ババク・ナジャフィ

ババク・ナジャフィ(Babak Najafi、1975年9月14日 - )は、スウェーデンの映画監督[1]

ババク・ナジャフィ
Babak Najafi (Berlin Film Festival 2010).jpg
生誕 Babak Najafi Karami
(1975-09-14) 1975年9月14日(45歳)
イランの旗 イラン
職業 映画監督

略歴編集

1975年にイランで産まれるが、11歳の頃にイラン・イラク戦争により難民として逃れスウェーデンのウプサラに移住する。

その後、ストックホルムの演劇学校でドキュメンタリー製作を学び、多くの短編映画を撮影。長編デビュー作となる「Sebbe」にて、ゴールデン・ビートル賞の最優秀賞に輝き、ベルリン国際映画祭では初監督作品賞を受賞している。

2016年、エンド・オブ・キングダムにてハリウッドデビューを果たす。

フィルモグラフィ編集

製作年 タイトル 製作国 クレジット ノート
監督 脚本 撮影
2010 Sebbe スウェーデン Yes Yes No 長編映画デビュー作
2012 Easy Money II: Hard to Kill Yes Yes No
2013 The Day My Dad Was Shot Yes Yes Yes
2015 Boys No Yes No 短編映画[2]
2016 エンド・オブ・キングダム アメリカ合衆国 Yes No No
2018 プラウド・メアリー Yes No No

脚注編集

  1. ^ Babak Najafi”. Swedish Film Database. Swedish Film Institute. 2016年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月28日閲覧。
  2. ^ "Boys". www.imdb.comより。 Cite webテンプレートでは|accessdate=引数が必須です。 (説明)

リンク編集