メインメニューを開く

フランスのビール英語: Beer in France)では、フランスで製造されるビールの概要について記す。

フランスは国民1人あたりのワイン消費量を見てもワイン大国であり、ビールの消費量はワインと比べると少ない。これは他の国においてはワイン消費量よりもビール消費量のほうが多いことを考慮しても、特徴的である。フランスにおいてはディナーの前にアペリティフと呼ばれる軽食と一緒にビールやシャンパーニュなどを飲む習慣が根強い[1]。アペリティフとして、祝い事の席やレストランなどではシャンパーニュを飲み、カフェやバー、家庭ではビールが飲まれることが多い[1]。食事中はワインであり、ビールやシャンパーニュが飲まれることはほとんどない[1]

歴史編集

現在のフランスは、古来ガリアと呼ばれており、ガリア人ケルト人が住んでいた[2]ガイウス・ユリウス・カエサルによって征服され共和政ローマローマ帝国属州となる。ローマではワインが好まれていたこともあり、ワインは「キリストの血」と考えるキリスト教の普及もあって、ガリア地域にもワインを飲む文化が広まって行く[2]

5世紀クロヴィス1世によるフランク王国の成立を経て、8世紀カール大帝になってフランク王国は現在のフランス、ドイツイタリアをまたぐ広大な領土となる。カール大帝は荘園令を発し、各領主はビール醸造所を各荘園に設置しなければならなくなり、これによって、ワインより低く見られていたビールの地位が向上することになった[2][3]。カール大帝はビール醸造所の整備と同時に、ブドウ園の立て直しやワイン醸造の奨励も行っており、ビール文化とワイン文化は共に発展して行くことになる[2]

フランス人生化学者ルイ・パスツール1866年にワインの殺菌法として導入した低温殺菌法(パスチャライゼーション)は、ドイツに渡って下面発酵によるラガービールを誕生させる。また、パスツールが「上面発酵より下面発酵の方がビールの質が落ちるのを防止する上で決定的に有利である」と主張したこともあって、世界のビールの主流は上面発酵のエールから下面発酵のラガーへと切り替わって行った。

フランス国内のビール生産の半分近くはドイツ国境にも近いアルザス地域圏で生産されている[4]

代表的なフランスのビール編集

 
1664のボトル
  • 1664フランス語版 - フランスで最もポピュラーなフランス産ビール[4]1664年創業のクローネンブルグの銘柄。フランスで最も古い企業のうちの一つであり、ビールの生産量は毎年7億リットル、フランスの全ビール生産量の40%以上を占める[1]

出典・脚注編集

  1. ^ a b c d 野口裕子 (2014年7月26日). “フランスのビール事情 ビールは若者に人気”. All About. 2017年10月10日閲覧。
  2. ^ a b c d 小川雅嗣 (2017年8月7日). “一歩進めたビール雑学(2) フランスをビール大国でなく、ワイン大国にしたのは誰!?”. 日本ビアジャーナリスト協会. 2017年10月10日閲覧。
  3. ^ 『日本ビール検定公式テキスト 2016年6月改訂版』マイナビ出版、2016年、91頁。ISBN 9784839958428
  4. ^ a b 石坂しづか『フランス語+日本語・英語』JTBパブリッシング、2009年、51頁。ISBN 9784533074752