メインメニューを開く

ブランカ・フェルナンデス・オチョア

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はフェンナンデス第二姓(母方の)はオチォアです。

ブランカ・フェルナンデス・オチョアBlanca Nieves Fernández Ochoa1963年4月22日 - 2019年9月4日【死亡確認】)はスペインの元アルペンスキー選手。マドリード生まれ、マドリード州北部グアダラマ山脈に位置するセルセディーリャ(Cercedilla)で育った。1980年代後半から1990年代前半に活躍し、1992年アルベールビルオリンピックで銅メダルを獲得した。

ブランカ・フェルナンデス・オチョア
Blanca Fernández Ochoa.jpg
Blanca Fernández Ochoa in 2006
名前
本名 Blanca Nieves Fernández Ochoa
カタカナ ブランカ・フェルナンデス・オチョア
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
種目 滑降スーパー大回転大回転回転アルペン複合
生年月日 (1963-04-22) 1963年4月22日
没年月日 (2019-09-04) 2019年9月4日(56歳没)
生誕地 スペインマドリード
死没地 スペイン、セルセディージャ
身長 168cm
体重 60kg
ワールドカップ戦歴
デビュー年 1981年
引退年 1992年
最高成績 シーズン総合4位(1987-88)
通算成績 W杯4勝、表彰台回数通算20回、
 
獲得メダル
1992 アルベールビル 回転

来歴編集

フェルナンデス・オチョア家はスペインを代表するスキーファミリーで長男のフランシスコを始め5人の兄弟が冬季オリンピックに出場した。

ブランカは1980年のレークプラシッドオリンピックに16歳で代表となり、回転18位となった。

1981年にアルペンスキー・ワールドカップデビュー、大回転で15位となった。

1984年サラエボオリンピック大回転6位入賞、1985年アルペンスキー世界選手権では大回転9位、回転14位となった。1985年3月3日にアメリカ合衆国・ベイルで行われた大回転でワールドカップ初勝利をあげた。

1987年アルペンスキー世界選手権ではスーパ大回転10位、大回転、回転ともに5位となった。

1988年のカルガリーオリンピックでは大回転で1本目ラップを奪ったが、2本目は途中棄権となってしまった。スーパー大回転21位、回転は5位。

1992年アルベールビルオリンピック回転で銅メダルを獲得、オチョア家二つ目のオリンピックメダルを手にした。

このシーズン限りで現役を引退。ワールドカップ通算4勝(2位7回、3位9回)、総合4位が最高位(1987-1988シーズン)。

2019年8月22日にセルセディージャ山脈で行方不明となり捜索が行われていたが、9月4日に死亡していることが確認された[1]。56歳没。

脚注編集

  1. ^ "Las estrellas del atletismo y el deporte español despiden a Blanca Fernández Ochoa tras su muerte". Runner's World (in スペイン語). Hearst Magazines International. 2019-09-04. Retrieved 2019-09-05.

関連項目編集

外部リンク編集