに合わせて書かれていたが、イベントが始まるとイベント名が「深海電脳楽土 SE.RA.PH」に変更され、あらすじも変更された。本イベントのTVCMもそれぞれナレーションが異なる2つのバージョンが用意されている。また、終局特異点のクリアが参加条件となっておりアバンタイトルや章タイトルの演出は「Epic of Remnant」に準拠するなど、現状では唯一メインシナリオと同等の扱いをされた期間限定ステージとなった。
2019年2月には『復刻版:深海電脳楽土 SE.RA.PH Second Bullet』として復刻され、新エピソードの追加と期間限定サーヴァントとしてSSR「キングプロテア(アルターエゴ)」が追加、イベント開始日にコミカライズの連載が開始された。
あらすじ
「Fate/EXTRA」系列の世界から来た上級AI・BBよりカルデアが保有する海上油田基地セラフィックスがマリアナ海溝に沈みゆく特異点になったことを伝えられる。事態解決のためカルデアは主人公と3騎のサーヴァントを送り込むがBBの妨害によりサーヴァントと散り散りになり、BBから分かたれたアルターエゴの一人メルトリリスと共に月の聖杯戦争を模した地獄を駆け抜ける。
Fate/Apocrypha
  • Apocrypha/Inheritance of Glory
  • 開催期間:2018年4月29日 - 5月13日(レイドバトルは5月6日まで)
本作のシナリオを手がける東出祐一郎の小説作品。プレイヤーの進行状況に合わせ、一部の台詞が変化する。
SR「ジーク(キャスター)」がイベント限定サーヴァントとして、SSR「アキレウス(ライダー)」、SR「ケイローン(アーチャー)」が新登場サーヴァントとして登場。なお、アキレウスはアレキサンダーの幕間の物語「駆け抜ける、始まりの蹂躙制覇」にNPCで登場している。
2016年12月23日に追加された「終局特異点 冠位時間神殿 ソロモン」のように合計一億を越えるサーヴァントと終盤で複製された大聖杯を全てのプレイヤーが撃破するレイド仕様のイベントとなった。
リアル脱出ゲーム
  • 謎特異点I 『ベーカー街からの脱出』
  • 開催期間:2018年5月11日 - 8月26日
「アルトリア・ペンドラゴン」、「エリザベート・バートリー」、「アストルフォ」、「エレナ・ブラヴァツキー」、「ロビンフッド」、「ヘンリー・ジギル&ハイド」らと協力するリアルイベント。参加者はコラボイベントオリジナルのキャラクターとなってサーヴァントを召喚し、様々な謎を駆使して1時間以内にベーカー街を修正(脱出)することがクリア条件。キャッチコピーはそれは、歴史上もっとも“謎”を生んだ特異点である。
東京原宿にある常設スタジオ原宿ヒミツキチオブスクラップと名古屋矢場町にある常設スタジオ名古屋ヒミツキチオブスクラップと大阪心斎橋にある常設スタジオ大阪ヒミツキチオブスクラップにて約1ヶ月、福岡天神にある常設店舗アジトオブスクラップ福岡天神にて約3週間、札幌大通にある常設店舗アジトオブスクラップ札幌大通と横浜石川町にある常設店舗アジトオブスクラップ横浜[注 19]にて約2週間のロングランで開催され、開催期間中に当ゲームの開発スタッフ陣とSCRAP社員によるトークライブを実施した[注 20]
前売り券は通常版のほかにピンバッヂ付の限定版を選択することができる。
  • 謎特異点II 『ピラミッドからの脱出』
  • 開催期間:2019年4月26日 - 9月3日
「蘭陸王」、「エミヤ」、「ディルムッド・オディナ」、「マリー・アントワネット」、「アヴィケブロン」、「刑部姫」らと協力するリアルイベント。参加者はコラボイベントオリジナルのキャラクターとなってサーヴァントを召喚し、様々な謎を駆使して1時間以内にピラミッドを修正(脱出)することがクリア条件。キャッチコピーはそれは、歴史上もっとも偉大な謎(ファラオ)である。
東京原宿にある常設スタジオ原宿ヒミツキチオブスクラップにて約2ヶ月、名古屋矢場町にある常設スタジオ名古屋ヒミツキチオブスクラップと大阪心斎橋にある常設スタジオ大阪ヒミツキチオブスクラップにて約1ヶ月、札幌大通にある常設店舗アジトオブスクラップ札幌と仙台あおば通りにある常設店舗アジトオブスクラップ仙台と岡山城近辺にある常設店舗アジトオブスクラップ岡山と福岡天神にある常設店舗アジトオブスクラップ福岡天神にて約3週間、横浜駅前にある常設スタジオ横浜ヒミツキチオブスクラップにて約2週間のロングランで開催され、横浜公演に限り平日限定でリピーター限定公演を実施することが決定した。
前売り券は通常版のほかにスマホリング付の限定版を選択することができる。
リピーター限定公演では通常とは一味違う謎解きが楽しめることができる。
ロード・エルメロイII世の事件簿
  • レディ・ライネスの事件簿
  • 開催期間:2019年4月27日 - 5月11日
三田誠の小説作品。イベントシナリオも三田が担当している。新拠点を舞台とした内容かつ過去に開催されたイベントの振り返りを行うことからLostbelt No.3 -intro-のクリアが参加条件となっている。
SR「グレイ(アサシン)」がイベント限定サーヴァントとして、SSR「司馬懿〔ライネス〕(ライダー)」、SR「アストライア(ルーラー)」が新登場サーヴァントとして登場。
イベント開催中に終局特異点の再現として真っ先に倒された魔神柱バルバトスを撃退するレイドバトルが開催された。

コラボレーションイベントスタッフ編集

空の境界
Fate/Zero
  • シナリオ執筆 - 虚淵玄[STAFF 5]
  • 音楽担当 - 梶浦由記[STAFF 47]
  • CMアニメーション - ufotable
  • CMキャラクターデザイン・作画監督・絵コンテ・演出 - 須藤友徳[77]
Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ
Fate/EXTRA CCC
Fate/Apocrypha
リアル脱出ゲーム

イベント編集

Fate/GrandParty
開催期間 - 2016年5月13日 - 2016年5月29日、2016年5月30日 - 2016年6月12日
会場 - AREA-Q
ゲームに関連する展示、グッズ販売、フード・ドリンク販売が行われた。本イベントに際して、マリー・アントワネット、アルテラ、カルナ、アルジュナのオリジナル衣装のイラストが描き下ろされた。
FGO夏祭り2016 秋葉原 1st Anniversary
開催期間 - 2016年7月30日
会場 - 秋葉原UDX 2階 アキバ・スクエア
夏祭りをイメージした展示のほか、スタンプラリー、1周年記念ブックレットが販売された。
ufotable 関連イベント
ゲーム内イベント『空の境界』『Fate/Zero』にて、CM・イラスト制作を担当したアニメーション制作会社ufotableが下記のイベントにおいて企画・運営を行った。
コラボレーションカフェ・ダイニング
開催期間 - 2016年3月1日 - 2016年3月29日、2016年7月1日 - 2016年8月16日
会場 - ufotable関連店舗
ufotableがCM・イラスト制作を担当したゲーム内イベント『空の境界』『Fate/Zero』のコラボカフェ・ダイニングを全国のufotable Cafe、Dining、マチ★アソビCafeにて開催。各店舗ではCMに使用された原画の展示、CM制作工程の映像上映、グッズ販売などが行われた。
マチ★アソビ
開催期間 - vol.16:2016年5月 ~ 各回
会場 - 徳島県徳島市
ufotableが企画・運営を行うアニメやゲームなどのエンターテインメントが集うイベント。vol.16ではマシュ・キリエライト(種田梨沙)によるロープウェイアナウンス、DELiGHTWORKSスタッフ、種田梨沙、川澄綾子によるクリエイタートークショー、橋の下美術館への展示、「Fate/ぐだぐだオーダー」を痛車にした「Fate/ぐだぐだレーシング」の展示のほか、劇場版「Fate/stay night[Heaven's Feel]」トークイベントにて島﨑信長のボイスメッセージが流された[78]
vol.17ではエリザベート・バートリー(大久保瑠美)によるロープウェイアナウンス、フェラーリ・F430をFate関連作品にラッピングした痛車の展示、川澄綾子、大久保瑠美、ゲームスタッフによるSPトークイベントのほか、徳島阿波おどり空港にて「FGO夏祭り2016」にも展示された全長5メートルにおよぶ「ウィッカーマン」の展示が行われた[79]
その他、各回にてトークイベントなどが開催されている。
広告車
 
上海軌道交通2号線のFate/Grand Order広告車
Fate Grand Order Arcade筐体お披露目会
開催期間 - 2017年12月7日
会場 - 秋葉原UDX 2階 アキバ・スクエア
Fate Grand Order Arcadeの筐体が披露され、開発中の実機プレイが初めて公開された。
FGO冬祭り 2017-2018 〜冬のファラオ大感謝祭〜
会場・日程 - 兵庫県神戸市(2017年12月23日)、宮城県仙台市(2018年1月14日)、広島県広島市(同2月23日)、大分県別府市(同3月4日)
2017年末から2018年初頭にかけて各地方都市で行われる展示・ステージイベント。
HOKUSAI & TOKYO 水辺を彩る江戸祭2018
会場・日程 - 東京都港区台場(2018年3月17日)
葛飾北斎を題材としたイベント。ウォータープロジェクションマッピングを用いたコラボレーションが行われた[80]
HOTEL CHALDEA(ホテル カルデア)
開催期間 - 2019年4月5日 - 2019年7月6日
会場 - サンシャインシティプリンスホテル
サンシャインシティプリンスホテルの全客室改装完了と同時に登場する25階のコンセプトフロア「IKEPRI 25」のオープニングコンテンツで、サーヴァントたちの存在が感じられる全20室の特別フロア[81]。4つのテーマの客室(「黄金の間〜王たちの戯れ〜」「ルーム・キャメロット〜ホリデー・イン・アヴァロン〜」「ベーカー街〜親愛なるサイドキックへ〜」「坂本探偵事務所〜お竜さんもいるぞ〜」)と4つのテーマのフロア宿泊者専用ラウンジで構成されている。

コラボレーショングッズ編集

2017年11月にはサンリオコラボレーショングッズの先行販売をアニメイトで開始[82]

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ a b セガAM2研(現セガ・インタラクティブ第2研究開発本部)在籍時に一時期ディレクターを務めていた『ボーダーブレイク』では本名の『叶良樹』でクレジットされていた。
  2. ^ a b c d e f 担当声優は、ドラマCD版・テレビアニメ版でのキャスト。
  3. ^ 種田が病気療養で休業したため、2016年10月から声優交代[20]
  4. ^ 月姫』などの関連作品においては死徒二十七祖の一位として語られる存在。ガイアの怪物とも呼ばれ、人類に対する絶対殺害権を有すると言われる。
  5. ^ 実装当初の名称は「百の貌のハサン」であったが、2017年1月17日のアップデートより現在の表記に変更。
  6. ^ 神の文字は「神」と「人」が縦に並んだ漢字である。
  7. ^ 基本的には真名は宮本武蔵となっているが、セイントグラフに表記されている真名はフルネームの新免武蔵守藤原玄信となっている。
  8. ^ Fate/Zero』に登場する衛宮切嗣の平行世界における別の可能性としての英霊であり、衛宮士郎の将来の可能性であるエミヤ〔アーチャー〕とは別人。
  9. ^ ドラマCD『Garden of Avalon』より一部楽曲提供。
  10. ^ 須藤友徳高橋タクロヲ、菊池隼也、小笠原篤、塩島由佳、辻雅俊、佐藤哲人、永森雅人、越後光崇、渡邊八恵子、加藤美穂
  11. ^ FGO PROJECT(アニプレックス、ノーツ(TYPE-MOON)、ディライトワークス)
  12. ^ a b c 田中美海は諸事情により未出演
  13. ^ 地上波版はゲストなし。
  14. ^ 地上波版は放送時刻に冠ラジオ「丹下桜のRADIO・A・La・Mode」が放送されているため未出演。
  15. ^ a b 地上波版のみ。
  16. ^ 地上波版のみ出演予定だったが緊急参戦。
  17. ^ 高橋李依は諸事情により未出演
  18. ^ 2018年10月に「RADIO・A・La・Mode」の放送時刻が水曜に移動したため
  19. ^ 東京公演前売券完売に伴い急遽追加公演として開催。
  20. ^ 大阪公演期間中に大阪北部地震が発生し、大阪ヒミツキチオブスクラップ臨時休業に伴い1公演のみ欠番扱いとなった。

スタッフ脚注編集

  1. ^ 小説『Fate/Apocrypha』執筆
  2. ^ 小説『Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ』執筆
  3. ^ a b テレビアニメシリーズ『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』脚本
  4. ^ TYPE-MOON所属シナリオライター、小説『Fate/Requiem』執筆
  5. ^ a b c 小説『Fate/Zero』執筆
  6. ^ a b c d e 漫画『コハエース』『ぐだぐだエース』作画
  7. ^ テレビアニメシリーズ『Fate/Apocrypha』脚本
  8. ^ 小説『Fate/strange fake』執筆
  9. ^ a b c d 漫画『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』作画
  10. ^ 小説『ロード・エルメロイII世の事件簿』執筆
  11. ^ a b c 漫画『マンガで分かる! Fate/Grand Order』作画、イベント「オール・ザ・ステイツメン! 〜マンガで分かる合衆国開拓史〜」原案
  12. ^ アニメ『Girls' Works』シナリオ制作
  13. ^ ゲーム『Fate/stay night』ゲール語考証
  14. ^ TYPE-MOON所属プログラマー
  15. ^ TYPE-MOON所属サウンドクリエイター
  16. ^ Fateシリーズ、魔法使いの夜 音楽制作
  17. ^ 魔法使いの夜、テレビアニメ『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』 音楽制作
  18. ^ a b c d e TYPE-MOON所属グラフィッカー
  19. ^ 漫画『ロード・エルメロイII世の事件簿』作画
  20. ^ 漫画『CANAAN』、漫画『Fate/Apocrypha』作画
  21. ^ 小説『Fate/Apocrypha』イラスト作画
  22. ^ 小説『ロード・エルメロイII世の事件簿』イラスト作画
  23. ^ 漫画『真月譚 月姫』『月の珊瑚』『Fate/Grand Order 亜種特異点I 新宿幻霊事件』作画
  24. ^ 漫画『Fate/mahjong night 聖牌戦争』作画
  25. ^ 漫画『Fate/Zero』作画
  26. ^ 漫画『Fate/EXTRA CCC Fox Tail』作画
  27. ^ 漫画『Fate/stay night [Heaven's Feel]』作画
  28. ^ 漫画『空の境界』作画
  29. ^ 小説『Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ』イラスト作画
  30. ^ 漫画『AATM』作画
  31. ^ 小説『Fate/Zero』ほか アイテムデザイン
  32. ^ ゲーム『Fate/EXTRA』宝具デザイン
  33. ^ 小説『ファイヤーガール』イラスト作画
  34. ^ 漫画『Fate/strange fake』作画
  35. ^ ゲーム「Fate/EXTRAシリーズ」キャラクターデザイン
  36. ^ TVアニメ『世界征服〜謀略のズヴィズダー〜』キャラクター原案
  37. ^ 特番アニメ『Fate/Grand Order -First Order-』キャラクターデザイン・総作画監督
  38. ^ 漫画『Fate/mahjong night 聖牌戦争』作画
  39. ^ 漫画『衛宮さんちの今日のごはん』作画
  40. ^ ゲーム『Fate/EXTRA CCC』 OPアニメーションキャラクターデザイン・作画監督・原画、TVアニメ『Fate/EXTRA Last Encore』キャラクターデザイン
  41. ^ ディライトアートワークスクリエイティブオフィサー兼ディライトグラフィックワークスクリエイティブオフィサー
  42. ^ 漫画『TYPE-MOON学園 ちびちゅき!』作画
  43. ^ 漫画『Fate/hollow ataraxia』作画
  44. ^ a b TYPE-MOON × ufotable プロジェクト』アニメーション制作
  45. ^ 『Fate/Grand Order』ゲーム開発
  46. ^ 漫画『氷室の天地 Fate/school life』作画
  47. ^ a b 劇場アニメ『劇場版 空の境界』、テレビアニメ『Fate/Zero』、劇場アニメ『劇場版 Fate/stay night [Heaven's Feel]』音楽制作
  48. ^ 『TYPE-MOON × ufotable プロジェクト』武内崇原案キャラクターデザイン・総作画監督、『劇場版 空の境界 未来福音』『劇場版 Fate/stay night [Heaven's Feel]』 監督 など
  49. ^ PS Vita版『Fate/hollow ataraxia』 OPアニメーション監督、『劇場版 空の境界』 第5章 監督補佐 など
  50. ^ 劇場版 空の境界 未来福音』 キャラクターデザイン・作画監督 など
  51. ^ 劇場アニメ『劇場版 空の境界』 第6章 キャラクターデザイン・作画監督、テレビアニメ『Fate/Zero』第10話 演出 など
  52. ^ テレビアニメ『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』作画監督 など
  53. ^ テレビアニメ『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』シリーズ 音楽制作
  54. ^ テレビアニメ『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!』音楽制作
  55. ^ テレビアニメ『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ シリーズ』アニメーション制作
  56. ^ ゲーム『Fate/EXTRA CCC』OPアニメーション制作、テレビアニメ『Fate/EXTRA Last Encore』アニメーション制作
  57. ^ テレビアニメ『Fate/Apocrypha』キャラクターデザイン・総作画監督

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i 岡崎純二 (2017年5月15日). “[Unite]Unityによる最新PSVRの事例(後編):「Fate/Grand Order VR」でマシュをどう動かしたのか”. Gameindustry.biz. Aetas. 2018年5月12日閲覧。
  2. ^ a b “【ニュースリリース】既存タイトルの企画・開発・運営と並行して新規コンテンツ開発を強化するため制作体制を刷新し6つの制作部門を新設”. (2018年11月9日). https://www.delightworks.co.jp/news/20181109-2323 2018年11月14日閲覧。 
  3. ^ “[http://festival.j-mediaarts.jp/works/entertainment/fategrand-order/ 第21回 エンターテインメント部門 審査委員会推薦作品 Fate/Grand Order]”. 文化庁メディア芸術祭. 文化庁. 2018年9月21日閲覧。
  4. ^ 受賞作品 年間作品部門”. 日本ゲーム大賞. コンピュータエンターテインメント協会. 2018年9月21日閲覧。
  5. ^ “「ファミ通アワード2018」受賞作品発表! ゲーム・オブ・ザ・イヤーは『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』と『モンスターハンター:ワールド』に決定!” (プレスリリース), 株式会社Gzブレイン(KADOKAWAグループ), (2019年4月5日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000005717.000007006.html 2019年4月6日閲覧。 
  6. ^ 期待高まる『Fate/Grand Order』について奈須、武内両氏ら開発チームにインタビューを実施”. ファミ通App (2014年10月10日). 2018年4月7日閲覧。
  7. ^ 『Fate』新作ゲーム『フェイト/グランドオーダー』発表! キービジュアルにはセイバーやジャンヌ・ダルクの姿も”. 電撃App (2014年7月27日). 2016年11月5日閲覧。
  8. ^ a b c d 「Fate/Grand Order」が目指す,スマホ時代の新しい物語とは。奈須きのこ×武内 崇×庄司顕仁の3名に聞く,その狙いと手応え”. 4Gamer.net (2014年10月10日). 2016年11月5日閲覧。
  9. ^ 『Fate/Grand Order』の最新情報を大量公開! 奈須きのこ氏、武内崇氏にインタビュー”. 電撃App (2014年10月10日). 2016年11月5日閲覧。
  10. ^ a b 【おはようSGI】『スクフェス』が大型アップデート、『Fate/Grand Order』Google Play4位に、「モンストフェス」お詫び配布、ギークスが最終黒字に転換”. Social Game Info (2015年8月5日). 2016年11月5日閲覧。
  11. ^ 『Fate/Grand Order』メンテナンス延長、終了までアプリを非公開に”. インサイド (2015年8月4日). 2016年11月5日閲覧。
  12. ^ 『Fate/Grand Order』31時間もの緊急メンテナンス終了、現在Ver.1.0.3を配信中”. インサイド (2015年8月6日). 2016年11月5日閲覧。
  13. ^ iOS版配信・臨時メンテナンス終了・Android版アップデート配信のご報告”. TYPE-MOON (2015年8月12日). 2015年8月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月5日閲覧。
  14. ^ 「Fate/Grand Order」がもたらす新しいスマホゲームの形――奈須きのこ×塩川洋介が語るFGOの軌跡と未来とは” (2017年3月11日). 2018年5月27日閲覧。
  15. ^ 『FGO』新章『Epic of Remnant』制作決定。第2部につながる全4章の物語”. 電撃App. KADOKAWA (2017年1月1日). 2017年2月26日閲覧。
  16. ^ 「Fate/Grand Order」で新章“Epic of Remnant”が開幕。“亜種特異点I 悪性隔絶魔境 新宿 新宿幻霊事件”が2月24日 19:00配信決定”. 4Gamer.net. Aetas (2017年2月23日). 2017年2月26日閲覧。
  17. ^ 「Fate/Grand Order」,第2部第1章「Lostbelt No.1 永久凍土帝国 アナスタシア 獣国の皇女」が4月4日18:00に配信。マシュのリニューアルも”. 4Gamer.net. m.k (2018年4月3日). 2018年4月4日閲覧。
  18. ^ 奈須きのこ (2016年11月9日). “いよいよ!(きのこ)”. 竹箒日記. 2017年5月6日閲覧。
  19. ^ 『Fate/Grand Order -First Order-』DVD/Blu-ray特典ブックレット「インタビュー:奈須きのこ」2017年3月、アニプレックス。
  20. ^ 「マシュ・キリエライト」キャラクターボイス(CV)担当の変更につきまして”. 『Fate/Grand Order』公式サイト (2016年9月26日). 2016年9月26日閲覧。
  21. ^ 『Garden of Avalon』、『Fate/Grand Order -mortalis:stella-』1巻 P.1
  22. ^ 2018/11/24 : 無題。きのこ”. 竹箒日記. 竹箒. 2018年12月1日閲覧。
  23. ^ a b c d e f g h i j k Cosmos in the Lostbelt”. Fate/Grand Order 公式サイト. TYPE-MOON. 2018年7月18日閲覧。
  24. ^ arayadmdmのツイート(981522266914615298)
  25. ^ triplepeachのツイート(981527461132345345)
  26. ^ toi81008のツイート(981504300785352709)
  27. ^ pakosunのツイート(981541007941517314)
  28. ^ k_hiroriroのツイート(981875214773501952)
  29. ^ sasakishonenのツイート(982353401773096971)
  30. ^ KeitarouTのツイート(981524762697515008)
  31. ^ Fate/Grand Order 4週連続・全8種クラス別TV-CM 第4弾 アルターエゴ編”. YouTube (2018年3月18日). 2018年3月18日閲覧。
  32. ^ Fate/Grand Order 4週連続・全8種クラス別TV-CM 第3弾 ランサー編”. YouTube (2018年3月18日). 2018年4月21日閲覧。
  33. ^ STAFF&CAST”. TVアニメ「Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-」公式サイト. 2019年8月10日閲覧。
  34. ^ meteor_のツイート(1160890296235773957)
  35. ^ syatey_12のツイート(1070252909579759616)
  36. ^ kiriharakotoriのツイート(1142363702349271040)
  37. ^ コハエースDX P.138、コハエース2017Summer 夏の増刊号
  38. ^ harunotomoyaのツイート(1009422634600128512)
  39. ^ hasendowのツイート(1113643387322687489)
  40. ^ kurosePのツイート(1150376477935804416)
  41. ^ tibimaru_0404のツイート(1148976447014313989)
  42. ^ 小林ゆう_公式(@holy_kobayashi) (2016年12月6日). “◎小林ゆうですなう。『Fate/Grand Order』で、エルキドゥ役を演じさせて頂くことになりましたなう。……”. Twitter. 2016年12月7日閲覧。
  43. ^ Otama_memのツイート(1130049106070708225)
  44. ^ コハエース2017summer夏の増刊号
  45. ^ コハエース2018summer夏の増刊号
  46. ^ コハエース2019summer夏の増刊号
  47. ^ vanmadoyのツイート(984473265337917446)
  48. ^ 山下祐(‏@charozoTasuku) (2015年11月6日). “あ、そうそうFate/GrandOrderの第三弾CMですが、コンテ演出作監とやりました。……”. Twitter. 2016年11月5日閲覧。
  49. ^ 藤田祥雄(‏@sun3third) (2016年3月25日). “本日、アニメ版「Fate/zero」放送枠内で「Fate Grand Order第5章CM」がOAされます。……”. Twitter. 2016年11月5日閲覧。
  50. ^ ステップ!とかげ(‏@to__kage) (2016年8月8日). “夏だ! 海だ! FGO 2016 Summer TVCMコンテ演出を担当しました。……”. Twitter. 2016年11月5日閲覧。
  51. ^ とかげ(‏@to__kage) (2016年12月6日). “Fate/Grand Order 7章CMの絵コンテ演出作画監督を担当しました。……”. Twitter. 2016年12月6日閲覧。
  52. ^ 藤田祥雄(‏@sun3third) (2016年7月6日). “take2。第6章CM公開してます!コンテ演出作画監督:榎戸駿さん、原画で坂詰嵩仁さんの二人でやっとります!……”. Twitter. 2016年11月5日閲覧。
  53. ^ Twitter 藤田祥雄 2017年2月22日
  54. ^ 吉田 南 /Minami Yoshida‏ (@kirio666) (2017年8月6日). “FGO夏イベント2017のCMコンテ演出を担当させて頂きました…!……”. Twitter. 2017年9月16日閲覧。
  55. ^ 『FGO』宝具スキップや強化基準など17の読者質問に塩川氏が回答。VRはSECRET GARDENがコンセプト?”. 電撃App (2017年3月28日). 2017年5月4日閲覧。
  56. ^ マフィア梶田が切り込む「Fate/Grand Order」。奈須きのこが追求する理想と,やがて迎える終焉のカタルシス”. 4gamer.net (2018年12月29日). 2019年1月1日閲覧。
  57. ^ 【ますますマンガで分かるFGO】22話更新されず。査問会による移動制限の影響か”. Appbank (2017年12月28日). 2017年12月31日閲覧。
  58. ^ 森瀬 繚@『クトゥルー神話年代記』連載中(@Molice) (2016年12月20日). “星海社さん、津留崎優さんの『教えてFGO! 偉人と神話のぐらんどおーだー』、……”. Twitter. 2016年12月21日閲覧。
  59. ^ 「ますます」第17話
  60. ^ 九条ケント(‏@kujoukent) (2015年8月9日). “FGOのムックを頂いたのですがドラマCDのキャストリストに端役の方ですが洩れがあるので、ここで明示しておきます。……”. Twitter. 2016年11月5日閲覧。
  61. ^ コンプティーク&コンプエース(@comptiq) (2017年2月9日). “TYPE-MOONエース編集部が送る「FGO」第1部完結記念本「Fate/Grand Order カルデアエース」今春発売に向けて鋭意制作中です!”. Twitter. 2017年2月9日閲覧。
  62. ^ コンプティーク&コンプエース(@comptiq) (2017年3月8日). “「Fate/Grand Order カルデアエース」の発売日が4月15日(土)に決定!…”. Twitter. 2017年3月9日閲覧。
  63. ^ そのため、それに関連していないアニメ第一作関連や、プロジェクト非関連かつスピンオフであるプリズマ☆イリヤシリーズは省かれている。ただし、Fate/EXTRA LastEncoreについてはTYPE-MOON関連で2017年当時放送前ということで組み込まれた。
  64. ^ “FGO:テレビアニメ「絶対魔獣戦線バビロニア」10月スタート”. まんたんウェブ. (2019年3月24日). https://mantan-web.jp/article/20190324dog00m200006000c.html 2019年3月24日閲覧。 
  65. ^ a b c d e “「FGO」第七特異点バビロニア&第六特異点キャメロットがWアニメ化”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年7月29日). https://natalie.mu/comic/news/293183 2018年7月29日閲覧。 
  66. ^ アニメ「FGO」バビロニアの第0話をサプライズ上映、高橋李依ら3人が涙”. コミックナタリー. ナターシャ (2019年8月3日). 2019年8月3日閲覧。
  67. ^ 「Episode 0 Initium Iter」を『Fate/Grand Order』内にて期間限定配信!”. TVアニメ「Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-」公式サイト. 2019年8月4日閲覧。
  68. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t STAFF&CAST”. TVアニメ「Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-」公式サイト. 2019年3月23日閲覧。
  69. ^ a b ON AIR”. TVアニメ「Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-」公式サイト. 2019年8月4日閲覧。
  70. ^ テレビ放送対象地域の出典:
  71. ^ a b c d “「劇場版FGO」キャメロットはベディヴィエールを中心に再構成、立香役は島崎信長”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2019年3月24日). https://natalie.mu/comic/news/325186 2019年3月24日閲覧。 
  72. ^ 「Fate/Grand Order」初のコラボイベント「空の境界/the Garden of Order」が2月末より開催。限定サーヴァント「両儀式〔アサシン〕」が登場”. 4Gamer.net (2016年2月22日). 2016年2月25日閲覧。
  73. ^ 「Fate/Grand Order」,スペシャルイベント「Fate/Accel Zero Order」について詳しく紹介された「カルデア放送局 Vol.2」の内容をレポート”. 4Gamer.net (2016年4月21日). 2016年5月7日閲覧。
  74. ^ hiroshi_のツイート(1090857205216161792)
  75. ^ 『FGO』星5(SSR)殺生院キアラが登場。クラスはアルターエゴ”. 電撃App. KADOKAWA (2017年5月10日). 2017年5月12日閲覧。
  76. ^ ufotable(‏@ufotabl) (2016年2月25日). “【空の境界✕Fate/Grand Orderコラボレーションカフェ】……”. Twitter. 2016年11月5日閲覧。
  77. ^ 近藤光(ufotable)(‏@hikaruufo) (2016年6月13日). “ufotable情報:明日から「Fate/Accel Zero Order」コラボcafeオープン②……”. Twitter. 2016年11月5日閲覧。
  78. ^ 「マチ★アソビ vol.16」全記事一覧まとめ”. GIGAZINE (2016年5月3日). 2016年11月5日閲覧。
  79. ^ 「マチ★アソビ vol.17」全記事一覧まとめ”. GIGAZINE (2016年10月8日). 2016年11月5日閲覧。
  80. ^ ウォータープロジェクションマッピングにて『Fate/Grand Order』とのコラボが決定!”. HOKUSAI & TOKYO (2018年2月6日). 2018年3月10日閲覧。
  81. ^ コンセプトフロア「IKEPRI 25」 2019年4月6日(土)にオープン オープニングコンテンツ 「Fate/Grand Order」のフロア詳細・販売期間が決定 - プリンスホテル 2019年2月25日(2019年3月24日閲覧)
  82. ^ censored
  83. ^ 星海社『チェインクロニクルから学ぶスマートフォンRPGのつくり方』 P122、P140
  84. ^ DMMが7月11日リリース「魔王の始め方オンライン」長期メンテで全額返還 多数の不具合やFGO酷似指摘”. ねとらぼ. ITMedia (2017年7月25日). 2017年7月26日閲覧。

外部リンク編集