プッシーキャッツ

プッシーキャッツ』(原題: Josie and The Pussycats)は、2001年製作のアメリカ合衆国の映画ハリー・エルフォントデボラ・カプランの共同監督・脚本。ユニバーサル映画MGMの合作。1970年ハンナ・バーベラ・プロダクション製作で放送されたアニメ『ドラドラ子猫とチャカチャカ娘』(Josie and the Pussycats)の映画化作品。日本では劇場公開されず、ビデオ・DVDの発売(ビデオスルー)のみ。

プッシーキャッツ
Josie and The Pussycats
監督 ハリー・エルフォント
デボラ・カプラン
脚本 ハリー・エルフォント
デボラ・カプラン
製作 トニー・デローザ=グランド
チャック・グライムズ
マーク・プラット
出演者 レイチェル・リー・クック
ロザリオ・ドーソン
タラ・リード
音楽 ジョン・フリッゼル
撮影 マシュー・リバティーク
編集 ピーター・テスクナー
製作会社 ユニバーサル・ピクチャーズ
メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
マーク・プラット・プロダクションズ
リヴァーデイル・プロダクションズ英語版
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
世界の旗 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2001年4月11日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 98分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $22,000,000
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $14,252,830
テンプレートを表示

オリジナルアニメとはバンドメンバーの楽器編成が異なっている。アニメではギター、ドラム、タンバリンと言う編成だが、実写映画ではタンバリンがベースになり、ギター、ベース、ドラムの完全なスリーピースバンドになっている。ボーカルは両方ともギターが担当。

キャスト編集

ストーリー編集

ジョシー、メロディ、ヴァレリーの仲良し3人組で結成されたガールズ・バンド"The Pussycats"は街のイベント等に出る位しか出番のないアマチュアバンド。しかし、ふとしたことからレコード会社のプロデューサーであるワイアット(悪役だが、プロデューサーとしての実力は確かな物がある)の目に留まり、CDデビュー。瞬く間に全米チャート1位を獲得してトップ・スターとなる。しかし、メガ・レコードの社長フィオナは、バンドを発掘してはその曲にサブリミナル効果を取り入れ、新商品を買うようにティーンエイジャーを操作していたのだった。そして、その秘密に近づいたり、疑問を感じたバンドは容赦なく切り捨てられ、事故を装って抹殺されていた。

音楽編集

主な楽曲はベイビーフェイスがプロデュースしている。彼のプロデュース作品はどちらかというとダンスミュージックが多いが、ここではストレートなロックミュージックをプロデュースしている。また、サントラでは別人が演奏・歌唱している(ただし、メインキャストの3人はバックコーラスでサントラの楽曲には参加している)が、メインキャストは事前に合宿をして、実際に演奏できるだけの楽器の腕前になって撮影に臨んだ。

外部リンク編集