メインメニューを開く

ブラックブック』(: Zwartboek: Black Book)は、2006年制作の映画。ポール・バーホーベン監督が母国オランダに戻って製作した、第二次世界大戦時、ナチス占領下のオランダを舞台にしたサスペンス。PG-12指定。

ブラックブック
Zwartboek
監督 ポール・バーホーベン
脚本 ポール・バーホーベン
ジェラルド・ソエトマン
製作 サン・フ・マルタ
ヨス・ファン・デア・リンデン
フランス・ヴァン・ヘステル
イエルーン・ベーカー
テイン・ヒルテ
イェンス・メウラー
製作総指揮 アンドレアス・グロッシュ
アンドレアス・シュミット
マーカス・ショーフェル
ヘニング・モルフェンター
カール・ウブケン
ジェイミー・カーマイケル
グラハム・ベック
サラ・ギルズ
音楽 アン・ダッドリー
撮影 カール・ウォルター・リンデンローブ
編集 ヨブ・テル・ブルフ
ジェームズ・ハーバート
配給 日本の旗 ハピネット
公開 オランダの旗 2006年9月12日
日本の旗 2007年3月24日
上映時間 144分
製作国 オランダの旗 オランダ
言語 オランダ語
ドイツ語
英語
ヘブライ語
製作費 €17,000,000
テンプレートを表示

目次

ストーリー編集

スエズ動乱直前のイスラエルで教師をしている主人公エリスは、オランダから観光に来ていた女性と再会して戦争時代のつらい思い出を振り返る。

オランダのドイツによる占領中、彼女は隠れ家でひっそりと暮らしていた。ある日、隠れ家が爆撃されたため、離れ離れになっていた家族とともにまだ占領されていない地域へ船で逃げたのだが、突然現れたドイツ兵に襲撃され家族を皆殺しにされる。 復讐を誓うエリスは助けてくれたレジスタンスに加わり、ユダヤ人である事を隠してドイツ軍に潜りこんでムンツェ大尉の秘書としてスパイ活動を始める。

キャスト編集

作品解説編集

善悪の彼岸に身を置くバーホーベン監督らしくナチスを完全な悪人として描かず、レジスタンスも善人ばかりとして描いていない。

受賞編集

外部リンク編集