ホーム・アンド・アウェー

ホーム・アンド・アウェーは、主にサッカーなどのスポーツにおいて、2チームがそれぞれのホームタウンで1度ずつ計2回対戦する方式のこと。広義のラウンドロビントーナメントである。

概説編集

試合(ゲーム)を開催する会場を本拠としている側のチーム、もしくはまったく無関係な会場であっても試合を主催する側のチームのことをホームチームといい、主催側の立場ではそのゲームをホームゲームと呼ぶ。一方、ホームチームと対戦する相手チームのことをアウェーチーム、日本プロ野球ではビジター(visitor)と言い[1]、アウェーチームの立場で行う試合をアウェーゲームあるいはロードゲーム(road game)と呼ぶ。ホーム・アンド・アウェーは、対戦する特定の2チームの組み合わせについて、ホームゲームとアウェーゲームを1試合ずつ行う対戦方式である。

Jリーグなどのサッカーのリーグ戦では通常、この方式で行う。日本の野球では「ホーム(フランチャイズ)・アンド・ビジター」という表現が正式名称であるが、最近ではサッカーの影響で野球でもアウェイと言う場合が増えている[要出典] 。なお、アメリカ・メジャーリーグにおいては公式サイト上やニュースサイト、テレビ中継などで「Away」の表記が主に使用されており「Visitor」の表記は少ない[2]。また、韓国プロ野球台湾プロ野球においても英語や現地語で「アウェー」の表現になっているなど、どちらかと言えば「ビジター」表記は日本プロ野球独自のものとなっている。

この方式においては、選手ユニフォームにはホーム用とアウェー(ビジター)用の2種類が用意される場合が多い。野球においてはホーム用ユニフォームの胸部には球団の愛称、ビジターユニフォームにはチームの愛称よりチームの親会社の社名か本拠地を置く地元名が入っている傾向がある(日本野球機構の各チームのユニフォームについては、各球団の項目を参照のこと)。

サッカーやラグビー、バスケットボールでもユニフォームは、2パターンの色のユニフォームを準備しているのが基本であるが、こちらは、主に色の被りへの対策である。そのため、アウェーの試合でも主にホームで使用するユニフォーム(ファーストユニフォーム)が相手のファーストユニフォームと色が被らなければファーストユニフォームを着用することや、逆にファーストユニフォームが相手のファーストユニフォームや主にアウェーで使用するユニフォーム(セカンドユニフォーム)双方の色と被ってしまう場合はホームでもセカンドユニフォームを使用する場合がある。

双方のチームが対戦するスタジアムを本拠としている場合や、一方のチームが本拠としているスタジアムが主催側の規定に満たない場合などの理由から、対戦するスタジアムを本拠としているチームをアウェーチーム扱いで開催する事例もある。また、競技場の改修やホームタウンの政情不安定などの理由により、ホームゲームを近隣の地域で開催する場合もある。

利点編集

ホームタウンでの試合は、ホームチームのほうが施設やその他の環境に慣れている点や、移動による疲労がない点などで有利だと考えられている。また、比較的多く地元のファンの声援を受けられることや、それに伴う判定への影響(ホームタウンディシジョン)などもホームチームに有利に働く要素だとされることがある。国際試合などでは特にそうした傾向が強い。ホーム・アンド・アウェイ方式では、このような開催場所による有利不利を均等化することが期待される。

また、リーグ戦を通した試合数が増えることによる興行収入の増加、それぞれがホームタウンで試合を開催することによる観客動員の均等化など、プロスポーツにおける興行面での理由もある。

欠点編集

ホームゲームの開催順序や時期に依存した有利不利が発生する可能性は残されており、これを均等化するのは事実上不可能である。特にホーム・アンド・アウェーの2試合によって必ず勝敗を決する必要がある場合(例:ノックアウトトーナメント)、2試合目のみが延長戦になる場合があり、後にホームゲームを行うチームが有利となってしまう[3]。また、プロ野球のプレーオフ日本シリーズNBAファイナルのように、勝利数の差によって勝敗を決める場合には試合数を奇数にせざるを得ないといった問題もある。

また、ホームタウンのファンによる応援は時として度を超え、治安上の問題に発展するケースがある。こうした場合問題が発生した試合のホームチーム側に何らかの制裁が課されることがある。問題を未然に防ぐために敢えて双方に無関係なスタジアム(主に他国のスタジアム)で試合をする場合もある。

ホーム・アンド・アウェー方式は1ゲームで勝敗を決する場合と比較すると、移動距離や日程を増加させるため、金銭的な面や体力的な面で負担になる。特に学生などのアマチュアには負担が大きい。世界規模の大会では移動行程の問題からホーム・アンド・アウェー方式はあまり行われない。

対戦試合数が奇数となる場合、ホームゲーム数のバランスが均等になりにくい場合もある。

日本野球機構管轄のプロ野球では、フランチャイズ制度が導入された1952年以後、1997年-2000年2015年2016年セ・リーグパ・リーグの両リーグで、2004年はパ・リーグのみで、各2チームの対戦試合数が奇数(2015・2016年は25回、それ以外は27回総当たり)だったため、2004年のパ・リーグを除き、2年間でホーム・アンド・アウェー(H&A)の数が均等になるように、それぞれの対戦カードごとに、1年ごとにホームゲームを1試合多く開催できるようにした。また2015年以降のセ・パ交流戦も互いのリーグのチームと3試合総当たりとなるため、1年ごとにホームとビジターを入れ替える(こちらも2年間でH&Aが均等になる)。

また、Jリーグにおいても、J22008年から2010年まで、J3では2014年2015年JFL1999年のみ、それぞれ3回総当たりを採用しており、どちらか一方のチームがホームゲームを2試合開催していた。

フットサルFリーグ2007年度の第1回大会から基本的に3回総当たりとし、原則として「ホーム&アウェー&セントラルで1回ずつ」当たるようにしていた。2009年度以後は「ホーム&アウェー+ホームorアウェー」を強化しているものの、セントラル開催も数節行われている(2013年度に関しては2シーズン制のため、基本的にホーム&アウェー×2となっていたが、全日程の3分の1がセントラル開催だった。2014年度は元の1シーズン制に戻したため、完全「H&A&C」(各1回ずつ)としたが、2015年度・2016年度は2009年度-2013年度の方式に戻されている)。2017年度からは3回総当たりの完全「H&A&C」を基本としながら、セントラル開催の体裁を「12チーム×1会場にまとまって集中開催する完全セントラル開催方式」と、「6チーム集中開催(6チームずつ×2会場に分けて集中開催する準セントラル開催)方式」とに分けるようになった。

Bリーグも地区交流戦は互いのカンファレンスのチームと2回戦総当たりを1年ごとにホームとアウェーを入れ替えている(ただし2017-18シーズンより各チーム3カードはホーム&アウェー開催)。Bリーグの前身たるNBLでは最終年度である2015年度のみ東西カンファレンス制廃止に伴い5回戦総当たりに変更されたため、どちらか一方のチームがホームゲーム1試合多くなっていた。さらにその前身たるJBLは6回戦総当たりとしていたが、1節につき2回ずつ行われていたため、片方のホームゲームが1節2試合多くなっていた。なお、2007年度から2008年度までの2シーズンは5回戦総当たりでうち1試合をリーグカード(リーグ主管)として中立地で開催した。また、JBLおよびNBLと並立するbjリーグにおいても、東西カンファレンス間の交流戦は互いのカンファレンスのチームと2回戦総当たりを1年ごとにホームとアウェーを入れ替える。

Jリーグ(J2とJ3)、FリーグとJBLはチーム数が少ないための、日程確保の観点によるものである。

代替方式編集

ホーム・アンド・アウェイの欠点を考慮し、試合の一部または全部を以下のような方式で行うこともある。

集中開催方式
1か所の開催地で全ての試合を行う。サッカーなどでは「セントラル方式」と称する場合もある。
参加チームに開催地のホームチームが含まれる場合はかなり不公平な方式であるが、日程の短縮や設備確保などの観点から採用されることが多い。例として、阪神甲子園球場で行われる選抜高等学校野球大会全国高等学校野球選手権大会東大阪市花園ラグビー場で行われる全国高等学校ラグビーフットボール大会などが挙げられる。また、オリンピックなども、ほぼ全ての競技が1つの都市とその周辺で開催されるということから集中開催方式の一種と考えられる。
中立地開催
参加する各チームのホームタウンでない場所を選定して試合を行う。ホーム・アンド・アウェーでない1回戦制として行われる場合や、特定の事情(国際大会において国家間関係などから敵地を訪れることが困難な場合など)でホーム・アンド・アウェーの一方または両方の試合をホームタウンでない場所で行う場合がある(後者の場合、特に国際試合では「第三国開催」と称する場合もある[4])。
2004年まで開催されたサッカーのトヨタカップは、かつてはホーム・アンド・アウェー方式であったが、治安や日程面の問題から中立地方式に変更された。また、いくつかのスポーツイベント(UEFAチャンピオンズリーグNFLスーパーボウルなど)のように、準決勝まではホーム・アンド・アウェー方式(あるいは一方のチームのホームでの試合)を採用し、決勝戦のみを中立地での1発勝負方式で行うトーナメント戦もある。この場合、決勝戦開催地は早い時点で決められるため、場合によっては決勝進出チームのホームグラウンドが会場となってしまうこともありうる[5]
上記のFリーグにおいても、試合日程確保の観点で、基本的に総当たりが奇数の3回(2013-14年度のみ4回)総当たりであるため、一部の節でリーグ直轄による全チーム総集結のセントラルシリーズが組まれている。
ダブルセントラル方式
集中開催方式(セントラル方式)とホーム・アンド・アウェーの中間的な方式で、リーグ戦日程の半分を1箇所で、残り半分を別の1箇所で開催する。ワン・エンド・ワンセントラル方式」とも言う。[要出典]
ホーム・アンド・アウェーでは全てのチームに長距離移動が生じる一方で、集中開催(セントラル方式)では特定のチームへの有利・不利が生じる場合の折衷案として用いられる。
アジア地区におけるサッカーの国別対抗リーグ戦で採用されることがあり、アテネオリンピック男子サッカー・アジア最終予選は3グループのうち「日本と中東3カ国(バーレーン、アラブ首長国連邦、レバノン)」という組み合わせとなったグループBについて、関係国間の合意の上でこの方式が採用された[6]

ホームタウン以外での試合開催編集

ホーム・アンド・アウェー方式での試合は原則として、そのチームのホームタウン区域内にあるスタジアムなどで開催されるのが通常であるが、以下のような理由でホームタウン地域外で開催されることがある。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ アウェイとビジターの違いは興行権をリーグ側が持つかホームチーム側が持つかである。現行の日本プロ野球日本バスケットボールリーグではチーム主催で試合を開くので相手チームは「ビジター」と呼ぶのが正式である、サッカーのJリーグでは「アウェー」と呼ぶのが正式である。
  2. ^ Schedule(MLB.com)
  3. ^ ただし、サッカーで延長戦までにわたりアウェーゴール制度を採用している場合、延長戦で双方に得点が入った末同点で終了すると、アウェーチームの勝ちとなるため、アウェーチームが一概に不利とも言い切れない。
  4. ^ 北朝鮮、韓国戦の第三国開催を希望”. ゲキサカ (2008年5月6日). 2020年10月31日閲覧。
  5. ^ UEFAチャンピオンズリーグでは、2012年のバイエルン・ミュンヘンおよび前身たるUEFAチャンピオンズカップ時代の1957年レアル・マドリード、1965年インテル・ミラノ、1984年ASローマの4例。ホームチームが勝利したのは1957年と1965年の2度が該当する。一方、NFLスーパーボウルでは2021年のタンパベイ・バッカニアーズが初めて達成した。
  6. ^ 山本昌邦 (2011年6月14日). “試合はピッチの中だけではない 私が五輪代表戦で知った「本当の国際競争力」”. 現代ビジネス. 2020年10月31日閲覧。
  7. ^ 例えば岡山県倉敷市マスカットスタジアムや、米子市民球場(かつては北陸地方=富山市民球場アルペンスタジアム石川県立野球場福井県営球場他も)で行う広島東洋カープ阪神タイガースでは、広島が主催者でありながら、阪神ファンの方が多いということが慢性化している。
  8. ^ ただし、2005年から2007年までの3年間は合併特例措置として、大阪・神戸のダブルホーム
  9. ^ 横浜DeNAベイスターズにおける発祥の地域は山口県下関市で、下関球場を本拠地としていた。これは、設立当初の親会社にあたる大洋漁業の拠点に合わせたものであった。特に東日本大震災に伴う計画停電時の代替球場の一部として設定されていた程であった。

関連項目編集