プラウド・メアリー (映画)

プラウド・メアリー』(Proud Mary)は2018年アメリカ合衆国で公開されたアクション映画である。監督はババク・ナジャフィ、主演はタラジ・P・ヘンソンが務めた。本作は日本国内で劇場公開されなかったが、2018年9月5日にDVDが発売された[3]

プラウド・メアリー
Proud Mary
監督 ババク・ナジャフィ
脚本 ジョン・S・ニューマン
クリスチャン・スウィーガル
スティーヴ・アンティン
原案 ジョン・S・ニューマン
クリスチャン・スウィーガル
製作 タイ・ダンカン
マーク・アンソニー・リトル
ポール・シフ
製作総指揮 グレン・S・ゲイナー
タラジ・P・ヘンソン
出演者 タラジ・P・ヘンソン
ジャヒ・ディアロ・ウィンストン
ビリー・ブラウン
ダニー・グローヴァー
音楽 フィル・アイズラー
撮影 ダン・ローストセン
編集 エヴァン・シフ
製作会社 スクリーン・ジェムズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ソニー・ピクチャーズ・リリーシング
公開 アメリカ合衆国の旗 2018年1月12日
上映時間 88分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $14,000,000[2]
興行収入 世界の旗 $21,753,365[2]
テンプレートを表示

概略編集

メアリーはボストンの犯罪組織に雇われている殺し屋で、凄腕の持ち主として知られていた。彼女はある任務で子供を孤児にしてしまったことを悔やんでいた。時の経過と共に後悔の念はますます強まり、メアリーは組織から子供を脱走させようとしたが、仲間はそれを止めにかかった。口論の末、メアリーは仲間を撃ち殺してしまい、それが原因で彼女は組織から命を狙われる羽目になった。

キャスト編集

製作・公開編集

2017年1月、タラジ・P・ヘンソンが本作に出演することになったと報じられた[4]。2月10日、ババク・ナジャフィが監督に起用されるとの報道があった[5]。4月5日、本作の主要撮影ボストンで始まった[6]。7月20日、本作のティーザー・ポスターとファースト・トレイラーがお披露目された[7]

当初、本作は2018年1月26日に全米公開される予定だったが[8]、後に公開日は同年1月12日に前倒しされることになった。

興行収入編集

本作は『トレイン・ミッション』及び『パディントン2』と同じ週に封切られ、公開初週末に1620万ドル前後を稼ぎ出すと予想されていたが[9]、実際の数字はこれを大きく下回るものであった。2018年1月12日、本作は全米2125館で公開され、公開初週末に995万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場8位となった[10]

評価編集

本作に対する批評家からの評価は芳しいものではない。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには54件のレビューがあり、批評家支持率は28%、平均点は10点満点で4.2点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『プラウド・メアリー』はタラジ・P・ヘンソンがアクション映画―それは同作のような味も素っ気もない作品のことではない―には十分すぎるほどの適性とカリスマ性を発揮できることを証明している。」となっている[11]。また、Metacriticには23件のレビューがあり、加重平均値は35/100となっている[12]。なお、本作のシネマスコアはB+となっている[13]

出典編集

外部リンク編集