旦 敬介(だん けいすけ、1959年11月5日 - )は、日本のラテンアメリカ文学者、作家翻訳家明治大学国際日本学部教授。 前妻はウガンダ出身[1]であり、お笑いコンビコロナクラウンリロイ太郎は息子。

名古屋市生まれ、東京都育ち、10歳の頃はロンドンで過ごす。1983年東京大学教養学部フランス科卒。1984年よりメキシコシティに留学。1986年同大学院総合文化研究科地域文化研究修士課程中退。この頃、港千尋管啓次郎赤間啓之今福龍太らとともに同人誌「MÉLI-MÉLO」(発行:オフィス・エキノクシアル、発売:七月堂)に参加する。英語スペイン語ポルトガル語翻訳家の傍ら、「BRUTUS」「エスクァイア」などの雑誌でトラベル・ライターとして活動する。マドリードナイロビ、ブラジルで生活した後に帰国し、各大学非常勤講師を務める。2001年明治大学法学部専任講師、2003年助教授、2007年准教授、2008年国際日本学部准教授。

2014年、『旅立つ理由』で第65回読売文学賞(随筆・紀行賞)受賞。

著作編集

翻訳編集

脚注編集

  1. ^ 内戦を避けて亡命した先のケニアで出会った。