フレーメン反応(フレーメンはんのう、ドイツ語:Flehmen)とはウマなどの哺乳類に起こる、臭い反応してを引きあげる生理現象である。この動作には主としてフェロモン受容を行う嗅覚器官である鋤鼻器(ヤコブソン器官)を空気に晒し、より多くの臭い物質を取り入れる機能があると考えられている。フレーメン現象、あるいは単にフレーメンとも言う。

トラのフレーメン反応
ウマのフレーメン反応

概説編集

この反応はウマの他には、ネコウシヒツジゾウコウモリなどにも見られるが、ウマは唇を大きく捲り上げるため見た目がわかりやすい。胎児期に鋤鼻器が退化してしまうヒトでは起こらない。

野生においては異性尿の臭いを嗅いだときによく起こるが、飼育下ではタバコ揮発油の臭いに対しても起こることが観察できる。また、この反応によって、発情しているかどうか調べることができる個体も存在する。

人間にはこの反応は「ウマが笑っている」、「ネコが顔をしかめる」などと受け取られるが、特に動物感情と結びついているわけではない。しかし、ヒツジなどでは部の痛みと関連している場合があるという[1]

脚注編集

  1. ^ weblipcrloptb.jpg (425×482)

参考資料編集

関連項目編集

外部リンク編集