ブラインド・ミッション

ブラインド・ミッション』(原題:Aankhen)は、2002年に公開されたインドクライムスリラー映画ヴィパル・アンラットラル・シャー英語版が監督を務め、アミターブ・バッチャンアクシャイ・クマールスシュミタ・セン英語版アルジュン・ラームパールパレーシュ・ラーワル英語版が出演している。シャーが手がけたグジャラート語演劇『Andhalo Pato』の映画化作品[2]。銀行に長年勤めて事業拡大に尽くした男が、解雇された復讐のために3人の盲人を雇い銀行強盗を行う物語である[3]

ブラインド・ミッション
Aankhen
監督 ヴィパル・アンラットラル・シャー英語版
脚本 アーディシュ・カパディア
ヴィパル・アンラットラル・シャー
原案 アーディシュ・カパディア
ヴィパル・アンラットラル・シャー
製作 ガウラング・ドシ
出演者 アミターブ・バッチャン
アクシャイ・クマール
スシュミタ・セン英語版
アルジュン・ラームパール
パレーシュ・ラーワル英語版
音楽 ジャッティン=ラリット英語版
アーデーシュ・シュリヴァースタヴァ英語版
撮影 アショカ・メータ英語版
編集 シリシュ・カンダール英語版
配給 VRフィルムズ
公開 インドの旗 2002年4月5日
上映時間 165分
製作国 インドの旗 インド
言語 ヒンディー語
製作費 ₹170,000,000[1]
興行収入 ₹338,075,000[1]
テンプレートを表示

2002年4月5日にマレーシアで開催された第3回国際インド映画アカデミー賞英語版でワールド・プレミアが行われた[4][5]。映画は奇抜なストーリーと方向性を高く評価され、バッチャンとクマールの演技も称賛された。複数の映画賞にノミネートされたものの、受賞するまでには至らなかった[6]

あらすじ編集

キャスト編集

製作編集

当初、映画のタイトルは「All The Best」だったが、数秘術的理由でインドの観客に受け入れやすいタイトルに変更された[7]。また、ネーハ役にはラヴィーナ・タンドン英語版が起用されていたが、彼女が降板したためスシュミタ・セン英語版が新たに起用された。彼女は視覚障害者の教師を演じるために視覚障害者学校を訪問し、視覚障害の学生と交流した。ヴァルマ役にはアクシャエ・カンナー英語版が起用されたが、彼が降板した後にサイーフ・アリー・カーンと出演交渉を行ったが、彼が『Kal Ho Naa Ho』の撮影スケジュールと重なっていたため辞退したため、最終的にアルジュン・ラームパールが起用された[8]

評価編集

興行収入編集

映画は2002年公開のインド映画興行収入ランキング第2位となった。南アフリカ共和国でも公開され、限定公開ながら公開初週末に1万4,600万ドルの興行収入を記録した[9]

ノミネート編集

第48回フィルムフェア賞英語版
スター・スクリーン・アワード

トラブル編集

プロデューサーのガウラング・ドシがDVDのクレジット権をシャーに与えなかったことでトラブルが発生した。2人は創造面での相違から対立を深めていた。DVDの表紙にはドシの氏名が記載され、裏面には監督名が「ヴィパル・シャー」ではなく「ヴィパル・ドシ」と記載されていた。この問題に関してドシが責任を取ることを拒否したため、シャーは訴訟を起こしている[11]

2004年から2005年にかけて、マハーラーシュトラ州ムンバイ郊外のミラ・ロード英語版で2件の銀行強盗事件が発生し、犯人たちは「映画に触発されて事件を起こした」と発言した。犯人たちは事業を起こすための資金を狙い10万ルピーを強奪し、逮捕後も全額が回収されることはなかった[12][13][14]

ゲーム化編集

インディアFMとハンガマ.comが共同でPCゲームを開発し、2002年3月14日に発売された[15][16]

続編編集

2006年に続編の製作が発表され、『ブラインド・ミッション』の公開直後から企画が開始された。シャーはドシとの対立が原因で降板したため、新たな監督としてサチン英語版が起用された[17]プリプロダクションは終了したものの、バッチャンの健康状態の悪化により撮影開始日は未定となっている[18]

出典編集

  1. ^ a b Aankhen”. Box Office India. 2018年9月18日閲覧。
  2. ^ Suresh Nair (2002年5月24日). “It’s playtime in Bollywood!”. Times of India. 2012年8月20日閲覧。
  3. ^ Sukanya Verma (2002年3月19日). “A Game with no Rules”. Rediff.com. 2012年8月20日閲覧。
  4. ^ IIFA 2002 Malaysia”. IIFA. 2012年5月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月20日閲覧。
  5. ^ Looking IIFA”. Rediff.com (2002年3月28日). 2012年8月20日閲覧。
  6. ^ Aankhen 2002 Awards”. IMDB. 2012年8月20日閲覧。
  7. ^ From All the Best To Aankhen!”. Times of India (2001年8月23日). 2012年8月21日閲覧。
  8. ^ Vivek Fernandes (2002年4月3日). “Movies: A guide to Aankhen”. Rediff.com. 2014年3月12日閲覧。
  9. ^ Andrew Worsdale (2002年4月17日). “Amitabh Bachchan's Aankhen packs South African cinemas”. Screen Daily. 2012年8月22日閲覧。
  10. ^ a b Nominees- The 51st Filmfare Awards”. Indiatimes. 2012年7月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年7月16日閲覧。
  11. ^ Dharam Pal (2002年12月29日). “The Aankhen row”. The Tribune. 2012年8月21日閲覧。
  12. ^ Aankhen-style robbers' leader held”. Mid Day (2005年1月20日). 2015年12月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月22日閲覧。
  13. ^ Nitasha Natu (2005年1月20日). “Mastermind of 'Aankhen-style' robberies held”. Times of India. 2014年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月22日閲覧。
  14. ^ Children of a lesser god”. Rediff.com (2005年2月8日). 2012年8月22日閲覧。
  15. ^ Amitabh Bachchan launches the Aankhen game”. Bollywood Hungama (2002年3月14日). 2012年8月21日閲覧。
  16. ^ Taking Indian films to the Highlands”. Mid Day (2002年3月14日). 2013年11月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月21日閲覧。
  17. ^ Nikhil Kumar (2006年9月13日). “'Aankhen' sequel : Amitabh in, Akshay out!”. Apunkachoice. 2012年4月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月20日閲覧。
  18. ^ Priyanka Srivastava (2012年3月13日). “No Aankhen sequel if ill Big B doesn't take projects”. Dailymail. 2012年8月20日閲覧。

外部リンク編集