メインメニューを開く

ヘルマン・ギースラー: Hermann Giesler1898年8月2日 - 1987年1月20日)は、ドイツ建築家政治家

ヘルマン・ギースラー
Hermann Giesler
Bundesarchiv Bild 183-2008-0218-501, Hermann Giesler.jpg
1938年
生年月日 1898年8月2日
出生地 ドイツの旗 ドイツ帝国
 プロイセン王国 ジーゲン
没年月日 (1987-01-20) 1987年1月20日(88歳没)
死没地 西ドイツの旗 西ドイツ
Flag of North Rhine-Westphalia.svg ノルトライン=ヴェストファーレン州 デュッセルドルフ
所属政党 Reichsadler der Deutsches Reich (1933–1945).svg 国家社会主義ドイツ労働者党
称号 黄金ナチ党員バッジ
親族 パウル・ギースラー(兄)

在任期間 1938年12月21日 - 1945年5月8日

選挙区 3区(西ベルリン地区)
当選回数 1回
在任期間 1943年8月4日 - 1945年5月8日
テンプレートを表示

目次

生涯編集

生い立ち編集

1898年8月2日ドイツ帝国領邦プロイセン王国ヴェストファーレン州ジーゲンに生まれる。建築家一家の出身であり、兄にミュンヘン=オーバーバイエルン大管区指導者となったパウル・ギースラーがいる[1]

第一次世界大戦に出征し、戦後の1931年10月1日に国家社会主義ドイツ労働者党に入党(党員番号622,515)。同時に突撃隊にも入隊した。またミュンヘンでのヒトラーの会食仲間の一人でもあった[1]

1938年1月30日のヴァイマール建築大学ドイツ語版の教授となり、第三帝国の建築における重要な地位に就いた[2]。またオルデンスブルク・ゾントホーフェンドイツ語版などいくつかの党建築物を手がけている[3]

党運動首都建設総監編集

1938年12月21日、ナチス発祥の地である「党運動首都ドイツ語版ミュンヘンの都市改造を担当する「党運動首都建設総監」に任命された。これは前任者であるヘルマン・アルカードイツ語版の解任と連動したものであった。

ギースラーの組織はミュンヘン市の都市計画機関とは関係を持たない、ヒトラー直属の組織であり[3]、ベルリン建設総監のシュペーアの組織と極めて類似した三つのセクション(法務管理局、計画局、執行局)で構成されていた。唯一異なる点は最大のモニュメントとなるミュンヘン中央駅デザインのための「中央駅設計事務局」がパウル・ボナッツドイツ語版の管理下でこの組織に組み込まれていることであった[3]

またギースラーは総統令によってベルリン建設総監に等しい権限を与えられていたが、ギースラーの計画案がヒトラーによって指示されている設計と食い違いを生じた場合にはギースラーはヒトラーの了解を得なくてはならないという条件を計画委託の際に与えられており、計画の主導権は依然としてヒトラーにあった[3]。また、ベルリン建設総監であるシュペーアとは犬猿の仲であり何もコンタクトはなかった[4]

1939年にはバイエルン及びオストマルク建設全権委任者に任命される[5]

リンツ都市改造計画編集

1940年秋頃にヒトラーから「リンツ市改造のための全国建設監督官」であるローデリヒ・フィックドイツ語版の補佐に付けられるが、やがて権限をめぐってフィックと争うことになった。これにはオーバードナウ帝国大管区指導者アウグスト・アイグルーバーも一役買っていた。最終的にはギースラーがすべての記念建造物の建築を任され、終戦までその設計に取り組んた[1]。ギースラーはたびたびベルクホーフや各地の総統大本営を訪ね、リンツ都市改造の設計図や部分模型の説明をし、時には何週間にもわたることがあったという[6]

1941年12月にトート機関ギースラー建設隊司令官に任命され、1942年にはトート機関北ロシア動員分隊司令官となる[5]

1943年8月4日より選挙区3区(西ベルリン)選出のドイツ国会議員となる。1944年からはトート機関ドイツ第VI動員分隊(バイエルン管轄)の指導者へ任命される[5]

戦争期間中、ギースラーとアルベルト・シュペーアの間には建築様式についての対立が存在していた。 1944年9月には「天才名簿英語版」にその名を連ね、最も重要な芸術家の一人に選ばれた。

戦後編集

1945年にツェル・アム・ゼーでアメリカ軍により逮捕され、ダッハウへと抑留される。1947年にアメリカ軍の軍事法廷により、ダッハウ外部収容所のミュールドルフ強制収容所ドイツ語版における戦争犯罪で起訴される。終身刑を宣告されたが、1951年10月にランツベルク刑務所より釈放された[5]

1977年に回顧録の『もう一人のヒトラー』を出版している[5]。またギースラーは最期までヒトラーの信奉者であることを標榜していた[1]。 1987年1月20日にデュッセルドルフで死去した。

キャリア編集

階級編集

出典[2]

受章編集

文献編集

  • Michael D. Miller、Andreas Schulz (2012). Gauleiter: The Regional Leaders Of The Nazi Party And Their Deputies, 1925-1945 (Herbert Albrecht-H. Wilhelm Huttmann-Volume 1. R. James Bender Publishing. ISBN 1-932970-21-5. 
  • ハイケ・B・ゲルテマーカー 『ヒトラーに愛された女:真実のエヴァ・ブラウン』 酒寄進一訳、東京創元者、2012年。ISBN 978-4-488-00382-1
  • 八束はじめ、小山明 『未完の帝国:ナチス・ドイツの建築と都市』 福武書店、1991年。ISBN 4-8288-2378-6

出典編集

  1. ^ a b c d ゲルテマーカー,p.197
  2. ^ a b Miller,p.242
  3. ^ a b c d 八束、小山,p.182
  4. ^ 八束、小山,p.241
  5. ^ a b c d e f Miller,p.243
  6. ^ ゲルテマーカー,p.198

関連項目編集