メインメニューを開く

ブラザーミュージアムは、愛知県名古屋市瑞穂区にあるブラザー工業の運営する展示施設である。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg ブラザーミュージアム
Brother Museum
Brother Communication Space Nagoya 20110709-001.jpg
ブラザーミュージアムの位置(愛知県内)
ブラザーミュージアム
愛知県内の位置
ブラザーミュージアムの位置(名古屋市内)
ブラザーミュージアム
愛知県内の位置
施設情報
専門分野 ブラザー工業の製品及びその歴史
事業主体 ブラザー工業
延床面積 約1,350m2[1]
開館 2005年平成17年)3月[2]
所在地 467-0851
愛知県名古屋市瑞穂区塩入町5番15号
位置 北緯35度7分8.18秒 東経136度55分14.92秒 / 北緯35.1189389度 東経136.9208111度 / 35.1189389; 136.9208111座標: 北緯35度7分8.18秒 東経136度55分14.92秒 / 北緯35.1189389度 東経136.9208111度 / 35.1189389; 136.9208111
外部リンク ブラザーミュージアム
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示
ヒストリーゾーンに展示されているソフトベンダーTAKERU(3代目)

概要編集

2005年平成17年)3月に「ブラザーコミュニケーションスペース」としてオープンしたブラザー工業の展示施設。館内はエントランス、ワークスタイル提案ゾーン、コミュニケーションゾーン、ヒストリー&テーマゾーンに分かれており、ワークスタイル提案ゾーンではプリンターファクシミリ、電子文具や通信カラオケなど情報通信機器の展示が行われている。コミュニケーションゾーンには大画面スクリーンが設置されており会社案内の映像が流されているが、新製品の発表やプレゼンテーションなどにも利用される。

このほか、ヒストリー&テーマゾーンでは過去の製品から最新の製品まで「メカ技術による多角化の時代」、「メカトロニクスの時代」、「ネットワークコンテンツの時代」、「グローバルビジョン21達成に向けて」の各時代ごとに実物展示が行われているほか、企画展も行われている。

2018年(平成30年)1月22日には、名称の変更および一部展示のリニューアルなどが行われた[3]

利用案内編集

  • 開館時間 : 10:00 - 17:00(入館は16:30まで)
  • 休館日 : 日曜日および祝日ブラザー工業の休業日
  • 入館料 : 無料

交通アクセス編集

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 建設概要”. ブラザー コミュニケーション スペース. 2014年10月30日閲覧。
  2. ^ ブラザー コミュニケーション スペースを隔週で土曜日もオープン”. ブラザー工業株式会社 (2014年3月18日). 2014年10月30日閲覧。
  3. ^ 「ブラザーミュージアム」に名称変更!”. 名古屋コンシェルジュ (2018年1月25日). 2018年3月21日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集