ブルーノ・ジョルダーノ

ブルーノ・ジョルダーノBruno Giordano, 1956年8月13日 - )は、イタリアローマ出身の元同国代表サッカー選手、現サッカー指導者。現役時代のポジションはフォワード

ブルーノ・ジョルダーノ Football pictogram.svg
200px
名前
ラテン文字 Bruno Giordano
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1956-08-13) 1956年8月13日(64歳)
出身地 ローマ
身長 184cm
体重 77kg
選手情報
ポジション FW (CF)
利き足 右足
ユース
1969-1976 イタリアの旗 ラツィオ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1975-1985 イタリアの旗 ラツィオ 203 (86)
1985-1988 イタリアの旗 ナポリ 78 (23)
1988-1989 イタリアの旗 アスコリ 26 (10)
1989-1990 イタリアの旗 ボローニャ 33 (7)
1990-1992 イタリアの旗 アスコリ 37 (3)
代表歴
1976-1983 イタリアの旗 イタリア U-21 13 (5)
1979 イタリアの旗 イタリア オリンピック 2 (3)
1978-1985 イタリアの旗 イタリア 13 (1[1])
監督歴
1993-1994 イタリアの旗 モンテロトンド英語版
1995-1996 イタリアの旗 ファーノ英語版
1996-1997 イタリアの旗 クロトーネ
1997-1998 イタリアの旗 フロジノーネ
1998-1999 イタリアの旗 アンコーナ
1999-2000 イタリアの旗 ノチェリーナ
2000-2001 イタリアの旗 レッコ
2002-2003 イタリアの旗 ラクイラ英語版
2003-2005 イタリアの旗 レッジャーナ
2006 イタリアの旗 カタンザーロ
2006-2007 イタリアの旗 メッシーナ
2009 イタリアの旗 ピサ
2011 イタリアの旗 テルナーナ
2013-2014 イタリアの旗 アスコリ
2015-2016 ハンガリーの旗 タタバーニャ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

経歴編集

生まれ故郷のクラブであるSSラツィオでキャリアをスタートし、1978-79シーズンには19ゴールを挙げ、セリエA得点王を獲得した[2]。10シーズン在籍した後、ディエゴ・マラドーナ自身からの誘いもあり[3]SSCナポリへ移籍。マラドーナの理想のパートナーとして[2]、1986-87シーズン、クラブ史上初のスクデット獲得に貢献[2]、更にコッパ・イタリアでも13試合で10ゴールを挙げ、優勝を果たした。マラドーナ、ジョルダーノ、カレカ(初期にはカルネバーレ[2])の3人はそれぞれの頭文字から取ってマジカ(Ma・Gi・Ca、魔法)と呼ばれ、クラブの黄金時代を築いた[4]。ナポリでは78試合で23ゴールを挙げた[2]

1988年から、アスコリ・カルチョへ移籍したが、1シーズンで退団し、ボローニャFCへ移籍したが翌シーズンにはアスコリに復帰、1991-92シーズン、1月5日のローマ戦でラストゴールを決め、同シーズン限りで引退した[2]

1978年12月21日のスペイン戦でイタリア代表デビュー、メジャー大会への出場はないが、1985年までに13試合に出場した。

指導歴編集

引退の翌シーズンから指導者としての道を歩み始める。2015-16シーズンよりFCタタバーニャに招聘され、自身にとって初めて国外で指揮を執ることとなった[5]。2016年10月、セリエDに所属するASDチッタ・ディ・グラニャーノ英語版のゼネラルディレクターに就任した[6]

タイトル編集

クラブ編集

ラツィオ
ナポリ

個人編集

  • セリエA得点王 : 1978-79(19得点)
  • セリエB得点王 : 1982-83(18得点)
  • コッパ・イタリア得点王 : 1986-87(10得点)

指導者編集

クロトーネ

脚注編集

  1. ^ Giordano, Bruno - National-Football-Teams.com
  2. ^ a b c d e f BRUNO GIORDANO, il ragazzo del ’56”. storiemaledette.com (2018年9月1日). 2020年8月17日閲覧。
  3. ^ Napoli, retroscena dello scudetto: Maradona svela l'insolita trattativa per convincere Bruno Giordano”. napoli.repubblica.it (2020年5月11日). 2020年8月17日閲覧。
  4. ^ 元柏カレカ「1日でも早く立ち直って」”. www.nikkansports (2011年4月11日). 2020年8月17日閲覧。
  5. ^ Tatabanya versione Lazio con Giordano e Rocchi”. Corriele dello Sport (2015年9月2日). 2019年1月17日閲覧。
  6. ^ Bruno Giordano è il nuovo direttore generale del Gragnano”. Il Mattino.it (2016年10月19日). 2019年1月17日閲覧。

外部リンク編集