アッソチアツィオーネ・カルチョ・ピサ1909Associazione Calcio Pisa 1909 S.r.l.)は、イタリアトスカーナ州ピサに本拠地を置くサッカークラブチーム。2009年までの名称はピサ・カルチョ (Pisa Calcio) 。2021-22シーズンは、セリエBに所属している。

ACピサ1909
原語表記 Associazione Calcio Pisa 1909 S.r.l.
愛称 Nerazzurri, Rossocrociato
クラブカラー Pisa 青と黒
創設年 1909年
所属リーグ セリエB
所属ディビジョン 2部
ホームタウン ピサ
ホームスタジアム アレーナ・ガリバルディ - スタディオ・ロメオ・アンコネターニ
収容人数 17,000
代表者 イタリアの旗 ジュゼッペ・コッラード
監督 イタリアの旗 ルカ・ダンジェロ英語版
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

歴史編集

1909年ピサSC (Pisa Sporting Club) として設立。 1968-69シーズンに初めてセリエAに昇格したが、1シーズンで降格した。1970年代の多くをセリエCで過ごす。1980年以降にセリエAに4回昇格(1982-83、1985-86、1987-88、1990-91シーズン)するも、いずれも1、2シーズンのみで降格した。ドゥンガディエゴ・シメオネが初めて欧州で所属したクラブはピサであり、育成型のクラブとして注目を集めた[1]。1990-91シーズン終了後にセリエBに降格すると、その2年後にはセリエCに降格し、経営破綻して倒産した。

クラブの倒産にともなって1994年にACピサ (A.C. Pisa) として再設立され、1995年にピサ・カルチョ (Pisa Calcio) に改名された。再設立後はセリエDから再出発し、1996年にはセリエC2に昇格した。この頃のピサにはデビューしたてのジョナタ・スピネージらがいた。11年をセリエCで過ごし、2007-08シーズンにセリエB昇格を果たした。

しかし、2009年セリエBからの降格が決定した上に財政難が露呈したため、プロリーグ登録が許可されず。A.C.ピサ1909.S.S.D (Associazione Calcio Pisa 1909 Società Sportiva Dilettantistica) として、再びセリエDからの再出発を余儀なくされた。

フィオレンティーナとの関係編集

本拠地であるピサはフィレンツェの属領であった時期が長く、ピサ市民はフィレンツェに対する屈折した感情を持っている。2002-03シーズン、フィオレンティーナが破産し、そのクラブ名が競売にかけられる事になった。 その際、ピサのオーナーは、「ピサがフィレンツェに対し優位に立てる」と購入の意思を公表した。

破産した旧フィオレンティーナを買収したデッラ・ヴァッレ(高級靴メーカーTOD'Sのオーナー)がインテルやユベントスに、協力を求め競売自体が一年延期(前オーナーの借金関係が清算されるまで、デラ ヴァッレは名前購入を避けたがった)したため購入はならなかったが、かなりの大金(一年後にデッラ・ヴァッレが購入した金額は200万ユーロ)を用意していた。

タイトル編集

国内タイトル編集

国際タイトル編集

  • ミトロパ・カップ:2回
    • 1986, 1988

記録編集

2009-10シーズンにセリエD(5部リーグ:アマチュア)ながら年間チケットが3,100枚売られセリエDの歴史的快挙

過去の成績編集

シーズン ディビジョン コッパ・イタリア
リーグ 順位
2000-01 セリエC1・ジローネA 34 10 12 12 26 36 42 11位 1回戦敗退
2001-02 セリエC1・ジローネA 34 13 3 18 39 45 42 11位
2002-03 セリエC1・ジローネA 34 15 12 7 40 27 57 4位
2003-04 セリエC1・ジローネA 34 13 10 11 44 37 49→48 8位 GS敗退
2004-05 セリエC1・ジローネA 36 11 14 11 35 31 47 9位
2005-06 セリエC1・ジローネB 34 11 6 17 31 43 39 15位 2回戦敗退
2006-07 セリエC1・ジローネA 34 15 13 6 32 20 58 3位
2007-08 セリエB 42 19 14 9 61 44 71 6位
2008-09 セリエB 42 12 12 18 45 55 48 20位[2] 2回戦敗退
2009-10 セリエD・ジローネD 38 24 10 4 66 24 82 1位[3]
2010-11 レガプロ・プリマ・ジローネB 34 10 13 11 39 40 43 10位
2011-12 レガプロ・プリマ・ジローネA 34 11 13 10 37 35 46 7位 2回戦敗退
2012-13 レガプロ・プリマ・ジローネB 30 15 7 8 43 33 52 5位 2回戦敗退
2013-14 レガプロ・プリマ・ジローネB 32 14 10 8 41 27 52 6位 2回戦敗退
2014-15 レガ・プロ・ジローネB 38 16 11 11 44 35 59 5位 3回戦敗退
2015-16 レガ・プロ・ジローネB 34 17 12 5 42 26 63→62 2位 2回戦敗退
2016-17 セリエB 42 6 21 15 23 36 39→35 22位 4回戦敗退
2017-18 セリエC・ジローネA 36 16 13 7 44 30 61 3位 2回戦敗退
2018-19 セリエC・ジローネA 37 19 12 6 47 28 69 3位 4回戦敗退
2019-20 セリエB 38 14 12 12 49 45 54 9位 3回戦敗退
2020-21 セリエB 38 11 15 12 54 59 48 14位 3回戦敗退
2021-22 セリエB 38

現所属メンバー編集

2021年9月12日現在

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
1 GK   ニコラス ( )
2 DF   フィリッポ・ベッラ
3 DF   マクシム・ルヴェルブ
4 DF   アントニオ・カラッチョロ
6 DF   ヒェルトゥル・ヘルマンソン
7 FW   ニコラス・シエガ
8 MF   マリウス・マリン
9 FW   ロレンツォ・ルッカ
11 FW   ヨナタン・コーエン ( )
12 GK   マッテオ・クシッチ
13 FW   アッサン・セック
15 MF   イドリッサ・トゥーレ ( )
17 FW   ジュゼッペ・シビッリ
18 FW   ジュゼッペ・マスティヌ
19 DF   サムエレ・ビリンデッリ
No. Pos. 選手名
20 DF   ピエトロ・ベルアット
21 MF   アレッサンドロ・クエイニ
22 GK   アレッサンドロ・リヴィエリ
23 DF   トンマーゾ・フィッシャー
25 GK   ウラダン・デキッチ ( )
26 FW   ガエターノ・マスッチ
27 MF   ロベルト・グッヒャー  
28 MF   ダビデ・ディ・クインツィオ
29 FW   アンドレア・シスコ
30 MF   アレッサンドロ・デ・ヴィティス
36 FW   ガブリエレ・ピッチニーニ
77 FW   ダヴィデ・マルスラ
-- MF   ナジ・アーダーム
-- DF   アレッサンドロ・クルチ

ローン移籍編集

in

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
20 DF   ピエトロ・ベルアット (U-23ユヴェントスFC)
No. Pos. 選手名
out

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
-- GK   レオナルド・ロリア (SSモノーポリ1966)
-- DF   アンドレア・ベゲット (アレッサンドリア)
-- DF   ロレンツォ・マセッティ (アンコーナ・マテリカ)
-- MF   サルバトーレ・サントロ (USピストイエーゼ1921)
-- MF   ニコラ・イジロ (ACトレント)
-- MF   フランチェスコ・ソルダーニ (ACプラート)
No. Pos. 選手名
-- FW   ニコロ・ブルスチ (USフィオレンツォーラ1922)
-- FW   クリスティアン・トンマジーニ (USフィオレンツォーラ1922)
-- FW   レオナルド・ウバルディ (USピストイエーゼ1921)
-- FW   トーマス・アルベルティ (フィデーリス・アンドリア)
-- FW   クリスチャン・スシ (パガネーゼ・カルチョ)
-- FW   エリア・ジャーニ (USフィオレンツォーラ1922)

歴代監督編集

歴代所属選手編集

GK編集

DF編集

MF編集

FW編集

脚注編集

  1. ^ footballista 2009/4/8号
  2. ^ 財政難により5部のセリエDへ降格となった
  3. ^ レガ・プロ・セコンダ・ディヴィジオーネに昇格の後、登録が認められレガ・プロ・プリマ・ディヴィジオーネへと2段階の昇格となった

外部リンク編集