メインメニューを開く

プロヴィンシャル・リーグ

プロヴィンシャル・リーグโปรวินเชียลลีก、Provincial League)は、1999年から2008年までタイ王国にあったサッカーリーグである。略称はプロ・リーグโปรลีก、Pro League)。

プロヴィンシャル・リーグ
โปรวินเชียลลีก
加盟国 タイ王国の旗 タイ
創立 1999年
最終年 2008年

タイスポーツ庁(SAT)と観光・スポーツ省によって組織され、1999年に「プロヴィンシャル・リーグ」のリーグ名で発足した。その後2004年に「プロフェッショナル・リーグ (Professional League)」に改称され、2007年にふたたび「プロヴィンシャル・リーグ」に改められた。2009年にリージョナルリーグ・ディヴィジョン2(3部相当)に統合された。

歴史編集

プロヴィンシャル・リーグは、1999年にタイスポーツ庁(SAT)と観光・スポーツ省によって組織された。プロ・リーグ創設のアイデアは、完全プロの選手の導入と地方のサッカークラブの支援というふたつの目的から生まれた。プロ・リーグが創設される以前、もうひとつの全国トップリーグであるタイ・プレミアリーグの参加クラブの多くは行政当局や軍隊、大手民間企業によるアマチュアクラブだった。クラブはすべてバンコクに所在し、地方のクラブは行政からの支援を受けていなかった。タイスポーツ庁は様々な行政区のチームからなる新リーグの創設を決めた。

1999年から2006年までのあいだ、プロ・リーグにはプロ・リーグ1とプロ・リーグ2というふたつのディビジョンがあった。プロ・リーグ1はホーム・アンド・アウェー方式で行われ、下位2チームがプロ・リーグ2に降格した。プロ・リーグ2は地理的に5つの地域に分けて行われた。各地域の上位2チームはシーズン最後に開催されるトーナメントへと進み、優勝および準優勝チームがプロ・リーグ1に昇格した。

2005年と2006年はプレミアリーグの所属クラブ数を増やす方針に伴って、上位2チームがプレミアリーグに昇格した。2005年は優勝したチョンブリーと準優勝のスパンブリー、2006年は準優勝がタイ・ポートのリザーブチームだったため、優勝したTOT SCと3位のナコーンパトム・ユナイテッドが昇格した。

2007年、プロ・リーグ1はタイ・プレミアリーグ(1部)とタイ・ディヴィジョン1リーグ(2部)に吸収された。プロ・リーグ2はリーグ名を「プロヴィンシャル・リーグ」に改め、これまでと同じフォーマットで実施された。シーズン終盤のトーナメントはSATチャンピオンシップと名付けられ、上位2チームがタイ・ディヴィジョン2リーグ(3部)に昇格した。

2009年、プロヴィンシャル・リーグはタイサッカー協会によってタイ・ディヴィジョン2リーグに完全に統合された。

優勝クラブ編集

過去の結果編集

外部リンク編集