フリードリヒ1世 (バーデン=バーデン辺境伯)

フリードリヒ1世(Friedrich I., 1249年 - 1268年10月29日)は、バーデン=バーデン辺境伯(在位:1250年 - 1268年)。ツェーリンゲン家当主で、祖父はバーデン=バーデン辺境伯ヘルマン5世ライン宮中伯ハインリヒ5世の婿)、父はヘルマン6世、母はオーストリア公レオポルト6世の孫娘ゲルトルート。叔父はルドルフ1世

フリードリヒ1世
Friedrich I.
バーデン=バーデン辺境伯
Johann Heinrich Wilhelm Tischbein - Konradin von Schwaben und Friedrich von Baden vernehmen ihr Todesurteil (1784, Schloss Friedenstein).jpg
死刑判決を受けるコッラディーノとフリードリヒ1世、ヨハン・ハインリヒ・ヴィルヘルム・ティシュバイン作(1784年)
在位 1250年 - 1268年

出生 1249年
死去 1268年10月29日
家名 ツェーリンゲン家
父親 バーデン=バーデン辺境伯ヘルマン6世
母親 ゲルトルート・フォン・バーベンベルク
テンプレートを表示

生涯編集

1246年、母方の大叔父のフリードリヒ2世が戦死し、バーベンベルク家は断絶した。父は母がバーベンベルク家の女子相続人だったことからオーストリア公国を請求したが1250年に25歳の若さで死去したため、フリードリヒ1世がバーデンを相続したが、幼いため叔父のルドルフ1世が共同統治者となった。

1267年、同世代の親族である[1]ホーエンシュタウフェン朝シチリア王エルサレム王のコッラディーノと共にイタリアに遠征したが、1268年8月23日タリアコッツォの戦い英語版シャルル・ダンジューに敗れ、トッレ・アストゥーラにて捕縛、幽閉された。やがてナポリに移され、10月29日、メルカート広場で死刑執行人ドメニコ・プンツォの手によって斬首された。処刑された場所には後年サンタ・クローチェ・アル・メルカート教会イタリア語版が建てられた。

バーデンは叔父のルドルフ1世が単独統治することになり、オーストリア公国ボヘミア王オタカル2世が獲得したが、オタカル2世は1278年神聖ローマ皇帝ルドルフ1世に敗れて戦死、ハプスブルク家の家領となった。

脚注編集

  1. ^ フリードリヒ1世の父方の祖母イルムガルトとコッラディーノの母方の祖母アグネスはともにライン宮中伯ハインリヒ5世の娘である。
先代:
ヘルマン6世
バーデン=バーデン辺境伯
1250年 - 1268年
ルドルフ1世と共同統治
次代:
ルドルフ1世
先代:
ヘルマン1世
オーストリア公
1250年 - 1268年
次代:
オタカル2世