メインメニューを開く

ブラックバイト英語:exploitative part-time jobs)とは、日本に存在するアルバイトのうち違法性のあるもの、つまり「ブラック企業のアルバイト版」といえる。

概要編集

ブラック企業になぞらえ、2013年平成25年)に、中京大学国際教養学部大内裕和教授が提唱した。これは、学生や生徒の大多数が法令(特に刑事法労働法)に無知であることにかこつけ、残業代割増賃金不払い(サービス残業、長時間労働)、休憩時間を与えない、不合理な罰金の請求など、労働基準法に違反して[1]学生生徒契約内容と違った業務をさせたり、「ノルマ達成が当たり前」を口実に、販売数や売上に厳しいノルマを課したり[2]高校大学の定期試験期間であっても休ませてくれないなど、扱いが酷いアルバイトのことをさす。

このようなブラックバイトが増加している背景には、本来は正社員または契約社員に任せるべき業務を、人件費(賃金)を削減する目的から派遣社員やパートタイム労働者の割合を多くしているといった、経営方針が存在する。

また、アルバイトとして働いている高校生や大学生にとっても、近年の経済状況の悪化や一人親世帯(父子・母子家庭)・低所得世帯生活保護世帯の増加、学費の高騰などから、学生に対して実家から送られてくる仕送りの額の減少に加え、近年のフリーターの増加、可処分所得の減少、中卒者の就職率の低下といった、社会現象により他のアルバイトを見つけにくいなどといった厳しい現実から、ブラックバイトであったとしても容易に辞めることができず、ブラックバイトから脱却できても次のバイト先を容易に見つけることもできない。

このようなブラックバイトの存在は社会問題となっているうえ、各方面からの批判も数多く存在しており、これをなくすことを目的とした、首都圏学生ユニオンブラックバイトユニオン[3]という、学生が加入する労働組合が結成される、などといった動きが見られる。

提唱者の大内裕和教授は、2015年(平成27年)5月29日に、NHK総合テレビジョンで放映された『視点・論点 「広がる"ブラックバイト"」』で詳細に説明している[4]

書籍編集

脚注編集

  1. ^ 2014年8月2日付『中日新聞』朝刊29面
  2. ^ 仮にノルマを達成しても、達成分に対する手当や報酬が一切支給されない。
  3. ^ ブラックバイトユニオン
  4. ^ 大内裕和 (2015年5月29日). “視点・論点「広がる"ブラックバイト"」”. NHKオンライン (NHK). http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/218803.html#more 2017年5月22日閲覧。 
  5. ^ オーディオ・ビジュアル - アジア太平洋資料センター
  6. ^ ブラックバイト (大内裕和・他) - 版元ドットコム
  7. ^ マンガ ほんとに怖いブラックバイト - 宝島チャンネル

関連項目編集

外部リンク編集